成田市議会 > 2018-11-22 >
11月22日-01号

  • "������������"(/)
ツイート シェア
  1. 成田市議会 2018-11-22
    11月22日-01号


    取得元: 成田市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-07-28
    平成30年 12月 定例会(第4回)               議事日程についてこのことについて、下記のとおり定めましたので通知します。                          成田市議会議長  伊藤竹夫                    記議事日程第1号                      平成30年11月22日午後1時開議◯諸般の報告第1 会期の決定第2 議案第1号~議案第26号・報告第32号~報告第34号   (提案理由説明)第3 休会について---------------------------------------本日の会議に付した事件  議事日程に同じ◯出席議員(29名)  1番   荒川さくら君   2番   鳥海直樹君  3番   星野慎太郎君   4番   鬼澤雅弘君  5番   会津素子君    6番   飯島照明君  7番   一山貴志君    8番   神崎 勝君  9番   福島浩一君   10番   小山 昭君 11番   雨宮真吾君   13番   湯浅雅明君 14番   小澤孝一君   15番   鵜澤 治君 16番   秋山 忍君   17番   水上幸彦君 18番   荒木 博君   19番   海保茂喜君 20番   伊藤竹夫君   21番   神崎利一君 22番   村嶋照等君   23番   上田信博君 24番   油田 清君   25番   石渡孝春君 26番   平良清忠君   27番   青野勝行君 28番   宇都宮高明君  29番   大倉富重雄君 30番   海保貞夫◯欠席議員(なし)---------------------------------------◯職務のため出席した事務局職員 参事(局長)    高橋康久君   副参事       古里忠行君 係長        稲阪 洋君   副主幹       細田巨輝君---------------------------------------◯説明のため出席した者 市長        小泉一成君   副市長       関根賢次君 副市長       小幡章博君   教育長       関川義雄君 企画政策部長    宮田洋一君   総務部長      野村弘充君 財政部長      郡司光貴君   空港部長      山田明彦君 空港部参事     森田 巌君   シティプロモーション部長                             伊藤和信君 シティプロモーション部参事     市民生活部長    伊藤昭夫君           大矢知良君 環境部長      石井益実君   福祉部長      高田順一君 健康こども部長   菱木澄子君   経済部長      都祭幸也君 経済部参事     五十嵐昭夫君  土木部長      後藤行也君 都市部長      三橋道男君   企画政策課長    米本文雄君 秘書課長      松島真弓君   総務課長選管書記長)                             岩沢宏樹君 財政課長      篠塚岳史君   会計管理者     伊藤幸範君 水道部長      後藤 勝君   教育部長      宮崎由紀男君 教育部参事     神山金男君   消防長       大谷昌利君 消防本部次長    大野勝也君   監査委員事務局長  須賀澤賢治君 農業委員会事務局長 荻原幸夫君 各課、所、場、館、署長--------------------------------------- △開会及び開議の宣告 ○議長(伊藤竹夫君) 定足数に達しましたので、これより平成30年12月成田市議会定例会を開会いたします。                              (午後1時00分)--------------------------------------- △諸般の報告 ○議長(伊藤竹夫君) 日程に入る前に申し上げます。 平成30年9月定例会以降、今定例会までの議会事務の概要と説明員として出席通知のありました者の職氏名教育委員会から提出のありました教育に関する事務の点検及び評価について、並びに監査委員から報告のありました定期監査及び例月現金出納検査の結果について、お手元に配付しておきましたので、ご了承願います。--------------------------------------- △会期の決定 ○議長(伊藤竹夫君) これより議事に入ります。 日程第1、会期の決定を議題といたします。 お諮りいたします。今定例会の会期は、お手元に配付してあります日程表のとおり、本日から12月12日までの21日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤竹夫君) ご異議なしと認めます。 よって、会期は本日から12月12日までの21日間と決しました。---------------------------------------議案第1号~議案第26号・報告第32号~報告第34号 ○議長(伊藤竹夫君) 日程第2、議案第1号から議案第26号及び報告第32号から報告第34号を一括して議題といたします。 当局の提案理由の説明を求めます。 小泉市長。     〔市長 小泉一成君登壇〕 ◎市長(小泉一成君) 本日ここに、平成30年12月成田市議会定例会を招集し、当面する諸案件について、ご審議をお願い申し上げます。 本定例会に提案いたしました案件は、条例案件13件、契約案件3件、市有財産取得案件1件、成田土地開発公社定款変更案件1件、補正予算8件の合わせて26件と報告3件であります。 以下、議案提案理由について順次ご説明申し上げます。 議案第1号 不正競争防止法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例を制定するについて。 本案は、工業標準化法の一部が改正され、日本工業規格の名称が日本産業規格に変更されたことから、規定の整理を行うため、成田行政不服審査法施行条例ほか2条例について、本条例により一括して改正しようとするものであります。 議案第2号 一般職職員の給与に関する条例の一部を改正するについて。 本案は、本年の国及び千葉県の給与勧告の趣旨に基づき、一般職職員給料表勤勉手当等の改定を行うことに伴い、本条例において所要の改正を行おうとするものであります。 改定の主な内容は、給料表について、本年4月1日に遡及して平均で約0.23%引き上げ、また本年12月に支給する勤勉手当について、現行の支給率0.9月分を0.05月分引き上げ0.95月分にするとともに、来年度から6月及び12月に支給する期末手当及び勤勉手当支給率をそれぞれ1.3月分及び0.925月分に改め、6月及び12月に支給する期末手当及び勤勉手当支給率を同一にしようとするものであります。 議案第3号及び議案第4号は、いずれも一般職職員に準じて、議会の議員及び特別職の職員の期末手当支給率を改めようとするものであります。 議案第3号 議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正するについてでは議会の議員について、議案第4号 特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正するについてでは特別職の職員について、それぞれ本年12月に支給する期末手当支給率を現行の2.275月分から0.05月分引き上げ2.325月分にするとともに、来年度から6月及び12月に支給する期末手当支給率をそれぞれ2.225月分に改め、6月及び12月に支給する期末手当支給率を同一にしようとするものであります。 議案第5号 成田手数料条例の一部を改正するについて。 本案は、建築基準法の一部を改正する法律の一部が施行されたことに伴い、建築基準法に基づく特定行政庁において、建築物の敷地と道路との関係の特例に係る認定事務を行うこととなったことから、新たに当該認定事務に係る手数料を定めるため、本条例において所要の改正を行おうとするものであります。 議案第6号 成田市立大栄幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部を改正するについて。 本案は、預かり保育に係る保育料口座振替により支払うことを可能とすることに伴い、納期限を変更するため、本条例において所要の改正を行おうとするものであります。 議案第7号 成田児童ホームの設置及び管理に関する条例の一部を改正するについて。 本案は、橋賀台小学校学校敷地内に、独立した新たな児童ホームを整備し、来年4月1日から開所することに伴い、本条例において所要の改正を行おうとするものであります。 議案第8号 成田重度心身障害者医療費助成に関する条例の一部を改正するについて。 本案は、未婚のひとり親寡婦等とみなす特例の適用に伴い、本条例に基づく助成の可否の判定に係る市町村民税所得割の額の算定方法等について、成田重度心身障害者医療費助成に関する条例施行規則へ委任するため、所要の改正を行おうとするものであります。 議案第9号 成田自転車等放置防止に関する条例の一部を改正するについて。 本案は、自転車等放置禁止区域として指定しているJR成田駅及び京成成田駅の周辺並びに京成公津の杜駅周辺以外の公共の場所において、良好な生活環境の確保とまちの美観維持を図るため、放置自転車等撤去等に係る規定を整備するなど、本条例において所要の改正を行おうとするものであります。 議案第10号 成田集会施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正するについて。 本案は、老朽化に伴い、近年使用されていない小浮青年館について、地元区と廃止に係る協議を進めてきたところ、同意が得られたことから、来年3月31日をもって同施設を廃止し、当該施設の名称を本条例から削除しようとするものであります。 議案第11号 成田中郷ふるさと交流館の設置及び管理に関する条例を制定するについて。 本案は、旧中郷小学校跡地利用を図るため、現在改修工事中であります本施設が来年4月1日から供用を開始することに伴い、名称を中郷ふるさと交流館と定め、市民の地域活動の支援及び地域コミュニティの醸成並びに市民の健康づくりに資する公の施設として適正な管理運営を行うため、新たに本条例を制定するとともに、あわせて関連する条例の改正を行おうとするものであります。 議案第12号及び議案第13号は、いずれも来年4月1日から成田下水道事業地方公営企業法の規定の一部を適用するに当たり、必要となる条例の制定及び改正を行おうとするものであります。 まず、議案第12号は、成田下水道事業設置等に関する条例を制定するについてであります。 本案は、成田下水道事業地方公営企業法の規定の一部を適用するに当たり、同法第4条の規定に基づき、下水道事業の設置及びその経営の基本に関する事項を定めるため、本条例を制定しようとするものであります。 次に、議案第13号は、成田特別会計条例の一部を改正するについてであります。 本案は、成田下水道事業地方公営企業法の規定の一部を適用するに当たり、同法第17条の規定に基づき特別会計を設置することとなることから、地方自治法第209条第2項の規定に基づき設置する特別会計を定めた本条例から、下水道事業特別会計の名称を削除しようとするものであります。 また、あわせて、既に地方公営企業法の規定の一部を適用している簡易水道事業特別会計についても、その名称を削除しようとするものであります。 議案第14号 雨水管渠築造工事(並木町大久保台市道流末排水)請負契約の締結について。 本案は、並木町大久保台地区市道並木大久保台1号線ほか7路線の流末排水となる調整池築造工事が竣工したことから、当該調整池への流入管渠築造工事を行うものであります。 本工事の契約については、電子入札システムを利用した総合評価方式による制限付一般競争入札により請負業者を決定し、議案に示す内容により契約を締結しようとするに当たり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。 議案第15号及び議案第16号は、いずれも美郷台小学校の敷地内に、市内4番目の親子方式による給食施設となる学校給食共同調理場増築工事を行おうとするものであります。 まず、議案第15号 成田市立美郷台小学校学校給食共同調理場増築工事建築工事請負契約の締結についてでは、本工事の契約について、電子入札システムを利用した総合評価方式による制限付一般競争入札により請負業者を決定し、議案に示す内容により契約を締結しようとするに当たり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。 次に、議案第16号 成田市立美郷台小学校学校給食共同調理場増築工事機械設備工事請負契約の締結についてでは、本工事の契約について、電子入札システムを利用した総合評価方式による制限付き一般競争入札により請負業者を決定し、議案に示す内容により契約を締結しようとするに当たり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。 議案第17号 市有財産の取得について。 本案は、議案第15号及び議案第16号で提案しております美郷台小学校における学校給食共同調理場を整備することに伴い、回転釜5台、立体炊飯器5台、食器・食缶洗浄機2台、消毒保管機25台、その他の厨房機器の計142点を購入しようとするものであります。本購入契約については、電子入札システムを利用した制限付一般競争入札方式により納入業者を決定し、議案に示す内容により契約を締結しようとするに当たり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。 議案第18号 成田土地開発公社定款の一部を変更するについて。 本案は、経済情勢当該公社事業規模等の変化に鑑み、役員等の規定を整理するため、公有地の拡大の推進に関する法律第10条第2項の規定により定める成田土地開発公社定款の一部を変更することについて、同法第14条第2項の規定により千葉県知事の認可を受けるに当たり、同項の規定により議会の議決を求めるものであります。 議案第19号は、平成30年度成田一般会計補正予算であります。 歳入では、国庫支出金で259万5,000円を、県支出金で58万7,000円を、前年度からの繰越金で4億1,828万8,000円をそれぞれ増額する一方、諸収入で8万1,000円を減額し、次に歳出の主なものとしましては、職員人件費等における3億4,890万8,000円を含め、総務費では諸費等で1億6,947万円を、民生費では私立保育園運営費支援事業等で1億5,766万9,000円を増額する一方、土木費ではニュータウン中央線整備事業で2,253万5,000円を減額し、歳入歳出それぞれ4億2,138万9,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ610億546万6,000円にしようとするものであります。 あわせて、継続費の補正では、ニュータウン中央線整備事業について、期間及び年割額を変更しようとするものであります。 繰越明許費の補正では、急傾斜地崩壊対策工事及び橋りょう点検調査委託について、年度内の完了が見込めないことから、所要の経費について繰越明許費を追加しようとするものであります。 債務負担行為の補正では、今年度中に契約事務を行う必要がある業務など29件の債務負担行為を追加しようとするものであります。 議案第20号は、平成30年度成田国民健康保険特別会計補正予算であります。 施設勘定において、歳入歳出予算の総額に変更はなく、歳出で職員人件費を減額する一方、一般管理に関する経費及び基金積立金を増額しようとするものであります。 あわせて、債務負担行為では、事業勘定において今年度中に契約事務を行う必要がある業務について、債務負担行為を設定しようとするものであります。 議案第21号は、平成30年度成田下水道事業特別会計補正予算であります。 債務負担行為では、今年度中に契約事務を行う必要がある業務など3件の債務負担行為を設定しようとするものであります。 議案第22号は、平成30年度成田公設地方卸売市場特別会計補正予算であります。 前年度からの繰越金を財源として、職員人件費を増額し、歳入歳出それぞれ266万1,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億9,495万8,000円にしようとするものであります。 あわせて、債務負担行為では、今年度中に契約事務を行う必要がある業務について、債務負担行為を設定しようとするものであります。 議案第23号は、平成30年度成田介護保険特別会計補正予算であります。 国庫支出金支払基金交付金県支出金繰入金及び前年度からの繰越金を財源として、介護予防生活支援サービス事業費を増額し、歳入歳出それぞれ1,436万7,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ73億7,842万1,000円にしようとするものであります。 あわせて、債務負担行為では、今年度中に契約事務を行う必要がある業務について、債務負担行為を設定しようとするものであります。 議案第24号は、平成30年度成田農業集落排水事業特別会計補正予算であります。 繰入金及び前年度からの繰越金を財源として、職員人件費を増額し、歳入歳出それぞれ343万4,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億7,805万4,000円にしようとするものであります。 あわせて、債務負担行為では、今年度中に契約事務を行う必要がある業務など2件の債務負担行為を設定しようとするものであります。 議案第25号は、平成30年度成田簡易水道事業特別会計補正予算であります。 債務負担行為では、今年度中に契約事務を行う必要がある業務5件の債務負担行為を設定しようとするものであります。 議案第26号は、平成30年度成田水道事業会計補正予算であります。 資本的収入及び支出でありますが、支出としまして、職員人件費の増額に伴い、建設改良費で104万6,000円を増額しようとするものであります。 あわせて、債務負担行為では、今年度中に契約事務を行う必要がある業務など6件の債務負担行為を設定しようとするものであります。 なお、議案のほかに3件の報告があります。 報告第32号から報告第34号までの3件は、いずれも専決処分事項として議会からの指定に基づき専決処分を行いましたので、地方自治法第180条第2項の規定により報告するものであります。 報告第32号及び報告第33号は学校給食費に関する訴えの提起について、報告第34号は物損事故に伴う損害賠償の額の決定及び和解について、それぞれ専決処分を行ったものであります。 以上で、本定例会に提案をいたしました案件についての説明を終わらせていただきます。 よろしくご審議の上、ご可決くださいますようお願い申し上げます。--------------------------------------- △休会について ○議長(伊藤竹夫君) 日程第3、休会について議題といたします。 お諮りいたします。議案調査のため、明日23日から26日までは休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(伊藤竹夫君) ご異議なしと認めます。 よって、さよう決しました。--------------------------------------- △散会の宣告 ○議長(伊藤竹夫君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。 次の本会議は11月27日、特に午前10時に繰り上げて開くことにいたします。 本日はこれをもって散会いたします。 お疲れさまでした。                              (午後1時23分)...