船橋市議会 > 2020-04-02 >
令和 2年 4月 2日会派代表者会議−04月02日-01号

ツイート シェア
  1. 船橋市議会 2020-04-02
    令和 2年 4月 2日会派代表者会議−04月02日-01号


    取得元: 船橋市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-05-26
    令和 2年 4月 2日会派代表者会議−04月02日-01号令和 2年 4月 2日会派代表者会議                                     令和2年4月2日(木)                                           午後2時                                         特別会議室 [議題] 1.執行部からの報告について 2.行政視察について 3.その他  @次回の日程について    ………………………………………………………………………………………………          14時16分開会 ○議長(日色健人) ただいまから、会派代表者会議を開会する。    ────────────────── △オブザーバーの出席について  議長から、池沢みちよ議員、はまの太郎議員小川友樹議員、今仲きい子議員がオブザーバーとして出席をしていることの報告があった。  オブザーバーの発言については、その都度、会議に諮って決めることで、了承を得た。    ────────────────── 1.執行部からの報告について
    議長(日色健人) 昨日、執行部より船橋市市税条例の一部を改正する条例及び船橋市都市計画税条例の一部を改正する条例専決処分を行ったことについてご報告があった。これについては、担当部のほうから皆様に、昨日メールでご連絡を流させていただいた。  また、船橋市介護保険条例の改正及びそれに関連する補正予算船橋市国民健康保険条例の改正及びそれに関連する補正予算が早急に必要であることから、臨時会の招集を予定しているとの報告があった。  本来であれば、このような報告があった後、必ず会派代表者会議を開くというわけではなくて、普通に市長の招集に応じて臨時会を開いていくところではあるが、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大が続いている状況でもあり、まずは会派代表の皆様に執行部から条例改正及び補正予算の説明を聞いていただき、臨時会の開催について認識を共にしたいと思い、本日、大変急遽ではあるが、お集まりをいただいた次第である。  まず、執行部より説明を求めたいと思う。資料があれば、お配りいただきたい。 ◎総務課長 専決のほうはよろしいか、ご説明は。 ○議長(日色健人) いや、先にまず、昨日報告させていただいたとおりで、メールでご案内を、全議員に行ったとおりだが、これについて報告が必要な方はいるか。      [「なし」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) これはよろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) 昨日のメールで概要も付いていたと思うので、それで代えさせていただきたいと思う。  もし資料があるのであれば。でも、基本、メール、みんな行ったか。 ◎総務課長 付けてあると思う。 ○議長(日色健人) それでは、臨時会の開催の予告についての説明をお願いする。  資料配付のため、暫時休憩する。          14時19分休憩          14時21分開議 ○議長(日色健人) 会議を再開する。  執行部の説明を求める。 ◎総務部長 昨日付総務部長に就任した。引き続きよろしくお願いする。  それでは、介護保険のほうから順次所管から説明をさせていただく。 ◎介護保険課長 介護保険課の資料について、1枚目が軽減強化に関することと、それに伴い、参考として保険料の現在の段階表、こちらを付けさせていただいている。  1枚目だが、保険料の軽減内容と補正予算についてという形になっている。去る3月30日に介護保険施行令及び介護保険国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令公布されたことに伴い、介護保険第1号被保険者のうち低所得者の令和2年度における保険料の軽減強化を行うに当たり、船橋市介護保険条例の一部改正並びに令和2年度船橋市一般会計補正予算及び令和2年度船橋市介護保険事業特別会計補正予算が必要である。  かつ、6月15日が第1期の納期となっているので、納期開始前までに被保険者のお手元に納入通知書をお届けする必要があるので、このような形でご審議いただくような形になっている。  概要についてご説明する。  まず、65歳以上の第1号被保険者のうち、低所得者である保険料段階が第1段階から第3段階の介護保険料について、消費税財源により軽減を行うものである。第1段階の保険料については、消費税率が5%から8%に上昇したときに合わせ、27年4月から軽減が導入されている。また、令和元年10月の消費税率が8%から10%になることに合わせ、第2段階、第3段階も軽減が導入された。このときは税率変更が10月であったことから、軽減率を半分として実施している。令和2年度については、軽減強化の完全実施年度としてさらなる軽減がされ、法令等に変更がなければ令和3年度以降も同様の内容として軽減が継続されていくものとなっている。  次に、完全実施時、令和2年度の軽減割合というところだが、左側に国と、右側に本市の負担割合と、括弧内に軽減幅を記載している。括弧内記載のとおり、国と同等の軽減幅により、最大限の軽減を図るものとしている。  次に、その下の軽減強化の推移である。先ほどご説明したとおり、平成27年度から令和2年度までの軽減後の内容を、負担割合、軽減後保険料として記載している。平成30年度は、第1段階のみである。令和元年度について、先ほど言ったように、第2段階、第3段階まで拡大した形で記載している。令和2年度は、本年度が完全実施年度として軽減される内容を記載している。  なお、令和元年度の補正予算額は、下線に記載のとおり、2億808万7000円。財源の内訳として、介護保険法に基づき国庫負担金、県負担金、市負担金という形で記載している。  令和2年度の補正額だが、軽減に伴う補正予算の必要額が2億921万4000円となる。財源については、元年度同様、国が2分の1、県・市それぞれ4分の1ずつとなり、国が1億460万8000円、県・市共に5230万3000円として一般会計から特別会計へ繰り出し、この額を特別会計で繰り入れた後、同額を第1号被保険者が負担する保険料から減額するというものである。  以上である。 ○議長(日色健人) まずここまででご質問があればお受けしたいと思う。皆様、ご記憶あると思うが、昨年の6月議会で、先議で行った改正……に類するものということで、昨年のときは2定の……2定ではない、6月議会の冒頭先議でということでお願いがあって応じたわけだが、その際も大分窮屈な審議日程であったりとかいうこともあって、あと、今回も6月議会の頭では期間的には遅いということであるか。 ◎介護保険課長 はい。 ○議長(日色健人) ということなので、それよりも前に議会をと理解した。  皆様のほうから、何かこの点、まずここまででお尋ねになりたいこと、あるか。      [「なし」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) 一旦いいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) では、先にほかの議案の説明を受けてから最後またご質問を受けたいと思う。  続いて、どうぞ。 ◎国保年金課長 2種類資料をお配りしているが、まず、国民健康保険傷病手当金の支給についてという資料を御覧いただけるか。よろしいか。  国から、国民健康保険事業において新型コロナウイルス感染症に感染するなどした被用者に傷病手当金を支給することを検討していただきたいとの通知があった。3月24日付事務連絡により、2枚目のほうに付けてあるが、条例の参考例、あるいは事務フローなどが送付された。  傷病手当金の支給については、国民健康保険法上、条例に定めることにより行うことができるとされているが、国民健康保険条例に規定がなく、実施する場合、条例の改正及び国民健康保険事業特別会計において予算措置が必要となる。なお、条例傷病手当の規定がないのは、他市でも同じ状況であり、支給する場合には、本市同様条例の改正が必要となってくる。  今回の措置は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、労働者が感染した場合や感染が疑われる場合に休みやすい環境を整備するものである。適用は令和2年1月1日に遡及するが、感染が急速に拡大している現在、速やかに制度を整備し、周知することが必要であると考えている。そこで、先ほど国の示した条例案に沿って改正案を作成しているところである。  資料のほう、3つ目の項目になる。そちらのほうから細かく説明させていただく。  支給の対象期間だが、労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間のうち、労務に就くことを予定していた日で、支給額は、1日当たり、支給を始める日の属する月以前の三月間の給与等の合計額を就労日数で除した額の3分の2に相当する額である。適用期間は、1月1日から9月30日の間で、療養のため労務に服することができない期間となる。  この傷病手当金に費用な予算額だが、一番下のところ、補正額として、100万円を計上する。今後の感染の拡大状況や、感染者あるいは感染が疑われる方の中に今回対象となる被用者の方がどのくらいいるのか、かなり予測しづらいところではあるが、療養等で2週間程度休んだ場合であると約40人、1か月程度休んだ場合であると約20人が賄える。なお、この支給額については、全て国が特別調整交付金で支援することになっている。  続いて、もう1つの資料のほうだが、船橋市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例、こちらも併せて説明させていただく。  後期高齢者医療制度においても、先ほどと同様の措置が取られる。こちらの傷病手当金の支給に関する条例改正については県の広域連合において行うが、市の後期高齢者医療に関する条例においても、市において行う事務の条文に傷病手当金の受け付けを追加する必要がある。ただし、現在のところ、広域連合における条例改正の時期が不明なため、こちらについては、条例改正の時期が判明した時点で別途ご相談、ご報告させていただきたいと考えている。  以上である。 ○議長(日色健人) お聞きのとおりである。  さきの介護保険のほうと併せて、皆様のほうでお尋ねになりたい点があれば、お願いしたいと思う。いかがか。 ◆岩井友子 代表  すみません。のみ込みが悪くて非常に申し訳ないけれど、下のところを補正前と補正額とで……。 ○議長(日色健人) どの話か。 ◆岩井友子 代表  介護保険の軽減強化について、結局補正前……補正額……この2億921万4000円という額が補正か。この補正額分が保険料として軽減されると考えて……(介護保険課長「はい、そういうことです」と呼ぶ)いいか。 ◎介護保険課長 そのとおりである。 ◆岩井友子 代表  その補正前の額が2億9000万円しかないではないか。この補正前の額に対して補正額が大体ほぼ同額かちょっと少ないかぐらいだが、もともとこんなもんだったのか、予算額は。 ◎介護保険課長 こちらについては、第1号被保険……第1段階と第3段階の部分を抜き出してこの部分として表しているので、介護保険料全体としてはもっと大きな金額になっている。 ◆岩井友子 代表  ああ、そうか。一部を抜き出した数字だからこういうふうに小さいのか。 ◎介護保険課長 はい、今回の適用の部分だけを取り出した形になっている。 ◆岩井友子 代表  わかった。 ○議長(日色健人) ほかに皆様のほうからお尋ねになりたい点、あるか。よろしいか。  いずれも臨時会の開催が必要ということであるので、こういった状況下ではあるが、これについて、お受けしていると言うと変だが、招集に応じていくということで、皆様のご認識いただければと思うが、よろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) それでは、もし今後の日程等について、今、多分、条例案の作成等の取り組みされていると思うが、今後の日程のめどがもしあれば、お示しいただけるか。 ◎総務課長 今ご説明したとおり、最初に介護の準備をしており、その後に国保が、傷病手当金が入った関係で、今、両方併せて作業をしているが、どうしても来週の後半ぐらいになって……条例としてお出しできる……完成するのが来週の後半ぐらいになってしまう予定である。 ○議長(日色健人) そうしたら、そのめどをつけていただいて、今後の手続、普通であると臨時会の開催の申し入れということになるが、それについては来週の頭ぐらいと理解してよろしいか。 ◎総務課長 今週、目鼻がついたら、来週の頭にぜひご報告……申し入れをできるのであればさせていただきたいと思う。 ○議長(日色健人) お聞きのとおりである。正確な招集告示あるいは招集日については、来週頭に申し入れをいただいて、その段階で皆様にお知らせするということになるが、それでよろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) それでは、執行部より正式な招集の申し入れがあったら、速やかにお知らせをしたいと思うので、どうぞよろしくお願いする。 ◆神田廣栄 代表  それはそれで結構だが、臨時会というお話もあったので、新型コロナの関係もあったということで、これはこれで大事だとは思うが、私は、本当に病院とか、薬とかいろんな関係の補正予算組むのではないかなと思っていたが、それは全く頭にないか、執行部は。 ○議長(日色健人) 総務部長、今、お話が……もちろん専決の承認が当然1つある。それから、この介護の関係、それからこの傷病休業手当、それ以外で付議される予定のものは何かあるのか。 ◎総務部長 まず、ご承知のとおり、現在北総育成園に職員を派遣している関係で、特殊勤務手当、こちら、今検討しているので、こちらがもし間に合えばということが1つある。これが間に合うかどうかというところは、今、作業を急いでいるところだが、まだ確定できていないので、これはまた改めてということになろうかと思っている。  それ以外に、今、神田議員からのご質問があった点については、明確になっていない部分が非常に多いということで、今後、補正等の必要があれば随時ということにはなっていくとは思うが、今回、この臨時会で申し入れを行う予定はない。 ○議長(日色健人) お聞きのとおりである。よろしいか。 ◆神田廣栄 代表  うん、寂しいが、しようがないかな。 ○議長(日色健人) 他にご発言ないか。      [「なし」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) それでは、本件については、来週以降正式な招集の申し入れがあるということなので、それを待って速やかにお知らせをしたいと思う。  以上で、本件は終了する。      [執行部退室] ○議長(日色健人) 暫時休憩する。          14時38分休憩    ──────────────────          14時39分開議 2.行政視察について ○議長(日色健人) 事前にお伝えした議題は以上だが、皆様にお伝えしたいことがある。  次第の2つ目、行政視察についてである。  お手元の資料のとおり、令和2年4月1日、昨日、全国市議会議長会より通知があった。各市議会において、今後の新型コロナウイルス感染症について、感染拡大の実情に応じ適切な議会運営を進めていただきたい旨がお願いされている。  その中で、他市への行政視察については、特段の事情がない限り当面、感染拡大防止の観点から自粛していただくようお願いするとの具体的な言及があった。そこで、本市議会においても、本市から他の自治体等へ赴く、あるいは他の自治体からの受け入れの双方について、当面の間自粛する方向性とすべきではないかと思うが、皆様でご協議したいと思う。  ちなみに、今月、本市から他市への視察の予定が1件、他市から本市の視察受け入れが1件予定されているところである。 ◆神田廣栄 代表  行政視察、いろいろあると思うが、常任委員会のみならず個人的に結構行く人、いるよね。私はいいと思う。宿泊、日帰りもあると思うが、それも含めてってことか。 ○議長(日色健人) そうである。 ◆神田廣栄 代表  わかった。 ○議長(日色健人) 含めて、自粛すべきかどうかということで、あるいはよそからのお申し出についても、ちょっと今回はご遠慮いただくということで、整理してよろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) それでは、残念だが、そのようにさせていただきたいと思う。当面の間、行政視察については、会派個人問わず当方からは自粛、受け入れもご遠慮するということにさせていただきたいと思う。    ────────────────── ○議長(日色健人) オブザーバーの方からご発言あれば求めたいと思うが、よろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり]
    議長(日色健人) オブザーバーの方、どうぞ。 ◆池沢みちよ 議員  ない。 ◆はまの太郎 議員  ない。 ◆小川友樹 議員  ない。 ◆今仲きい子 議員  ない。    ────────────────── ○議長(日色健人) 予定した議題は以上だが、せっかくの機会である。皆様のほうから何かあるか。  一応また13日に会代会、予定しているので、そこの予定のものはまた別として、今日ここで何か皆様でお急ぎのご発言あるか。      [「なし」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) コロナウイルスの関係で、大変、ちょっと今、懸念される状態になっているので、いろいろと皆様ご心配、あるいは市民の方からご意見等あるかと思うが、よろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) ないようなので、それでは、まずは皆様、安全第一でよろしくお願いする。    ────────────────── 3.その他 @次回の日程について ○議長(日色健人) 次回の会派代表者会議は、4月13日の月曜日午後2時に開会をする。開会通知は後日お送りする。    ────────────────── ○議長(日色健人) ほかに何かあるか。      [「なし」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) 以上で、会派代表者会議を散会する。          14時42分散会    ────────────────── [出席議員]  議長   日色健人(自由市政会)  副議長  石崎幸雄(公明党)  代表者  渡辺賢次(自由市政会)       鈴木いくお(公明党)       神田廣栄(市民民主連合)       佐々木克敏(自由民主党)       岩井友子(日本共産党)       鈴木和美(真政会) [オブザーバー]       池沢みちよ(みらい@船橋)       はまの太郎(無所属)       小川友樹(無所属)       今仲きい子(無所属) [説明のため出席した者]  海老根総務部長  篠浦総務課長参事)  土屋健康・高齢部長  鈴木国保年金課長  廣崎介護保険課長議会事務局]  事務局出席職員 大澤議会事務局長          深澤議事課長補佐          関谷議事課議事第一係長(主査)          池田庶務課長          高橋庶務課長補佐          横堀庶務課調査係長  担当書記    真子議事課長          高橋議事課議事第二係長          芝議事課主任主事...