船橋市議会 > 2019-10-03 >
令和 元年10月 3日議会運営委員会−10月03日-01号

ツイート シェア
  1. 船橋市議会 2019-10-03
    令和 元年10月 3日議会運営委員会−10月03日-01号


    取得元: 船橋市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-12-17
    令和 元年10月 3日議会運営委員会−10月03日-01号令和 元年10月 3日議会運営委員会                                    令和元年10月3日(木)                                           午後1時                                      第4・第5委員会室 [議題] 1.付託事件の審査結果について 2.市長及び監査委員からの報告について 3.10月4日の議事日程について 4.第3回定例会の招集予定等について 5.提案事項について  @議場及び各委員会への電子機器の持ち込みについて  A審議日程について 6.視察について 7.その他  @発議案の提起について(第3回定例会)  A会派態度表明について  B自然災害時における対応について  C次回の議会運営委員会について    ………………………………………………………………………………………………
             13時00分開会 ○委員長(佐々木克敏) ただいまから、議会運営委員会を開会する。    ────────────────── △委員外議員の出席について  みらい@船橋の池沢みちよ議員無所属のはまの太郎議員小川友樹議員、今仲きい子議員が委員外議員として出席している旨、委員長から報告があった。    ────────────────── ○委員長(佐々木克敏) お手元に会議資料を入れた封筒を配付している。議会運営委員会の委員を除く、会派で紙資料を希望する議員分が入っているので、会派議員への配付をお願いする。  なお、議会会議システムの議事日程・諸般の報告フォルダにも配架しているので、あわせて会派の皆さんにお伝えいただきたい。    ────────────────── △議長挨拶 ○委員長(佐々木克敏) あすの最終日に当たって議長からご挨拶がある。 ○議長(日色健人) 皆様、お疲れさまである。  今定例会も活発な質問や審査が行われ、いよいよあした最終日を迎えることになった。あしたは、付託議案の審査報告に基づく採決を初め、市長及び監査委員からの報告に対する質疑などが行われることになる。円滑な議会運営にご協力いただくようお願いし、挨拶とする。    ────────────────── 1.付託事件の審査結果について ○委員長(佐々木克敏) それでは、付託事件の審査結果について、事務局に報告させる。 ◎議事課長補佐 お手元の議事日程をごらんいただきたい。  市長提出議案である。  予算決算委員会に付託された日程第1及び第2の議案3案は、全会一致あるいは賛成多数で可決すべきものと決している。  次に、日程第3から第6までの認定10件は、全会一致あるいは賛成多数で認定すべきものと決している。  以上である。 ○委員長(佐々木克敏) お聞きのとおりである。  付託事件について、委員会での意思表示を変更する会派会派の賛否と異なる態度表明をする議員、退場する議員がいらっしゃれば、採決方法等に影響するので、議事日程に記載があっても必ずここで申し出をお願いする。よいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) ここで、委員外議員からも何か発言があるか確認したいと思うが、皆さんよろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) では、委員外議員に伺うが、ここまでの協議で何か発言はあるか。      [「なし」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) お聞きのとおりである。    ────────────────── 2.市長及び監査委員からの報告について ○委員長(佐々木克敏) こちらについては10月4日に議題とし、質疑を行うことになる。質疑者は、まず、1番目に日本共産党の松崎さち議員が対面方式、2番目に無所属のはまの太郎議員が対面方式となる。    ────────────────── 3.10月4日の議事日程について ○委員長(佐々木克敏) それでは、10月4日の議事日程について事務局に説明させる。事務局、お願いする。 ◎議事課長補佐 議事日程をごらんいただきたい。  開議宣告の後、日程に入り、まず、予算決算委員会に付託された市長提出議案について一括して議題とし、委員長の報告、これに対し質疑があれば行い、質疑終結の後、日程ごとに採決を行う。採決方法は、日程第2及び第4は簡易採決、その他は起立採決となる。  次に、日程第7の市長からの報告第1及び第6並びに例月現金出納検査結果報告及び監査結果報告の件を議題とし、これに対し2名の方から質疑の通告があるので、これを行っていただく。  最後に、日程第8の会議録署名議員の指名を行い、第2回定例会閉会することとなる。  以上である。 ○委員長(佐々木克敏) お聞きのとおりだが、事務局の説明どおり決定することでよろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) では、そのように決する。  なお、起立採決において起立しなかった方は否決とみなすことと申し合わされている。  また、可否同数となった場合には、直ちに議長採決となるので、ご承知おき願う。    ────────────────── 4.第3回定例会の招集予定等について ○委員長(佐々木克敏) 次に、令和元年度第3回定例会の招集予定等についてである。  9月11日、市長から第3回定例会を11月18日の月曜日に招集したい旨、申し入れがあった。申し入れを受けて、正副議長及び議会運営委員会の正副委員長でお手元のような審議日程案を作成させていただいたのでごらんいただきたい。よろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) こちらについては、諸般の事情によっては変更があることを前提として予定の審議日程案とすることでよろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ◆金沢和子 委員  案のうちに言っておく。今回ほど……委員会だが、審議事項がたくさんなければ、恐らく12月12日の予算決算分科会予備日が埋まることがないかなとも思うが、実は今回私ども大変失礼なことをしてしまい、非常に反省をしている。会派の最終的な態度をなかなかきちんと決める日程がとれなかったということもあり、最終日の議運の前が1日──18日があるが、ここも多分、委員会が入って会派の打ち合わせができなくなるということを、非常に危惧をしている。今回、決算があったので日程が詰め詰めになったので、恐らく3定は大丈夫ではないかとは思うが、できたら、12月3日の本会議の後、委員会の前がいいと思うが、委員会の前に2日間ぐらいの余裕があったらいいなとは思っている。かなり難しいのかなとは思うが、だから、4日もう1日あかないかなという……。(「2日も会議するの」と呼ぶ者あり)いや、2日も会議はしないが。  要するに、予備日が余り埋まり過ぎると、会派の打ち合わせがきついというのを一応申し上げておきたいということである。 ○委員長(佐々木克敏) 金沢委員の意見というのは何となく理解できるところもあるが、現状ではちょっと聞き及ぶというところでご理解いただければと思う。  他に皆さんのほうから何かあるか。      [「なし」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) よろしいか。  では、こちらのほうを日程案とさせていただく。  決定した日程案は、あす、議会会議システムの令和元年3定フォルダに配架するとともに、紙資料を希望する議員については議場にて配付する。    ────────────────── 5.提案事項について @議場及び各委員会への電子機器の持ち込みについて ○委員長(佐々木克敏) さきの議会運営委員会で、提案事項のうち、議場への電子機器の持ち込み、委員会での電子機器の持ち込みについては、協議が整うまでは現在の運用のとおりとすることとしていた。今定例会を通して、議場への電子機器の持ち込みや各委員会電子機器の持ち込みについて、各会派でさまざまいろいろとお気づきになった点、いろいろとあったのではないかと思う。次回の議会運営委員会で協議するので、各会派で必ず検討しておいていただきたいと思う。よろしくお願いする。    ……………………………………………… A審議日程について ○委員長(佐々木克敏) まず、現在の審議日程の構成について、お手元に配付した資料をごらんいただきながら、会議規則や先例申し合わせ等をもとに事務局に説明をしていただく。事務局、お願いする。 ◎議事課長補佐 お手元には審議日程にかかわる議会関係例規、先例申し合わせの資料、資料1、また、基本的な審議日程の例として、平成30年第2回の開会前議運で決めた審議日程、資料2及び平成30年第1回定例会の開会前議運で決めた審議日程、資料3を配付している。  なお、2定から4定の審議日程は、原則同じつくりとなっている。  それでは、資料1と資料2をあわせてごらんいただきたい。  まず、審議日程の構成についてである。先例申し合わせ74、定例会の審議順序をごらんいただきたい。こちらを例に審議日程がつくられている。  審議順序1から8に沿って説明する。  1番、本会議初日に議案、発議案の上程、提案説明を行う。2番、本会議2日目に議案に対する質疑、付託を行う。3番、本会議3日目に発議案に対する質疑、付託を行う。4番、本会議4日目から8日目までは一般質問を行う。今定例会も38人のエントリーがあったが、第2回定例会から第4回定例会については、5日間一般質問を行っている。  なお、第1回定例会については後ほどご説明する。  5番、請願陳情の付託は、一般質問最終日、本会議8日目に行う。6番、5常任委員会については、委員会条例第2条に記載されている順、総務委員会健康福祉委員会市民環境経済委員会建設委員会、文教委員会の順に開催され、平成25年第1回定例会から分散開催が本格実施されている。  予算決算委員会については後ほど説明する。  7番、委員会の付託事件が終了した後、最終日の本会議の再開準備を行う日を設けている。8番、本会議9日目に付託事件の採決と委員会から請願陳情採択に伴い提出される発議案等について審議を行う。  次に、休会日についてである。先例申し合わせ24、休会日をごらんいただきたい。  第2回定例会から第4回定例会については、後段に記載されている。議案質疑の前4日間、総務委員会開会日前日、予算決算委員会全体会総括質疑、討論、採決の議事について協議する予算決算委員会理事会の前日、以上6日間は休会日とすることとなっている。  なお、第1回定例会については後ほどご説明する。  また、会議規則をごらんいただくと、第10条により、市の休日である土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から翌年の1月3日までの日は休会日となっている。  次に、開会時間に、失礼した、開議時間についてである。  会議規則第9条により、本会議を開く時刻は午前10時となっている。  次に、先例申し合わせ89、第1回定例会の議案に対する質疑をごらんいただきたい。  また、あわせて資料3をごらんいただきたい。  第1回の、失礼した、第1回定例会の質疑は、市政執行方針及び議案に対する質疑として、その中に一般質問を含めて行うこととしており、6日間行っている。よって、第1回定例会の審議順序は、先例申し合わせ74の4、一般質問を2、議案に対する質疑付託に含めて行っており、それ以外の審議順序は、第2回定例会から第4回定例会までと同様となる。  また、第1回定例会休会日については、先例申し合わせ24、休会日前段に記載されており、市政執行方針及び議案に対する質疑初日の前5日間、総務委員会開会日前日、予算決算委員会総括質疑、討論・採決の議事について協議する予算決算委員会理事会の前2日間、以上8日間は休会日とすることとなっており、第2回定例会から第4回定例会に比べ2日間多く休会日が設けられている。  なお、審議日程に組み込まれている予算決算委員会議会運営委員会について若干説明する。  まず、予算決算委員会についてである。  予算決算委員会運営要領をごらんいただきたい。4、全体会で行うことの規定をもとに、分担確認を行う全体会を1日、議案が付託された後に開かれます。  また、分科会後、総括質疑に1日、討論・採決に1日を設け、必要があれば、その間に組み替え動議や修正案を出すという日程としている。  また、運営要領11で、委員会理事会の協議決定に沿って運営するとされていることから、全体会の前に理事会を開催する日が設けられている。  なお、予算決算委員会申し合わせ7、分科会の予備日において、第1回定例会は2日間、第2回定例会から第4回定例会は1日間、分科会の予備日を設けることとされており、先ほど先例申し合わせ24、休会日のところでご説明した予算決算委員会理事会の前2日間、または前日の休会日を予備日に充てている。  次に、議会運営委員会についてである。  通常、本会議初日、一般質問3日目、第1回定例会においては質疑の4日目、本会議最終日前日の3日間を審議日程に記載している。  それぞれの主な議事等については、資料の2または3に記載のとおりである。  また、通常、開会日の3日前に開会前議運が開かれる。  最後に、審議日程には記載されていないが、先例申し合わせにより、一般質問の主意書、第1回定例会においては通告書の提出締め切り日が質疑日の前々日、議案、発議案質疑の質疑日の3日前までとなっている。  説明は以上である。
    ○委員長(佐々木克敏) お聞きのとおりである。  この件についてはまたこの後協議するが、視察の項目として調査を行った後各会派の意見を伺い、整理していきたいと思うが、ただいまの時点で何かあるか。よろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) それでは、今後の議会運営委員会で引き続き協議するので、また各会派での検討のほうもよろしくお願いする。    ────────────────── 6.視察について ○委員長(佐々木克敏) お手元に、視察の行程案及び主な調査事項を配付しているので、ご確認いただきたい。よろしいか。  視察の日程については、11月7日木曜日及び8日金曜日である。視察先については、愛知県名古屋市兵庫県神戸市静岡県浜松市としている。視察テーマについては、議会運営についてとし、主に審議日程について及びその他の取り組みについてを視察するというスケジュールで正副委員長において先方と調整させていただいた。行程や調査事項等について、何かご意見はあるか。      [「なし」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) よろしいか。特にないか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) このように決する。  視察資料等については、準備が整い次第、事務局からご連絡する。  また、都合が悪くなってしまった場合は、10月11日の金曜日までに事務局までご連絡をお願いする。    ────────────────── 7.その他 @発議案の提起について(第3回定例会) ○委員長(佐々木克敏) まず、発議案の提起についてである。  令和元年度第3回定例会の発議案の議会運営委員会への提起については、発議案の件名、提出者及び賛成者を市の休日を除く開会前議運の6日前、今回でいえば11月5日火曜日、17時までに事務局に伝えていただきたい。  件名は、一覧を各議員に配付する市の休日を除く開会前議運の2日前、こちらは11月11日月曜日17時までに発議案データ事務局に提出をお願いする。  なお、提出された案文データはそのまま印刷して製本するので、一切手を加えない形のデータを提出をお願いする。  また、提出に当たっては、案文とともに理由を付するとなっているので、お忘れのないようお願いする。    ……………………………………………… A会派態度表明について ○委員長(佐々木克敏) さきの議会運営委員会議決を行う際の会派態度表明について、さまざま協議していただいた。その際いただいたご意見として、先例申し合わせ54の表記について、「閉会日」を「閉会日または議決日」と直す、また、議会運営委員会会派態度を確認しない、その際、本会議の採決方法等について、全日程を別々にし、全て起立採決にする等のご意見があった。  これらのご意見を踏まえ、まずは先例申し合わせ54の取り扱いについて、今後、各会派で検討をお願いしたいと思うが、よろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) では、そのようにする。この件については、改めてまた協議させていただきたいと思うので、各会派で検討よろしくお願いする。    ……………………………………………… B自然災害時における対応について ○委員長(佐々木克敏) この件について、議長より発言を求められている。 ○議長(日色健人) 着座のまま失礼する。  このことについて、今定例会において、皆様ご記憶のことと思うが、9月9日月曜日だったが、さきの台風15号により、当日、議員、出席理事者、事務局職員の登庁状況等を鑑み、議長において、本会議の開会時刻を午前10時から午後1時に変更する対応をさせていただいた。  このことについて、今回の状況を踏まえ、いろいろどうすべきだったかなというのを検証しているところである。  議運の皆様に1つお願いというかお断り──ご了承いただきたいと思い、きょう、今、発言させていただいている。今後、自然災害等が予見される場合、特に台風の接近等というのが一番多くあるかなと思う。議長において、本来であれば本会議の開会に係ることであるので、事前に協議できる時間的余裕があれば議会運営委員会を開いていただいて、そこでご協議をいただいて、あした台風来るけど時間どうしようかと協議いただくのが基本とするが、今回のように前2日が土日にかかり、その前の金曜の段階であると予報の精度もあるし、議運を開いて判断するというところまでいかなかった。このような場合……結構、今回本当に特殊なケースだったと思うが、ちょっと重ねてになるが、事前に、例えば本会議中で全員集まっているとあしたどうしようかというときには議運開いてご協議いただくのを基本とするが、今回のように時間的な余裕がない、あるいは参集できないというようなケースには、私において、必要に応じ開会時刻の繰り下げ等の判断をさせていただく場合もあるので、あらかじめ議運の皆様にはご了解、ご理解をいただきたいと思うので、よろしくお願いをする。  本件について、私からは以上である。 ○委員長(佐々木克敏) お聞きのとおりである。  本件については以上とさせていただく。 ◆鈴木和美 委員  議長、ちょっとご質問だがこれ、委員会が当日開かれる予定があった場合は、委員長の判断になるのか。それとも、議長のほうでうちの議会はということで一律管理をされることになるのか。委員会が複数開かれる場合もあるだろうし、そういう場合は議長において判断されて一律の対応をとるのか、それとも、それぞれの委員長がとられるのか。どのようなお考えがお聞かせいただけるか。 ○議長(日色健人) 大変的確なご質問をありがとうございます。  実はきょう、今ここでお話をしているのは、本会議の開会についてということで、その判断の手順として、議運が開けるのであれは議運を開いて協議、開けない場合は議長において判断ということにする。  他の委員会、例えば閉会中等に委員会の所管事務調査を行われるというような場合には、当然その委員長さんのご判断ということになるが、その件について、後日私のほうから全ての委員長さんにお集まりいただいて、緊急時等の委員会の開会の判断についてのプロセスについて、ご連絡、ご相談をし、そのときに申し上げるべきことだと思うが、基本的には各委員長のほうでご判断いただくということになると思うので、その旨をお伝えしようと今思っている。 ○委員長(佐々木克敏) よろしいか。 ◆鈴木和美 委員  言ってることはよくわかって……それぞれの委員会独立しているのでもちろん委員長の判断というのがあると思うが、例えば、そうすると委員会ごとに変わる、ということが起きると思った。なぜ議運でわざわざ発言をしたかというと、ある程度の、例えばこの間の台風のとき、執行部のほうも来ていらっしゃらない方がいた、事務局のほうの体制も委員長にはわからない。議長任命権者であるので、当然事務局の状況もわかってらっしゃると思うので、そういうときには、私は議長責任において一律でいいかなと思ったので、特に今、閉会中のことおっしゃっていたが、例えば開会中に議案審議をしなければいけない委員会が入っている場合とかいろいろケースが考えられるので、任意のその委員長集めた会議というよりは、審議日程上にいつも委員会順は並べているけども……。 ○議長(日色健人) 開会中の話ね。 ◆鈴木和美 委員  開会中も閉会中もだが、ある程度皆さんが合意をとられる場所って、公の場ってないので、このケースはいつも言ってる主張とは違うが、ある程度議運の記録に残すなり何なりしたほうがよろしいのかなと思う。一義的には……全責任はって言っちゃいけないが、議長のほうにあると思うので、その辺も考慮に入れていただけると助かる。 ○議長(日色健人) ご指摘ありがとうございます。  いろんなケース考えられると思う。開会中の委員会の開催のケース、閉会中の委員会の開催のケース、その開催の可否の判断の委員長のそのご判断と私、議長としてそれに対してどのようにサジェストできるか、サポートできるかというところになってくると思うので、そのあたりも含めて委員長さんのご意見も踏まえた上で、今ご指摘のとおり、内輪だけの取り決めというよりは、明確にしたほうがよろしいということであれば、適切な形で議長名で皆様にきちんとお知らせするとか、そういった取り組みについては後日整理をしたいと思うが、近々にやりたいと思っているので、その際にはご協力のほどよろしくお願いする。 ○委員長(佐々木克敏) よろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) 他にあるか。      [「なし」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) では、次に進む。    ……………………………………………… C次回の議会運営委員会について ○委員長(佐々木克敏) 次回の議会運営委員会については、開会前議運の日程、11月13日の水曜日に開きたいと思っている。午前10時からである。協議事項については、提案事項について、そしてまた、第3回定例会の審議日程等について、また先ほど皆様にお示しした会派での検討結果の持ち寄りと、協議等を行っていきたいと思う。    ────────────────── ○委員長(佐々木克敏) その他、皆さんのほうで何かあるだろうか。      [「なし」と呼ぶ者あり] ○委員長(佐々木克敏) なければ、以上で本委員を散会する。          13時28分散会    ────────────────── [出席委員]  委員長  佐々木克敏(自由民主党)  副委員長 松橋浩嗣(公明党)  委員   林利憲(自由市政会)       小平奈緒(自由市政会)       藤代清七郎(自由市政会)       島田たいぞう(自由市政会)       木村修(公明党)       鈴木いくお(公明党)       岡田とおる(市民民主連合)       斉藤誠(市民民主連合)       浅野賢也(自由民主党)       金沢和子(日本共産党)       鈴木和美(真政会) [正副議長]  議長   日色健人(自由市政会)  副議長  石崎幸雄(公明党) [委員外議員]       池沢みちよ(みらい@船橋)       はまの太郎(無所属)       小川友樹(無所属)       今仲きい子(無所属) [傍聴議員]       高橋けんたろう(市民民主連合)       三橋さぶろう(市民民主連合)       石川りょう(真政会)       齊藤和夫(真政会) [説明のために出席した者]       辻副市長       笹原総務部長       篠浦総務課長参事) [議会事務局出席職員
     事務局出席職員 小山議会事務局長          大澤議会事務局次長(議事課長)          深澤議事課議事第二係長(主査)  委員会担当書記 押谷議事課長補佐(主幹)          関谷議事課議事第一係長          杉原議事課主任主事          荒木議事課主事...