ツイート シェア
  1. 船橋市議会 2019-08-29
    令和 元年第2回定例会−08月29日-01号


    取得元: 船橋市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-05-26
    令和 元年第2回定例会−08月29日-01号令和 元年第2回定例会       令和元年第2回船橋市議会定例会会議録(第1号) 〇議事日程(第1号)   令和元年8月29日(木)    午前10時開議 諸般の報告(文教委員長の互選結果、議案等の送付、出席通知、常任委員の所属変更、広報委員の辞任、議会運営委員の辞任及び補欠委員の選任) 第1 会期決定の件 第2 議席の一部変更の件 第3 議会運営委員会の委員定数変更の件 第4 広報委員会の委員定数変更の件 第5 議案第1号 令和元年度船橋市一般会計補正予算 第6 議案第2号 令和元年度船橋市介護保険事業特別会計補正予算 第7 議案第3号 令和元年度船橋市病院事業会計補正予算 第8 議案第4号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備に関する条例 第9 議案第5号 会計年度任用職員給与等に関する条例 第10 議案第6号 船橋市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例 第11 議案第7号 船橋市消防団の設置等に関する条例の一部を改正する条例 第12 議案第8号 船橋市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例
    第13 議案第9号 船橋市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例 第14 議案第10号 船橋市印鑑条例の一部を改正する条例 第15 議案第11号 船橋市男女共同参画センター条例の一部を改正する条例 第16 議案第12号 (仮称)船橋市立塚田第二小学校給食用厨房備品物品供給契約締結について 第17 議案第13号 損害賠償の額の決定について 第18 議案第14号 市道の路線認定について 第19 議案第15号 教育委員会教育長任命の同意を求めることについて 第20 議案第16号 教育委員会委員任命の同意を求めることについて 第21 議案第17号 公平委員会委員選任の同意を求めることについて(久常雅世氏) 第22 議案第18号 公平委員会委員選任の同意を求めることについて(土田吉彦氏) 第23 議案第19号 監査委員選任の同意を求めることについて 第24 議案第20号 固定資産評価審査委員会委員選任の同意を求めることについて 第25 認定第1号 決算の認定について(一般会計) 第26 認定第2号 決算の認定について(国民健康保険事業特別会計) 第27 認定第3号 決算の認定について(公共用地先行取得事業特別会計) 第28 認定第4号 決算の認定について(船橋駅南口市街地再開発事業特別会計) 第29 認定第5号 決算の認定について(介護保険事業特別会計) 第30 認定第6号 決算の認定について(母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計) 第31 認定第7号 決算の認定について(後期高齢者医療事業特別会計) 第32 認定第8号 決算の認定について(地方卸売市場事業会計) 第33 認定第9号 決算の認定について(病院事業会計) 第34 認定第10号 決算の認定について(下水道事業会計) 第35 発議案第1号 「会計年度任用職員制度施行に当たり、国が直ちに地方自治体への十分な財政措置を講じることを求める意見書 第36 発議案第2号 最低賃金を直ちに1,000円に引き上げるとともに、中小企業への支援強化を求める意見書 第37 会議録署名議員の指名    ………………………………………………………………………………………………… 〇本日の会議に付した事件  議事日程のとおり    ─────────────────────────────────────         10時06分開会 ○議長(日色健人) ただいまから、令和元年第2回船橋市議会定例会を開会します。    ───────────────── ○議長(日色健人) これより、会議を開きます。  議事日程は、配付したとおりであります。    ───────────────── ○議長(日色健人) ここで、諸般の報告をします。  報告事項は、お手元に配付したとおりであります。      [諸般の報告は巻末に掲載] ○議長(日色健人) また、8月28日、市長から主要な施策の成果に関する説明書の一部訂正について報告がありました。内容はお手元に配付したとおりであります。  以上で、諸般の報告を終わります。    ───────────────── ○議長(日色健人) 日程に入ります。  日程第1、会期決定の件を議題とします。  お諮りします。  本定例会会期は、本日から10月4日までの37日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。      [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) 異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。    ───────────────── ○議長(日色健人) 日程第2、議席の一部変更の件を議題とします。      [議席の一部変更表は巻末に掲載] ○議長(日色健人) お諮りします。  お手元に配付した表のとおり、議席の一部を変更したいと思います。これにご異議ありませんか。      [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) 異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。    ───────────────── ○議長(日色健人) 日程第3、議会運営委員会の委員定数変更の件を議題とします。  お諮りします。  議会運営委員会の委員定数を14人から13人に変更したいと思います。これにご異議ありませんか。      [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) 異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。    ───────────────── ○議長(日色健人) 日程第4、広報委員会の委員定数変更の件を議題とします。  お諮りします。  広報委員会の委員定数を14人から13人に変更したいと思います。これにご異議ありませんか。      [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) 異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。    ───────────────── ○議長(日色健人) 日程第5から第34までの議案20案及び認定10件を一括して議題とします。      [議案第1号から第20号まで及び認定第1号から第10号までは巻末に掲載] ○議長(日色健人) 提出者から説明を求めます。  市長。      [市長登壇] ◎市長(松戸徹) ただいま上程になりました議案及び認定につきましてご説明いたします。  初めに、日程第5、議案第1号令和元年度船橋市一般会計補正予算につきましては、総務費、民生費、土木費、教育費の歳入歳出予算を補正するものでございます。  その主な内容といたしまして、まず、総務費につきましては、男女共同参画センターの移転に伴う所要の経費を補正するとともに、振り込め詐欺等被害防止のための補助が、当初を上回る見込みのため補正するものでございます。  次に、民生費につきましては、認知症グループホームバリアフリー化を図るため、国庫補助金を活用し補助を行うとともに、特別養護老人ホーム等への補助金について、県が補助対象を拡大するとともに補助単価が増額されたことから、所要の経費を補正するものでございます。  土木費につきましては、令和2年度に整備を予定している、津田沼駅北口の自転車駐車場工事期間中必要となる仮設駐輪場用地を賃借し整備するため、所要の経費を補正するものでございます。  教育費につきましては、国庫補助金を活用し、小中学校及び特別支援学校のトイレ改修工事を行うため、所要の経費を補正するものでございます。  また、あわせて繰越明許費を定めるものでございます。このほかに、地方債の補正がございます。  これら歳入歳出予算の補正額は、13億6321万5000円の増額で、補正後の予算額は、2138億7371万6000円になります。  日程第6、議案第2号令和元年度船橋市介護保険事業特別会計補正予算につきましては、平成30年度に概算払いで交付された国庫負担金等の精算に伴い、所要の経費を補正するものでございます。  これらの補正額は、1億2125万3000円の増額で、補正後の予算額は、434億4825万3000円になります。  日程第7、議案第3号令和元年度船橋市病院事業会計補正予算につきましては、医療行為による損害賠償請求に係る賠償金の支出にあたり、所要の経費を補正するものでございます。  補正額は1500万円の増額で、補正後の予算額は、193億9100万円になります。  日程第8、議案第4号地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備に関する条例につきましては、地方公務員法及び地方自治法の一部改正に伴い、所要の改正等を行うものでございます。  日程第9、議案第5号会計年度任用職員給与等に関する条例につきましては、地方公務員法及び地方自治法の一部改正に伴い、会計年度任用職員給与等について、所要の定めをするものでございます。  日程第10、議案第6号船橋市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例につきましては、地方公務員法等の一部改正に伴い、規定の整備を行うものでございます。  日程第11、議案第7号船橋市消防団の設置等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、地方公務員法の一部改正にならい、消防団員の任用について、所要の改正等を行うものでございます。  日程第12、議案第8号船橋市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、災害弔慰金の支給等に関する法律等の一部改正に伴い、災害弔慰金等の支給について調査審議するための審査会の設置について、所要の定め等をするものでございます。  日程第13、議案第9号船橋市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例につきましては、基準府令の一部改正に伴い、所要の改正等を行うものでございます。  日程第14、議案第10号船橋市印鑑条例の一部を改正する条例につきましては、印鑑登録原票に旧氏を登録できるようにするため、所要の改正等を行うものでございます。  日程第15、議案第11号船橋市男女共同参画センター条例の一部を改正する条例につきましては、男女共同参画センターを移転するにあたり、その位置等を変更するものでございます。  日程第16、議案第12号(仮称)船橋市立塚田第二小学校給食用厨房備品物品供給契約締結につきましては、仮称船橋市立塚田第二小学校の給食用厨房備品一式を購入するにあたり、議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例に基づき、議決をいただくものでございます。  日程第17、議案第13号損害賠償の額の決定につきましては、平成22年11月3日に船橋市医療センターで行われた医療行為による損害賠償請求について、損害賠償の額を定めるものでございます。  日程第18、議案第14号市道の路線認定につきましては、道路法に基づき、市道の路線認定をするものでございます。
     日程第19、議案第15号教育委員会教育長任命の同意を求めることにつきましては、松本文化教育長 の任期が令和元年10月14日をもって満了となりますので、引き続き同人を任命したいので、議会同意を求めるものでございます。  日程第20、議案第16号教育委員会委員任命の同意を求めることにつきましては、鳥海正明委員の任期が令和元年10月14日をもって満了となりますので、引き続き同人を任命したいので、議会同意を求めるものでございます。  日程第21、議案第17号公平委員会委員選任の同意を求めることにつきましては、令和元年10月9日をもって任期が満了となる牧野房江委員の後任として、久常雅世氏を選任したいので、議会同意を求めるものでございます。  日程第22、議案第18号公平委員会委員選任の同意を求めることにつきましては、土田吉彦委員の任期が令和元年10月9日をもって満了となりますので、引き続き同人を選任したいので、議会同意を求めるものでございます。  日程第23、議案第19号監査委員選任の同意を求めることにつきましては、齋藤弘之委員の任期が令和元年9月30日をもって満了となりますので、引き続き同人を選任したいので、議会同意を求めるものでございます。  日程第24、議案第20号固定資産評価審査委員会委員選任の同意を求めることにつきましては、柳町和巳委員の任期が令和元年9月30日をもって満了となりますので、引き続き同人を選任したいので、議会同意を求めるものでございます。  次の日程第25、認定第1号から日程第34、認定第10号までの10件の認定につきましては、平成30年度の一般会計特別会計6件、企業会計3件の決算の認定に関するもので、地方自治法及び地方公営企業法の規定により、監査委員の意見を付けて議会の認定に付するものでございます。  以上、提案いたしました議案及び認定の概要についてご説明いたしましたが、ご協賛くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(日色健人) 以上で、説明は終わりました。    …………………………………………… ○議長(日色健人) 議案20案及び決算認定10件に対する質疑は、議事の都合により、9月5日に行うことにします。    …………………………………………… ○議長(日色健人) ここで、会議を休憩します。         10時18分休憩    ─────────────────         10時34分開議 ○議長(日色健人) 休憩前に引き続き、会議を開きます。  日程第35及び第36の発議案2案を一括して議題とします。     [発議案第1号及び第2号は巻末に掲載] ○議長(日色健人) 提出者から順次提案理由の説明を求めます。  松崎さち議員。(拍手)      [松崎さち議員登壇] ◆松崎さち 議員  それでは、発議案第1号会計年度任用職員制度施行に当たって、国が直ちに地方自治体への十分な財政措置を講じることを求める意見書について、説明をさせていただきます。  2017年に地方自治体における非正規職員、この実態が地方公務員法の規定と乖離しているとして、臨時職員・非常勤職員の任用要件を厳格化し、新たに有期雇用契約である会計年度任用職員制度が新しくつくられました。  日本共産党は、本法案成立に反対いたしました。  その理由は、第1に、臨時・非常勤職員を急増させた国と自治体責任への反省がなく、臨時・非常勤の正規化、正規職員の定数拡大などの根本的な改善策は示されていなかったこと。  第2に、会計年度ごとの任用と雇いどめを地方自治体の判断で進めることを可能としており、地方公務員法の恒常的な職の無期限任用の原則、これを掘り崩すおそれがあること。  第3は、フルタイム会計年度任用職員は、給料及び各種手当の支給対象となるのにもかかわらず、数分でも短く、パートタイマーとされた者は期末手当のみとされ、フルとパートで待遇の格差を温存すること。  以上の点などから反対をしております。  しかし、制度の実施は目前でございます。せめて、法改定の趣旨である同一労働同一賃金、この方向性に沿った非正規職員の処遇改善・均等待遇が求められています。  衆議院法案附帯決議には、次の文章が入っております。   現行の臨時的任用職員及び非常勤職員から会計年度任用職員への移行に当たっては、不利益が生じることなく適正な勤務条件の確保が行われるよう、地方公共団体に対して適切な助言を行うとともに、厳しい地方財政事情を踏まえつつ、制度改正により必要となる財源の十分な確保に努めること。  ところが、国からはいまだに具体的な財政措置が示されておりません。自治体の中には、フルタイムの会計年度任用職員は一切つくらないと決めるところが多数あらわれ始めております。本市では、約3,800人、臨時・非常勤職員が働いています。その処遇がどうなるかは、今、明らかにされておりませんが、このまま放置していれば、自治体の機能低下につながりかねません。  よって、国は附帯決議を尊重し直ちに具体的な財政措置を示すよう、この市議会としても意思表示をすべきではないか、このように思いまして、提案をさせていただきました。  ご協賛くださいますよう、よろしくお願いいたします。    …………………………………………… ○議長(日色健人) 神子そよ子議員。(拍手)      [神子そよ子議員登壇] ◆神子そよ子 議員  発議案第2号最低賃金を直ちに1,000円に引き上げるとともに、中小企業への支援強化を求める意見書について、説明いたします。  厚生労働省の中央最低賃金審議会で、2019年度の都道府県ごとの最低賃金改定の目安が答申されました。全国平均で27円引き上げ、時給は平均で901円になる内容であります。  しかし、時給1,000円以上は東京都神奈川県の2都県だけで、平均時給を上回るのは7都道府県のみという状況であります。  また、17県では700円台のままです。  最高の東京都は1,013円、最低の鹿児島県は787円で、その差は226円となりまして、現在の224円よりさらに格差が広がり、年収にすると年間45万円もの差が生じます。  千葉県最低賃金はこれまでの895円から28円上がり923円になりましたが、東京都との差は90円と、その差が生じております。このことは、船橋市における雇用確保に大きな影響を与えるものであります。  安倍政権はことし、経済財政諮問会議で、全国平均時給1,000円をより早期にということを掲げましたが、従来のペースと少しも変わらないスピードであります。時給1,000円でもフルタイムの年間1,800時間で働く人の年収は180万円で、これはワーキングプア、働く貧困層の水準と何ら変わりありません。  また、地域格差の拡大は、最低賃金の低い地域から高い地域人口を流出させる大きな原因になっています。格差を放置することで、地域から若者を減少させ、高齢化や過疎化、地域経済の疲弊にますます拍車をかけることになります。最低賃金法に基づき定められる最低賃金は、正社員、パート、アルバイトなど、全ての働く人に適用されます。地方経済の活性化や労働者全体の賃上げへの波及効果もあり、大幅値上げは日本経済の成長にとっても急がなければならない課題です。  しかし、最低賃金の抜本的引き上げができない要因の1つに、中小企業支援が極めて貧弱だという理由が挙げられます。  よって、最低賃金を直ちに1,000円引き上げるとともに、中小企業への支援強化を求めるものであります。  このような理由からこの意見書を上げさせていただきました。よろしくお願いいたします。 ○議長(日色健人) 以上で、説明は終わりました。    …………………………………………… ○議長(日色健人) 発議案2案に対する質疑は、議事の都合により、9月6日に行うことにします。    ───────────────── ○議長(日色健人) 日程第37、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員に、高橋けんたろう議員及び渡辺賢次議員を指名します。    ───────────────── ○議長(日色健人) 以上で、本日の日程は全部終わりました。    ───────────────── ○議長(日色健人) お諮りします。  議事の都合により、あす30日から9月4日までは、休会したいと思います。これにご異議ありませんか。      [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(日色健人) 異議なしと認めます。  よって、そのように決しました。    ───────────────── ○議長(日色健人) 次の会議は、9月5日、午前10時から開きます。  本日は、これで散会します。         10時43分散会    ───────────────── [出席者] ◇出席議員(50人)          議 長   日 色 健 人          副議長   石 崎 幸 雄          議 員   神 子 そよ子                今 仲 きい子                はまの 太 郎                小 川 友 樹                宮 崎 なおき                いとう 紀 子                長 野 春 信                大 沢 ひろゆき                林   利 憲                米 原 まさと                坂 井 洋 介                松 崎 さ ち                高橋けんたろう                三 橋 さぶろう                上 田 美 穂                鈴 木 心 一                桜 井 信 明                石 川 りょう                佐々木 克 敏                杉 川   浩                浅 野 賢 也                小 平 奈 緒                藤 代 清七郎                滝 口 一 馬                金 沢 和 子                池 沢 みちよ                岡 田 とおる
                   つまがり 俊 明                木 村   修                松 橋 浩 嗣                橋 本 和 子                藤 川 浩 子                齊 藤 和 夫                滝 口   宏                島 田 たいぞう                渡 辺 賢 次                岩 井 友 子                朝 倉 幹 晴                浦 田 秀 夫                神 田 廣 栄                斉 藤   誠                松 嵜 裕 次                鈴 木 いくお                鈴 木 和 美                七 戸 俊 治                川 井 洋 基                大 矢 敏 子                中 村 静 雄    …………………………………………… ◇説明のため出席した者    市長          松 戸   徹    副市長         辻   恭 介    副市長         山 崎 健 二     病院局長       高 原 善 治     健康福祉局長     伊 藤 誠 二     建設局長       大 石 智 弘     市長公室長      林   貢 作     企画財政部長     杉 田   修     総務部長       笹 原 博 志     税務部長       海老根   勝     市民生活部長     杉 本 浩 司     健康・高齢部長    野々下 次 郎     保健所理事      小 出 正 明     副病院局長      村 田 真 二     福祉サービス部長   杉 森 裕 子     子育て支援部長    丹 野   誠     環境部長       御園生 剛 志     経済部長       宮 森 信 次     地方卸売市場長    今 井   正     都市計画部長     高 橋 潤 弐     都市整備部長     竹 田 光 伸     道路部長       木 村 克 正     下水道部長      植 田 昭 二     建築部長       井 上 聖 一     消防局長       高 橋   聡     会計管理者      栗 林 紀 子     総務課長       篠 浦 淳 二    教育長         松 本 文 化     教育次長       大 山 泰 光     管理部長       大 竹 陽一郎     学校教育部長     筒 井 道 広     生涯学習部長     三 澤 史 子     選挙管理委員会事務局長豊 田   聡     農業委員会事務局長  加 藤 隆 一    代表監査委員      中 村   章     監査委員事務局長   岩 田 利 幸    …………………………………………… ◇議会事務局出席職員    事務局長        小 山 泰 生     事務局次長議事課長事務取扱                大 澤 孝 良     議事課主幹課長補佐事務取扱                押 谷   浩     議事課議事第一係長  関 谷 幸 輔     議事課主査議事第二係長事務取扱                深 澤 英 樹    ─────────────────  地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。    船橋市議会議長     日 色 健 人    船橋市議会議員     高橋けんたろう    船橋市議会議員     渡 辺 賢 次...