23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

弘前市議会 2020-12-10 令和 2年第4回定例会(第4号12月10日)

SDGsの誰一人取り残さないルールにも合致します。  以下、3点に質問いたします。  1、当市の基本計画組織体制に関して伺います。  2、新型コロナウイルス感染症拡大により浮き彫りとなったデジタル化への課題に関して伺います。  3、誰もが使え、使いやすいデジタル化推進について伺います。  3、水道私有管について。  私有管とは、市所有水道管以外に個人及び法人が所有している水道管です。

青森市議会 2020-12-04 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 2020-12-04

当日は、中学生によるSDGs活動のプレゼンテーションから始まり、モーリシャス共和国についての講演をいただいて、質疑応答となりました。事前に調べて分かった重油事故生徒たちにとって大きな衝撃だったようですが、モーリシャス側からの報告で、サンゴ礁にもマングローブにも今のところ重大な影響はないと確認をして、胸をなで下ろしていたようであります。

青森市議会 2020-09-04 令和2年第3回定例会(第4号) 本文 2020-09-04

子どもたちにとっては、自分たち活動がいわゆるSDGs目標とする海の豊かさを守るためのプラスチックごみ取組であり、また、住み続けられるまちづくりのための防災活動という、いわゆる世界取組につながっているというのが誇りと自信につながると思います。市内全小・中学校がそれぞれにいろんな活動をしていると思いますが、その多くはきっとSDGs活動につながることだと思います。

十和田市議会 2020-03-09 03月09日-一般質問-02号

SDGsという言葉があるのですけれども、その観点からも通じていきます。地方創生における総合戦略において、SDGs理念を反映させたスマートシティへの取組はどのような位置づけになっているのでしょうか。次の総合戦略において、SDGs理念とか、またスマートシティ、さらにはスーパーシティへ向けての計画や文言を入れるのかお伺いいたします。

弘前市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 4日)

これがSDGsパリ協定が求めているものであります。  政府は、昨年12月20日、中長期的な国家戦略であるSDGs実施指針を初改定しました。改定指針のビジョンは、日本世界を誰一人取り残されることのない持続可能なものに変革すると強調しています。  SDGs目標には、地方自治レベルで対応すべき課題が多くあります。

青森市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 2020-03-02

持続可能な開発目標──SDGs目標の4番目は「質の高い教育をみんなに」とあります。私は、さまざまな子どもたちの状況に応じた、誰一人取り残さない教育を目指し、情報通信技術を活用した学校教育ICT化を現場で見守り、推進に汗をかいてまいりました。これまで新城中央小学校南中学校、そして先月は公明党会派筒井小学校を訪問いたしました。

青森市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

世界SDGs取り組みで、誰一人置き去りにしない社会、バリアのない社会を目指しています。障がいのある人もない人も共に生きる社会づくり条例をつくっている本市としては、当然取り組むべきことと考えます。本市も、色の見え方に違いのある人だけではなく、全ての人に見え方が優しいまちづくりをしていくためにも、色のバリアフリー化を進めていくべきと考えます。  そこで質問いたします。

青森市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-05

2つ目質問は、教育について、SDGs取り組み及び学校給食についてお尋ねいたします。  持続可能な開発目標──SDGsの17の目標のうち、目標4には「質の高い教育をみんなに」が掲げられています。このテーマのもと、10個のターゲットから構成されて、その中に持続可能な開発のための教育、グローバル・シチズンシップ、文化多様性とその持続可能な開発への貢献の理解を深める教育とあります。

青森市議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会 目次 2019-08-29

    (1)HPVワクチンについて…………………………………………………………………… 131     (2)高齢者肺炎球菌ワクチンについて………………………………………………………… 131     (3)風しんの追加的対策について……………………………………………………………… 131    2 教育について……………………………………………………………………………………… 132     (1)SDGs

青森市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-18

食品ロス廃棄世界的な問題でもあり、その削減について、SDGs──国連の持続可能な開発目標には、2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の1人当たりの食料の廃棄を半減させることが掲げられています。この推進法では、国が策定した基本方針もとに、都道府県や市区町村食品ロス削減推進計画を策定することを義務づけています。  

十和田市議会 2019-06-17 06月17日-一般質問-02号

私が3月議会で質問いたしましたSDGs持続可能な開発目標に掲げられる食品ロス廃棄の半減と未利用商品福祉的活用、もったいないをありがとうに変えるため、フードバンクという組織がございます。弘前を初め県内でもフードバンクを立ち上げ、貧困世帯へ配付したり、また子ども食堂へ活用したりしております。また、市の庁舎にフードバンクのコーナーを設けている自治体もございます。

青森市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 2019-06-14

持続可能な開発目標SDGsの4番目の目標である「質の高い教育をみんなに」をさらに推進してまいります。  そこで質問いたします。  質問その1、幼児教育・保育の無償化概要保護者が行う手続及びスケジュールをお示しください。  質問その2、高等教育無償化制度概要高校等における申請スケジュールをお示しください。  2つ目質問は、交通安全についてお尋ねいたします。  

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

政府は、国連の「持続可能な開発目標SDGs)」に沿い、家庭での食品ロスの量を2030年度までに半減させることを目指しているが、そのためには、国民一人一人が各々の立場において主体的にこの課題取り組み社会全体として対応していくよう、食べ物を無駄にしない意識の醸成とその定着を図っていくことが重要である。  

十和田市議会 2019-03-08 03月08日-一般質問-02号

次に、持続可能な開発目標SDGs推進についてお伺いいたします。2015年9月、国連で採択されたSDGs持続可能な開発目標は、「誰ひとり取り残さない」との理念を掲げ、貧困のない持続可能な世界を次世代に受け継いでいくことを目指し、2030年までに達成する17の目標、169のターゲット、230の指標を示し、既に世界規模取り組みが始まりました。

青森市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会 目次 2019-02-21

番(渡部伸広君・公明党)…………………………………………………………………………… 145    1 市長の政治姿勢について………………………………………………………………………… 145     (1)地域包括支援体制構築について………………………………………………………… 145     (2)ひきこもり支援について…………………………………………………………………… 146     (3)SDGs

青森市議会 2018-09-05 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05

SDGsは、「誰一人取り残さない」との理念にのっとり、2030年までにあらゆる形態の貧困や格差の解消、飢餓の根絶、環境対策、平等の実現などの17の目標と、さらにその目標を達成するために169のターゲットで構成されています。  今回、再びSDGsについて取り上げたのは、まだ多くの方々にとってSDGsは知られておりません。

  • 1
  • 2