13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

弘前市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第5号 3月 9日)

令和2年度におきましては、「市民生活を第一に」の理念に基づき、市民との協働の下、持続可能なまちづくりを着実に進め、市民の幸せな暮らしの実現を目指し、総合計画を着実に推進していくため、「市民生活向上」「人口減少が進んでいく中での地域課題」「次時代を託す人材育成」「AIIoTRPA等の先進技術活用」に特に力を入れて取り組んでいくとともに、地域共生社会実現に向けた取組も進めてまいります。  

弘前市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 5日)

今年度から業務効率化や低コスト化のツールとして注目を集めているRPAの実証に取り組んでおりますが、人口減少が進む中で地域維持・成長させていくため、先進自治体の事例も参考に、ICT活用した先端技術を積極的に導入行政サービス産業の高効率化を図り、地方創生に取り組んでまいります。  以上であります。  このほか、副市長及び教育委員会から答弁をいたします。   

弘前市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 4日)

2点目、AIRPA活用した行政経営についてでございます。  令和2年度の予算編成方針においても重点項目として取り上げられておりました。また、2月14日の東奥日報にも記載されておりましたが、県の事業としても弘前市が、県内3市の中で弘前市が選ばれており、今現在、RPA導入が進んでいることと思います。  

青森市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 2020-03-02

報告書では、行政職員の不足による自治体間の職員相互派遣事務共同処理ICT技術職などの専門人材共同活用、官民を含めた異業種交流のほか、インフラや公共施設については、老朽化を含め維持管理連携や集約の必要性と、AIRPAを含め先端技術広域利用、次世代や産業地域・公務の担い手の人材育成、そして防災を含め幅広い分野について、地域ごとに異なる変化・課題あらわれ方があるという前提で、さまざまな

十和田市議会 2020-02-26 02月26日-議長選挙・議案説明・質疑-01号

行政改革推進については、現在策定中の令和2年度を初年度とする「第4次行政改革大綱」により、RPAをはじめとするICT活用した業務効率化や、多様化・高度化する市民ニーズに対応できるよう行政組織見直し職員資質向上を図り、より効果的かつ効率的な行政運営に努めてまいります。  また、外部評価を含めた事務事業評価の実施により、成果重視市政運営に努めてまいります。  

弘前市議会 2020-02-21 令和 2年第1回定例会(第1号 2月21日)

また、人口減少が進んでいく中での地域課題、次の時代を託す人材育成AIIoTRPA等の先進技術活用にも力を入れて取り組んでいくほか、地域共生社会実現に向けた施策も進めてまいります。  あわせて、国の補正予算に対応して、有利な財源措置活用するため、令和元年度の補正予算を編成する予定であり、この補正予算による事業の前倒しも含め、切れ目なく一体的に取り組んでまいります。  

弘前市議会 2019-12-12 令和元年第3回定例会(第4号12月12日)

現在、令和2年度の予算編成を進めているところでありますが、10月に公表しました予算編成方針におきましては、特に重点的に取り組む事項として、人口減少が進んでいく中での地域課題、次の時代を託す人材育成AIIoTRPA等の先進技術活用の3項目にしっかりと取り組んでいくこととしているほか、総合計画を着実に推進していくための取り組み予算に反映することとしております。  

八戸市議会 2019-12-09 令和 1年12月 定例会−12月09日-02号

また、推進項目として120のアクションプログラムが示されましたが、その中で、質問のアとして、窓口サービス見直し、イとして、AIRPA等の業務効率化について、それぞれ具体的な取り組み内容、また、市民サービス向上業務改善にどのような効果、期待ができるのかについて伺います。  次に、保育行政について伺います。  幼児教育無償化になり、2カ月が経過しました。

青森市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-18

その入り口に、事務処理定型作業自動化でありますRPA──ロボティック・プロセス・オートメーションの導入があると思っていますが、昨年の予算特別委員会でも提案いたしました。改めて、青森市の定型業務RPA導入検討してはどうか、お伺いをいたします。  以上で、壇上からの質問は終わります。御清聴ありがとうございました。

青森市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27

1 「RPAは、ロボットによる業務自動化と言われ、人間がパソコン上で行う定型業務自動化し、生産性向上を図る手段として注目されている。本市の定型業務へのRPA導入検討について、市の見解を示せ」との質疑に対し、「市ではICT活用し、住民記録・税・福祉等さまざまな業務をシステム化して定型業務効率化省力化に取り組んできたところである。

  • 1