運営者 Bitlet 姉妹サービス
2355件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26 本案は、本年8月10日の人事院勧告及び10月11日の青森人事委員会勧告を勘案し、職員の給料月額等の改定を行うため、関係条例を改正しようとするものである。  改正対象条例についてであるが、青森市職員の給与に関する条例を含め全部で4条例である。  なお、国の改正給与法については、本年11月28日に可決、成立しており、また、青森においても改正条例が、12月7日に議決を得ている。   もっと読む
2018-12-21 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第6号12月21日) 次に、議案第114号は、青森職員の給与改定に準じ、教育関係職員の給料月額を改定するため、所要の改正をするものであります。  委員より「本案における給与全体の影響額は幾らか。」との質疑に対し「本案における対象職員は18名であり、年間で基本給合計9万8592円の引き上げとなる。なお、勤勉手当も含めると合計51万9556円の引き上げ額となる。」との理事者の答弁でありました。   もっと読む
2018-12-14 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月14日) 本制度への農業者の加入促進を図るため、ひろさき広域農業共済組合、青森、当市を初めとする区域の市町村、農協等で構成をしますひろさき広域農業経営収入保険事業促進協議会を組織し、これら関係者が一体となって収入保険制度の周知等に取り組むこととしております。 もっと読む
2018-12-13 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月13日) 岩木山総合公園は、旧岩木町の主要スポーツ施設として平成4年に開園して以来、平成18年の市町村合併後においても、弘前市民はもとより青森内外から多くのスポーツ愛好者に御利用いただいております。 もっと読む
2018-12-12 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月12日) また、ことし2月にはトークイベントを開催し、事業方針等の紹介に加え、本施設の設計者である田根剛氏、総合アドバイザーである南條史生氏、青森県立美術館の杉本康雄館長をお招きし、アート青森に向けた広域連携などについてディスカッションを行いました。   もっと読む
2018-12-11 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月11日) そのため、国では2025年をめどに、高齢者が住みなれた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい、医療、介護、介護予防及び日常生活の支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築の実現を目指しており、青森においては、あおもり高齢者すこやか自立プラン2018を策定し、青森型地域共生社会の実現に向けて取り組みを進めているところであります。   もっと読む
2018-12-10 青森市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10 2点目として、青森市内には、青森ひきこもり地域支援センターが県立精神保健福祉センターに設置され、そのサテライトが県民福祉プラザにあります。ここで相談業務や普及啓発等の事業がにより行われておりますが、市独自の支援体制がありましたらお知らせください。  3点目として、国の補助事業を活用し、支援に携わる人材の養成とひきこもり支援拠点をつくるべきと思いますが、市のお考えをお示しください。   もっと読む
2018-09-28 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第6号 9月28日) との質疑に対し「教育委員会において古文書デジタル化事業を進めていく上で有利な財源がないか検討していたが、過疎債の活用を検討することとなり、相馬総合支所及びなどとの協議に時間を要したため、今議会の提案となったものである。 もっと読む
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 なお、これらの手数料については、いずれも、青森、弘前市、八戸市の手数料とも同額となっている。   もっと読む
2018-09-19 八戸市議会 平成30年 9月 観光振興特別委員会-09月19日-01号 ──────────────────────────────────────  2 観光PR事業について   (1) 南郷トレッキングについて   (2) あおもり10市大祭典in青森の開催について   (3) 大型客船「飛鳥Ⅱ」の八戸寄港について   (4) 種差関連イベントについて ○三浦 委員長 次に、観光PR事業について説明願います。 もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 経済常任委員会−09月18日-01号 3目農業振興費の13節委託料8万1000円の増額は、リンゴ病害虫の防除等に関する知識及び技術の習得など、地域で活躍できる農業経営者の養成を公益財団法人青森りんご協会に対して委託する青森りんご病害虫マスター養成等事業委託料を計上するものです。   もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 建設協議会−09月18日-01号 時系列でお話しいたしますと、9月14日金曜日に被災建築物応急危険度判定作業が終了し、応急危険度判定実施本部が閉じられたということで、このことについて9月15日土曜日に、青森から私に連絡がございました。今後大きな余震により再度判定が必要な場合については、再度要請をするということでございまして、今のところ解除ということですので、八戸市といたしましては、待機状態を解除いたしました。   もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 民生協議会−09月18日-01号 次に、4の当市からの被災地への対応でございますが、まず、大規模災害時等の北海道・東北8道県相互応援に関する協定に基づく青森からの応援要請に対しまして、職員を派遣する予定でございます。  その内容でございますが、1つ目といたしまして、避難所運営業務従事職員として市民防災部から職員を派遣する予定でございます。 もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 総務常任委員会−09月18日-01号 5項2目農林水産統計調査費は、53ページにわたりますが、補正額はございませんが、配分予算の組み替えをするもので、3目商工統計調査費1万8000円の増額は、の交付金確定に伴う事務費の調整でございます。  以上で第2款総務費の説明を終わります。 ○豊田 委員長 これより質疑を行います。御質疑ありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○豊田 委員長 御質疑なしと認めます。   もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 民生常任委員会−09月18日-01号 4項2目児童措置費1943万7000円の増額は、償還金利子及び割引料の増額で、平成29年度の児童手当負担金の確定に伴い国及びへの返還金を計上するものです。  以上で第3款民生費の説明を終わります。 ○大館 委員長 これより質疑を行います。御質疑ありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○大館 委員長 御質疑なしと認めます。  第4款衛生費の関係部分について理事者から説明を求めます。 もっと読む
2018-09-14 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月14日) また、市は、来年度の青森に対する重点要望事項の中で、複式学級へ配置する県費での非常勤講師を全学年へ拡充するように要望していますが、の対応をお聞かせください。  第3項目は、市立公民館の現状についてであります。  市立公民館は、地域に住む人たちには研修の場であり、また情報交換の場でもあります。時には、子供から大人まで一堂に会して親睦を図り、触れ合う憩いの場所でもあります。 もっと読む
2018-09-13 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月13日) 以来、青森農事試験場が上北郡藤坂村に藤坂試験地として開設され、昭和10年、田中稔が勤務すること18年、昭和28年、耐冷性品種「藤坂5号」の育種が成功するまで、津軽の歴史は飢饉の歴史でもありました。  今日、私たちが誇りとする弘前城も、支配階級だった武士の存在も全ては米が基で成り立っておりました。  私たちは、冷害凶作のことをけがじと言っております。 もっと読む
2018-09-12 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号 青森全体でお話ししますと、平成27年は3854件のうち自転車の関係は20件、平成28年は3740件のうち自転車は29件、平成29年はまだちょっと数値が手元にはない状態になります。  以上でございます。 ◆中村 委員 ありがとうございました。  思ったより少ない数で、今報告を聞きました。 もっと読む
2018-09-12 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月12日) また、整備費用の縮減や持続可能な運用、維持管理を推進するため、青森に対する重点要望の中でと市が共同利用できる雪置き場の整備支援を要望するとともに、と協議を進めてきております。   もっと読む
2018-09-11 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日) ちょっと10年ほど前とで、と市とで比較しながらお答えしたいと思います。まず、青森におきましては平成18年度の結果樹面積、これはりんごが実際収穫できる農地ということになりますが、これが2万1300ヘクタールでございました。それで最近の数字で、29年度は1万9900ヘクタールということで、18年度と比較しますと約7%の減少ということになってございます。 もっと読む