運営者 Bitlet 姉妹サービス
27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-13 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月13日) 水道施設の現状につきましては、他の水道事業体と同様に老朽化が進む中で、水道施設の耐震化率は49.4%、路の耐震化率は19.1%となっております。  今後、人口減少により収益の減少が予想される中、本計画では、保有する資産の健全度や更新費用を把握し、財政シミュレーションにより将来の財政見通しを算出しております。   もっと読む
2017-09-05 弘前市議会 平成29年第3回定例会(第2号 9月 5日) それから漏水やなんかの、よくありますね、水道とか、そういうものは当然すぐ対応しているのだと思います。  では、そういう中にあって、修繕はほかの予算全体の中で、予算バランスでどんどん減ってきていると、要望に対してなかなか達成率がよくないという中で、先ほど学校の屋根の雨漏りなんかもあるという話が出ておりましたが、現在の小中学校の中で雨漏りしている学校は何校ありますか。 もっと読む
2017-06-15 弘前市議会 平成29年第2回定例会(第4号 6月15日) 再生可能エネルギーを活用した融雪事業はこのプロジェクトの一環であり、市立病院の駐車場から入り口までの通路部分において、ボイラー室の換気排熱を活用した融雪や下水道の内側の熱を活用した市役所東側バス停の歩道融雪など、再生可能エネルギーや未利用熱を活用した実証調査を実施しており、いずれの手法についても一定の評価を得ております。   もっと読む
2016-08-19 八戸市議会 平成28年 8月 建設協議会-08月19日-01号 ──────────────────────────────────────  5 尻内雨水ポンプ場(ゲート設備)整備工事請負契約の締結について  6 尻内雨水ポンプ場(沈砂池・除塵設備)整備工事請負契約の締結について  7 尻内雨水ポンプ場(ポンプ設備)整備工事請負契約の締結について  8 尻内雨水ポンプ場(電気設備)整備工事請負契約の締結について ○冷水 委員長 次に、尻内雨水ポンプ場――ゲート もっと読む
2014-11-21 八戸市議会 平成26年11月 建設協議会-11月21日-01号 (4)評価項目といたしましては、①雪に対する安全確保、②工期の短縮、③処分場閉鎖までのライフサイクルコストの最適化、④廃棄物保有水が外部に漏れないような廃棄物貯留槽の機能保全でございます。  (5)評価点は、11月8日、技術提案のヒアリング及び書類審査により、第1位は35.93点、第2位29.71点、第3位15.34点となりました。   もっと読む
2013-09-12 弘前市議会 平成25年第3回定例会(第4号 9月12日) 市内の至るところで雨水があふれ、市民生活に多大な不利益が生じたところであります。  地球温暖化の影響であるかどうか定かではないのではありますが、近年の増加するこの異常気象を鑑みますれば、この状況は、毎年のように続く大雪と同様に、この大雨も今後は異常なものではなく、回数の差や被害の大小はあれ、毎年の普通の気象現象となるのではないのかと多くの国民や弘前市民が感じているところであります。   もっと読む
2013-06-19 弘前市議会 平成25年第2回定例会(第3号 6月19日) 除雪作業につきましても、例年より早く、12月17日に雪置き場を開場し、その他雨水貯留施設や新たに大規模な公園・緑地及び墓地公園駐車場などを雪置き場として確保し、12月29日から東目屋や安原地区で、1月9日からは幹線道路や通学路において運搬排雪を開始しております。   もっと読む
2012-03-05 八戸市議会 平成24年 3月 定例会-03月05日-02号 施設のもう一つの特徴として、鉄筋コンクリート製の貯留槽に屋根をかけた被覆型一般廃棄物処分場であるということが挙げられ、同様の施設としては全国有数の規模となります。そのため、完成後は市外からの視察などもふえることが予想されることから、施設の安全性や必要性を全国に積極的に発信し、廃棄物処理施設のイメージアップを図ってまいります。  次に、排水処理対策についてお答え申し上げます。   もっと読む
2011-10-21 八戸市議会 平成23年10月 建設協議会−10月21日-01号 1の浸水被害状況でございますが、尻内地区─尻内町字尻内河原でございますが、原因は、馬淵川の増水によりまして、管理者である国土交通省が外水被害を防ぐため、9月22日午前0時5分に長苗代第二排水樋を閉鎖したために内水被害をもたらし、住宅、道路、農地が冠水し、面積約4.6ヘクタール、床下浸水17戸に浸水被害をもたらしたものでございます。   もっと読む
2011-09-13 八戸市議会 平成23年 9月 定例会-09月13日-03号 事前の地質調査では、廃棄物を埋め立てる貯留槽を構築する場所を中心にボーリング調査等を実施しており、その調査で得られた結果から敷地内の地質を想定して実施設計いたしました。平成22年9月の本体建設工事着手後に追加の地質調査を実施したところ、当初想定していた土質より軟弱な地層があることが判明し、工事の一部変更契約が必要となったものであります。 もっと読む
2009-09-07 八戸市議会 平成21年 9月 定例会−09月07日-02号 下水道施設の標準耐用年数は、一般的な維持管理が行われている場合、渠、ポンプ場及び処理場の土木、建築構造物で50年、機械、電気設備では15年から30年とされており、供用開始後の15年目には施設改築への投資が発生してくると言われます。  このため、道路が陥没した後に老朽路を改築するといった事後対応では、市民生活に大きな支障が出るだけでなく、コスト的にも不経済であることが指摘されています。   もっと読む
2007-12-11 八戸市議会 平成19年12月 定例会−12月11日-03号 学校トイレにつきましては、多くの学校から給排水の詰まり、漏れ、悪臭などの報告があり、学習環境として決して万全でないものととらえております。  全面的な改修は、平成15年度に根城小学校、平成16年度に城下小学校、平成17年度に多賀台小学校、平成18年度には桔梗野小学校について実施しているところであります。 もっと読む
2007-03-22 青森市議会 平成19年第1回定例会[ 資料 ] 2007-03-22 次に、議案第83号「契約の締結について(奥野第三ポンプ場雨水放流渠工事)」についてであるが、審査に当たって理事者側から次のとおり説明を受けた。   もっと読む
2006-12-15 弘前市議会 平成18年第3回定例会(第5号12月15日) 二つ目として、合流式下水道の雨天時の未処理下水の問題・雨水貯留及び浸透施設の検討。三つ目として、下水汚泥の発生量の増加による処分地の逼迫化等の背景に汚泥の減量化及びリサイクル化。四つ目として、施設の老朽化に伴って、更新対策、管理の重要性による流域・広域管理化。五つ目として、各事業、公共、集落との一体管理化等、多大な課題が山積みしていると思います。   もっと読む
2006-12-06 青森市議会 平成18年第4回定例会(第2号) 本文 2006-12-06 この施設は、1日当たり1万立米の雪を下水処理水により融雪し、ごみ、土砂等を沈殿処理するもので、冬期間以外にも雨天時の初期雨水を一時貯留する施設として利用され、陸奥湾の水質保全に寄与しておるところであります。   もっと読む
2002-12-11 八戸市議会 平成14年12月 定例会−12月11日-04号 そこで1つは、雨水用の排水ポンプ車の配備についてであります。  今後、馬淵川に流入する水量は、減反、上流の開発、また浅水川、土橋川の放水路等の整備により増大し、樋門、樋のゲートを閉止する頻度が増し、堤内地側の内水による浸水被害が増大すると思われます。   もっと読む
2002-09-26 青森市議会 旧青森市 平成14年第3回定例会[ 資料 ] 2002-09-26 本案は、新田汚水2号幹線第2工区工事に係るもので、本市下水道計画に基づき、幹線渠を布設し、今後施工する枝線下水道と相まって、地域一帯の都市環境の整備を図るものである。  工事の概要は、推進工径800ミリメートル、延長574.24メートルで、工期は平成15年3月20日までとなっている。 もっと読む
2002-09-06 青森市議会 旧青森市 平成14年第3回定例会(第2号) 本文 2002-09-06 一方、冬期間以外は、合流施設改善対策の一環として、雨水貯留槽として活用するもので、集中的な降雨の場合、合流を通して集まってくる初期の下水を、一たん貯留槽にため込み、降雨がおさまった後に高級処理施設へ送水するという機能をあわせ持った施設であり、平成16年1月の供用開始を目指しております。   もっと読む
2002-06-25 青森市議会 旧青森市 平成14年第2回定例会[ 資料 ] 2002-06-25 抜本的な雨水対策を講じると聞いているが、今後の整備計画はどうなっているか」との質疑に対し、「奥野地区の機関区通りは、地表勾配が緩く、隣接する操車場跡地と比べて土地が低いことから、雨水が滞留しやすく、自然排水が困難な状況になっており、汚水の奥野第3ポンプ場に雨水ポンプ場を併設し、堤川に強制排除することとし、合わせて操車場跡地とJR東北本線沿いに奥野雨水1号・2号幹線を布設する計画が平成7年に都市計画決定 もっと読む
2002-03-28 青森市議会 旧青森市 平成14年第1回定例会[ 資料 ] 2002-03-28 両案は、陸奥湾の汚染をできるだけ少なくするために、冬期間は下水処理水を利用した融雪処理槽、さらに冬期間以外は、降雨時の初期雨水を一時貯留する施設として現在工事を進めている「八重田浄化センター積雪・融雪処理槽」に既設合流汚水ポンプ系統から汚水流入を連結するため、それぞれ布設、配管するものである。   もっと読む
  • 1
  • 2