1449件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-03-15 平成31年 3月 予算特別委員会-03月15日-04号

しかしながら、今後、人口減少、少子化の進展などを背景に利用者数並びに運送収益の減少が見込まれ、さらには、安全の確保やサービスの向上に不可欠な老朽化したバス車両などの設備更新、また、事業を継続していくために必要な人材の確保などが課題となっており、依然として厳しい経営状況に置かれております。  

八戸市議会 2019-03-12 平成31年 3月 予算特別委員会−03月12日-02号

ただいま御案内ありましたとおり、国では国土強靱化地域計画に基づき実施される取り組みに対しまして、関係府省庁所管の交付金、補助金の交付の判断に当たって一定程度配慮するとしており、平成31年度予算案においては、34の交付金、補助金が示されているところでございます。委員御案内の事業につきましては、その中に含まれておりますことから、関係部署と協議しながら検討してまいりたいと考えております。  

六ヶ所村議会 2019-03-08 平成31年 第1回定例会(第4号) 本文 2019年03月08日

総務課長(古泊 崇君) 当該尾駮コミュニティーセンターにつきましては、地域の特性と申しますか大体5自治会等の総体の人口を見ますと約3,000人、それと世帯数で見れば約1,600世帯余りございます。そういった関係から、通常の集会所とかコミュニケーションセンターと違い非常に利用状況が混雑が予想される。

八戸市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号

亡くなった人数が出生数を上回る自然減が顕著になっている一方で、人口減少のもう1つの要素である転出が転入を上回る社会減という側面を見ても、当市においては長期間にわたり転出超過が続いており、特に昨年は、陸上自衛隊の改編に伴う八戸駐屯地の定員約400人の減員があったことも転出超過の数字を押し上げ、大幅な人口減少の要因になったところでもあります。

六ヶ所村議会 2019-03-06 平成31年 第1回定例会(第2号) 本文 2019年03月06日

ただ、この財政基準需要額のやはり一番の問題は人口増、これがもう本当に手っ取り早いんでございますけれども、そのほかにもさまざまな要因があるわけでございますので、その1つとして私は早急に村道認定するべきものはして、やはり整備をしていくんだという基本的な考え方を持っていただきたいなと思ってございます。

青森市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 2019-03-05

今回、青森市という官と、株式会社フィリップス・ジャパンという民の官民連携といった新しい協力関係を構築し、最新の技術を活用し、浪岡地区住民の健康の質を高めるためのサービスを生み出し、そしてその成果を全国に発信していく取り組みは、人口減少、高齢化に対応するすばらしい政策モデルになるものと期待をしております。  そこで質問いたします。

八戸市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号

市では、斎場の改修に当たり、将来的な利用状況把握のため、国立社会保障・人口問題研究所が平成25年3月に推計した数値等をもとに、八戸市の将来人口、死亡者数、さらに、これまでの実績等から、平成28年度に斎場の将来的な火葬件数及び火葬炉の稼働率を推計いたしました。

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

交流プラザにつきましては、地場産品の認知度を高め販路を拡大することや、継続的に地域を応援してくれる関係人口を形成することを主な目的として、従来型のアンテナショップとは一線を画した首都圏交流拠点を目指すとされております。  このような拠点施設を都内に設置するに当たり、八戸都市圏の魅力を効果的にPRするためには、集客を図りやすい立地場所を選定し、圏域町村と緊密に連携することが大切と考えます。

青森市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-04

東北の市で人口5万人弱の小さな市なんですけれども、若い世代の人口が年々ふえ続けているというのはすごいことだなと思いまして、実際に私は現地に行って、それがなぜかということは実感できて帰ってきたわけですが、遊び場があるというだけでは人口はふえないかと思います。

青森市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-02-28

まず、人口動態ですけれども、現在の青森市の人口は、住民基本台帳ベースで、2月1日現在28万4180人です。昨年、青森市に生まれた方は約1800人、亡くなられた方は3700人で、自然増減はマイナス1900人でした。また、青森市に転入された方は7700人、転出された方は8800人、社会増減は約1100人の転出超過となり、合計では1月1日比較で3000人以上の人口が減っております。

青森市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-02-27

青森地域の人口は、平成22年から平成37年度までに5万人が減少し、75歳以上の人口割合は約20%に達する見込みであります。青森市には、県立総合病院である中央病院があり、県全域を対象とした高度医療、専門医療、政策医療を担っており、今後も全国レベルの高度医療、高度専門医療を確保していく必要があります。

八戸市議会 2019-02-26 平成31年 3月 定例会-02月26日-01号

このような中、国においては、昨年末、東京圏への人口の一極集中を抑制することを目的に、当市を含め全国で82の中枢中核都市を選定し、地方創生推進交付金による支援策の拡大等により、都市機能の強化をさらに推進していく方向性を示しました。

八戸市議会 2019-02-26 平成31年 3月 定例会−02月26日-目次

て世代包括支援センター、港湾行政)………………………………………20  田名部 和義君【一括】(政治姿勢、中心市街地、道路行政、教育行政、行財政改革、防災行政)…32 休憩・再開(午後0時45分・午後1時45分)……………………………………………………………………43  前澤 時廣君【一括】(新年度予算、公共事業のあり方、中心市街地の再生への取り組み、   湊地区のまちづくり、教育行政、観光行政、人口減少社会

六ヶ所村議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会(第1号) 本文 2019年02月25日

こうした経済情勢のもと、平成31年度の予算においては、新経済、財政再生計画で位置づけられた社会保障改革を軸とする基盤強化期間の初年度となる予算であり、同計画に基づき歳出改革等に着実に取り組み、社会保障関係費や非社会保障関係費等について歳出改革の取り組みを継続するとの方針のもと、予算編成に当たっては我が国財政の厳しい状況を踏まえ、引き続き、歳出全般にわたり、聖域なき徹底した見直しをし、地方においても国