運営者 Bitlet 姉妹サービス
1314件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26 次に、この将来都市像の実現に向け、現在の本市における緊急課題である人口減少等とこれにより直面する諸課題を6つに整理し、それらの課題を解決するために必要と考えられるまちづくりの基本視点を踏まえて、施策の大綱として施策の方向性を示している。   もっと読む
2018-12-14 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月14日) 職員が、親子との深い信頼関係を構築するとともに、他の関係機関職員とも密接に連携し、人と人とのつながりにより、妊娠当初から出産、子育てを継続的に支えていかなければならないと考えております。  このような体制を整備するため、市では来年度から、県内では初めてとなる、母子保健の専門職と子育て支援や保育の専門職が一体となった子育て世代包括支援センター事業を実施したいと考えております。 もっと読む
2018-12-13 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月13日) しかしながら、当市の農業を取り巻く情勢は、農業就業人口が10年前に比べて約5,000人減少するとともに平均年齢が62歳を超えるなど大きな転換期を迎えており、農作物の品質維持、生産量の確保が大きな課題となっております。   もっと読む
2018-12-12 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月12日) 人口減少による料金収入の減少と水道施設の老朽化は全国的な課題であります。  当市においても、弘前市水道事業資産管理計画では、平成29年度末の給水人口が約17万人に対し、40年後の平成68年度では約9万9000人に減少する見通しであり、それに伴い料金収入も減少するものと見込んでおります。   もっと読む
2018-12-11 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月11日) 地元紙に、県内の高校生約7,000人を対象に行った県の調査で、高校生6割が性関係を肯定。感染症危機認識は低いという記事でした。 もっと読む
2018-12-10 青森市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10 また、同協議会を組織する関係機関の担当者で構成する実務者会議は、福祉部障がい者支援課を調整機関とし、教育委員会事務局指導課や保健部保健予防課などの市の関係機関のほか、あおもり若者サポートステーションや青森県精神保健福祉センターなどの国、県の関係機関、さらには、子ども・若者サポート「つがる・つながる」などの民間団体が参加しており、この会議の中で、ひきこもりに関する個別ケースについての情報共有を図るとともに もっと読む
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 このうち、市町村分担金の額については、長期債償還金分が均等割100分の30及び人口割100分の70の割合で、運営経費分が均等割100分の30、人口割100分の40及び利用者割100分の30の割合により算出しており、平成30年度の本市負担金額は870万5000円となっている。   もっと読む
2018-09-21 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月21日-04号 しかし、人口減少や少子化で経営環境は依然として厳しく、好転することが考えにくい状況にあります。反面、量販店や銀行の支店の閉鎖等で地区外での買い物や用足しを余儀なくされている地域もふえつつあり、地域公共交通へのニーズは高まってくるものと予想されます。 もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 総務常任委員会−09月18日-01号 ────────────────────────────────────── ● 議案審査  1 議案第115号 平成30年度八戸市一般会計補正予算 ○豊田 委員長 議案第115号平成30年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に付託になりました第1条中の歳入歳出予算の補正の関係部分、第2条債務負担行為の補正の関係部分及び第3条地方債の補正を議題といたします。   もっと読む
2018-09-14 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月14日-03号 しかしながら、今後、人口減少による運送収益の減少、老朽化したバス車両の更新など、引き続き厳しい経営環境が続くことが見込まれることから、さらなる経営の合理化に努め、持続可能な経営体質を維持できるよう努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。  それでは、決算の概要につきまして御説明申し上げます。   もっと読む
2018-09-14 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月14日) 基本協定の締結後は速やかに整備事業に着手し、2022年早期の新中核病院開設を目指し、国立病院機構を初めとする関係者の協力のもと鋭意取り組んでまいります。あわせて、新中核病院開設までの弘前市立病院の運営や危機的状態にある2次救急輪番制度についても関係機関と連携・協働し、地域住民の命を守る対策に取り組んでまいります。   もっと読む
2018-09-13 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月13日) 今後、人口減少により収益の減少が予想される中、本計画では、保有する資産の健全度や更新費用を把握し、財政シミュレーションにより将来の財政見通しを算出しております。  具体的な施設更新の考え方といたしましては、標準的な更新時期にとらわれず、適正な更新時期の見きわめによる更新、また施設の統廃合や管路口径の縮小などに取り組むこととしております。 もっと読む
2018-09-12 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号 2目住居表示整理費、3目中長期在留者住居地届出費、次の130ページに参りまして、4目人口動態調査費、5目人口移動調査費は、それぞれの事務に要した経費でございます。  4項1目選挙管理委員会費は、同委員会の委員報酬及び職員の人件費などでございます。   もっと読む
2018-09-12 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月12日) その内容としては、法人後見業務に従事する社会福祉協議会職員を対象に、成年後見制度や関係法令のほか、後見活動を行うために必要な具体的事務作業や被後見人との面談方法、関係機関との連携のとり方などについて、延べ100時間、講義と実習を行ったものであります。  今後は、社会福祉協議会が体制整備を進める過程において生じた疑問等に対し、随時助言を行うなどサポートしていくこととしております。 もっと読む
2018-09-11 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日) 環境省で発表している平成28年度一般廃棄物処理実態調査結果によると、人口10万人以上50万人未満都市、特別区を除く237都市中、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ、粗大ごみ、集団回収、その他全て含めて当市の人口1日1人当たりの総ごみ量は1,164グラム、リサイクル率は10.5%、237都市中229位です。 もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 先ほど市長の答弁にもありましたが、岩手県北を含む48万人、3市9町2村となっておりますが、ここの人口に生鮮食品を安定的に供給する大きな役割をこの地域で果たしてきているものだと私は見てまいりました。  1点再質問をいたしますが、八戸で中央卸売市場ができたのは、業者の皆さん、関係者の皆さんの熱意があってつくられたと思っております。 もっと読む
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 オープンから8月までの約1カ月間は、市民の皆様に広場の利用方法をPRするために、市が関係団体などと連携しながらイベントを実施してまいりました。   もっと読む
2018-09-07 青森市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07 青森市アリーナプロジェクトにつきましては、青森操車場跡地に、スポーツのみならず多様な催事ができる交流拠点を整備することで、市民の健康づくりとスポーツ振興に加え、交流人口の拡大等を図り、経済効果を得ることとしております。 もっと読む
2018-09-06 青森市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06 ただ、絶対数で100件以上といっても、その地区に住んでいる人口、その多い少ないで見ますと、1万人以上住んでいる地区もあれば、数十人しか住んでいない地区というのもあります。 もっと読む
2018-09-05 青森市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05 そうすると、代替の施設をどう建てていくのかというときに、やっぱり将来的に20年、30年後、青森市の人口はどうなるのか、子どもたちはどうなるのかということを考えて設置するかと思うんですけれども、きのうなぜ青森操車場跡地かと聞かれた議員がおりますけれども、その質問に対してあそこが青森市の中央部だという答弁があったんですよね。 もっと読む