49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2019-09-05 09月05日-一般質問-04号

そのやり方に参加しない人は、自分たち部落のブランドというか、それで出荷することは認めないとか。そうすることによって、そこの地域農林大臣賞までもらったのでしょう、昔。そういう地域を参考にしながら、手本にしながら、どうしたら地域農業というものを発展させていけるのかということをふだんからお互い考えてやっていければいいなという思いがしています。       

十和田市議会 2016-12-09 12月09日-一般質問-03号

私の部落にも60町歩に太陽光発電やるという計画が出て、今既に木を伐採して造成工事に入っていますけれども、それらから入ってくる固定資産税か、あれ何なの、あのパネル1つつけたりなんかするの。そういうのを十和田市でもう既に何十カ所もつけていると思うのですが、どれぐらいの固定資産税だか、その税収入っていますか。わかりますか。

弘前市議会 2014-12-09 平成26年第4回定例会(第2号12月 9日)

その方は農業をやっているのですけれども、その方が言ったのは、進学校の話ばかりすると、皆さんエリートばかりつくってやっているのだけれども、私の部落には農業の若い後継者が1人しかいないと。幾らエリートといっても飯食わなければ、食いようがないとだめなのだよという話をしているわけですね。  

六ヶ所村議会 2014-06-09 平成26年 第2回定例会(第2号) 本文 2014年06月09日

これはご承知かと思うんでありますが、これを全ての部落説明会をして歩いたわけですから、当然基本協定の多分第2条じゃなかったですかな。これ、添付しているはずです。そこをちょっと見てみますけれども、私は古い概要書を持ってきていた。こうなんです。「また現在、海外に委託している使用積み燃料の再処理に伴う返還物の受け入れ及び1次処理を行います」。  

青森市議会 2013-06-06 平成25年第2回定例会(第3号) 本文 2013-06-06

青森市という大きな町になり、結果としてそれぞれの地縁、血縁を基盤とした地域共同体、各地域部落なわけですけれども、この弱体化によって地域自治機能低下が目に見えてきている中で、やはり一人一人のつながりというものが薄れる中で不安が増しておりますし、さらに人口の減少、高齢化、または私ども地域での農業縮小等を初めとした経済の衰退、これがさらに不安を増幅させている状況であります。  

六ヶ所村議会 2013-03-12 平成25年 第1回定例会(第3号) 本文 2013年03月12日

それからもう1点の道路については、おかげさまでミニバイパスから本格的なバイパスができて、今拡幅をやっておりまして、これは副村長にも感謝していますけれども、町の中、いわば部落の中で非常に狭い。通称北角と言っていますけれども、あそこの家なんかは、当時あそこの屋根を30センチから1メートルぐらい屋根をとってもらった経緯があるんです。

十和田市議会 2012-02-28 02月28日-議案説明-01号

議案第17号の市有財産(旧月日山林業会館)の譲与については、平成21年3月31日をもって廃止した月日山林業会館建物を森ノ越部落会に譲与するためのものであります。  議案第18号の市有財産(旧堤頭婦人ホーム)の譲与については、平成21年3月31日をもって廃止した堤頭婦人ホーム建物堤頭部落会に譲与するためのものであります。  

弘前市議会 2011-12-07 平成23年第4回定例会(第3号12月 7日)

特に、先回の場合は全部落としてしまった。  これは、今までやっているノウハウがあったり、専門職の人間が市から行って、専門職があって行って、なおかつ落としたということは、市の入札かけられた場合の審議会の中で相当の差が、ほかの民間の業者と相当の差が出たからこそ、そこの法人が落としたのだろうと思います。  

弘前市議会 2011-09-08 平成23年第3回定例会(第4号 9月 8日)

実は、私たち部落でもそうなのです。学校で勉強ができるやつ、点数のとれるやつというのはみんないなくなってしまう。その人たちがここでなぜ住めないか。私は、教育が一番の問題ではないのかと思っています。  自分たちの住んでいるまち、ふるさと、家族の愛、どうして大きくなって大人になったか。その恩恵を知らない、今の子供たちは。教育が一番大事だというのはそこだと思うのです、私はそう思っています。  

十和田市議会 2011-06-21 06月21日-一般質問-03号

そこに残る人々は、先祖から引き継いだ田畑や部落を必死で守ろうとする年老いた人たちばかりになる。やがてまた1つ部落が消えていく。これがこれから起こり得る、また進みつつある現象ではないでしょうか。  そんな中にあって、この十和田市を何とか元気にしたい、元気にしよう、そう言って立ち上がった若者たちがいます。バラ焼き町おこしをしよう。全国に十和田市の元気を発信していこう。

青森市議会 2011-06-10 平成23年第2回定例会(第5号) 本文 2011-06-10

隣接している自治体は五所川原市や旧常盤村福館地区となっており、同じ青森市内とはいっても、交通の便が悪い、自家用車に頼らなければ生活できない部落吉野田であります。その吉野田住民からの要求は、市道派立線が合併前までは除雪して通れていたのに、青森市になってからは通れなくなり、日常生活に大変不便になったという多くの住民からの強い声があります。  

十和田市議会 2011-03-17 03月17日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

渕沢片貝沢地区、この部落に関しては、昨日午後4時に給水を開始しております。このことは、部落方たち広報活動を終了して、給水できますよというふうなお知らせはしてございます。  それから、百目木地区の件ですけれども、本日の朝8時から仮設タンクを配置して、そこから浄水をポンプで配水池に送水しております。満タンになり次第、給水を開始したいと考えております。  

六ヶ所村議会 2011-03-10 平成23年 第1回定例会(第3号) 本文 2011年03月10日

11番(松本光明君) それで、これは委託するのは結構なことですけれども、ただ、委託すればそれなりにそういう関係はできたら委託されないと思うので、なかなか泊の町内会であれば、委託された後においての管理というか、掃除とか、そういうのに対しては問題が出ているのでね、その辺も部落としてはきちんとした対応をしてやるべきですのでね。

六ヶ所村議会 2011-03-08 平成23年 第1回定例会(第2号) 本文 2011年03月08日

それともう一つ副村長、例えば今の旧道、泊の部落の中の村道、橋からふれあいセンターに行くところで急激に下がるんだけれども、あれはやっぱり滑らかにやるという方法はないものですか。  それと、まださっきの質問に答えてもらっていないんですけれども、バイパスからの道路には温熱、そういう設備がされるのか、そこを教えてください。

六ヶ所村議会 2010-06-09 平成22年 第2回定例会(第4号) 本文 2010年06月09日

16番(附田義美君) ちょっとお聞きしたいのが、いよいよ我が部落の方にも今年度中に入るなという思いで今見ていました。  そこで、太い青い線の下に細い赤い線が囲まれてあるんですけれども、青い線と並行して行かない部分があるんだけれども、これはどういうふうな理由で行かないのかどうか、この辺をちょっとお聞きしたいです。光ケーブル幹線ルートとあるんだけれども……。