運営者 Bitlet 姉妹サービス
357件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 今回の字の区域の変更は、議案第138号が八ツ役地区、議案第139号が諏訪沢地区及び議案第140号が荒川中部地区の3地区となっており、いずれも、県が実施している農地整備事業により、従来字界としてきた農道や水路が一体的な区画整備を終え、位置や形状が変更となったことから、これに伴い字の区域の変更を行うものである。   もっと読む
2018-09-12 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号 10目農道整備事業費は、19節の県に対する農道保全対策事業負担金でございます。  11目そば振興センター費は、13節の同センターの指定管理料が主なものでございます。  12目南郷朝もやの里費は、11節は施設の修繕料、13節は南郷朝もやの館総合情報館等指定管理料が主なものでございます。  13目特別会計整備費は、農業集落排水事業特別会計に対する繰出金でございます。   もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 次に、青森東部地区では、8月10日金曜日に荒川市民センターで開催し、農事振興会、青森市認定農業者協会、青森市ぶどう協会などから、14名の方々に御参加いただき、多面的機能支払交付金制度の手続の簡素化、農道・水路の整備などについて、それぞれ御質問、要望をいただきました。 もっと読む
2018-07-20 八戸市議会 平成30年 7月 建設協議会-07月20日-01号 そして農道、管理道路または水路の場合は、法定外公共物占用等許可申請書を提出していただくことになります。  続きまして3、管路等の接続基準ですが、基礎要件としては、道路側溝等の流下能力に余裕があることが前提となりますので、水が集まる範囲が広い場合など影響が大きいと判断される場合は流量計算をしていただき、状況を確認した上で対応することになります。 もっと読む
2018-06-19 十和田市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月19日−一般質問−03号 水路の泥上げやひび割れの補修、農道の路面維持、共有地の草刈りなど、じわり、じわりと弱ってくるのです。そこで、農林水産省が打ち出したのが多面的機能を維持するための共同作業を金銭面で支援する政策、すなわち多面的機能支払交付金制度です。    もっと読む
2018-06-11 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号 まず、維持補修の現状についての御質問ですが、市の管理する道路は、市道約1500キロメートル、農道などその他の道路約600キロメートル、合計で約2100キロメートルとなっており、この中に延べ約400キロメートルの歩道が設置されております。 もっと読む
2018-03-13 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会-03月13日-02号 10目農道整備事業費は、県営事業負担金ですが、市道野場種差線などの路面改良事業に対する負担金でございます。  11目そば振興センター費は、13節の同センターの指定管理料が主なものでございます。  12目南郷朝もやの里費は、次の98ページにわたりますが、13節の南郷朝もやの館総合情報館等指定管理料が主なものでございます。   もっと読む
2018-03-05 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月05日-02号 次に2点目として、道路異状通報メールについて、八戸市が管理する道路は、市道、農道、管理道路等合計約2100キロメートルあり、経年劣化や冬期間の凍上を原因とした道路破損に伴う自動車事故の増加等の状況を踏まえて、平成26年度より道路維持費が大幅に増額されたことから、市内の幹線道路の舗装修繕が現在集中的に行われております。 もっと読む
2018-02-28 十和田市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-02月28日−議案説明・質疑・討論・採決−01号 農村集落については、地域の特性を生かしたコミュニティーの推進を図るとともに、農地及び農道・農業用用排水路等の農業用施設の管理・保全を通して、持続的な農村環境の維持に努めてまいります。   道路及び橋梁の整備については、計画的な整備を進めるとともに、定期的な点検及び計画的な修繕を実施するなど、適正な維持管理に努め、長寿命化を図ってまいります。    もっと読む
2018-02-27 弘前市議会 平成30年第1回定例会(第2号 2月27日) までの5年間で139人の新規就農者が活用している農業次世代人材投資事業など、国の制度を積極的に活用するとともに、当市独自に、初めて農作業に従事する人の人件費の一部を助成する農作業支援雇用対策事業、いわゆるスマイルアップ・ルモデル事業や、農業者グループによる自発的な研修に要する費用の一部を助成する担い手育成事業、病気などのサポートとして一時的な農作業受託者への奨励金の交付、剪定作業や雪害防止のための農道除雪 もっと読む
2018-02-21 八戸市議会 平成30年 2月 建設協議会-02月21日-01号 図の右上の国道45号から五戸町へ通じる市道河原木豊崎線の県営農道整備事業による線形改良部を図の左上に拡大表示しておりますが、その部分が移管されたことなどに伴う路線の廃止及び認定でございます。  また、その線形改良部に接続する市道2路線の起点及び終点の変更に伴い、路線の廃止及び認定をするものでございます。  6ページをごらんください。是川地区の市道路線の廃止1路線、認定1路線の詳細でございます。 もっと読む
2017-12-08 十和田市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月08日−一般質問−03号 来年度完了予定に当たり、農村地域においていまだ農道、集落道が未整備で、既存の施設等の老朽化が著しい地区も見受けられますが、このような未整備地区を対象として、国、県の補助率の高い総合整備事業により、農道、集落道、用排水、暗渠排水、客土などの一体的な整備をする考えはありませんか。あるとすれば、2期目も考えなければならないと私は思っています。    もっと読む
2017-12-07 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 7日) さらに、この制度を活用した農地及び農道、水路などの農業用施設の整備について、受益者の方から一部負担を求めながらも、営農活動の支援を促進する観点から制度を少しでも利用しやすいようにするため、今年度から補助要件の緩和をいたしました。  具体的には、農業用用排水施設等の整備について、従来は補助率が10%以内であったものを50%以内に変更して受益者負担を軽減し、利用しやすくいたしました。 もっと読む
2017-12-07 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 7日) さらに、この制度を活用した農地及び農道、水路などの農業用施設の整備について、受益者の方から一部負担を求めながらも、営農活動の支援を促進する観点から制度を少しでも利用しやすいようにするため、今年度から補助要件の緩和をいたしました。  具体的には、農業用用排水施設等の整備について、従来は補助率が10%以内であったものを50%以内に変更して受益者負担を軽減し、利用しやすくいたしました。 もっと読む
2017-12-05 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月 5日) アップルロードの愛称で親しまれている弘前南部広域農道は、りんご生産の流通の近代化や合理化とさらなる津軽総合開発の一環として昭和46年に着工され、昭和49年に完工予定でありましたが、昭和48年のオイルショックにより工事が大幅におくれ、昭和54年に全線開通となった道路であります。 もっと読む
2017-12-05 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月 5日) アップルロードの愛称で親しまれている弘前南部広域農道は、りんご生産の流通の近代化や合理化とさらなる津軽総合開発の一環として昭和46年に着工され、昭和49年に完工予定でありましたが、昭和48年のオイルショックにより工事が大幅におくれ、昭和54年に全線開通となった道路であります。 もっと読む
2017-09-13 八戸市議会 平成29年 9月 決算特別委員会−09月13日-01号 10目農道整備事業費は、19節の県に対する農道保全対策事業負担金でございます。  11目そば振興センター費は、13節の同センターの指定管理料が主なものでございます。  12目南郷朝もやの里費は、11節の水車小屋等の修繕料、13節の南郷朝もやの館総合情報館等指定管理料が主なものでございます。  13目特別会計整備費は、農業集落排水事業特別会計に対する繰出金でございます。   もっと読む
2017-08-21 八戸市議会 平成29年 8月 建設協議会−08月21日-01号 北高岩駅の北側の櫛引地区でございますが、市道認定区分であります道路の基準点が公道に連絡する道路となっている農道を認定するものでございます。  7ページをごらんください。  八戸北高校の南側の湊地区でございますが、櫛引地区と同様、市道認定基準を満たした農道を認定するものでございます。  以上で説明を終わります。   もっと読む
2017-03-08 十和田市議会 平成29年  3月定例会(第1回)-03月08日−一般質問−03号 また、農地や農道、水路等の維持管理については、集落ごとに定める協定書に基づき共同取り組み活動を実施し、作業の軽減だけではなく、集落づくり、地域づくりにも貢献しているものと考えております。   その他のご質問につきましては、担当部長等から答弁をさせます。   以上、壇上からの答弁といたします。 もっと読む
2017-03-07 八戸市議会 平成29年 3月 予算特別委員会−03月07日-02号 10目農道整備事業費は、県営事業負担金ですが、市道野場種差線などの路面改良事業に対する負担金でございます。  11目そば振興センター費は、13節の同センターの指定管理料が主なものでございます。  12目南郷朝もやの里費は、11節の舘のやかた施設の屋根修繕料、13節の南郷朝もやの館総合情報館等指定管理料が主なものでございます。   もっと読む