272件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2020-06-15 06月15日-一般質問-02号

その際、地域住民の「命の道」となったのは、集落山側林道農道、林業作業道など、地図に載っていない道でした」。壊れた道では、人の命を守ることはできないのです。数年山の中に壊れた道が放置されていれば不思議に思うのも致し方ないのです。  そこで、山林内において市が災害復旧工事などで修復している道路があります。一方では、損壊しているままの箇所もあります。

六ヶ所村議会 2020-03-11 令和2年 第1回定例会(第3号) 本文 2020年03月11日

だからそういう観点で私はここを指摘して、そして農道整備するということで、馬門川からそれこそ南にかけて農道整備して万が一のときに利用するということでありますが、それも一向に手つかずのままでいるが、これをやるのかやらないのか、それについてもお伺いをいたします。 議長高橋文雄君) 村長。

十和田市議会 2020-03-09 03月09日-一般質問-02号

早速ですが、赤沼地区農道の交差点に設置したことにより、事故状況をお知らせください。  また、設置したことを通行車両に周知していましたか。  今後の予定として何か所か設置していきますか。  以上で壇上からの質問を終わります。ご清聴ありがとうございました。 ○副議長野月一博) 市長        (市長 小山田 久 登壇) ◎市長小山田久) 斉藤議員のご質問にお答えいたします。  

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

水路農道整備はやはり必要だと思います。大区画化が目的とは限らず、小規模農家家族経営農家の声に応えるという意味でも、水路農道などの整備事業は引き続き行っていただきたいということと、水利組合同士の横の意見交換の場などもぜひつくっていただければなと思っています。  それで、寄せられた声では、水田用の水がやはり足りなかったので、水のくみ上げ用のポンプを買った農家さんも多かったのではないかと。

六ヶ所村議会 2020-03-02 令和2年 第1回定例会(第1号) 本文 2020年03月02日

農道については、吹越台地路線平沼高田地区路線の3路線整備し、農業生産円滑化を図ってまいります。  次に、畜産業でありますが、優良牛生産助成事業自給飼料生産性向上助成事業を引き続き実施するとともに、酪農振興センター給水施設及び農業機械等の更新を図り、畜産経営安定化を図ってまいります。  

青森市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 2020-03-02

当時の驚きと興奮を思い出しますけれども、その数年前には、小牧野環状列石が発見されたんですが、畑に囲まれた農道を通って見に行ったことを記憶しています。  ことしが現地調査の年です。その報告内容世界遺産の登録を左右するということですけれども、三内丸山遺跡、小牧野遺跡についての準備というのは、前回、予算特別委員会で御答弁をいただいております。

青森市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

また、大型機械により効率的な農業経営推進するためには、農地を大区画化し、農道水路整備を一体的に行う、いわゆる圃場整備事業を実施することが必要となります。しかしながら、本市においては依然として圃場整備事業が全体的に行われておらず、農地農道、水路が狭く、大型機械等による効率的な農業経営が困難な地区も見受けられます。

十和田市議会 2020-02-26 02月26日-議長選挙・議案説明・質疑-01号

理事者側からは、この路線平成23年3月17日に市道認定しており、延長は909メートル、幅員は3.6から9メートルの砂利砕石の道となっていること、道路沿いに住宅も少なく、また見世の集落の方々が農道のように利用しているもので、利用者がほぼ限定されていると認識していることなどの説明を受けました。  

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 2019-12-24

本案については、青森県が実施している土地改良事業、いわゆる圃場整備事業である上野地区経営体育成基盤整備事業により、従来、字界としてきた農道水路が、農地農道及び水路の一体的な区画整備を終え、その位置変更となったことから、これに伴い「字の区域変更」を行うものである。 当該整備事業位置及び概要については、配付資料に表記のとおりである。  

弘前市議会 2019-12-10 令和元年第3回定例会(第2号12月10日)

○13番(蒔苗博英議員) 農道などがないとか、条件が悪い農地が主なる理由ということもあると思いますけれども、この事業は、先ほども言いましたが、耕作放棄地をふやさないためにも有効な事業だと思うわけですけれども、今回、中間管理機構集積協力金についても見直しが行われたということでありますけれども、さらに活用しやすくなったのか、その具体的な内容についてお伺いします。

十和田市議会 2019-12-10 12月10日-一般質問-03号

農村部地域では、小学校、中学校があって、その学校が地域の中心をなし、あるいはコミュニティーをもたらし、お互いに地域を発展させ、伝統芸能共同事業をつくり上げ、農道、林道等整備したり、鎮守の祭りや消防、防犯活動、そして地域の子弟の教育にも取り組むなど、地域ならでは取り組みがありました。  

十和田市議会 2019-09-04 09月04日-一般質問-03号

これまで少ないながらも集落が構成され、いろいろな役割分担をし、それらをこなし、農道水路鳥獣対策も含め万全にし、地域伝統芸能も継続してきましたが、これらは間もなく消えるのではないかと思います。  せっかく助け合ってきた農村集落も、20年前の平成11年3月の大字区域住民基本台帳人口によれば、当時その大字区域人口は3万6,000人ほどでした。

弘前市議会 2019-06-21 令和元年第1回定例会(第5号 6月21日)

また、当市の基幹産業である農業基盤強化を図るため、平成30年度に創設した農作業省力化効率化緊急対策事業により、引き続き農業用機械導入や圃場の整備に対する支援を継続して実施するとともに、小規模農道の舗装や補修などの整備をより一層進めていくため、小規模農道整備事業費補助金予算平成30年度に対して増額しております。  

弘前市議会 2019-06-20 令和元年第1回定例会(第4号 6月20日)

その一つ目の、「誰もがいきいきと活動できる快適なまちづくり」では、効果的な雪対策推進のほか、農業経営に要する機械導入支援農道等の整備高齢者等の見守り体制強化などに取り組んでまいります。  二つ目の、「安心できる医療体制健康長寿推進」では、新中核病院整備推進のほか、小・中学生の親子による食育事業検診受診強化などに取り組んでまいります。  

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

第2項目め質問は、農道整備進捗状況と今後の方向性についてであります。  櫻田市長は、生産現場軸足を置き、足腰の強い農業を目指すと議会で答弁をしておりました。安全安心に作業していくためには農業基盤整備が重要であり、その中で農道整備は喫緊の課題であります。  農道農家にとって、いわば作業道であり、農作物の運搬道でもあります。有事の際、迂回路のない農道が大半であることも事実であります。

十和田市議会 2019-06-18 06月18日-一般質問-03号

市街地周辺水田農道は狭く、大型トラクターでは作業機を取りつけて、その場所まで行くことも困難なところもあるのです。その点、一回り小さなトラクターは、その場所まで行って、牧草の乾燥、こん包ができるのです。獣医師がいなくなれば、こういった小規模畜産農家も減り、市街地周辺農地も荒廃すると私は考えます。  

六ヶ所村議会 2019-06-13 令和元年 第3回定例会(第3号) 本文 2019年06月13日

農道倉内内沼線倉内道上線と村道認定させておりましたので、その部分の実施設計をさせていただいておりまして、その人件費単価改定によるものであります。 議長高橋文雄君) 8番。 8番(木村廣正君) そうすれば、蒼前堂線からの旧端線のあれですよね。こども園の出るところ。わかりました。  

十和田市議会 2019-03-11 03月11日-一般質問-03号

このさまざまな恩恵というか、役立ちのことを多面的機能と表現しておりますが、近年は過疎化高齢化後継者の減少などで多面的機能が弱り、共同活動に影響が出ており、水路泥上げやひび割れの補修農道路面維持共有地の草刈りなど、じわりじわりと弱っているのです。そこで、農林水産省が打ち出したのが多面的機能を維持するための共同作業金銭面支援する政策、すなわち多面的機能支払交付金制度です。