運営者 Bitlet 姉妹サービス
240件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-06 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号 この事業は、東京一極集中の是正や地方の担い手不足対策のため、国が創設した制度に基づき実施するものでございまして、東京圏から当市に移住し、中小企業等に就業または起業した場合に、最大100万円を支給するものでございます。支援の対象となるのは、東京23区に直近5年以上在住または通勤しており、青森県が開設するマッチングサイトに掲載された求人企業に就業または起業する方とされております。 もっと読む
2019-03-04 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号 総点検におけるKPIは、全23項目のうち17項目、率にして7割以上の項目において当初の数値を上回って推移しており、特にはちのへ創業・事業承継サポートセンターを活用して、起業した件数や、当市を活動拠点とするスポーツチームの観客数などでは目標数値を大幅に超えている状況にあり、着実に取り組みの成果があらわれているものと認識しております。   もっと読む
2019-02-25 六ヶ所村議会 平成31年 第1回定例会(第1号) 本文 2019年02月25日 また、本村が独自に実施しております新規学校卒業者雇用奨励金制度や各種補助制度を活用した企業立地の促進に加え、村内での起業・創業希望者を支援するワンストップ相談窓口の設置や創業融資への利子または保証料の補給を行うなど、多様な産業の創出に取り組んでまいります。   もっと読む
2018-12-13 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月13日) 庁内における検討では、企業誘致のための空き物件としての活用案が提案されたほか、起業家育成拠点として、賃貸により施設の一部を使用してはどうかといった提案もございました。 もっと読む
2018-10-19 八戸市議会 平成30年10月 総務協議会-10月19日-01号 2つ目の目標は、起業者支援と魅力ある商店街・オフィス街づくりであり、目標指標は、空き店舗・空き地率と創業等支援件数、誘致企業就業者数としますが、このうち創業等支援件数と誘致企業就業者数につきましては、指標改善のための事業が限定されることから、参考指標といたしました。  空き店舗・空き地率につきましては、基準値11.6%に対し目標値は8.2%とします。   もっと読む
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 1 「青森市生産者6次産業化支援事業については、より多くの農家の方に活用いただきたいと考えているが、平成28年度以降の活用実績を示せ」との質疑に対し、「当該事業は、県が実施する地域の6次産業化スタートアップ支援事業及び農山漁村女性起業育成事業の対象者に対象経費の4分の1相当額のかさ上げ助成を行うもので、平成28年度は農産物を活用した加工品開発等3件に対し約44万2000円、平成29年度は無添加の煮リンゴ もっと読む
2018-09-14 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月14日) すなわち、商工業振興全般について言えるのですけれども、具体的に言いますと、中小企業の支援につきましては、制度融資や経営指導の体制を充実・強化するとともに、創業・起業に向けたひろさきビジネス支援センターを設置・運営して、専門家による個別相談や各種セミナー開催により起業家の支援をしていきたいというふうに思っております。   もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 このようなことから、第3期計画素案では、基本方針の一つに地域経済の活力向上を掲げ、起業支援と魅力ある商店街づくり、魅力あるオフィス街づくり、安全安心なナイトマーケットの充実を重点施策として取り組むこととしております。   もっと読む
2018-09-06 青森市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06 このことから、本市におきましては、企業が残っていくため、そして、若者世代が本市に定住する状況となるためには、「しごと創り」が特に重要であると考えておりまして、平成29年度には、新ビジネスに挑戦する中小企業者への助成制度の創設、ビジネス交流拠点となりますあおもり地域ビジネス交流センターでの起業・創業相談の実施、Uターン人材と地元企業のマッチングを行います青森市Uターン就活サポートデスクの開設、学生等の もっと読む
2018-09-05 青森市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05 3つに、「働きがいも経済成長も」という目標に対しまして、「しごと創り」に向け、起業マインドの醸成から起業後のフォローまで一気通貫の支援を行う、地域企業新ビジネス挑戦支援プロジェクト。4つに、「住み続けられるまちづくりを」という目標に対しまして、都市機能の誘導によるコンパクトなまちづくりと地域公共交通との連携によるコンパクト・プラス・ネットワークのまちづくり。 もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 1階には事業を起こす、創造する、起業・創業の拠点として、あおもりスタートアップセンターが開設され、起業・創業の専門家でありますインキュベーションマネジャーが常駐するあおもり地域ビジネス交流センターとともに、青森市の新たな「しごと創り」の拠点としてフレキシブルで開放的な心地よい空間となっております。 もっと読む
2018-08-31 六ヶ所村議会 平成30年 第4回定例会(第1号) 本文 2018年08月31日 5点目の、商工業の振興についてでありますが、商工会をはじめとする各種団体と連携を深め、ニーズを的確に把握し、必要な支援策を実施していくとともに、あらゆる産業において、村民の皆様が働きやすい、起業しやすい環境づくりに努め、将来に繋がる産業基盤の構築を目指すほか、ホテルの誘致にも積極的に取り組んで参ります。   もっと読む
2018-07-20 八戸市議会 平成30年 7月 総務協議会-07月20日-01号 はちのへ創業・事業承継サポートセンターを活用して起業した件数でございます。平成28年度から、八戸市アントレプレナー情報ステーションが、はちのへ創業・事業承継サポートセンターに変更となったため、KPIの名称を変更したものでございます。   もっと読む
2018-06-22 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日) 次に、経営力の向上を図るために中小企業を下支えするための制度融資や経営指導体制を充実・強化するとともに、県や関係機関と連携して、創業・起業に関するさらなる支援を実施してまいります。  地元生産品の販売力強化につきましては、関係機関との連携を強化し、官民が一体となった地元生産品の普及啓発と販路開拓・拡大、地域資源のブランド化に総合的に取り組んでまいります。   もっと読む
2018-06-19 十和田市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月19日−一般質問−03号 どういうまちをつくるかと、そこにどういうふうに誘導していくかといったときに、役所がある程度許可とか、あるいは補助の仕組みとかというのもいろいろあるだろうけれども、そういうのを提案して、起業する人たちがそこに行きやすい環境をつくってやる、あるいはそういう仕組みをつくってやるというのも私は必要だと思うのです。    もっと読む
2018-06-14 八戸市議会 平成30年 6月 広域連携推進特別委員会-06月14日-01号 7番のはちのへ創業・事業承継サポートセンター事業では、創業支援拠点であるはちのへ創業・事業承継サポートセンターと各商工会が連携した相談対応や情報発信等を行っており、2月末時点と比べまして、新規相談件数が21人増の180人、相談件数延べ数は74件増の664件、起業件数は37件となっており、圏域の雇用の場の創出が図られているところでございます。   もっと読む
2018-06-12 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月12日-03号 当市では、後継者対策として、平成23年度から農業経営振興センターにおいて、県、農業協同組合並びに平成22年度に農業経営者の育成に関する協定を締結した八戸学院大学等と連携を図りながら、生産から販売までの一体的な新規就農支援体制を構築しており、後継者、農業による起業希望者並びに定年帰農者等の新規就農を促進してまいりました。   もっと読む
2018-06-08 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第1号 6月 8日) 商工業分野では、市内製造業の基盤強化を初め、企業誘致活動や創業・起業に対する支援、地元生産品の販売力強化や中心市街地活性化対策等により市内商工業の振興を図るとともに、若者の地元就職を促進するため、高校や大学、経済団体等関係機関と連携した取り組みを強化してまいります。   もっと読む
2018-03-20 八戸市議会 平成30年 3月 広域連携推進特別委員会-03月20日-01号 7番、はちのへ創業・事業承継サポートセンター事業ですが、前回の特別委員会では、平成29年11月30日現在の起業件数を26件と御報告しておりますが、8件増の34件となっており、雇用の場の創出が図られております。   もっと読む
2018-03-07 六ヶ所村議会 平成30年 第1回定例会(第2号) 本文 2018年03月07日 そういう観点からいくと、私が質問した六ヶ所村の今後の経済効果、それはやはり地元の企業とか地元の1次産業、さらには2次産業、そういうふうな人たちがこの施設を活用してどういうふうな産業を起業できるのかというふうなことにあるというふうに思っています。 もっと読む