278件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

1 「18歳選挙権が実現してから約3年が経過したが、本市の小・中学校における主権教育の取り組みについて示せ」との質疑に対し、「本市の小・中学校では、社会科などの各教科特別活動総合的な学習の時間等において主権教育を行っており、小学6学年では市役所や市議会の仕組みなどの学習を通して主権者にとって必要な態度育成を図るとともに、中学3学年では政治の仕組みの学習や模擬投票の実施等により、主権者として

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 2019-07-04

しかし、意見書にもあるように、普天間飛行場の返還はもとより、新たな基地沖縄県内に建設するべきではないというのが多くの沖縄県民の声ではないでしょうか。  2014年、初めて辺野古への新基地建設反対を公約として掲げたオール沖縄の翁長雄志知事が誕生し、前知事が承認した辺野古の埋立工事を取り消させる手続をとり、さらに、国に対して対話による解決を訴えてきました。

弘前市議会 2019-06-20 令和元年第1回定例会(第4号 6月20日)

また、共通投票所での投票者数は、県議会議員一般選挙が746人で当日投票者数の1.71%、市議会議員一般選挙は825人で当日投票者数の1.74%という結果となっており、期日投票及び共通投票制度が着実に浸透し、投票者数が増加してきている反面、投票日当日の投票率の底上げにはつながっていないことがうかがえます。  

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

次に、具体的に質問はなかったのですけれども、通告がありましたので、投票所内でのバリアフリー化等についてお話ししたいと思います。  各種選挙投票率は年々低下しており、全国的にも軒並み投票率が過去最低を更新する状況にある中、投票しやすい環境づくりを行っていくことは、投票率向上を図る上で重要であると考えております。  

八戸市議会 2019-06-19 令和 1年 6月 定例会-06月19日-02号

また、選挙が行われる際には、投票所として利用され、地域の重要な役割を担う施設として存在してきたところであります。  また、私が小学校のPTA役員を務めていたころには、三条仲良しクラブ、いわゆる学童保育の立ち上げ設置にも携わり、地域住民の方々、役員の方々と子どもたちが安心安全に過ごせるよう、その環境整備に取り組みました。

八戸市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日-03号

改めて、ヴァンラーレ八戸のJ3への昇格におめでとうと祝福の意を表させていただくとともに、熱いサポーターや市民県民の期待を背にJ3の舞台で思う存分プレーをしていただき、そしてJ2、J1というさらなる高いステージを目指して、全緑で挑戦をしていただくことを心から期待をし、以下、質問に入らせていただきます。  最初は八戸駅周辺のまちづくりについてであります。  

八戸市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日-02号

県内では、青森県図書館が重度の心身障がいのある県民や、来館が困難な高齢の在宅要介護県民を対象に個人宅配サービスを行っているほか、青森市や弘前市の図書館でも重度障がい等のある市民を対象に実施しております。また、青森県視覚障害者情報センターでは、視覚障がいのある県民へ点字資料や録音資料の宅配を行っております。  

青森市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10

例えば、投票日の何カ月も前に立候補者が自分の名前のついたたすきをかけ名前を連呼したり、候補者以外の人が旗を掲げあちらこちらで街頭演説をしたり、投票日当日にもかかわらず選挙カーを走らせる、あげくの果てには投票日当日に「○○選挙事務所です。今日は投票日です。選挙に行きましょう」と個々に電話までしているものもありました。  

青森市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 2018-12-07

次に、各種選挙における低投票率改善対策について再質問いたします。  私、数年前に期日投票における投票行為の確認のために、他の都市でも行っている投票済証の発行をしたらどうかということで、当時の選挙管理委員会事務局長に相談して、内部で検討した結果、青森市でも発行するということになりました。その節は大変ありがとうございました。

青森市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07

最後に、期日投票について質問します。  10月28日投票で行われる市議会議員選挙における期日投票については、市は駅前庁舎とイオンの会議室で行うとしています。駅前庁舎──アウガでは、以前から期日投票が行われていましたし、イオンについても多くの人が集まる商業施設で、投票率の向上などが見込めると思いますので、この2カ所に期日投票所を設けることはいいことだと思います。

十和田市議会 2018-03-09 平成30年  3月定例会(第1回)-03月09日−一般質問−03号

また、議員ご提案の集落型農業家族農業を支援する農業支援センターについてでありますが、現在市が進めている人・農地プランにおいても、地域及び地域の担い手に対して、市、県民局、そして農協が一体となり、指導助言体制を効率的に行ってきており、新たな支援体制を設置する考えには至っていないところでございます。   

八戸市議会 2018-03-05 平成30年 3月 定例会−03月05日-02号

そして、何よりも我が郷土が誇る大島理森代議士が立法府の長として、再び衆議院議長に就任されましたことは、それまで天皇退位にかかわる特別法の各党の協議を取りまとめられたことを初めとする数多くの実績が評価されたものであり、八戸市民、また青森県民として大変喜ばしい限りであり、今後ますますの御活躍を心より御祈念申し上げるものであります。  

弘前市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第5号 3月 2日)

日本農業新聞の記事によると、OECD、経済協力開発機構統計では、加盟国中で日本の若者の投票率は最下位で、投票率の高い北欧では若者が社会参画しやすい環境づくりが整い、若者と政治の距離が近いと報じられ、子供のころから政治教育に触れ、日ごろから意識づけされているとの記事でした。日本では、2016年7月の参議院選挙から18歳選挙権が導入されました。  

十和田市議会 2017-12-08 平成29年 12月定例会(第4回)-12月08日−一般質問−03号

3期目も市長選の無投票を経て、既に皆さんにも明らかにしているところでありますが、十和田総合計画をベースに、ハード面においては新庁舎建設、三本木中学校建設並びに西二十二番町への屋内運動施設の計画を示しているところであります。   このような大きな事業が進捗中でありますが、新年度におきましてどのような施策を重点的に取り組む方向なのか、お答えをいただければと存じます。   次の質問に移ります。

青森市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 2017-12-06

43 ◯21番(木下靖君) この操車場跡地周辺地区というのが、この素案の図を見ますと結構広いといいますか、操車場跡地はもちろん入っているんですけれども、南はジャスコのあたりから、北は今、都市整備部長がおっしゃった県の県民福祉プラザとか、アピオあおもりを含んだ地区となっていますので、現在あるそういった施設を前提としてこういう記載があるということですよね。

青森市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 2017-12-05

今冬における新たな取り組みとして、国土交通省青森河川国道事務所及び青森県東青地域県民局からの御快諾、御協力をいただき、新たなシステムにより、除雪の完了路線をウエブサイト上で一般公開することとしており、まずは今月1日から青森地区の市道である幹線及び補助幹線について、その後、国道及び県道について公開する予定としております。