運営者 Bitlet 姉妹サービス
258件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-04 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号 市民生活と地域経済にとって、今まで以上に痛みと苦しみが増す新年度予算案となっています。  1点目ですが、このような国の予算に対して市長はどのような認識を持たれているのか、質問いたします。  2点目です。当市の人口は年が明けて23万人台を切り22万人台となりました。今後も人口減少は続き、地域の経済は縮小に向かい、市税も減少していくことになります。 もっと読む
2018-12-13 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月13日) 人の体はそれぞれ違いますので、痛みを感じる人もあれば同じことをやってもそんなに感じない人もいるのかもしれませんけれども、ぜひ弘前の広報等でこういう事業の中身を周知されるときはそういうような、誤解のないような、場合によっては実際の体験した人のコメントを載せるとか、そういうような方法もとってぜひ周知していただければなというふうに思います。この件はこれで終わります。   もっと読む
2018-09-13 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会−09月13日-02号 小学生の約3割がランドセルを背負ったときに痛みを感じているという調査結果が出ております。そういったことを踏まえまして、今月の6日、文部科学省が都道府県教育委員会や私立学校に対して、児童生徒が登下校時に持ち運ぶ教科書、教材、学用品の重さや量に配慮するよう促す事務連絡をしたということでございます。   もっと読む
2018-09-05 青森市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05 そのいら立ちに寄り添って、いら立ちそのものの解決に着手してこそ、いじめる子どもは被害者の痛みに共感することができ、そして、いじめをやめる方向に進んでいくんだと思います。決して厳罰で解決することではないと思っています。まさに大きい声を出したりとか、脅したりとか、圧力をかけたりとか、教師の立場を利用して怖がらせるということが指導ではありませんし、教育でもありません。 もっと読む
2018-06-22 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日) この指定袋にしても、有料化にしても、市民に負担をかけてごみを減らしていくというふうなやり方だということで、私は壇上でも、自治体の目的は住民福祉の増進、その自治体が市民に負担や痛みを押しつけて市の目標を達成しようなどというやり方は大問題だと、その発想の根底には市民の暮らしに関心を持っていない、こうした問題があるというふうに指摘をしたところです。   もっと読む
2018-06-21 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第4号 6月21日) やはりこれも早期発見・早期治療で、その分自分の痛みも経費も安く済みます。ここにいる皆様方もぜひ検診、特定健診、がん検診をやってほしいと思います。  この骨密度についてはわかりました。病院によって、もし、今300円で骨密度検診を受けられるよというのはわかります。でも、丁寧に受けるとすれば1,500円ほどもかかると言われております。 もっと読む
2017-06-23 弘前市議会 平成29年第2回定例会(第6号 6月23日) 有料化という市民の経済的負担感や痛みで安易に解決を図ろうとするやり方は許されません。  第2に、請願は、有料化は貧富の区別なく家計の負担をふやすことになると指摘しているように、まさに家庭系ごみの有料化は全ての市民に確実に負担増をもたらすからです。請願はさらに、市民のための市政はどうあるべきかが問われていますとしておりますが、全くそのとおりです。   もっと読む
2017-06-15 青森市議会 平成29年第2回定例会(第5号) 本文 2017-06-15 その日産自動車のV字回復の手法についても提案理由説明で御紹介させていただいたところでありますが、日産自動車の経営再建は、工場閉鎖やリストラなど、これまで先送りしてきたコスト削減に正面から向き合い、組織としての痛みを伴いながら、具体的な数値目標を掲げ、大胆な改革を実行したこと。 もっと読む
2017-06-14 青森市議会 平成29年第2回定例会(第4号) 本文 2017-06-14 事業の改廃や統合などの見直しに当たっては、経済性はもとより、公共性や関与性、市民需要、社会要請などの視点を明確にする必要がありますが、簡単に言うと、今までやっている事業を取捨選択するのですから、痛みを伴うものでありますし、反対意見もかなり声高に叫ばれるものと思います。しかし、市長の公約を実現するためにも、そして持続可能な行財政運営に資するためにも、行財政改革は絶対に必要であります。   もっと読む
2017-06-12 八戸市議会 平成29年 6月 定例会-06月12日-02号 私たちは、これからの社会に責任を持つ世代として、本当の意味で痛みと喜びを分かち合い、人生に起きる幾つかの不安期に頼り合える社会へとグレートリセットしていかなければならないと、今、決意を新たにしています。  それでは、通告に従いまして順次質問に入ります。  まず、1、仮称・八戸市総合保健センターについてですが、こども支援センターの方向性について伺います。   もっと読む
2017-03-02 弘前市議会 平成29年第1回定例会(第4号 3月 2日) その自治体が、市民に負担感や痛みを押しつけて市の目標を達成しようというやり方は、私は大問題だと思います。その発想の根底には市民の暮らしに関心を持っていないのではないか、そういう問題があるのではないかと思うわけです。  そこで質問なのです。家庭系ごみの有料化によって経済的痛みをこうむる市民の暮らしの実態についてどのように認識していますでしょうか。お答えください。 もっと読む
2016-09-16 八戸市議会 平成28年 9月 決算特別委員会-09月16日-03号 痛みどめをもらって様子をちょっと見ましょうということだったんだけれども、痛みどめももう3回、4回全部飲んでしまって、しまいには歯の痛みどめまで飲んで何とかその日をやりくりして、本当は救急車で行けばよかったんですけれども、選挙も控えていますので、救急車が来て山名もアウトだと思われるのは嫌だと思って我慢していたのもあります。 もっと読む
2016-09-07 弘前市議会 平成28年第3回定例会(第3号 9月 7日) 特に昨年度、市が開設した介護一次予防事業であります高齢者健康トレーニング教室は目標を上回る月平均1,100人の方が参加され、疲れにくくなった、膝の痛みが緩和され曲がるようになった、頑張る目標ができたといった利用者の声を初め、9割以上の方の運動機能の向上や要介護度が軽減した事例も出始めており、さらには新規要介護認定申請率も目標値の19.2%以下を達成するなど期待を上回る成果を上げている状況にあります。 もっと読む
2016-06-14 八戸市議会 平成28年 6月 定例会-06月14日-03号 おたふく風邪はムンプスウイルスによって引き起こされる感染症で、二、三週間の潜伏期を経て、発熱と耳下腺の腫れや痛みをもって発症するとされております。幼児期での感染が多く、特に3歳から6歳児が全患者の約6割を占めております。予防のためにはワクチン接種が有効とされており、3歳より前に接種することが勧められております。 もっと読む
2016-03-23 青森市議会 平成28年第1回定例会(第8号) 本文 2016-03-23 改革には当然痛みが伴うことも予想されます。公共化を目指すのは賛成でありますが、今後の推移を見守っていきたいと思います。  なお、今回の予算特別委員会の中でアウガ再生に向けた取り組みに関して、青森駅前再開発ビル株式会社に対する経営状況、モニタリング業務に係る経費を削除する修正案が提出されました。 もっと読む
2016-03-11 八戸市議会 平成28年 3月 予算特別委員会−03月11日-05号 この病棟ができることによってさらに家族ぐるみで病棟を利用されて、本当に痛みから解放されて、その人の人生のクオリティー、毎日のクオリティーを高めていただく、そういう役割を果たしていただけるように、また一日も早い完成を私は望んでおります。 ○森園 委員長 ほかに御質疑ありませんか。 ◆田端 委員 何点か質問をいたします。 もっと読む
2016-03-01 八戸市議会 平成28年 3月 定例会-03月01日-03号 ところが、女性になりますと、男性で1位だった全身の痛みは4位で、1位が頭髪の脱毛だったとの結果になっております。そういう意味では、やはりかつら、いわゆるウィッグががん患者の精神的な負担軽減につながって、その購入費用を支援することで、さらに経済的な負担を軽減できると思います。   もっと読む
2015-12-10 弘前市議会 平成27年第4回定例会(第4号12月10日) 痛みをはかる測定装置ではかった数値によると、骨折が600、尿道結石1,000、線維筋痛症は何と3,880もあります。  以下に2点質問します。  1点目は、青森県には専門医が一人もいないため、症状のひどい方は岩手県まで診察に行っております。 もっと読む
2015-09-08 十和田市議会 平成27年  9月定例会(第3回)-09月08日−一般質問−02号 接種後に原因不明の持続的な痛みやしびれ、脱力、不随意運動などの症状があり、日常生活に支障が生ずるという副作用が出たためです。しかし、いまだに因果関係が証明されないということで、はっきりした対応が国からも示されていません。最近国会でも取り上げられる中で、日本医師会と日本医学会から「HPVワクチン接種後に生じた症状に対する診療の手引き」なるものが発行されました。 もっと読む
2015-03-05 弘前市議会 平成27年第1回定例会(第4号 3月 5日) このことから、粒子線治療は、痛みもなく短期間に治療を終えることができるため、患者への負担が軽減されるなど、今後がん治療の選択肢として重要な治療法となることが期待されているものであります。   もっと読む