運営者 Bitlet 姉妹サービス
639件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-22 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月22日-06号 平成31年度国の一般会計予算は、前年度より3.8%増の101兆4571億円となり、新経済・財政再生計画としての基盤強化期間初年度となる予算として、人づくり革命、生産性革命に重点配分し、幼児教育・保育の無償、介護人材の処遇改善、年金生活者支援給付金の支給など、全世代型の社会保障制度への転換に向けた施策及び地方創生、国土強靱、女性活躍、働き方改革などとする一億総活躍社会の実現に向けた方針に基づいた編成 もっと読む
2019-03-11 八戸市議会 平成31年 3月 予算特別委員会−03月11日-01号 次に、農業近代資金利子補給補助金でございますが、期間を平成31年度から平成34年度までとし、利子補給期間に応じ限度額を平成31年度の融資に係る毎年1月1日から12月31日までの融資平均残高に0.7%以内を乗じて得た額とするものでございます。  13ページをお開き願います。   もっと読む
2019-03-08 六ヶ所村議会 平成31年 第1回定例会(第4号) 本文 2019年03月08日 条例の趣旨は昨今の人口減少や高齢に伴い都市部・地方部問わず課題となっている空き家問題に対応するため制定するものであり、空き家等対策の基本的な流れについて(仮称)六ヶ所村空家等対策計画を策定し、空き家等の適切な管理及び有効活用の2つの観点から対策を講じていくとの説明がありました。 もっと読む
2019-03-06 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号 急速に進む人口減少、少子高齢社会の中で、地域を活性し、安心で快適な暮らしを営んでいくための地方創生を図ることは、地方自治における喫緊の課題であります。とりわけ地域産業を活性させ、多くの雇用を創出させることは、地方創生の1丁目1番地であることは論をまつまでもありません。 もっと読む
2019-03-06 六ヶ所村議会 平成31年 第1回定例会(第2号) 本文 2019年03月06日 昨年、一般質問をした中学3年生を対象としたピロリ菌検査の無償及び障害児福祉施設サービス利用料の助成を平成31年度から実施予定であることに、心から感謝を申し上げます。  それでは、通告に従い次の4件について一般質問をいたします。  1件目。泊地区国道338号西側の公図上「道」及び「公衆用道路」の村道整備に向けた進捗状況について。   もっと読む
2019-03-05 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号 それから、子育て支援策につきまして、八戸は県内の他市よりも大変手厚い保護基準でさまざまな支援をしているということは承知しておりますし、これからも堅持していただきたい、あるいはもう少し拡大していただきたいということを要望申し上げたいのでありますが、子育て最中の方々からいろいろお話をお伺いすると、給食費が何とかならないか、まだまだ数は少ないけれども、県内にも無償しているところがあるという御意見が結構聞 もっと読む
2019-03-04 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号 A棟を初めとする八戸漁港の荷さばき所は、水産資源の減少や魚価の低迷、消費者ニーズの多様や高度等、水産業を取り巻く環境が厳しくなる中、生産流通の効率や品質、衛生管理の高度を図ることを目的に、平成19年度に漁港整備の基本計画を策定し、整備しているものでございます。   もっと読む
2019-02-26 八戸市議会 平成31年 3月 定例会-02月26日-01号 私は、自治体同士がさまざまな形式により連携することで、効率的、効果的な事業展開が図られるとともに、それぞれの自治体の経済や産業、観光の活性などの相乗効果をもたらし、ひいてはそれが八戸市民の福祉向上につながっていくものと確信しているところであり、引き続き都市間連携の積極的な推進に努めてまいりたいと考えております。  続きまして、中心市街地の活性についてであります。   もっと読む
2019-02-21 八戸市議会 平成31年 2月 民生協議会-02月21日-01号 なお、定数の見直しに当たりましては、市内25地区の民生委員児童委員協議会から意見を聴取しましたほか、八戸市健康福祉審議会民生委員審査専門分科会に諮りまして、民生委員1人当たりの担当世帯数や町内の世帯増加率、高齢率等を勘案しながら検討したものでございます。  最後に、条例の施行期日は平成31年12月1日とするものでございます。   もっと読む
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26 既に全国の自治体の29.1%は学校給食への何らかの支援を行っており、76自治体では小・中学校の給食費の無償に踏み出している。  日本国憲法第26条第2項には「義務教育は、これを無償とする」と規定されており、学校給食費を含む教育費の無償が問われている。 もっと読む
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会(第7号) 本文 2018-12-26 ────────────────────────── 日程第39 議員提出議案第30号 学校給食費の無償を求める意見書 87 ◯議長(長谷川章悦君) 日程第39議員提出議案第30号「学校給食費の無償を求める意見書」を議題といたします。 もっと読む
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会(第7号) 議事日程・名簿 2018-12-26 継続審査について  第31 雪対策について  第32 都市整備促進対策について  第33 観光・交流対策について  第34 議会広報広聴について  第35 議案第178号 監査委員の選任について  第36 議案第179号 監査委員の選任について  第37 議案第180号 財産区管理委員の選任について  第38 議案第181号 人権擁護委員候補者の推薦について  第39 議員提出議案第30号 学校給食費の無償 もっと読む
2018-12-21 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第6号12月21日) 号 市道路線の廃止について    議案第164号 市道路線の認定について    議案第165号 家庭系ごみ指定袋製造中止に係る和解及び損害賠償の額の決定について    議案第166号 弘前市駅前住宅使用料の支払に係る和解について    議案第167号 定住自立圏形成協定の一部を変更する協定の締結について    議案第168号 平成30年度弘前市一般会計補正予算(第7号)    請願第 8号 教育の無償 もっと読む
2018-12-14 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月14日) 一つ目の質問は、保育料無償についてです。  2019年10月から消費税率10%に引き上げられると、幼児教育無償――以下、無償がスタートします。無償は歓迎することですが、さまざまな意見があるのも事実です。  第1は、財源を消費税にしていることです。社会保障の財源と消費税をリンクさせたところに大きな問題がありますが、市の見解を求めます。   もっと読む
2018-12-13 八戸市議会 平成30年12月 屋内スケート場・スポーツ文化施設建設特別委員会−12月13日-01号 続いて、9月21日、市から建築主体でありますクロススポーツマーケティング株式会社に対する土地の無償貸し付けと、フラットアリーナに関する使用料につきまして、議会承認をいただいております。  土地の貸付期間は、平成30年10月1日から平成60年9月30日までの30年間です。   もっと読む
2018-12-13 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月13日) 減量・資源をしていかないといけないと思っていますので、そういったところも含めて合わせて一体的に考えて、また早目に皆さんにお知らせできればなというふうに思っております。   もっと読む
2018-12-12 八戸市議会 平成30年12月 総務常任委員会-12月12日-01号 続いて、是川縄文の里整備基金積立金、南郷地域活性基金積立金、スポーツ振興基金積立金、協働のまちづくり推進基金積立金、奨学ゆめ基金積立金、震災復興基金積立金、屋内スケート場事業基金積立金、連携中枢都市圏振興基金積立金、新美術館整備基金積立金の増額は、それぞれの寄附金等を充当し、積み立てるものでございます。   もっと読む
2018-12-12 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月12日) 当市においても、この安全、強靭、持続の三つに取り組むべく、老朽した水道施設の更新及び耐震を進めているところであります。   もっと読む
2018-12-11 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月11日) 国内の社会情勢を見渡しますと、全国的に少子高齢が急速に進展し超高齢社会が到来する中、本市においては、既に平成29年には高齢率が約30%に達し、団塊の世代が後期高齢者となる平成37年には高齢率が約34%に達することが推計されております。   もっと読む
2018-12-11 八戸市議会 平成30年12月 定例会-12月11日-03号 いずれの割合も、平成26年度以前と比較すれば、若干ではございますが、増加傾向にあり、当市においても、ひきこもりの高年齢、長期の傾向が見受けられる状況でございます。  次に、市庁内他部署との連携についてお答えを申し上げます。  ひきこもりは、長期、高年齢など、各種課題が複雑多様しているため、庁内関係部署や各民間支援団体との連携がより一層重要となってきております。 もっと読む