運営者 Bitlet 姉妹サービス
602件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26 既に全国の自治体の29.1%は学校給食への何らかの支援を行っており、76自治体では小・中学校の給食費の無償に踏み出している。  日本国憲法第26条第2項には「義務教育は、これを無償とする」と規定されており、学校給食費を含む教育費の無償が問われている。 もっと読む
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会(第7号) 本文 2018-12-26 ────────────────────────── 日程第39 議員提出議案第30号 学校給食費の無償を求める意見書 87 ◯議長(長谷川章悦君) 日程第39議員提出議案第30号「学校給食費の無償を求める意見書」を議題といたします。 もっと読む
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会(第7号) 議事日程・名簿 2018-12-26 継続審査について  第31 雪対策について  第32 都市整備促進対策について  第33 観光・交流対策について  第34 議会広報広聴について  第35 議案第178号 監査委員の選任について  第36 議案第179号 監査委員の選任について  第37 議案第180号 財産区管理委員の選任について  第38 議案第181号 人権擁護委員候補者の推薦について  第39 議員提出議案第30号 学校給食費の無償 もっと読む
2018-12-10 青森市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10 法的に可能かどうか私はわかりませんけれども、例えば経費がかかるような土地とかを無償でやるとか──差し上げるというとおかしいか、無償譲渡しても私はいいと思うんですよ。というのは、維持管理経費がかかる、それがなくなる。それで固定資産税が入る。これは私は支出が減って収入がふえると思う。でも、法的にいいかどうかわからない。 もっと読む
2018-09-21 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月21日-04号 また、平成25年度より5年連続で資金不足比率ゼロ%を達成し、バス事業の経営健全と資金不足等の解消に取り組んでこられたことを高く評価いたします。   もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 総務常任委員会−09月18日-01号 現在の中央交番なんですけれども、決して古くなっている、老朽が進んでいるというわけではなくて、どうしても建てかえが必要であるということではないと思います。あそこにあった警察署が移転した後に、市民の安全安心を守るということであそこに建てられたものですから、そういうことを考えれば、無理に移す必要もないのではないのか。また新しく建てる角のところも景観上どうなのかと思うわけです。 もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 138号 八戸市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について    議案第139号 庁舎本館空調設備その他改修工事請負契約の締結について    議案第140号 東部終末処理場高圧電気棟(電気設備)他整備工事請負契約の締結について    議案第141号 小中野地区荷さばき所D棟排水路移設工事(その2)請負の一部変更契約の締結について    議案第142号 市有財産の無償貸付 もっと読む
2018-09-07 青森市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07 市では、地域住民の自主的な除雪作業を支援するため、雪寄せ場として利用できる空き地を町会が無償で借り受けした場合に、翌年度の空き地の固定資産税の一部を減免する市民雪寄せ場制度を実施しておりまして、市民雪寄せ場は、町会において管理しているところでございます。平成29年度における市民雪寄せ場の設置状況につきましては491件となっているところです。   もっと読む
2018-09-06 青森市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06 また、老朽した学校施設の改築等には多額の費用を要することから、現下の市の厳しい財政環境を踏まえ、計画的に進めていくため、平成28年3月に青森市学校施設老朽対策計画を策定したものであります。  学校施設老朽対策計画では、コンクリート強度の調査による躯体の劣化状況や屋上防水、外壁、給排水、暖房等の設備の劣化状況等の現状把握により、改築の優先順位を検討することとしております。 もっと読む
2018-09-05 青森市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05 文部科学省が2017年に行った全国1740自治体の学校給食無償調査では、小・中学校で完全無償、一部補助を実施しているのは506自治体で29%となっています。一方、群馬県では、ことし6月時点で、完全無償10自治体、一部無料及び補助が13自治体、県内35自治体のうち23自治体、66%が無償に足を踏み出す先進県となっています。  給食費無料は、子どもへの現物給付として大きな意義があります。 もっと読む
2018-08-21 八戸市議会 平成30年 8月 建設協議会-08月21日-01号 東部終末処理場の受変電設備である特高変電所は、竣工から約40年が経過し、標準耐用年数を大きく過ぎていることから、老朽による電気事故が懸念され、設備の更新が急務となっておりました。また、施設が臨海部に位置しており、津波によって電気設備が浸水した場合、処理場機能の喪失につながりかねないことから、受変電設備の更新に合わせ、津波対策を考慮した建屋の建てかえを計画したものでございます。   もっと読む
2018-08-21 八戸市議会 平成30年 8月 総務協議会−08月21日-01号 まず、1の交流連携協定締結の目的でございますが、人口減少、少子高齢や若者の東京一極集中等によって、地方を取り巻く環境は厳しさを増しており、近年、複数自治体による連携の重要性が高まっております。 もっと読む
2018-06-12 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月12日-03号 給食費無償は子どもへの現物給付として大きな意義があります。  2016年3月、政府の経済財政諮問会議で民間から選ばれた議員の間から、子ども、子育て世帯の支援拡充として給食費無償の検討が提案され、給食費の無償は年間5120億円との試算がされています。  2点目ですが、当市での学校給食無償についてどのようにお考えか質問をいたします。  最後に、屋内スケート場について質問いたします。   もっと読む
2018-06-11 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号 多くの地方自治体において公共施設の老朽対策が大きな課題となっております。 もっと読む
2018-05-21 八戸市議会 平成30年 5月 建設協議会−05月21日-01号 ──────────────────────────────────────  11 八戸市防犯灯LEDESCO事業公募型プロポーザルの実施について ○三浦 委員長 次に、八戸市防犯灯LEDESCO事業公募型プロポーザルの実施について報告願います。 ◎森 道路維持課参事 それでは、八戸市防犯灯LEDESCO事業公募型プロポーザルの実施について御説明申し上げます。   もっと読む
2018-03-23 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月23日-06号 北朝鮮問題、さらには世界各国でのテロ問題と、安全保障の不安が拡大する中、平成30年度の国の一般会計予算は、前年度より0.3%増の97兆7128億円となり、経済再生と財政健全を図る経済・財政再生計画の集中改革期間である最終年度の予算として、保育の受け皿拡大、保育士、介護人材の処遇改善、幼児教育の段階的無償など、人への投資を拡充し、地域の中核企業や中小企業による設備、人材への投資の促進、賃上げや税制上 もっと読む
2018-03-15 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号 ブックセンターについては中心街の活性とか中心街への誘客に向けての使命もあって、なかなか厳しい取り組みなのではないかと受けとめました。 もっと読む
2018-03-05 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月05日-02号 現在、政府与党を挙げて取り組んでいる幼児教育の無償や待機児童の解消、給付型奨学金の創設などは、公明党がこれまで10年以上にわたって訴え続けてきた政策であります。子育てにかかる経済的負担の軽減や働きながら子育てできる環境の整備など、子育てを社会全体で支える政策の実現は、少子高齢を克服する道に通じるものと信じております。   もっと読む
2018-03-02 弘前市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月 2日) 具体的には、旧第一大成小学校、旧市立和徳幼稚園、旧修斉小学校、旧草薙小学校、旧弥生小学校の跡地利用をどのように考えているかをお尋ねいたしましたが、その際、秋田県大館市が空き公共施設等利活用促進条例を制定し、減額・無償譲渡や各助成、固定資産税の減免などの施策によって民間業者の参入を促し、空き公共施設の利用促進に努めている例を紹介いたしました。   もっと読む
2018-02-28 弘前市議会 平成30年第1回定例会(第3号 2月28日) 3項目めは、市立小中学校の給食費の無償についてです。  憲法第26条には、義務教育は、これを無償とすると書かれておりますが、しかし義務教育のうち無償のものは授業料や教科書に限られ、多くの自己負担が必要です。   もっと読む