33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-05-21 八戸市議会 平成30年 5月 経済協議会−05月21日-01号 この造成により発生する残土を事業区域外に搬出することとしますと、処分費が大きくなることから、残土は区域外に搬出せず、区域内の低地に盛り土することで処分費を抑えることとします。盛り土した箇所は、高盛り土となり、企業への分譲地には適さないと見込まれますことから、公園用地として計画しております。   もっと読む
2017-06-14 八戸市議会 平成29年 6月 総務協議会−06月14日-01号 くい掘削残土処分費の削減ですが、通常くい掘削残土は、産業廃棄物として処分いたしますが、有害物質の残留濃度調査を実施しました結果、全て基準値内であることが判明いたしましたため、現場内の埋め戻し土として再利用することにより、当該残土に係る処分費を減額するものでございます。   もっと読む
2016-09-20 八戸市議会 平成28年 9月 総務協議会−09月20日-01号 次に、工事請負額の主な変更理由ですが、本工事によって発生していた粉塵による近隣住宅等への影響を軽減するため、設置しておりました仮囲いの費用が確定したことにより増工、建築工事で発生した残土の一部が使用できる状態ではなかったため、不足した盛り土用の土砂搬入をしたことによる増工、その他、現場精査による数量の増減に伴いまして、契約額を変更するものでございます。   もっと読む
2015-06-03 八戸市議会 平成27年 6月 総務協議会−06月03日-01号 4の主な変更理由は、(1)残土の処分受け入れ先の変更による減額と、(2)天然芝球技場及び人口芝運動場側の排水能力を増強するため、当該エリアの暗渠管設置計画の見直しを行い、増額になるものでございますが、全体としては減額の変更となるものでございます。  5の契約額は、変更前が4億4961万7815円、変更後が4億4715万3480円となり、246万4335円の減額となっております。   もっと読む
2014-07-15 六ヶ所村議会 平成26年 第3回臨時会(第1号) 本文 2014年07月15日 3ページの工事に関する説明書の2の工事の概要は、擁壁工の延長が115.7メートル、残土処理工が1.770立方メートル、アスファルト撤去工等が615平方メートルであります。  4の入札年月日は、平成26年7月8日。  5の工期は契約発行の日の翌日から平成27年3月23日まで。  6の指名業者数は、表に記載の6社で、入札回数は1回、落札者は株式会社鳥山土木工業。 もっと読む
2014-03-18 十和田市議会 平成26年  3月定例会(第1回)-03月18日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号 19番 ◆19番(戸来伝君) 部長、負の財産についてお聞きしますが、あなたが言う負の財産というのがいわゆる残土だと思うのですが、その残土の数量、どれくらいと想定していますか。 ○議長(小川洋平君) 上下水道部長 ◎上下水道部長(石橋清光君) これは概算で、切り盛りするということで当時算定したものでございますが、切り盛りの工事土量といいますか、合計で6万立米ということで計算いたしました。 もっと読む
2014-03-05 十和田市議会 平成26年  3月定例会(第1回)-03月05日−一般質問−02号 用途は下水道工事などの残土置き場として使用してきましたが、近年残土は自由処分となったことから、極端に少ない搬入量となっておりました。   次に、賃貸するに至った経緯でございますが、昨年6月下旬に隣接地において事業を営んでいる事業者より、自社事業地と合わせて太陽光発電用地として利用したいとの申し出があり、検討・協議を経て、去る12月5日付で賃貸契約を締結したものでございます。    もっと読む
2012-06-14 八戸市議会 平成24年 6月 港湾振興・震災対策特別委員会−06月14日-01号 ◆大館 委員 直接関係ないんですが、もしわかったら教えてほしいんですが、花火大会が8月19日に予定されているんですが、花火大会の会場となる場所に残土が盛ってあるんです。それから、一般の駐車場にしているところでテトラポットを製作しているんですが、そこはずっとテトラポットの場所として使うのか。また、残土を積んでおいたままになっているのか、もしわかったら教えてほしいんですが。 もっと読む
2011-09-12 十和田市議会 平成23年  9月定例会(第3回)-09月12日−一般質問−02号 しかしながら、展望台、芝生広場や残土処分地などは未整備のままであり、中途半端な状態となっています。   そこで何点かお伺いします。第1点目として、本計画の未整備部分はいつごろまでに整備を完了する予定なのか、また未整備による管理上の問題点についてお知らせください。   2点目としては、午前中の小村議員、桜田議員と全く重複いたしますが、私からもあえて質問いたします。 もっと読む
2011-06-13 青森市議会 平成23年第2回定例会(第6号) 本文 2011-06-13 この校庭は開校時に整備されたものでありますが、石のまざった残土や鉄筋の入ったコンクリートの破片などが敷き詰められた、暗渠排水も施されていない校庭であります。この校庭整備については、10年ほど前の浪岡町時代から、PTAあるいは町民からの要望で議会でも何回か議論にもなったことがあります。しかし、まずは小学校の改築をということでありましたが、解決できないままに今日に至っております。 もっと読む
2011-03-09 八戸市議会 平成23年 3月 予算特別委員会−03月09日-03号 ◆三浦 委員 ということは、そのほかに今回、復旧に費用がかかったというわけですけれども、きのうの答弁で、弁護士に相談したら、地権者の合意が得られないから手がつけられないというような答弁があったように聞いているんですが、あそこに違法に残土を放置して、整地して土地のようにしながら活用していたこと自体に一番の問題があるわけで、地権者に一番の問題があったという部分はあると思うんですけれども、その辺のところの もっと読む
2010-06-09 青森市議会 平成22年第2回定例会(第2号) 本文 2010-06-09 最終処分場の残余年数は45年となっておりますが、工場建設に当たって造成工事の際に出る残土の扱いによっては最終処分場の残余年数に影響を与えてまいります。この点について聞き取りの際に聞きましたところ、残土の量は約64万立方メートルとされ、道路等建設の際に使われるようでありますが、処分場の残余年数をより延ばしていくためにも、清掃工場の位置づけや考え方も出てまいります。   もっと読む
2009-09-14 十和田市議会 平成21年  9月定例会(第3回)-09月14日−一般質問−02号 簡単に考えますけれども、役所のどこかの残土ですか、これなんかも土管を入れて盛って、上に土を盛ったらすぐできるのでないかなと、そう簡単に思いますけれども、その辺のところ説明いただければ伺います。   それから、克雪ドームになりますが、電源立地地域対策交付金、これは今は使うのは困難、確かにそうだと思います。役所の場合は使われないのは使われない。これは私も存じていますが、しかし法律は人間がつくります。 もっと読む
2009-06-15 十和田市議会 平成21年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問−02号 これが実施されれば、これまで行ってきた地域農業振興策が妨害されることや、産業廃棄物や建設残土の捨て場にされかねないことです。産廃の捨て場にされて、罰金を高くしても金がないと逃げる。これらに目を光らせる農業委員会は、大型合併で地域は広くなりながら人数は減らされています。気がついたときは、遅過ぎたというのがこれまでの産廃をめぐる歴史です。    もっと読む
2009-03-12 六ヶ所村議会 平成21年 第1回定例会(第3号) 本文 2009年03月12日 総額で1,632万5,000円の減額が質問になりましたが、主なものとしては、入札の委託料の入札残、あとは最終処分場の埋め戻しに土を使っているんですが、レイクタウンからの残土等を活用いたしましたので、安くあがったということ。  それと、これはあと環境衛生改善事業でも補助金等はごみ収集ステーションの修理等に補助しているんですが、その申請件数が少なかったということ。   もっと読む
2008-12-08 青森市議会 平成20年第4回定例会(第6号) 本文 2008-12-08 この中では評価項目として大気、騒音、振動、悪臭、水質、地下水、水象、地形、地質、土壌汚染、陸生動・植物、水生生物、生態系、景観、人と自然との触れ合いの活動の場、廃棄物、副産物の残土、温室効果ガス等を掲げ、おのおのの影響要因を整理し、現状調査に基づいた軽減、回避、代替策を講ずることを考えております。   もっと読む
2007-09-13 弘前市議会 平成19年第3回定例会(第4号 9月13日) 第二高速道路の建設によって発生した残土を急斜面を掘削して、茶畑やミカン畑に整備、それに伴う土木工事等々、中部、名古屋地区が活況を呈していることを実感してきました。  これに反して、地方はお寒い限りであります。  御答弁をいただきまして、弘前市の財政状況も大変厳しいことがわかりました。  中央と地方の格差、このまま黙っておくわけにはいかないと思います。   もっと読む
2007-06-12 八戸市議会 平成19年 6月 定例会−06月12日-03号 また、区域指定及び盛り土等の行為制限が難しい場合は、建設残土の堆積の規制等について検討することとし、建設残土に産業廃棄物の混入が予想されることから、県の産業廃棄物担当部局と協議してまいりたいと考えております。  市としては、県で対応が難しい場合は、独自の規制策についても検討してまいりたいと考えております。  次に、防火への啓発活動についてお答え申し上げます。   もっと読む
2007-05-21 八戸市議会 平成19年 5月 建設協議会−05月21日-01号 これは販売するために残土を引き受けているわけで、植林して土地をそのままにするということであれば、そういうふうに残土を引き受けること自体が間違っているんじゃないですか。 もっと読む
2007-03-14 八戸市議会 平成19年 3月 予算特別委員会−03月14日-03号 ◎赤石 道路維持課長 質問の通行どめの路線は、市道名を根城二ツ屋線という市道でございますけれども、昨年の11月22日に民間の業者が残土捨て場としていたのり面が崩壊したことによりまして、通行どめといたしました。   もっと読む
  • 1
  • 2