28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

青森市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会 目次 2019-02-21

会議時間の延長……………………………………………………………………………………………… 268  一般質問(続)……………………………………………………………………………………………… 268   10番(山脇智君・日本共産党)………………………………………………………………………… 268    1 雪対策について…………………………………………………………………………………… 268    2 建設残土

六ヶ所村議会 2014-07-15 平成26年 第3回臨時会(第1号) 本文 2014年07月15日

3ページの工事に関する説明書の2の工事の概要は、擁壁工延長が115.7メートル、残土処理工が1.770立方メートル、アスファルト撤去工等が615平方メートルであります。  4の入札年月日は、平成26年7月8日。  5の工期は契約発行の日の翌日から平成27年3月23日まで。  6の指名業者数は、表に記載の6社で、入札回数は1回、落札者株式会社鳥山土木工業

青森市議会 2014-06-09 平成26年第2回定例会(第5号) 本文 2014-06-09

まず、御答弁ができませんでした港町建築基礎工事に伴って発生した建設残土搬出先は、鶴ケ坂のどこかという再質問についてでございますが、港町建物基礎工事施工業者に対する当時の確認によりますと、鶴ケ坂字田川地内の民間事業者管理地でございました。質問時間中に御答弁できなかったことにつきまして、謹んでおわび申し上げます。  

青森市議会 2014-06-05 平成26年第2回定例会(第3号) 本文 2014-06-05

港町現場から滝沢地区への建設残土搬入は6月8日から7月8日まで行われましたが、港町現場で発生した産業廃棄物処理を行うに当たって、処理開始段階で発生するマニフェストA票の写しが7月22日までに提出されましたことから、港町現場立入調査を行い、あわせて滝沢搬入された土砂について確認するため、滝沢現場にも立入調査を行ったところであります。  

十和田市議会 2014-03-18 03月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号

19番 ◆19番(戸来伝君) 部長、負の財産についてお聞きしますが、あなたが言う負の財産というのがいわゆる残土だと思うのですが、その残土の数量、どれくらいと想定していますか。 ○議長小川洋平君) 上下水道部長上下水道部長石橋清光君) これは概算で、切り盛りするということで当時算定したものでございますが、切り盛りの工事土量といいますか、合計で6万立米ということで計算いたしました。

十和田市議会 2014-03-05 03月05日-一般質問-02号

用途は下水道工事などの残土置き場として使用してきましたが、近年残土自由処分となったことから、極端に少ない搬入量となっておりました。  次に、賃貸するに至った経緯でございますが、昨年6月下旬に隣接地において事業を営んでいる事業者より、自社事業地と合わせて太陽光発電用地として利用したいとの申し出があり、検討・協議を経て、去る12月5日付で賃貸契約を締結したものでございます。  

十和田市議会 2011-09-12 09月12日-一般質問-02号

しかしながら、展望台芝生広場残土処分地などは未整備のままであり、中途半端な状態となっています。  そこで何点かお伺いします。第1点目として、本計画の未整備部分はいつごろまでに整備を完了する予定なのか、また未整備による管理上の問題点についてお知らせください。  2点目としては、午前中の小村議員桜田議員と全く重複いたしますが、私からもあえて質問いたします。

青森市議会 2011-06-13 平成23年第2回定例会(第6号) 本文 2011-06-13

この校庭は開校時に整備されたものでありますが、石のまざった残土や鉄筋の入ったコンクリートの破片などが敷き詰められた、暗渠排水も施されていない校庭であります。この校庭整備については、10年ほど前の浪岡町時代から、PTAあるいは町民からの要望で議会でも何回か議論にもなったことがあります。しかし、まずは小学校の改築をということでありましたが、解決できないままに今日に至っております。

青森市議会 2010-06-09 平成22年第2回定例会(第2号) 本文 2010-06-09

最終処分場残余年数は45年となっておりますが、工場建設に当たって造成工事の際に出る残土の扱いによっては最終処分場残余年数影響を与えてまいります。この点について聞き取りの際に聞きましたところ、残土の量は約64万立方メートルとされ、道路等建設の際に使われるようでありますが、処分場残余年数をより延ばしていくためにも、清掃工場の位置づけや考え方も出てまいります。  

十和田市議会 2009-09-14 09月14日-一般質問-02号

簡単に考えますけれども、役所のどこかの残土ですか、これなんかも土管を入れて盛って、上に土を盛ったらすぐできるのでないかなと、そう簡単に思いますけれども、その辺のところ説明いただければ伺います。  それから、克雪ドームになりますが、電源立地地域対策交付金、これは今は使うのは困難、確かにそうだと思います。役所の場合は使われないのは使われない。これは私も存じていますが、しかし法律は人間がつくります。

十和田市議会 2009-06-15 06月15日-一般質問-02号

これが実施されれば、これまで行ってきた地域農業振興策が妨害されることや、産業廃棄物建設残土の捨て場にされかねないことです。産廃の捨て場にされて、罰金を高くしても金がないと逃げる。これらに目を光らせる農業委員会は、大型合併地域は広くなりながら人数は減らされています。気がついたときは、遅過ぎたというのがこれまでの産廃をめぐる歴史です。  

六ヶ所村議会 2009-03-12 平成21年 第1回定例会(第3号) 本文 2009年03月12日

総額で1,632万5,000円の減額が質問になりましたが、主なものとしては、入札の委託料の入札残あと最終処分場の埋め戻しに土を使っているんですが、レイクタウンからの残土等を活用いたしましたので、安くあがったということ。  それと、これはあと環境衛生改善事業でも補助金等ごみ収集ステーション修理等に補助しているんですが、その申請件数が少なかったということ。  

青森市議会 2008-12-08 平成20年第4回定例会(第6号) 本文 2008-12-08

この中では評価項目として大気、騒音、振動、悪臭、水質、地下水水象、地形、地質、土壌汚染陸生動・植物、水生生物生態系、景観、人と自然との触れ合いの活動の場、廃棄物、副産物の残土、温室効果ガス等を掲げ、おのおのの影響要因を整理し、現状調査に基づいた軽減、回避、代替策を講ずることを考えております。  

青森市議会 2007-12-07 平成19年第4回定例会(第4号) 本文 2007-12-07

敷地内にはコンクリート殻の山、雑多なものがまじっている廃棄物残土のようなものが野積みされていました。解体で出た木材焼却しているとのことでしたが、木材焼却でビニールが燃えたときのようなにおいや窓をあけるとむせるような悪臭がするでしょうか。環境部では、市民からの苦情で7月と9月に立入調査をし、指導をしたそうですが、それにもかかわらず、依然として悪臭を出して焼却を続けています。

弘前市議会 2007-09-13 平成19年第3回定例会(第4号 9月13日)

第二高速道路建設によって発生した残土を急斜面を掘削して、茶畑やミカン畑整備、それに伴う土木工事等々、中部、名古屋地区が活況を呈していることを実感してきました。  これに反して、地方はお寒い限りであります。  御答弁をいただきまして、弘前市の財政状況も大変厳しいことがわかりました。  中央と地方の格差、このまま黙っておくわけにはいかないと思います。  

  • 1
  • 2