429件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-03-13 平成31年 3月 予算特別委員会−03月13日-03号

1款1項1目給食センター管理費は、1節報酬から4節共済費の共済組合負担金までは3地区給食センター職員の人件費、11節需用費は事務用品購入や調理器具等更新のための消耗品費、ボイラー用の天然ガス及びA重油購入のための燃料費、電気、上水道料等の光熱水費、施設設備等補修のための修繕料が主なものでございます。

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

近年、妊産婦を取り巻く環境におきましては、ライフスタイルや経済社会の変化の中で、家族化、地域のつながりの希薄化が進み、また、身近なところで相談、援助する家族の就労や介護に伴い、孤立感や負担感が高まって、子育てに不安や悩みを抱える方がふえてきております。  

六ヶ所村議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会(第1号) 本文 2019年02月25日

平成31年度の予算編成に当たり、その中での主な重点施策については、基本的にこれまでの政策を踏襲し、国策のむつ小川原開発を初め原子燃料サイクル事業や国際融合エネルギー研究センター事業を推進し、事業誘致を進めるとともに誘致企業と地元企業がともに力を携えて発展していくような体制づくりや、私の公約であります本村の基幹産業であります第1次産業を初めとする5項目の振興対策に取り組んでまいります。  

八戸市議会 2018-12-12 平成30年12月 民生常任委員会−12月12日-01号

1項7目障害者福祉推進費11万1000円の増額は、重度心身障がい者自家用車燃料券の印刷製本費を増額するものです。  1項8目特別会計整備費1067万8000円の減額は、28節繰出金において、介護保険特別会計繰出金を減額するものです。  2項1目国民年金事務費95万3000円の増額は、職員の人件費を調整するものです。  

八戸市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日-03号

ブックスタート、マイブック推進、八戸ブックセンターという3つの事業をとした本のまち八戸の推進は、子どもから大人までの幅広い世代の市民が本に親しむことができる環境づくりとして、高く評価されるべき施策であると認識しております。

六ヶ所村議会 2018-12-05 平成30年 第5回定例会(第1号) 本文 2018年12月05日

次に、原子燃料サイクル事業についてでありますが、去る11月5日、橋本村議会議長とともに日本原燃株式会社に対し、地域経済活性化及び再処理工場等の早期竣工等に関する要望を実施いたしました。要望に対しては工藤社長から、共存共栄を図るため、当社の発注業務については可能な限り地元業者にお願いしていくとの回答を得たところであります。

六ヶ所村議会 2018-09-06 平成30年 第4回定例会(第3号) 本文 2018年09月06日

平成29年度の等の不納欠損額は、14ページのほうをお開き願いますが、表-7のとおり、村、国民健康保険、介護保険料で約1,318万4,000円となっております。  また、平成29年度の等の滞納額は、同じく表-6というのがございます。表-6のとおり、約3,422万7,000円で、個人村民、固定資産、国民健康保険が約82.61%を占めております。

八戸市議会 2018-06-11 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号

また、道路、橋梁、公園、下水道、公営住宅など、国庫補助金や交付措置のある有利な起債の要件となっている施設を中心に、施設ごとの長寿命化計画、いわゆる個別施設計画の策定を進めており、財源の確保に努めながら、予防保全的な観点で長寿命化を推進しております。

六ヶ所村議会 2018-05-29 平成30年 第2回定例会(第2号) 本文 2018年05月29日

2点目、本村は、全国でも例を見ない国家石油備蓄基地、原子燃料サイクル施設、イーター関連研究施設、大型風力発電施設、三沢対地射爆撃場を初め多くの湖沼や太平洋を抱え、災害発生リスクは他の市町村より高いと考えることから、本村の消防団は、石油コンビナート防災訓練や原子力防災訓練を始め、水防訓練など多くの訓練に励んでいることはご承知のとおりであります。  

六ヶ所村議会 2018-05-25 平成30年 第2回定例会(第1号) 本文 2018年05月25日

次に、国際熱融合実験炉(ITER)計画につきましては、ブローダーアプローチ活動の一環として、以前の2倍の処理能力を有するスーパーコンピューターが6月中旬に稼働予定となっているほか、IFMIF(原型加速器)の第2段階目のビーム試験に向けた準備が鋭意行われていると伺っております。

八戸市議会 2018-03-15 平成30年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号

1項1目個人市民は、給与収入の伸びを見込んだことにより、前年度比9250万円、0.9%の増額、2目法人市民は、一部業種において業績の悪化が見られますことから、前年度比1億8970万円、6.7%の減額と見込み計上したものでございます。  2項1目固定資産は、土地の地価下落及び家屋の評価がえによる減価により、前年度比2.9%、4億3170万円の減額を見込み計上したものでございます。  

六ヶ所村議会 2018-03-09 平成30年 第1回定例会(第4号) 本文 2018年03月09日

4番(鳥山義隆君) 発議第1号燃料サイクル事業における事業環境の安全確保及び再処理工場の竣工・操業に向けた効率的且つ迅速な審査を求める意見書の提出についてご説明いたします。  本案を提出するに当たり、三角武男議員、寺下和光議員の賛成が得られましたので、会議規則第14条の規定に基づき提出するものであります。  

六ヶ所村議会 2018-03-09 平成30年 第1回定例会(第4号) 名簿 2018年03月09日

する条例について       議案第34号 六ヶ所村定住促進住宅設置及び管理に関する条例の一部を改              正する条例について       議案第35号 六ヶ所村介護保険条例の一部を改正する条例について       議案第36号 六ヶ所村介護老人保健施設の設置及び管理に関する条例の一              部を改正する条例について       議案第37号 六ヶ所村国民健康保険条例

六ヶ所村議会 2018-03-08 平成30年 第1回定例会(第3号) 本文 2018年03月08日

例えば、燃料費でもそうですよね。色々ちまたの話を聞いていると、なかなか不漁続きの中で船自体が出ないときもある。そうすると、燃料費を幾らかけても漁ないわけだから、燃料費をかけないほうがいいという話も聞こえてくる。だとすれば、どういうふうな補助対策をするのかとなると、やっぱり実績をきちっと調べるとか、そういうふうなことが必要になってくるんじゃないのかなというふうに思います。

八戸市議会 2018-03-07 平成30年 3月 定例会−03月07日-04号

三沢基地のF―16の燃料タンクの投棄も、回収作業の終了はおろか、原因の究明や再発防止策、住民への補償問題など、何もまだ解決していないままです。八戸市民を初め、基地周辺の住民の安全を守るため、各自治体の長は、政府に対し原因を徹底究明し、米軍機の飛行停止を含めた緊急総点検などをアメリカ側に毅然と迫るよう、意見を届けていただきたいと思います。  

十和田市議会 2018-03-07 平成30年  3月定例会(第1回)-03月07日−一般質問−02号

家族がふえ、単身世帯がふえ、墓の継承が難しい現代では、法的に議論がある散骨すら選択する人もふえています。そして、葬儀は身内のみの家族葬や葬式をしない直葬が今広がっています。   葬儀や墓など弔いの形は、家から個、習慣・儀式から自由選択、豪華から質素の流れになっているようです。背後には、人間関係と価値観の変化があると思います。