79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2020-06-15 06月15日-一般質問-02号

最後に、林道に関しての質問をいたします。  近頃のゲリラ豪雨で、日本中に被害が出ています。原因は様々、また複合的なものでもあると思います。ただ、道がなければ観光客も来ないでしょう。そのために整備するのも行政の務めです。道そのものが必要とされなくて、放置されている道もあるかと思います。しかし、考え方で命を守る道になることを考えるべきです。  

青森市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-04

このうち、林地台帳整備につきましては、林地所有者や面積の情報地番ごとに整理した現在の林地台帳に、樹種、樹齢、林道からの距離等情報追加し、より森林状況が把握できるように再整備するもので、これらの基礎的情報をもとに、経営管理意向調査を実施するとともに経営管理権集積計画を作成していくこととしております。

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

その中で、間伐がおくれているなど、長期間にわたって施業が行われていない地区、また、人工林資源が多く、林道に近く、面的にまとまりのある地区を優先することとし、加えて森林組合を初め林業関係者からの御意見等も参考にし、令和2年度につきましては、奥内地区及び本郷地区を抽出したものでございます。  

十和田市議会 2019-12-10 12月10日-一般質問-03号

農村部地域では、小学校、中学校があって、その学校が地域の中心をなし、あるいはコミュニティーをもたらし、お互いに地域を発展させ、伝統芸能共同事業をつくり上げ、農道、林道等を整備したり、鎮守の祭りや消防、防犯活動、そして地域の子弟の教育にも取り組むなど、地域ならではの取り組みがありました。  

十和田市議会 2019-12-09 12月09日-一般質問-02号

木材の搬出に必要な路網整備もできると思いますが、十和田市にどれくらい林道があるのかわかりませんが、ある程度地域にとって必要な林道もあるかと思います。そのような林道から整備していくのでしょうか。 ○議長竹島勝昭) 農林商工部長農林商工部長本宿貴一) ただいまのご質問にお答えいたします。  現在、市では49路線、総延長にして約125キロメートルの林道管理しております。

十和田市議会 2019-09-13 09月13日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

地域生活支援給付事業について、老人クラブ活動促進事業について、緊急通報装置設置費等助成事業について、市民の家管理員の報酬について、特定地域学童交流事業について、第4款衛生費では、予防接種事業について、母子保健費協力者謝礼について、自動車騒音常時監視業務について、第6款農林水産業費では、グリーン・ツーリズム推進事業について、十和田ブランド定着事業について、とわだ産品情報発信事業について、有害鳥獣対策事業について、林道橋梁定期点検事業

青森市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-05

また、森林環境譲与税の使途につきましては、間伐林道路網整備人材育成・担い手の確保、木材利用促進森林の有する公益的機能に関する普及啓発等に充てることとされており、国の資料によりますと、手入れ不足人工林の解消、林業を志す人への研修、木材を活用した公共建築物整備などの事例が示されているところでございます。  

十和田市議会 2019-09-03 09月03日-一般質問-02号

このことから、補助率引き上げよりは、林道周辺路網整備等により、限られた人材でもより効率的に作業が進められ、円滑な再造林が実施されるよう経営体を支援していくことが有効であると考え、現段階での補助率のさらなる引き上げは考えていないところです。  以上です。 ○議長竹島勝昭) 久慈議員 ◆10番(久慈年和) わかりました。  

十和田市議会 2019-02-27 02月27日-議案説明・質疑-01号

林業については、間伐林道維持森林施業集約化など適切な森林整備を推進するとともに、森林環境の保全に取り組んでまいります。  観光力の強化と充実については、「十和田市DMO」と連携し、戦略に基づいた情報発信、プロモーション、広域的な観光資源の活用、事業者支援等に取り組んでまいります。  

十和田市議会 2018-09-05 09月05日-一般質問-03号

この常設委員については、財産有林の境界や、林道状況に精通している者ということなどから、当該財産議員の中から委嘱しております。  次に、起案書内容確認についてのご質問にお答えいたします。起案書につきましては、まずは関係書類が残っている平成24年度以降の書類について早急に点検を行ってまいります。  

十和田市議会 2018-08-27 08月27日-議案説明・質疑・討論・採決-01号

歳出の主なものについては、総務費として旧伝法寺小学校及び旧南屋内グラウンドアスベスト除去に要する経費並びに寄附による地域振興基金育英基金及び子ども夢チャレンジ基金積立金民生費として社会福祉費児童福祉費及び生活保護費における扶助費等の前年度実績報告に伴う国、県支出金精算による返還金衛生費として母子保健事業の前年度実績報告に伴う国庫支出金精算による返還金農林水産業費として林道の橋梁点検

弘前市議会 2016-11-25 平成28年第4回定例会(第1号11月25日)

なお、継続費補正は、埋立処分場第2次第2区画造成事業年割額変更繰越明許費補正は、岩木庁舎整備事業に係る経費などの追加債務負担行為補正は、泉野多目的コミュニティ施設等指定管理料及び年度初めにおける道路維持補修工事等早期発注に係る経費追加、また、地方債補正は、林道整備事業などの追加私立保育所等整備事業などの変更であります。  

弘前市議会 2015-05-20 平成27年第1回臨時会(第1号 5月20日)

議案第53号は、平成27年度弘前一般会計予算について、去る4月3日の大雨及び融雪により被災した農地林道等の応急復旧工事に要する経費追加するなどしたものであります。  議案第54号は、弘前監査委員の選任についてでありまして、議会の議員のうちから選任する監査委員として、清野一榮氏を適任と認め、選任しようとするものであります。  

十和田市議会 2014-06-18 06月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号

ちょっと順序逆になりましたのですが、これの内容といいますのが、農業用施設が14地区、そして林道が2地区ということで、この中に入ってございます。  それで、次に34ページの補助金になりますけれども、先ほど申し上げました4,590万何がしが基礎となりまして、そして県からの補助金が来るわけでございますけれども、当初、通常ですと65%の補助率となってございます。

弘前市議会 2014-02-21 平成26年第1回定例会(第1号 2月21日)

災害復旧費では、台風第18号被害に伴い国の災害査定を受けた土木施設災害復旧事業費追加として5億2150万円、林道災害復旧事業費追加として1億4254万4000円などを計上しております。  その他として、各款項目に事業費追加確定等に伴う補正や各事業国県支出金地方債などの財源調整を行うものであります。  

青森市議会 2013-12-04 平成25年第4回定例会(第2号) 本文 2013-12-04

道路関係への被害については道路冠水路肩崩落などが136件発生しており、農業漁業関係被害については水路、農地林道、農作物被害などが241件、河川関係への被害河川決壊などが50件発生したところでございます。  次に、公共土木施設についてでありますが、河川24件と道路15件を国庫補助により復旧することとしております。

弘前市議会 2013-09-27 平成25年第3回定例会(第6号 9月27日)

議案第119号は、普通林道開設事業に伴う終点の変更により市道を認定し直すなどのため、4路線、総延長2,275.7メートルを廃止するものであり、議案第120号は、前号により認定し直す道路、2路線、総延長198.0メートルを新たに認定するものであります。  審査の過程で、委員より「親見線を廃止し、さらに認定することで、結果的に延長が短くなるか。また、廃止される部分の管理は、市が行うのか。」

青森市議会 2013-09-10 平成25年第3回定例会(第6号) 本文 2013-09-10

第3の質問は、林道被害についてです。  8月9日、早朝から昼前にかけて雷を伴う激しい雨が降り続き、本市でも最大1時間雨量が36ミリメートルを記録し、道路冠水床上床下浸水などの被害が発生しました。県管理の二級河川内真部川沿いに市が管理する林道切明沢線がありますが、その辺一帯水田も含め、1日冠水してしまいました。