運営者 Bitlet 姉妹サービス
169件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 このような中、当市においては、体調不良等を訴える児童生徒の症状を緩和させる環境を整備するとともに、避難所としての機能を向上させる目的で、保健室への空調設備設置に取り組んでいるところです。  ことし8月までに市内小学校22校への設置が完了し、残り21校については平成31年度中の設置を目指しております。 もっと読む
2018-06-12 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月12日-03号 受講修了者のうち市民後見人として活動するために市に登録した方は52名おりますが、市に登録後、年数を重ねるうちに御高齢になったり、体調不良や仕事との両立が困難になったことなどを理由に登録を辞退された方もおり、現在の市民後見人候補の登録者は19名となっております。   もっと読む
2018-03-05 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月05日-02号 しかしながら、通行どめの期間を少しでも短縮できないかという観点に立ちまして、既設橋を完全に撤去した後に新橋を架設するということではなく、既設橋を撤去しながら並行して新橋を架設するなど、工期短縮に向けた施工方法の見直しを現在改めて関係機関と協議検討しているところでございます。 もっと読む
2018-03-02 弘前市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月 2日) 先般の青葉団地解体工事での石綿(アスベスト)の確認を怠ったことでの設計ミス、また、施工業者も現場での確認を怠り、市役所のチェック、設計業者のチェック、施工業者のチェックのトリプルチェック体制になっているのにもかかわらず、なぜ石綿(アスベスト)を確認できなかったのか検証が必要であります。  このたびの結露問題は、住民からの苦情で発覚いたしました。 もっと読む
2017-12-08 六ヶ所村議会 平成29年 第5回定例会(第1号) 本文 2017年12月08日 次に、第一次産業の状況でありますが、稲作に関しては、8月からの長雨、低温、日照不足による不稔及び品質低下が懸念されておりましたが、10月15日現在の作況指数は97のやや不良と発表され、減収となっております。  畑作に関しては、8月の天候不順により、生育が懸念されておりましたが、9月には天候が回復し、ナガイモの生育は平年並みと見込まれ、今後安定した価格で取引されることを期待するところです。 もっと読む
2017-12-07 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 7日) ことしのりんご生産は、夏場の不順天候により晩生種の肥大が劣り、また着色期の日照不足による着色不良、さらに台風18号や、季節風による傷果やすれ果などが多く見られ、収穫が終わってみれば、軒並み1割から2割の収量減になっているとの声が多く聞かれております。   もっと読む
2017-12-07 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 7日) ことしのりんご生産は、夏場の不順天候により晩生種の肥大が劣り、また着色期の日照不足による着色不良、さらに台風18号や、季節風による傷果やすれ果などが多く見られ、収穫が終わってみれば、軒並み1割から2割の収量減になっているとの声が多く聞かれております。   もっと読む
2017-09-12 八戸市議会 平成29年 9月 定例会−09月12日-03号 この結果、緊急度が高いと判定された箇所については、管路の敷設がえや管路内を特殊な工法で強化する管路更正工事等を実施しており、平成28年度までに約3キロメートルを施工しております。  このような中、平成27年11月に改正下水道法が施行となり、新たに維持修繕基準が創設され、点検方法と頻度を事業計画に定めることが義務づけられました。 もっと読む
2017-06-14 弘前市議会 平成29年第2回定例会(第3号 6月14日) 平成28年度は過去2年に比べ減少しておりますが、これは他のイベントとの重複による来園者、観光客等の分散や天候不良の影響を受けたものと考えております。しかしながら、平成14年度以降の10年間、すなわち14年から24年までの平均来園者数は約11万人でありますので、直近3カ年分の平均約15万6000人と比較いたしますと、年間42%の増加となっております。   もっと読む
2017-06-13 青森市議会 平成29年第2回定例会(第3号) 本文 2017-06-13 本件の塗装作業では、塗装面の汚れの状況や気温等から施工業者が総合的に判断し、比較的においはするものの、油性の塗料を使用したものでございます。また、翌日の作業につきましては、念のため、使用していた油性塗料について、においの少ない水性のものに変更する指示を指定管理者から施工業者に行いました。なお、いずれの塗料もホルムアルデヒドの含有量は法令に適合しているものでございます。   もっと読む
2016-12-13 八戸市議会 平成28年12月 定例会−12月13日-03号 国が設置した熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会の報告書によると、施工不良等を除く昭和56年6月以降の新耐震基準の建築物に被害がなかったことが示されております。当該報告書を受け、国では、現行の耐震基準が有効であるため、旧耐震基準の建築物の耐震性能を現行基準へと向上させることが必要であると示しております。 もっと読む
2016-12-08 弘前市議会 平成28年第4回定例会(第4号12月 8日) ○都市環境部長(柳田 穣) 今ございました文化センター前と亀甲通りの桜、ソメイヨシノですね、生育が非常に悪いということにつきましてですけれども、一番大きな原因としましては濠の水位が高いということで、それによる根の生育不良があるというふうに考えております。そのため新梢の発育もよくなくて、全体的に矮小化した樹形になってしまっているというようなことになっております。 もっと読む
2016-09-06 弘前市議会 平成28年第3回定例会(第2号 9月 6日) 本事業におきましては、先ほども申したとおり、設計、施工から維持管理、運営までを一括して行うPFI事業として実施することとしているため、今後選定されることになるPFI事業者が施設の維持管理、運営を引き続き担うことになります。 もっと読む
2016-06-13 八戸市議会 平成28年 6月 定例会−06月13日-02号 2011年8月に閣議決定された、公共工事の入札及び契約の適正化を図るための措置に関する指針では、予定価格の設定に当たっては、資材等の実勢価格を適切に反映させつつ、実際の施工に要する通常妥当な経費について、適正な積算の徹底に努めることとされています。また、総務省及び国土交通省は、公共建築工事の円滑な施工確保に係る当面の取組についてとの通達を各自治団体宛てに送付しています。 もっと読む
2016-03-23 青森市議会 平成28年第1回定例会[ 資料 ] 2016-03-23 具体的には、青森市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例において、任命権者が所属職員に係る人事評価の状況等を市長に報告すべき旨の規定を整備するとともに、青森市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例において、職員本人の意に反する分限処分による降任または免職は、人事評価等の事実に基づいて勤務実績がよくないと認められる場合で、なおかつ任命権者が指導等を行ったにもかかわらず勤務実績が不良なことが明らかであるときに もっと読む
2015-12-10 弘前市議会 平成27年第4回定例会(第4号12月10日) 道路陥没の原因としては、上下水道やガス管など地下埋設物の老朽化や破損による土砂流出、埋設時の施工不良などが考えられ、地下埋設物の存在する道路については、空洞の発生する可能性は否定できないものと考えております。   もっと読む
2015-12-08 十和田市議会 平成27年 12月定例会(第4回)-12月08日−一般質問−02号 近年、上下水道などの埋設物の老朽化や施工不良などが原因となって路面下に空洞が発生し、道路の陥没にまで至るなど、命を守るはずの道路が逆に命を奪う危険性をはらむ事案が全国で発生しております。   道路の陥没の原因は、上下水道管の劣化が多く、さらに最近ではゲリラ豪雨や大型台風により大量の雨が道路にしみ込み、下水道管の亀裂に雨と土が一気に流れ込み空洞がつくられ、道路の陥没に至ってくるのがわかってきました。 もっと読む
2015-12-07 八戸市議会 平成27年12月 定例会−12月07日-02号 また、耐震補強工事に使われた部品の溶接不良が見つかった問題で、市は過去5年間の発注工事で同じ会社が製造した製品を使用していた橋梁を調べた結果、2カ所の橋梁で不良が確認されたと報告されています。先般、建設協議会で検査方法について確認したところ、認定を受けた委託検査機関が行っているので、市は独自検査をしていないとの説明がありました。 もっと読む
2015-11-20 八戸市議会 平成27年11月 建設協議会-11月20日-01号 裏面の施工完了後のイメージ図をごらんください。  施工完了後のイメージ図でございますが、まず、①右側にございますが、廃棄物をなだらかに整形する。これは安定勾配を確保するための工事でございます。②表面を遮水シートでキャッピングする。シート上には覆土、緑化の施工をいたします。③雨水排除工といたしましては、側溝を敷設いたします。あと、端部を補強土壁でかさ上げいたします。 もっと読む
2015-09-07 八戸市議会 平成27年 9月 定例会−09月07日-02号 一方で、上下水道などの埋設物の老朽化や施工不良などが原因となって路面下に空洞が発生し、道路の陥没にまで至るなど、命を守る道路が逆に命を奪う危険性をはらむ事案が全国で散見されております。道路の陥没の原因は上下水道管の劣化が多く、さらに最近ではゲリラ豪雨や大型台風により大量の雨が道路にしみ込み、劣化した下水道管の亀裂に雨と土が一気に流れ込み空洞がつくられ、道路の陥没に至ることがわかってきました。 もっと読む