208件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 2019-12-10

238 ◯7番(山崎翔一君) 今回、事故を受けましていろいろ調べていく中で、試験圧力というものを調べたんですけれども、具体的には、そうした配水管に対して、実際、空気で試験を行うのはだめですという資料が多くありました。具体的には、水道部でも採用されている水道施設設計指針のところに書かれております。今、手元にちょっと見えないんですけれども。

六ヶ所村議会 2019-09-09 令和元年 第5回定例会(第2号) 本文 2019年09月09日

、相互理解を深める、双方の組織の活性化と人材育成を図ることを目的に実施され多くの民間企業で活用されていることから、民間企業については時間をかけて検討すべきであるが、村の文化振興公社及び第三セクターである地域振興開発株式会社に加え農業総合公社の組織の活性化や人材育成を図る観点と相互理解を深めるためにも村職員との人事交流を進める考えはないかとの質問に、「これらの法人の業務は村と深いかかわりがあり、職員採用

青森市議会 2018-06-29 平成30年第2回定例会[ 資料 ] 2018-06-29

1 「今期は除排雪終了後の道路の破損等が目立っているため、除排雪作業と維持補修作業を合わせた地域維持型契約方式を幹線・補助幹線等で試験的に実施すべきと思うが、市の考えを示せ」との質疑に対し、「国や県などで導入されているこの契約方式は、除排雪業者による通年での道路パトロールにより的確な道路管理につながるものだが、本市では除排雪業者が全て維持補修に対応できないなどの課題も多く導入には至っていないところである

青森市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会[ 資料 ] 2018-03-23

本案は、現在の保健所長が5年間の任期付職員として平成25年4月1日に本市に採用され平成30年3月31日をもって任期満了となるが、保健所長の職務と責任の特殊性を考慮し、引き続き、一般職として任用し保健所長を務めてもらうため、地方公務員法第28条の2第3項の規定に基づき、保健所長の職にある職員の定年を平成30年4月1日から平成32年3月31日までの間、年齢73歳とする定年の特例を定めるものである。  

青森市議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第6号) 本文 2017-03-08

これまで青森市は女性の受験者が一、二名と少なく、採用された女性消防士はありませんでした。  質問します。1点目は、女性消防士採用について、平成27年度及び平成28年度における職員採用試験の女性の受験申込者数と採用見込みを示してください。  2点目は、女性消防士採用に向けた取り組みについて示してください。  第2の質問は、新庁舎とアウガについてです。  

青森市議会 2017-03-07 平成29年第1回定例会(第5号) 本文 2017-03-07

そして、その合格率は、ウィキペディアでは、第1次試験の合格率は20%程度、第2次試験の合格率も20%程度、第2次試験合格者数を第1次試験受験者数で割った最終合格率は4%程度となっているとあり、その難関度を表記しておりました。  以上を踏まえ、専門的な知識と経験により青森市のリバイバルプランの具現化に向けてのお考えについてお尋ねいたします。  

青森市議会 2016-03-03 平成28年第1回定例会(第4号) 本文 2016-03-03

親の学び直しという部分でお聞きしたいんですけれども、今回市では高卒認定試験を目指す支援を親の学び直しのところで言いましたけれども、国では親の学び直しは生活学習支援という部分ですけれども、そこにファイナンシャルプランナー等の専門家を活用した会計管理講習というものも出てきていました。

青森市議会 2016-03-02 平成28年第1回定例会(第3号) 本文 2016-03-02

そこで、職員採用に係る原則、根本基準についてでありますが、正職員、臨時職員に限らず、職員採用は人種、信条、性別、社会身分、門地等による差別を禁じた地方公務員法第13条及び受験成績、勤務成績その他の能力の実証に基づいて職員の任用が行われなければならないとする同法第15条の規定に基づき、出身地や居住地を限定しない、公開公募による採用試験を実施し、あくまでも能力の実証に基づく採用を行ってきたところであり

青森市議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(第2号) 本文 2016-03-01

当該センターでの子牛の生産状況でありますが、農家への払い下げ用、センターでの繁殖用、肥育試験用等を合わせた生産頭数は、平成23年度が45頭、平成24年度が46頭、平成25年度が47頭、平成26年度が46頭で、今年度が43頭となっております。また、子牛を生産するための親牛の飼育頭数については、センター開設時は80頭でありましたが、現在は60頭と減少してきております。  

六ヶ所村議会 2015-09-07 平成27年 第5回定例会(第2号) 本文 2015年09月07日

職員である以上、命令に従って派遣に応ずべき問題があると思うことから、特に、上級試験採用された職員を優先的に計画を立てて、県及び専門的知識が習得できる東北自治研修所や自治大学校に派遣すべきと考えるがいかがか。  2点目として、職員世代交代が進み、事務処理等により多忙をきわめている中で、職員派遣協定があるからといって韓国襄陽郡へ職員を派遣している目的と係る費用はどの程度か。

青森市議会 2015-06-08 平成27年第2回定例会(第5号) 本文 2015-06-08

多分試掘というのは、地質とか地熱構造を解明するための構造試験だと思います。それは3年間の計画だと聞いていますので、ぜひ試掘がうまくいくようにという思いを込めて。先月31日には、安倍首相地熱発電の開発に向けて支援を拡充することを表明しています。国立・国定公園内は今まで厳しい規制がありましたけれども、その規制を緩和する方針を打ち出しています。

六ヶ所村議会 2015-06-08 平成27年 第3回定例会(第2号) 本文 2015年06月08日

4点目として、募集案内中の「合格から採用まで」の説明において、「採用者は、最終合格者の中から成績順に決定されます」と記載されているが、1次・2次試験を行っているにもかかわらず、1次試験の合格者に関する明確な記載がないのはなぜか。  5点目、村職員のラスパイレス指数は決して高いとは理解しておりませんが、どの程度か。  

青森市議会 2015-06-04 平成27年第2回定例会(第3号) 本文 2015-06-04

若年者等正規雇用拡大支援事業」につきましては、地元での就職を希望する40歳未満の求職者を正社員採用を予定している市内事業所において、1年間実務研修員として雇用育成していただき、その後、正規雇用に結びつけようとする事業でございます。  実績についてでございますが、市内事業所18社において実務研修を行った25人のうち、8人が正社員としてこの4月から雇用されてございます。