運営者 Bitlet 姉妹サービス
188件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 愛知大府市で、2007年に、認知症の男性が徘回中に電車事故で死亡し、JR東海が遺族に約720万円の損害賠償を求めた訴訟があり、介護する家族たちに大きな衝撃を与えました。この事例から、神奈川の大和市では、2017年11月に、家族に対しての損害賠償請求の事態に備えて、市による賠償保険制度を導入しました。これは認知症の人を被保険者とする個人賠償責任保険などに全額公費で加入する制度です。 もっと読む
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 しかしながら、青森はパーキングパーミット制度未導入であります。  そこで、第2点目の質問として、パーキングパーミット制度の導入についてお伺いいたします。  埼玉の川口市、久喜市、沖縄の那覇市、この3市においては、市独自で制度の導入をされているようですが、当市におきましては、その点を含めてどのようにお考えなのか、お聞かせ願います。   もっと読む
2018-09-07 青森市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07 東日本大震災において、放射能にまみれていない宮城や岩手のいわゆる災害ごみを受け入れなかった青森市のお粗末な対応を思い出し、とても悲しい気持ちになりました。こうした災害時に大量に発生する廃棄物、いわゆる災害廃棄物を適正に、そして円滑、迅速に処理するためにも、災害廃棄物の処理方法等をあらかじめ決めておくことが必要だと認識しています。  そこで質問いたします。 もっと読む
2018-06-29 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第6号 6月29日) との質疑に対し「本条例及び国の基準で支援員の質は確保されており、さらにの研修を受講することで資質向上が図られるものと考えている。」との理事者の答弁でありました。  委員より「当該事業への従事を5年以上経ることで、市長が適当と認めた場合は中学校卒業者も該当となったが、対象者はいるのか。」との質疑に対し「補助員1名が該当するものである。」との理事者の答弁でありました。   もっと読む
2018-03-19 八戸市議会 平成30年 3月 経済常任委員会−03月19日-01号 次に、主要農作物種子法に基づく青森の奨励品種でございますが、では、気候、土壌等の地域条件に応じた主要農作物の産地化、ブランド化を図るため、平成30年3月1日時点で水稲は、つがるロマン、まっしぐら、青天の霹靂、アネコモチ、あかりもち、華吹雪、華想いの7品種。  小麦は、キタカミコムギ、ネバリゴシの2品種。  大豆は、オクシロメ、ワセスズナリ、スズカリ、おおすずの4品種を指定しております。   もっと読む
2018-03-14 弘前市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月14日) 審査の過程で、委員より「激変緩和措置終了後、への事業費納付金は、保険料の収納率が90%の場合、市が10%分を負担しなければならないのか。」との質疑に対し「市で集めた保険料は、保健事業に必要な財源などを除き、ほぼへの事業費納付金に充てられ、10%分が足りなくなることはない。また、激変緩和措置はおおむね6年間続くものと考えており、国・の動向を注視してまいりたい。」 もっと読む
2018-03-14 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月14日-03号 間に横断歩道をもし設置するとすればということで、横断歩道設置につきましては、管轄は青森の管轄になりますが、公共施設を整備する市の立場としまして、今回、その実態を調査して、必要であればに働きかけていく必要があるだろうということで予算を計上したものでございます。   もっと読む
2018-03-07 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月07日-04号 が国保事業に必要な費用を各市町村に納付金として割り当て、各市町村は、住民から保険税を賦課、徴収し、に納付し、その上では保険給付に必要な財源を交付金として、各市町村に拠出することになります。は、1月29日、納付額を公表し、当市は国民健康保険特別会計の当初予算に63億7501万円の国民健康保険事業費納付金を計上しました。 もっと読む
2018-03-06 八戸市議会 平成30年 3月 定例会-03月06日-03号 本特措法を改正する背景と必要性については、都市のスポンジ化はコンパクト・プラス・ネットワークの推進に重大な支障を来し、2003年から2013年まで、個人所有の空き地は約44%増となり、大阪市の面積の約半分に相当し、空き家については約212万戸から約318万戸へと50%増となり、ほぼ愛知全域の世帯数に匹敵するとされます。 もっと読む
2017-12-11 八戸市議会 平成29年12月 定例会-12月11日-02号 それから、電子母子手帳については検討されるということでございましたが、私の知り得る範囲では、電子母子手帳は今、千葉柏市であったり奈良生駒市、富山富山市、宮崎都城市で導入しております。   もっと読む
2017-09-12 八戸市議会 平成29年 9月 定例会−09月12日-03号 におきましても、平成25年3月に策定した第2期青森がん対策推進計画では、重点課題として働く世代への支援を位置づけ、事業者に対し、がんについての正しい理解に努め、がんになっても働き続けることができる職場環境づくりに努めることを求めております。   もっと読む
2017-09-11 八戸市議会 平成29年 9月 定例会−09月11日-02号 転出先については、東京都、神奈川、千葉、埼玉といった東京圏が中心となっており、外転出者の約4割が東京圏へ転出しております。東京圏においては、平成28年の人口移動報告によりますと、転入超過が11万7000人であり、これまで21年連続の転入超過となるなど、一極集中に歯どめがかかっていない現状であります。 もっと読む
2017-06-14 青森市議会 平成29年第2回定例会(第4号) 本文 2017-06-14 しかしながら、こちらもの事業であって、仮に順調に予算がついたとしても、完成まで約10年かかると言われました。 もっと読む
2017-06-14 八戸市議会 平成29年 6月 経済協議会-06月14日-01号 後援いただくのは、青森のほか資料記載の団体であり、また、本セミナーは、今年度より八戸圏域連携中枢都市圏の連携事業として実施することから、圏域7町村の後援もいただき、8市町村一丸となって圏域の魅力についてPRしたいと考えております。  次に、開催日時と会場でございますが、来月7月25日火曜日に、名古屋市において、翌26日水曜日は東京においてそれぞれ開催いたします。   もっと読む
2017-06-13 八戸市議会 平成29年 6月 定例会-06月13日-03号 このような現状を踏まえ、今年度、教育委員会の新規事業であるスポーツ活動モデル地域研究事業を活用し、他における先進地視察等の取り組みを通じて地域全体でスポーツ活動を支える体制づくりについて具体的に研究してまいります。   もっと読む
2017-06-12 八戸市議会 平成29年 6月 定例会-06月12日-02号 への要望で、3市だけでなく、全体での創業支援を行うとしたことから、要望を取りやめとなりましたが、では21あおもり産業総合支援センターで、インキュベーション・マネジャーによる対応などが行われております。 もっと読む
2017-06-09 青森市議会 平成29年第2回定例会(第2号) 本文 2017-06-09 15 ◯市民政策部理事(横内修君) 現在、金融機関のほうには、個別に事業所管課がそれぞれお願いをして対応してもらっている状況でございますので、そういった銀行の──青森で言いますと、青森銀行協会あるいは青森信用金庫協会というものがございますので、そちらのほうに随時ではなくて、あらかじめそういったことが可能かどうかということについては相談させていただきたいとは もっと読む
2017-03-09 八戸市議会 平成29年 3月 予算特別委員会−03月09日-04号 大府は愛知の大府市ですが、ここはもう健康づくり都市宣言をしておりまして、スポーツを通じて健康づくりに取り組んでいるようでございます。  ここに皆さん御存じだと思いますが、旧中京女子大学、現在は至学館大学となっておりますが、ここでやはり伊調姉妹、そして吉田沙保里さん、小原さん、登坂さん、川井さん、土性さん、そして柔道の吉田さんとか、とにかくここがメダリストの出身校となっております。   もっと読む
2017-03-08 六ヶ所村議会 平成29年 第1回定例会(第2号) 本文 2017年03月08日 よその実情を調べてみると、愛知では市街化調整区域であっても、誰でも住宅を建築することができる条例、「都市計画法に基づく開発行為等の許可の基準に関する条例」が制定され、平成23年10月1日から施行していることがわかりました。   もっと読む
2017-03-07 十和田市議会 平成29年  3月定例会(第1回)-03月07日−一般質問−02号 議員ご質問の第3子以降の保育料軽減拡大事業につきましては、子供が3歳未満で、世帯の年収が約360万円以上の場合は、の補助事業により軽減しておりますが、特に世帯の年収が約470万円以上の場合は、の補助事業による軽減幅が少なくなることから、市独自に軽減率をかさ上げし、保育料を軽減したいと考えております。    もっと読む