356件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-06-26 令和2年第2回定例会(第5号) 本文 2020-06-26

議案第108号「青森家庭的保育事業等設備及び運営に関する基準を定める条例及び青森特定教育保育施設及び特定地域型保育事業運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について」、議案第109号「青森放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について」及び議案第114号「青森介護保険条例の一部を改正する条例制定について」の計3件についてでありますが

十和田市議会 2020-06-15 06月15日-一般質問-02号

仲よし会は、保護者が働いているなどの理由により、家にいることができない児童を見守るという観点から、学校臨時休業期間においても、日曜、祝日を除いて午前8時から午後6時まで開所しました。市内の仲よし会14施設利用登録児童数は、令和2年4月1日現在808人であり、学校休業期間中の1日の利用児童数は、平均で約360人でした。  

青森市議会 2020-06-03 令和2年第2回定例会(第1号) 本文 2020-06-03

歳出の主な内容についてでありますが、ひとり親家庭等への臨時特別給付金給付事業については、新型コロナウイルス感染症の影響を受けたひとり親家庭等生活を支援するため、6月に給付する児童1人につき1万円の子育て世帯への臨時特別給付金に加えて、児童扶養手当対象児童1人につき2万円を支給する経費を措置するものであります。

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 2020-03-23

次に、議案第75号「青森放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について」、議案第78号「青森健康増進センター条例及び青森総合福祉センター条例の一部を改正する条例制定について」、議案第79号「青森廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例制定について」、議案第80号「青森浄化槽保守点検業者登録条例の一部を改正する条例制定について

弘前市議会 2020-03-19 令和 2年第1回定例会(第6号 3月19日)

審査の過程で、委員より「特定地域型保育事業において、連携施設確保義務緩和措置として、連携施設を確保しないことができる経過措置が5年から10年に延長となったのはなぜか。」との質疑に対し「全国的に待機児童等が発生している状況であることから、保育を行う受皿の整備を進めるため、経過措置期間延長を行ったものと認識している。」との理事者の答弁でありました。  

弘前市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 5日)

待機児童、保留児童状況につきましては、本年2月1日時点で、利用を希望する施設、またはその近隣施設に空きがないことにより保育に至っていない児童いわゆる待機児童は生じていない状況となっており、また、近隣利用できる施設があるものの特定の園を希望することで保育に至っていない、いわゆる保留児童につきましては149人となっております。

青森市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-04

2月4日、新型肺炎感染の男性が乗船していたクルーズ船ダイヤモンド・プリンセスの乗客・乗員約3700人は、14日間船内待機となり、中国感染者数は2万人を超え、武漢では病院建設が始まりました。2月9日、中国死者は811人となり、SARSの死者数を上回りました。WHOは新型コロナウイルスをCOVID─19と命名、2月22日、感染拡大を防ぎ切る可能性は狭まるとし、各国に対応強化を要請しました。

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

第3位、待機児童対策、約37%。第4位、給食費の軽減、約31%。第5位、障害のある子ども教育保育充実、約27%でありました。無償化対象拡大待機児童対策は表裏一体の関係にあるため、利用者幼児教育保育を実現するためには、質の向上受け皿整備の2つの政策課題への取り組みが必要であります。  そこで質問いたします。

弘前市議会 2019-12-10 令和元年第3回定例会(第2号12月10日)

無償化制度内容といたしましては、3歳から5歳までの全ての児童とゼロ歳から2歳までの住民税非課税世帯児童対象に、子ども子育て支援制度へ移行した幼稚園保育所認定こども園保育料を無料とするほか、子ども子育て支援制度に移行していない幼稚園特別支援学校幼稚部企業主導型保育施設を含む認可外保育施設の在園児童や、幼稚園等での預かり保育事業、一時預かり事業病児保育事業等利用児童について

弘前市議会 2019-09-10 令和元年第2回定例会(第3号 9月10日)

学校図書館は、児童生徒読書活動の場である読書センター児童生徒学習活動を支援する場である学習センター及び児童生徒情報の収集・選択・活用能力を育成する情報センターという三つ役割を持っております。また、これからの学校図書館には、新学習指導要領で求められている主体的・対話的で深い学びを効果的に進める基盤としての役割も期待されております。