運営者 Bitlet 姉妹サービス
480件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 六ヶ所村議会 平成31年 第1回定例会(第4号) 本文 2019年03月08日 今後あり得るかについてでありますが、家庭的保育事業等は事業所内保育等がございますので、働き方改革とかそういう待機児童の問題で事業者の方、あとは3歳未満の保育を行う方が出てくる可能性はあるかと考えております。今までは認可したことがございません。以上です。 議長(橋本隆春君) 7番。 もっと読む
2019-03-06 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号 児童虐待については、保護者や家庭の状況、育児や養育に関する悩みや不安、子どもの特性等々、さまざまな要因が潜んでおり、それらが複雑に絡み合っているケースが多い状況にあります。  市内小中学校では、児童虐待に特化した調査ではありませんが、生活全般に係るアンケート調査を定期的に実施し、児童虐待につながる情報の早期発見に努めております。 もっと読む
2019-03-04 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号 これらの事件につきましては、学校や教育委員会、児童相談所といった行政機関の連携不足、あるいは学校の教員や児童相談所の職員の不十分な対応などが重なって発生したとの指摘があります。   もっと読む
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26 1 「五本松児童館では、カメムシが大量発生し、室内への侵入により遊戯室が使えなくなった日があったため、対策を求める声があるが、市の考えを示せ」との質疑に対し、「市では、カメムシの発生場所である杉の木の伐採ができない状況であるため、駆除の対策として、殺虫剤の使用や周囲の草刈りなどの対応を行っている。 もっと読む
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会(第7号) 本文 2018-12-26 ────────────────────────── 日程第42 議員提出議案第33号 待機児童解消、保育士等の処遇改善、保育の無償化のための必要な措                置を求める意見書 111 ◯議長(長谷川章悦君) 日程第42議員提出議案第 もっと読む
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会(第7号) 議事日程・名簿 2018-12-26 179号 監査委員の選任について  第37 議案第180号 財産区管理委員の選任について  第38 議案第181号 人権擁護委員候補者の推薦について  第39 議員提出議案第30号 学校給食費の無償化を求める意見書  第40 議員提出議案第31号 国民健康保険に対する国庫負担の増額を求める意見書  第41 議員提出議案第32号 消費税率10%引き上げ中止を求める意見書  第42 議員提出議案第33号 待機児童解消 もっと読む
2018-12-14 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月14日) 次に、待機児童や保留児童の発生についてであります。  当市の待機児童等の発生は、特定の施設を希望することによる、施設の定員オーバーによるものが多くを占めております。しかし、年度途中の産休・育休明けなど、利用希望がふえていくという特有の事情に伴う短期間の求人に対して求職者が少ないことによる保育士不足も要因の一つとなっております。   もっと読む
2018-12-11 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月11日) 市立小中学校につきましては、学校建設時に算出した児童生徒数をもとに各教室を整備しておりますが、そのうち、普通教室として整備された教室が児童生徒数の減少に伴い普通教室として使用しなくなった教室を余裕教室としております。  今年度の余裕教室の状況といたしましては、小学校では27校88教室、中学校では14校59教室、合わせて147教室となっております。 もっと読む
2018-12-11 八戸市議会 平成30年12月 定例会-12月11日-03号 また、タクシープールの待機台数が乗車台数を上回っており、タクシーの待機スペースが過大ではないか。ほかにも雨風をしのげる待合空間が必要ではないかなど、東北新幹線開業後16年の積年の課題として浮き彫りになっているようであります。   もっと読む
2018-12-10 八戸市議会 平成30年12月 定例会-12月10日-02号 国の示した案により、平成30年10月1日現在の認可保育所等の利用状況で市の負担額を試算した場合、全利用児童7433人のうち、無償化の対象児童4872人の保護者が負担する保育料約9億円の4分の1に当たる約2億2000万円となる見込みとなっております。 もっと読む
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 1 「青森市高齢者福祉・介護保険事業計画第7期計画は、特別養護老人ホームの待機者が解消される計画となっているのか示せ」との質疑に対し、「当該計画では、平成29年5月1日現在での特別養護老人ホームに入所を申し込んでいる在宅の待機者132人を解消するため、定員29人の地域密着型特別養護老人ホーム4施設を整備することとし、保険料基準額の上昇を抑制し平準化を図るため、平成30年度に2施設、平成31年度に1施設 もっと読む
2018-09-21 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月21日-04号 5款労働費では、勤労青少年ホーム、第6款農林水産業費では、青年就農給付金の給付状況、第7款商工費では、旧柏崎小学校跡地の山車小屋整備、インバウンド対策、第8款土木費では、旧柏崎小学校付近の道路整備、道路異状通報メール、公園の遊具、フェンス等の修繕、私道整備、第9款消防費では、八戸市防災ノート、第10款教育費では、スポーツ合宿誘致、さわやか八戸グッジョブ・ウィーク、地区公民館、地域スポーツ応援事業、児童生徒文化活動促進費 もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 民生常任委員会−09月18日-01号 1項1目社会福祉総務費103万6000円の増額は、民生委員の欠員に伴い、8節報償費において民生委員報償費を減額し、19節負担金補助及び交付金において民生委員、児童委員の欠員数に応じて民生委員児童委員協議会に対する補助金を増額し、11節需用費において公用車の修繕費を増額するものです。 もっと読む
2018-09-13 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月13日) それと、タクシーとか代行車の繁華街への乗り入れというのですか、これ待機場所等も一時期はよくなったこともあったようでありますが、最近、少し目に余るというようなお話も聞こえておりますので、それについても、協議の場でしっかりと話し合いをしていただければと思います。   もっと読む
2018-09-11 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日) 確認したいことは、教師の具体的な指導力と行動であり、児童生徒が熱中症と思われる症状が出たときに、みずから早目に周りに伝え、的確な対応ができる環境をつくっていただきたいと思います。  ことしの夏、小学校1年生の児童が体調不良を訴えながら熱中症で亡くなるというとても痛ましい事故がありました。私は、全ての学校・教師は重く受けとめることであると強く思います。 もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 また、78.7%の児童生徒が家庭でインターネットを利用し、16.7%の児童生徒が1日2時間以上の利用となっており、昨年度より小中学生ともに家庭での利用率や利用時間が増加しております。  インターネットの主な利用につきましては、動画視聴やゲーム、SNSの利用が多い状況であります。 もっと読む
2018-09-07 六ヶ所村議会 平成30年 第4回定例会(第4号) 本文 2018年09月07日 また、いじめや不登校の悩みに寄り添い、支援が必要な児童生徒に配慮した対策を講じて参りたいと考えています。さらには、健康長寿社会を迎え、スポーツ、文化等の振興にもこれまで以上に力を注ぎ、村民が生涯を通じて挑戦できる環境づくりに取り組んでまいります。   もっと読む
2018-09-06 青森市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06 質問その1、特別養護老人ホームの入所待機者数と待機者を解消するための施設整備計画を示せ。  質問その2、介護保険利用者負担助成制度を設けるべきと思うがどうか。  質問その3、本市の認知症高齢者数を示し、支援策を示してください。  第3の質問は、合葬墓についてです。   もっと読む
2018-06-20 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第3号 6月20日) 6月現在の待機児童は弘前市はゼロ名、保留で入園できない子供が45名と聞いておりますが、保留の45名を限りなくゼロに近づけたいところであります。  また、保育士を必要とする事業、発達障がいの子供の急激な増加によって大変な状況にあります。  また、企業保育の乱立もまた多くの保育士を必要とします。 もっと読む
2018-06-19 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月19日) 当市の小中学校における不登校児童生徒の数とその対応について。また、日々、不登校児童生徒と接しておられる現場から見えてくるもの、感じることなどがありましたらお知らせください。  次は、ひきこもりですが、厚生労働省によるひきこもりの定義は「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせず、6カ月以上続けて自宅にひきこもっている状態のこと。 もっと読む