690件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 2019-03-22

普天間基地を抱える宜野湾市でも、新基地建設先の名護市でも、昨年の市長選では自民党が推す候補が当選しましたが、今回は両市とも反対が圧倒的多数を占めました。新基地反対は文字どおりオール沖縄の意思です。首相が県民投票の結果を受けてもなお新基地建設に固執していることは許されません。

八戸市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-06号

結びになりますが、皆様の御健勝を祈念し、あわせて4月の戦いに出馬される皆様の御当選を祈念申し上げ、私からの挨拶にかえさせていただきます。まことにありがとうございました。  〔9番高橋一馬君降壇〕(拍手) ○議長(五戸定博 君)前澤時廣議員の発言を許します。登壇を願います。  

八戸市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号

そのことから待機者数は、それまでの1061から線引きをされて236へと減りました。825が対象外とされる、そういう改悪だと考えます。  第7期八戸市高齢者福祉計画は、その絞り込まれた人数から新規施設58分と既存の施設、その退所者が出たら入所ができるであろう163分を見込んで除いて、残り15だけが待機解消必要数という計算、それに基づいて計画が立てられました。

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

振り返りますと、小林市長が市長選挙において初当選されたのは平成17年10月30日のことであります。ふるさとへの熱い思い、市民の幸せと市勢発展を目指し、八戸前進プランを掲げ、多くの市民の方々の支持を受け当選されましたことは、13年以上経過した今もなお忘れられない光景であります。  

青森市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会(第7号) 本文 2018-12-26

私は、昭和53年3月の初当選から今日まで40年有余、10期にわたって、市民の幸せと市政の発展を念頭に議員活動を続けてまいりました。今後は、微力ではございますが、市政発展のため、より精進してまいる所存でございます。  最後になりますが、今までお世話になりました市民の皆様方、心からお礼を申し上げます。皆様の御健勝と御活躍を祈念申し上げ、お礼の御挨拶といたします。本日はまことにありがとうございました。

青森市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10

10月28日に投開票が行われました青森市議会議員選挙におきまして、多くの市民の皆様から御支持いただき、初当選することができました。心から感謝申し上げます。さて、平成17年に制定されました青森市民憲章には、「わたくしたちは、郷土あおもりを心から愛し、夢と希望にあふれたしあわせなまちとするためこの憲章を定めます」とあります。

青森市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 2018-12-07

先般執行されました青森市議会議員選挙では、地域の皆様、市民の皆様の温かい御支援により、3回目の当選をすることができました。この場をおかりいたしまして、心から感謝と御礼を申し上げます。まことにありがとうございました。今後も、青森市民の福祉向上のために、初心を忘れず、二元代表制の一方の一員として一生懸命頑張ってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。  

青森市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 2018-12-06

10月28日投開票の青森市議選におきまして、市民、支持者の皆様からの御支援のおかげで3期目の当選をいただきました。本当にありがとうございます。いただきました期待と重責にお応えするためにも、市民生活の向上、福祉の向上のため、この4年間全力で働いてまいります。そして何よりも、市民の皆様のお声をお聞きする現場第一主義に徹してまいります。どうかよろしくお願いいたします。  

青森市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 2018-12-05

まず初めに、このたびの青森市議会議員選挙におきまして、4期目の当選を果たすことができました。これからも青森市政発展のために頑張ってまいる所存でございます。また、二元代表制の一翼を担う議会を構成する一として、これからも矜持を保って活動してまいりたいと思います。今後とも議員の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。  それでは、通告の順に従って5点質問してまいります。

青森市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第7号) 本文 2018-09-27

私自身、初当選させていただいた平成22年の市議選は、定数41で戦われ、私が40番目でやっとの思いで当選ができたので、浪岡地区から4つの議席を獲得することができました。4年後の平成26年の市議選は、定数41から6議席削減が強行され、35議席で戦われましたが、このときは36番目の次点で、あともう少しというところまででしたが、1議席減の浪岡は3議席となりました。

八戸市議会 2018-09-19 平成30年 9月 港湾・都市基盤整備推進特別委員会-09月19日-01号

◎佐々木 道路建設課長 まず、国の方針でございますけれども、ETCは設置にを配置するインターチェンジよりも経費的にランニングコストが安く済むということで、多くのインターチェンジを設置するために、事業費を抑えるという政策のもとにやっていると思われます。  以上でございます。 ○壬生 委員長 ほかにございませんか。  

八戸市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号

これは認知症のを被保険者とする個人賠償責任保険などに全額公費で加入する制度です。医師の診断後、市の見守り組織に登録することを条件とし、市が11万円の保険料を負担し、最大3億円を上限とした補償額が支払われます。人口約23万、八戸市と同程度の大和市では、約1万の認知症の方の中で約280がこの制度を利用しています。

八戸市議会 2018-09-11 平成30年 9月 決算特別委員会-09月11日-01号

ただいま指名推選がありましたとおり、藤川優里委員を委員長の当選と定めることに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○吉田〔博〕 臨時委員長 御異議なしと認めます。  よって、藤川優里委員が委員長に当選されました。  藤川優里委員が本委員会室におられますので、当選の告知をいたします。  当選されました藤川優里委員長に就任の御挨拶をお願いします。

青森市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06

それと、日本の全体として、人口1000当たりの臨床医師数は2.4で、OECD加盟国平均の2.9を下回り、絶対的な医師不足であることをまず認識しなければなりません。この要因としては、この間の政府による医師養成策、1982年から2008年までの定員を抑制してきたことがあります。一転して、定員増に転じてから、青森県では臨床研修の修了者82中56が県内に残るまでになりました。

青森市議会 2018-09-05 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05

そういう意味では、もう少し──皆さんはいいよ、今はいいけれども、管理職のいわゆるを管理する、を使っていく、を上手に使う、効率よく使う勉強を少ししてもらいたいなと思います。また、心の病からの復帰についても、できるだけ復帰プログラムの中で、そのそのの要望を受け入れて進めていただきたいなと思います。  人材にかかわっては、何ぼでもあるんです。

青森市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04

また、その主な相談内容といたしましては、不登校に関する相談が14で延べ220件、教職員等の指導上の問題に関する相談が14で延べ61件、交友関係に関する相談が13で延べ45件、家族関係に関する相談が13で延べ36件、子育ての悩みに関する相談が13で延べ21件、心身の悩みに関する相談が10で延べ152件などとなっております。