運営者 Bitlet 姉妹サービス
795件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 青森市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10 その助成金の名称が長くて大変複雑なんですけれども、この一覧、裏表カラー版には支援制度の御案内とありまして、製造業、物流業ですとか、情報処理・提供サービスですとか職種に応じて、また、中核工業団地以外と中核工業団地に立地の場合と分けて詳しく書かれております。 もっと読む
2018-09-21 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月21日-04号 第7款商工費では、商工業振興費において、仮称・八戸都市圏わくわく交流プラザ整備事業に伴う実施設計経費、新産業団地整備事業に伴う補償物件調査経費等及び中小企業振興条例に基づき助成する中小企業振興補助金を増額するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。   もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 経済常任委員会−09月18日-01号 まず、1項2目商工業振興費は7127万6000円を増額するもので、その内訳は、9節旅費は、首都圏における物販、飲食、交流の新たな拠点となる、仮称・八戸都市圏わくわく交流プラザ整備事業に伴う物件調査及び打ち合わせに要する職員旅費を、11節需用費は、本年11月1日より運営を開始する八戸市貸工場6棟分にかかわる修繕見込み経費を、13節委託料は、仮称・八戸都市圏わくわく交流プラザ整備事業に伴う実施設計経費のほか もっと読む
2018-09-14 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月14日) 改正する条例案    議案第89号 弘前市地方活力向上地域に係る固定資産税の特別措置に関する条例の一部を改正する条例案    議案第90号 弘前市手数料条例の一部を改正する条例案    議案第91号 弘前市空き家等の活用、適正管理等に関する条例の一部を改正する条例案    議案第92号 弘前市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例案    議案第93号 弘前市青葉団地市営住宅建替事業 もっと読む
2018-09-12 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号 本当に甲乙つけがたい団体の高い活動内容で、たしかそのときの市長賞を受賞したのが、八戸工業大学の縄文デザインプロジェクトチームだったと思っております。そのときに八戸工業大学生が縄文のデザインをしたグッズをつくりまして、この販売までも考えているというような内容でございました。本当に聞いていて、大学生ならではのすごい発想もございまして、私もそれで感心して帰ってまいりました。   もっと読む
2018-09-11 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日) ○2番(木村隆洋議員) 今議会でも、この清野袋・岩賀地区が浸水するという場合には避難場所があるのですが、小学校があるのですが、そこではなくて緊急性があるので北和徳工業団地、近くに高い建物がたくさんあります。そちらのほうに避難していただくようなお話がこの議会の中でもあったかのように記憶しております。 もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 工業地帯、あと団地、住宅地などで市内に住むところが形成されておりますが、それぞれ地域性があって、私は同一ではないと思っております。今後、対策を立てるに当たっては、地域の実情に合った施策や対策が本当に必要なことだと思っております。  きのうの小屋敷議員の答弁にもありましたけれども、高齢者支援センター、こちらの役割も十分に果たして、これからさらに発展をしていくことだと思っております。 もっと読む
2018-08-21 八戸市議会 平成30年 8月 経済協議会−08月21日-01号 テクノフロンティア運営事業を行っているところでありますが、独立行政法人の事務事業の見直しの基本方針が平成22年12月7日に閣議決定され、本施設について民間への売却、または自治体への移管を図ることが示されたこと等を踏まえ、本年10月31日をもって平成14年4月から実施してきた八戸市における貸工場運営事業を終了することになったことから、八戸市が譲渡を受け、引き続き貸工場として運営するため、八戸北インター工業団地もっと読む
2018-07-20 八戸市議会 平成30年 7月 経済協議会−07月20日-01号 月20日-01号平成30年 7月 経済協議会   経済協議会記録  ────────────────────────────────────── 開催日時及び場所  平成30年7月20日(金)午前10時00分〜午前10時05分 第2委員会室  ────────────────────────────────────── 本日の会議に付した事件  ● 所管事項の報告について   1 八戸北インター工業用地 もっと読む
2018-06-22 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日) 当市が将来にわたって持続的に発展していくためには商工業の振興、雇用の確保は不可欠であり、国や県、関係団体等との適切な役割分担を踏まえつつ、この地域の産業特性に応じた施策の推進を図っていくことが重要であると考えております。   もっと読む
2018-06-19 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月19日) それともう1点、北和徳工業団地があります。あそこには4,000人から4,400人の方が今お仕事をするために通われていると言われております。実際、私が住んでいるところでも町内で見ない方が白いごみ袋で弘前のステーションになげていく、ごみを捨てていく事例があります。 もっと読む
2018-06-13 八戸市議会 平成30年 6月 経済協議会−06月13日-01号 初めに、開催目的でございますが、本セミナーは北東北随一の工業都市、物流拠点都市として発展してきた八戸市の魅力を総合的にPRするとともに、中核市への移行や八戸圏域連携中枢都市圏の形成など、新たな一歩を踏み出した八戸市及び八戸圏域の未来像を示し、首都圏及び中部圏企業の当市及び八戸圏域への進出並びに八戸港の利用促進につなげることを目的としております。   もっと読む
2018-06-11 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号 初めに、公共下水道の維持管理状況についてですが、市では、昭和31年に下水道事業に着手して以来、これまで下水道管渠約900キロメートルのほか、東部終末処理場と是川団地の2処理場、雨水排水ポンプ場6カ所、汚水中継ポンプ場5カ所といった施設を整備し、維持管理を行っております。 もっと読む
2018-05-21 八戸市議会 平成30年 5月 建設協議会−05月21日-01号 5、契約者は、八戸市北インター工業団地二丁目2番25号、株式会社高速八戸営業所でございます。  なお、この物品供給契約の締結議案につきましては、6月定例会に提案させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。  以上で説明を終わります。 ○三浦 委員長 ただいまの報告について御質問ありませんか。 もっと読む
2018-05-21 八戸市議会 平成30年 5月 経済協議会−05月21日-01号 次に、2の新産業団地整備の概要について御説明いたします。  まず、造成計画の基本方針でありますが、新たな産業団地の開発区域は、青森県で整備を進めている主要地方道八戸環状線に隣接するなどアクセスにすぐれるほか、八戸北インター工業団地へ近接していることから、さらなる企業の立地及び産業集積が期待できる地域であります。   もっと読む
2018-03-14 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月14日-03号 津軽こぎん刺しは、行政も産業界も力を合わせて、お土産、贈答品、日用品という形で、伝統工芸、伝統産業として活発にサポート、支援をしているという側面もまたあるわけでありまして、そういう意味で、今後、観光に限らず商工業という部署に移る議案も今回上程されているわけであります。   もっと読む
2018-03-13 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会-03月13日-02号 それを受けて市として、その原因の調査ということで、まずその付着物のサンプリングを行って、そのものがどこから起因しているものかについて、実は八戸工業大学の先生方を市のアドバイザーとして委嘱しているもので、その方々に御相談申し上げて、昨年、調査結果がまとまったということになっております。  その調査結果ですが、セメント由来の粉じんと非常に関連性があるという結論になっておりました。 もっと読む
2018-03-09 八戸市議会 平成30年 3月 定例会-03月09日-05号 第7款商工費では、商工業振興費において、中小企業特別保証制度保証料補助金等の負担金補助及び交付金を増額するものであります。  第2条継続費の補正では、農林水産業費において、水産物流通機能高度化対策事業を追加し、総額及び年割額を定めるものであります。   もっと読む
2018-03-05 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月05日-02号 3、地域活力の創出においては、引き続き水産物流通機能高度化対策事業費、新産業団地整備・開発推進事業費、南郷新規作物研究事業費、蕪島エントランス整備事業費、広域観光推進事業費を計上いたしました。   もっと読む
2018-03-01 弘前市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月 1日) 一方で、仮に産業団地の整備を進めるとしても具体的な調査から分譲開始まで一定の期間を要することから、産業団地整備の検討と並行いたしまして、早期に対応できる事項に取り組んでおります。  まず一つ目は、昨年11月、市と二つの不動産業界団体との3者の間で協定を締結し、空き物件の情報収集及び事業者への情報提供の強化に取り組んでおります。 もっと読む