303件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号

これまで5回にわたり事業計画を変更し、現計画では事業完了の時期が清算期間の5年を含めた平成40年度になっておりますが、計画上の実質的な整備事業の完了までが残り5年と見た場合に、事業費ベースでは計画期間での見通しが立ちそうに見えるものの、建物移転については計画期間での完了は大変厳しいように見受けられます。

八戸市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号

それは、霊園に点在する屋外トイレが、設置後数十年が経過しての風化、老朽化、さらには水洗化もなされておらず、不衛生となって、誰も使いたがらず、また、緑地化されたすがすがしい霊園の景観上においても苦情が寄せられているとの提言でした。現在、市民各家庭においては水洗化や洋式トイレ化が普及してきております。

青森市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-04

特に、子どもたちが自分たちの住んでいるところが浸水想定区域だ、ここまで水が来るんだということがわかると、それをまた子どもたちが家庭で親御さんたちと話をすることによって、もし雨が降ったら自分たちの住んでいるところはここまで来る可能性があるんだという意識を御家族で持ってもらうということがすごく大事なので、ぜひその辺もまたよろしくお願いいたします。  

青森市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-02-28

この協議会では、庁関係課のほか、青森県中央児童相談所を初めとする福祉、教育、医療・保健及び警察・司法などの各関係機関で組織され、地域から寄せられた児童虐待に関する情報について、関係機関、団体の代表者で構成される代表者会議を年1回、児童相談所と庁関係課担当者で構成される実務者会議を奇数月に年6回、庁関係課担当者で構成される庁ネットワーク会議を偶数月に年6回、緊急に対応策の検討が必要な場合、庁関係課

青森市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-02-27

この記憶が消えないうちに、先月、千葉県野田市で小学校4年生の女子児童が、親からの暴力、虐待を受けてそのとうとい命を落としました。報道によると、女子児童は通っていた小学校のアンケートに、「お父さんに暴力を受けています、先生、どうにかできませんか」とSOSを発信していました。市教育委員会は、父親の威圧的な態度に屈し、その内容を教えてしまった。

弘前市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第3号12月12日)

また、暴力発生件数の県内の動向につきましては、中学校では減少傾向にありますが、小学校では2年連続で大幅に増加しており、本市におきましても同様の傾向にあります。  精神的な不安定さから、相手に強くぶつかったり、たたいてしまう行為がふえております。暴力行為を学校生活への不適応の一つとして捉え、今後も教職員が子供たち一人一人と向き合い、丁寧に対応できるような環境づくりを目指してまいります。  

弘前市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第2号12月11日)

昨年度は、全国的に発生した子供への性暴力の事例を取り上げ、学校として子供を守るための適切な対処のあり方について研修会を実施しました。今年度は、性的トラブルを未然に防ぐことを狙いとした中学校の思春期教室を参観し、子供の自己肯定感を高めることの大切さについて協議しております。これらの調査研究や研修会の内容は手引としてまとめ、教職員が活用できるようにしております。  

八戸市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日-02号

生活の支援では、家庭――児童――女性等相談室に母子・父子自立支援員を配置し、生活相談や指導並びに福祉資金の貸し付けや家計相談等を行っております。保護者に対する就労の支援では、青森労働局から協力をいただき、市庁舎に就労サポートコーナーを設置しているほか、母子家庭等高等職業訓練促進給付金事業により、看護師や保育士などの国家資格取得を支援しております。

八戸市議会 2018-09-10 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号

その流れは現在まで続き、安倍内閣の最重要課題の1つには、女性がおのおのの希望に応じ、職場においても家庭や地域においても、個性と能力を十分に発揮し、輝くことができる社会という意味での、全ての女性が輝く社会をつくることとした政策としてさまざまな取り組みも行われ、女性が社会で働くことは今や当たり前の時代になってきていると言えます。  

青森市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04

家庭でホームスクール、ホームエデュケーションですか、家庭を中心にということももちろん可能ですし、適応指導教室、あるいは民間のフリースクールを含めたところがあるということを学校のほうできちんと把握していただいて、それを情報提供できるのであれば、それはとてもいいことだと思いますし、子どもたちにとっても不安の払拭にもなると思います。  

弘前市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第4号 6月21日)

近年の家庭環境の多様化に伴い、子育てについての悩みや不安を感じる家庭や、子供の社会性や自立心、基本的な生活習慣の育成などに課題を抱える家庭も増加するなど、地域全体で家庭教育を支える仕組みづくりが一層求められております。また、人口減少や高齢化が進む中、地域コミュニティーの希薄化による地域の支え合いや活力の低下も懸念されているところであります。  

青森市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会[ 資料 ] 2018-03-23

具体的には、第26条ではDV防止計画について、第27条では配偶者暴力相談支援センターについて、第28条では被害者の緊急時における安全の確保について規定している。  第6章禁止事項等については、第29条から第32条までとなっており、男女共同参画の推進を阻害する禁止事項等について規定している。  

八戸市議会 2017-12-11 平成29年12月 定例会-12月11日-02号

また、不登校傾向に陥った場合であっても、児童生徒の状況を的確に把握し、将来の自立に向け、家庭や関係機関と連携したきめ細やかな支援を行うことによって、早期に学校復帰がかなう場合もあります。  現在、不登校児童生徒が在籍する学校では、学級担任等が家庭訪問を定期的に行い、当該児童生徒の家庭生活や学習の状況等を把握しております。

六ヶ所村議会 2017-12-11 平成29年 第5回定例会(第2号) 本文 2017年12月11日

村長と考えが一緒でございますけれども、私が考えるまでもなく、まずあれですね、庁での村長初め職員等による検討委員会の設置を行い、計画について十分理解していかなければならない、私もそう思っております。この計画はどの庁舎の課にも当てはまる計画ではないのかなと私は思っております。

弘前市議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会(第5号12月 8日)

○都市環境部長(柳田 穣) 私より、第1項目め、「家庭系ごみ指定袋制度」の導入につきましてお答えさせていただきます。  家庭系ごみ指定袋制度の導入に当たっては、現在、その内容等を広く周知するため、町会の定例会など市民が集まる会合等に職員が直接伺う個別説明会を10月から実施しております。