運営者 Bitlet 姉妹サービス
273件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-06 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号 これまで5回にわたり事業計画を変更し、現計画では事業完了の時期が清算期間の5年を含めた平成40年度になっておりますが、計画上の実質的な整備事業の完了までが残り5年と見た場合に、事業費ベースでは計画期間での見通しが立ちそうに見えるものの、建物移転については計画期間での完了は大変厳しいように見受けられます。 もっと読む
2019-03-05 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号 それは、霊園に点在する屋外トイレが、設置後数十年が経過しての風化、老朽化、さらには水洗化もなされておらず、不衛生となって、誰も使いたがらず、また、緑地化されたすがすがしい霊園の景観上においても苦情が寄せられているとの提言でした。現在、市民各家庭においては水洗化や洋式トイレ化が普及してきております。 もっと読む
2018-12-12 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月12日) また、暴力発生件数の県内の動向につきましては、中学校では減少傾向にありますが、小学校では2年連続で大幅に増加しており、本市におきましても同様の傾向にあります。  精神的な不安定さから、相手に強くぶつかったり、たたいてしまう行為がふえております。暴力行為を学校生活への不適応の一つとして捉え、今後も教職員が子供たち一人一人と向き合い、丁寧に対応できるような環境づくりを目指してまいります。   もっと読む
2018-12-11 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月11日) 昨年度は、全国的に発生した子供への性暴力の事例を取り上げ、学校として子供を守るための適切な対処のあり方について研修会を実施しました。今年度は、性的トラブルを未然に防ぐことを狙いとした中学校の思春期教室を参観し、子供の自己肯定感を高めることの大切さについて協議しております。これらの調査研究や研修会の内容は手引としてまとめ、教職員が活用できるようにしております。   もっと読む
2018-12-10 八戸市議会 平成30年12月 定例会-12月10日-02号 生活の支援では、家庭――児童――女性等相談室に母子・父子自立支援員を配置し、生活相談や指導並びに福祉資金の貸し付けや家計相談等を行っております。保護者に対する就労の支援では、青森労働局から協力をいただき、市庁舎に就労サポートコーナーを設置しているほか、母子家庭等高等職業訓練促進給付金事業により、看護師や保育士などの国家資格取得を支援しております。 もっと読む
2018-09-13 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月13日) 市といたしましても、各種関係団体と情報共有を図りながら、ことし2月には暴力団排除気運高揚ローラー作戦に参加するなど、防犯及び暴力追放への取り組みに協力し、犯罪の防止に取り組んでいるところです。   もっと読む
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 その流れは現在まで続き、安倍内閣の最重要課題の1つには、女性がおのおのの希望に応じ、職場においても家庭や地域においても、個性と能力を十分に発揮し、輝くことができる社会という意味での、全ての女性が輝く社会をつくることとした政策としてさまざまな取り組みも行われ、女性が社会で働くことは今や当たり前の時代になってきていると言えます。   もっと読む
2018-09-06 青森市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06 本市の学校給食事業は、小学校給食センターが、平成26年4月から新しく三丸山に供用開始し、一般給食を1日当たり最大1万2000食、アレルギー対応給食は1日当たり最大120食調理することが可能な施設となっています。 もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 家庭でホームスクール、ホームエデュケーションですか、家庭を中心にということももちろん可能ですし、適応指導教室、あるいは民間のフリースクールを含めたところがあるということを学校のほうできちんと把握していただいて、それを情報提供できるのであれば、それはとてもいいことだと思いますし、子どもたちにとっても不安の払拭にもなると思います。   もっと読む
2018-06-21 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第4号 6月21日) 近年の家庭環境の多様化に伴い、子育てについての悩みや不安を感じる家庭や、子供の社会性や自立心、基本的な生活習慣の育成などに課題を抱える家庭も増加するなど、地域全体で家庭教育を支える仕組みづくりが一層求められております。また、人口減少や高齢化が進む中、地域コミュニティーの希薄化による地域の支え合いや活力の低下も懸念されているところであります。   もっと読む
2018-06-19 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月19日) 1、家庭系ごみ指定袋導入中止についてであります。  本年7月1日からの導入を予定しておりました家庭系ごみ指定袋制度につきましては、市長選挙時の公約に掲げたとおり、中止に向けた検討作業を進めてまいりました。   もっと読む
2017-12-11 八戸市議会 平成29年12月 定例会-12月11日-02号 また、不登校傾向に陥った場合であっても、児童生徒の状況を的確に把握し、将来の自立に向け、家庭や関係機関と連携したきめ細やかな支援を行うことによって、早期に学校復帰がかなう場合もあります。  現在、不登校児童生徒が在籍する学校では、学級担任等が家庭訪問を定期的に行い、当該児童生徒の家庭生活や学習の状況等を把握しております。 もっと読む
2017-12-11 六ヶ所村議会 平成29年 第5回定例会(第2号) 本文 2017年12月11日 村長と考えが一緒でございますけれども、私が考えるまでもなく、まずあれですね、庁での村長初め職員等による検討委員会の設置を行い、計画について十分理解していかなければならない、私もそう思っております。この計画はどの庁舎の課にも当てはまる計画ではないのかなと私は思っております。 もっと読む
2017-12-08 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月 8日) ○都市環境部長(柳田 穣) 私より、第1項目め、「家庭系ごみ指定袋制度」の導入につきましてお答えさせていただきます。  家庭系ごみ指定袋制度の導入に当たっては、現在、その内容等を広く周知するため、町会の定例会など市民が集まる会合等に職員が直接伺う個別説明会を10月から実施しております。 もっと読む
2017-12-07 十和田市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月07日−一般質問−02号 家族と過ごす時間がないことで家庭環境が危機的状況に陥るケースもあり、子供が不登校になったり、離婚の危機を迎えているなど、さまざまな問題も浮上してきています。このような教師の労働環境の苛酷さが一般にも知れ渡り、教員採用試験の応募人数は減少傾向にあり、教師という仕事に夢を持ちにくくなっている現状があります。    もっと読む
2017-09-14 八戸市議会 平成29年 9月 決算特別委員会-09月14日-02号 ◆夏坂 委員 私からは尻の河原道踏切の拡幅についてお伺いしたいと思います。  まず、事業の進捗状況について伺いたいと思います。 ◎八木田 建設部次長兼道路建設課長 夏坂委員にお答え申し上げます。   もっと読む
2017-09-13 八戸市議会 平成29年 9月 決算特別委員会−09月13日-01号 それぞれの所管課で法令等とも照らし合わせて判断いただく必要があるかと考えておりますが、総務課としては、役所のそういった文書を総括する部署としては、庁各課に可能なところから御配慮いただくようなことで、周知等については今後検討してまいりたいと考えているところでございます。  以上でございます。 ◆伊藤 委員 大変ありがとうございました。 もっと読む
2017-06-30 青森市議会 平成29年第2回定例会[ 資料 ] 2017-06-30 工事の概要であるが、工期は平成30年6月30日までとなっており、敷地に建設された鉄骨造2階建て、延べ床面積1481.20平方メートルの事務・調理棟及びコンクリートブロック造平屋建て、延べ床面積17.43平方メートルの汚水処理施設棟の解体撤去等を行うものである。   もっと読む
2017-06-15 青森市議会 平成29年第2回定例会(第5号) 本文 2017-06-15 家庭と連携し、十分な栄養補給や「早寝・早起き・朝ごはん」など規則正しい生活習慣の啓発を図ることなどの予防対策を講じているところであります。  各学校では、これらの対策を講ずる中で、家庭と連携しながら児童・生徒みずからが熱中症を回避する能力をつけさせるよう指導しており、教育委員会といたしましては、今後も継続して小・中学校の熱中症対策を支援してまいります。   もっと読む
2017-06-13 八戸市議会 平成29年 6月 定例会-06月13日-03号 このことから、県教育委員会では、平成26年度から、学校、家庭と関係機関とのネットワークの構築や児童生徒への具体的な支援を目的としたスクールソーシャルワーカーを6教育事務所にそれぞれ2名程度配置し、対応してまいりました。 もっと読む