運営者 Bitlet 姉妹サービス
250件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 その流れは現在まで続き、安倍内閣の最重要課題の1つには、女性がおのおのの希望に応じ、職場においても家庭や地域においても、個性と能力を十分に発揮し、輝くことができる社会という意味での、全ての女性が輝く社会をつくることとした政策としてさまざまな取り組みも行われ、女性が社会で働くことは今や当たり前の時代になってきていると言えます。   もっと読む
2018-09-06 青森市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06 本市の学校給食事業は、小学校給食センターが、平成26年4月から新しく三丸山に供用開始し、一般給食を1日当たり最大1万2000食、アレルギー対応給食は1日当たり最大120食調理することが可能な施設となっています。 もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 家庭でホームスクール、ホームエデュケーションですか、家庭を中心にということももちろん可能ですし、適応指導教室、あるいは民間のフリースクールを含めたところがあるということを学校のほうできちんと把握していただいて、それを情報提供できるのであれば、それはとてもいいことだと思いますし、子どもたちにとっても不安の払拭にもなると思います。   もっと読む
2017-12-11 八戸市議会 平成29年12月 定例会-12月11日-02号 また、不登校傾向に陥った場合であっても、児童生徒の状況を的確に把握し、将来の自立に向け、家庭や関係機関と連携したきめ細やかな支援を行うことによって、早期に学校復帰がかなう場合もあります。  現在、不登校児童生徒が在籍する学校では、学級担任等が家庭訪問を定期的に行い、当該児童生徒の家庭生活や学習の状況等を把握しております。 もっと読む
2017-12-08 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月 8日) ○都市環境部長(柳田 穣) 私より、第1項目め、「家庭系ごみ指定袋制度」の導入につきましてお答えさせていただきます。  家庭系ごみ指定袋制度の導入に当たっては、現在、その内容等を広く周知するため、町会の定例会など市民が集まる会合等に職員が直接伺う個別説明会を10月から実施しております。 もっと読む
2017-12-08 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月 8日) ○都市環境部長(柳田 穣) 私より、第1項目め、「家庭系ごみ指定袋制度」の導入につきましてお答えさせていただきます。  家庭系ごみ指定袋制度の導入に当たっては、現在、その内容等を広く周知するため、町会の定例会など市民が集まる会合等に職員が直接伺う個別説明会を10月から実施しております。 もっと読む
2017-12-07 十和田市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月07日−一般質問−02号 家族と過ごす時間がないことで家庭環境が危機的状況に陥るケースもあり、子供が不登校になったり、離婚の危機を迎えているなど、さまざまな問題も浮上してきています。このような教師の労働環境の苛酷さが一般にも知れ渡り、教員採用試験の応募人数は減少傾向にあり、教師という仕事に夢を持ちにくくなっている現状があります。    もっと読む
2017-09-14 八戸市議会 平成29年 9月 決算特別委員会-09月14日-02号 ◆夏坂 委員 私からは尻の河原道踏切の拡幅についてお伺いしたいと思います。  まず、事業の進捗状況について伺いたいと思います。 ◎八木田 建設部次長兼道路建設課長 夏坂委員にお答え申し上げます。   もっと読む
2017-09-13 八戸市議会 平成29年 9月 決算特別委員会−09月13日-01号 それぞれの所管課で法令等とも照らし合わせて判断いただく必要があるかと考えておりますが、総務課としては、役所のそういった文書を総括する部署としては、庁各課に可能なところから御配慮いただくようなことで、周知等については今後検討してまいりたいと考えているところでございます。  以上でございます。 ◆伊藤 委員 大変ありがとうございました。 もっと読む
2017-06-30 青森市議会 平成29年第2回定例会[ 資料 ] 2017-06-30 工事の概要であるが、工期は平成30年6月30日までとなっており、敷地に建設された鉄骨造2階建て、延べ床面積1481.20平方メートルの事務・調理棟及びコンクリートブロック造平屋建て、延べ床面積17.43平方メートルの汚水処理施設棟の解体撤去等を行うものである。   もっと読む
2017-06-15 青森市議会 平成29年第2回定例会(第5号) 本文 2017-06-15 家庭と連携し、十分な栄養補給や「早寝・早起き・朝ごはん」など規則正しい生活習慣の啓発を図ることなどの予防対策を講じているところであります。  各学校では、これらの対策を講ずる中で、家庭と連携しながら児童・生徒みずからが熱中症を回避する能力をつけさせるよう指導しており、教育委員会といたしましては、今後も継続して小・中学校の熱中症対策を支援してまいります。   もっと読む
2017-06-13 八戸市議会 平成29年 6月 定例会-06月13日-03号 このことから、県教育委員会では、平成26年度から、学校、家庭と関係機関とのネットワークの構築や児童生徒への具体的な支援を目的としたスクールソーシャルワーカーを6教育事務所にそれぞれ2名程度配置し、対応してまいりました。 もっと読む
2017-06-13 青森市議会 平成29年第2回定例会(第3号) 本文 2017-06-13 それは保護者が自分の不注意が原因と考えてしまうと、事故が起きたという情報が家庭に埋もれ、企業や行政などに伝わらないからといいます。製品や環境に原因がなかったのかという視点で振り返ってみてほしいと情報の共有化の大切さを有識者は指摘しています。ただ、家庭でもより具体的な予防策を立てることは必要なことです。  以上を申し上げて質問します。 もっと読む
2017-03-02 弘前市議会 平成29年第1回定例会(第4号 3月 2日) そのどれもが、家庭系ごみの有料化はやっぱりおかしいという有料化に納得していない、撤回しかないという声です。  そこで、今回は、市民の率直な声を力に改めて家庭系ごみの有料化について質問してまいります。  家庭系ごみの有料化は有効とする審議会の答申を受けて示された市の文書には、定例市議会に関係条例改定案提出と示されておりました。そもそも、何ゆえ条例改定が必要となるのでしょうか。 もっと読む
2017-03-02 弘前市議会 平成29年第1回定例会(第4号 3月 2日) そのどれもが、家庭系ごみの有料化はやっぱりおかしいという有料化に納得していない、撤回しかないという声です。  そこで、今回は、市民の率直な声を力に改めて家庭系ごみの有料化について質問してまいります。  家庭系ごみの有料化は有効とする審議会の答申を受けて示された市の文書には、定例市議会に関係条例改定案提出と示されておりました。そもそも、何ゆえ条例改定が必要となるのでしょうか。 もっと読む
2016-12-13 八戸市議会 平成28年12月 定例会−12月13日-03号 現在、各学校においては、本人、保護者と相談の上、別室による個別の指導や家庭訪問等、児童生徒の状況に応じ、常に子ども理解に立った支援に努めております。また、市教育委員会では、こども支援センターの適応指導教室において、不登校状態が継続している児童生徒に対し、個別の学習や集団活動を通して集団生活への適応を促し、学校への復帰について支援しております。 もっと読む
2016-09-12 八戸市議会 平成28年 9月 定例会−09月12日-02号 しかしながら、平成27年度のUIJターンに関する相談件数は、青森県東京事務所に設置しているあおもりUターン就職支援センターや、首都圏等で行われる各種イベントの相談コーナーなどでの件数を合わせると、県全体で492件に及んでおり、特に家業を継ぎたい、親の面倒を見たいなどを理由に相談に訪れる方が多いと伺っております。 もっと読む
2016-09-08 弘前市議会 平成28年第3回定例会(第4号 9月 8日) 身体的虐待は、暴力等により身体に傷を負わせたり、生命に危険を及ぼすような行為となっております。  性的虐待は、児童に対するわいせつな行為やポルノグラフィーの被写体等に強要するなどとなっております。  ネグレクトは、養育の放棄、怠慢であり、心身の発達を損なうほどの不適切な養育や子供の安全への配慮がなされていない行為や学校へ登校させないなどとなっております。   もっと読む
2016-09-08 弘前市議会 平成28年第3回定例会(第4号 9月 8日) 身体的虐待は、暴力等により身体に傷を負わせたり、生命に危険を及ぼすような行為となっております。  性的虐待は、児童に対するわいせつな行為やポルノグラフィーの被写体等に強要するなどとなっております。  ネグレクトは、養育の放棄、怠慢であり、心身の発達を損なうほどの不適切な養育や子供の安全への配慮がなされていない行為や学校へ登校させないなどとなっております。   もっと読む
2016-09-07 弘前市議会 平成28年第3回定例会(第3号 9月 7日) まず、デートDVとは特に10代、20代の若いカップルの間で起こる暴力のことをいい、高校生や大学生、もっと早い段階から知りたかったと、必要性について言われています。  その際、弘前市では教諭や養護教諭などで構成される性教育調査研究委員会が組織され、教育センターに相談支援チームを設置し、人権侵害に対応できる体制となっているとの御答弁でした。   もっと読む