運営者 Bitlet 姉妹サービス
504件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月12日) ○上下水道部長(加藤和憲) 水道事業の広域連携についてお答えさせていただきます。  市町村等の水道事業の広域連携につきましては、国から平成28年度に、都道府県が主体となって検討体制を構築し、広域連携に向けた検討を進めるよう通知があったところです。このことから、青森県では平成28年10月に県内を6地区に分け、協議の場として地区協議会を設置しております。 もっと読む
2018-12-10 青森市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10 このことから、これまで関係機関が相談支援を行ってきた世帯の情報や、平成28年度から定期的に実施してきたひきこもり相談会において把握してきた世帯の情報に加え、去る12月8日に開催した「ひきこり講演会&相談会」で新たに把握した世帯の情報をもとに、関係機関と連携しながら、今後もひきこもりの方やその家族に必要な支援につなげていくこととしております。   もっと読む
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 、必要に応じて道路維持課に連絡し、連携を図っていたところである」との答弁があった。 もっと読む
2018-09-14 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月14日) 議会や執行機関は、情報提供や環境を整え、支援し、市民力、地域力の向上を支える車の両輪のように働き、市民とともに3者が連携・協力して取り組むことで、このまちの明るい未来へつながっていくものと考えております。重要なことは、この条例をつくることが目的ではなく、この条例を生かしていくことであります。   もっと読む
2018-09-13 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月13日) さきに、きのうですか、先輩議員も質問されておりましたことでありますが、このたびの水道法改正案では、大きな改正として官民連携の推進が改正の大きな一つの目的ではないかと私は理解をしているところであります。水道事業の効率性のためにも人、物、金の部分において、ある程度、官民連携は必要と考えております。   もっと読む
2018-09-12 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月12日) 市といたしましては、畑ワサビ栽培に関してこれまで技術的にサポートをいただいているテーオー食品株式会社と連携して、畑ワサビ栽培に取り組む方々に対し助言を行ってまいりたいと考えております。  次に、ミニトマトの生産振興事業についてであります。   もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 改正案は、小規模事業者ほど深刻な状況にある諸課題の解決を図るため、国、都道府県、市町村、水道事業者等の責務を明確化するとともに、基本方針や基盤強化計画の作成、協議会の設置等による広域連携の推進、長期的観点からの計画的な施設更新等による適切な資産管理の推進、官民連携の推進などが主な内容となっております。   もっと読む
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 オープンから8月までの約1カ月間は、市民の皆様に広場の利用方法をPRするために、市が関係団体などと連携しながらイベントを実施してまいりました。   もっと読む
2018-09-07 青森市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07 今回の水害において、特に水道施設の復旧は官民連携及び広域連携による対応が非常に大切であると認識いたしました。限られた職員数の中で、災害など緊急時に備えて水道施設を官と民が共有して把握しながら、日常から官と民の組織的な実行力と機動力を高めるなど、災害に対して今まで以上に早く対応する体制を官民連携で構築する必要があると思います。 もっと読む
2018-09-05 青森市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05 3つに、本年5月25日に発足した青森市学校多忙化解消委員会の部活動部会において、運動部活動の方針を策定し、各学校が外部指導者の有効活用や各種スポーツクラブ等との連携を図ることなどにより、地域と連携した環境整備を推進することなどについて取り組むこととしており、これらの取り組みを通して外部指導者の強化を図ってまいります。   もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 水道法改正案は、水道事業の経営基盤強化の名のもとに、事業者に施設の維持と修繕を義務づけるとともに、官民連携や広域連携を促す内容です。現行の水道法で定めてあるとおり、水道事業は市町村が経営しています。これを自治体に施設の所有権を残しつつ、事業の経営権を民間に委ねる仕組みを導入するというものです。 もっと読む
2018-07-20 八戸市議会 平成30年 7月 総務協議会-07月20日-01号 定住自立圏――連携中枢都市圏――の連携事業数でございます。連携中枢都市圏を形成した平成29年以降、連携事業数が大幅にふえ、既に目標値を上回ったことから、平成32年の目標値を40事業から82事業に上方修正したものでございます。  以上、11項目について目標値等の修正を行い、八戸市まち・ひと・しごと創生総合戦略の改訂を実施したものでございます。   もっと読む
2018-06-22 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日) 次に、経営力の向上を図るために中小企業を下支えするための制度融資や経営指導体制を充実・強化するとともに、県や関係機関と連携して、創業・起業に関するさらなる支援を実施してまいります。  地元生産品の販売力強化につきましては、関係機関との連携を強化し、官民が一体となった地元生産品の普及啓発と販路開拓・拡大、地域資源のブランド化に総合的に取り組んでまいります。   もっと読む
2018-06-19 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月19日) 国は、2018年度から3年間、集中的な交付金配分や都市再生機構と連携した助言などを通じて、ハード・ソフト両面でモデル都市のまちづくりを支援するものであり、全国の32都市、県内では当市とむつ市が対象となっております。 もっと読む
2018-06-11 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号 当市においては、これまで近隣町村との定住自立圏における連携で実績を重ね、現在は連携中枢都市圏における連携事業を推進し、また、久慈市、二戸市との3圏域による連携事業にも取り組み、広域連携や都市間連携を積極的に推進しているところであります。   もっと読む
2018-04-20 八戸市議会 平成30年 4月 総務協議会-04月20日-01号 今後も地方を取り巻く環境は一層厳しさを増していくと予想されている中、近年は複数自治体による広域連携の重要性が高まっております。   もっと読む
2018-03-15 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号 この懇談会というのは、書店、図書館、大学、あとは読書団体連合会が集まりまして、ブックセンターの現状説明を受けながら、それぞれの立場からよりよい活用方法、連携等について意見交換をする場にも出席して連携を深めているところでございます。  今後、ブックセンターに対して、図書館でどういうことが言われているかということにつきましては、特に利用者からどうこうということは今のところはございません。 もっと読む
2018-03-14 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月14日-03号 では次に、55番の今後の商工産業と連携した観光戦略の目的と展望についてをお伺いします。  このたび、平成30年度の機構改革において観光課が商工労働部へ移管されるということです。観光にかかわる種々の施策と産業振興に係る連携強化を図るためと記されておりました。 もっと読む
2018-03-12 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月12日-01号 なお、調整率とは官民の支給水準の均衡を図るために設けられている率でございます。  資料にはございませんけれども、退職手当の算定方法につきましては、退職の日の給料月額に条例で定める退職事由や勤続年数の区分ごとの支給割合を乗じてその合計額を算出し、その額に調整率を乗じて退職手当の額を算出してございます。したがいまして、調整率が下がりますと、退職手当も減額となるものでございます。   もっと読む
2018-03-07 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月07日-04号 不登校の支援体制づくりを進める中で、今年度から連携中枢都市圏事業として、周辺町村との発達障害や不登校などの相談事業なども対応していると伺っております。  そこで、ウとしまして、八戸圏域連携中枢都市圏の連携事業として、こども支援センターヘ寄せられる圏域市町村の保護者などからの相談件数や、対応等の状況と今後の方向性について伺います。  最後に、会計年度任用職員制度について伺います。   もっと読む