運営者 Bitlet 姉妹サービス
237件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-05 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号 先ほど市民防災部長から言われたとき、それこそ夜間も利用しながら、そしてまた、休日も利用するということを述べられましたが、八戸市斎場の休日は1カ月にたった1日しかありません。1カ月に4回あるということではありませんので、たった1日だけの休日もやるというのは大変大きな負担が強いられると思います。 もっと読む
2018-12-13 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月13日) ○15番(鳴海 毅議員) 中学3年生は卒業していくわけですけれども、そういったことを踏まえて、卒業生を差し引き、平成31年度の全校生徒はふえる可能性があるのかどうなのかについてお伺いします。 ○議長(下山文雄議員) 奈良岡学校教育推進監。 もっと読む
2018-12-11 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月11日) また、小学校の中学年・高学年及び中学校では、思春期における体の変化やエイズ及び性感染症の予防などについて段階的に学び、生命を尊重し、よりよい人間関係を築くことができる資質や能力を身につけるよう指導しております。  このように各学校におきましては、子供たちの発達段階を踏まえながら性教育に関する年間計画を立て、生命誕生についての出前講座や外部講師による思春期教室など工夫して行っております。   もっと読む
2018-12-10 八戸市議会 平成30年12月 定例会-12月10日-02号 小学校だったり、中学だったり、廃校を、日本語教室ですから学校を利活用できる指定管理のような費用面のサポートをしていくという形も検討していってもらいたいと思っております。   もっと読む
2018-09-14 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月14日) この計画に基づき、2035年までに4期にわたっての実施計画策定が予定されておりますが、2020年までの第1期実施計画では、おおむね建築後40年を経過した施設を中心に優先検討施設として挙げ、たたき台となる議論の方向性を示し、本年5月に16中学校区ごとの住民説明会を実施しております。 もっと読む
2018-09-13 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会−09月13日-02号 特にアイスホッケーの場合、国内の大学のみならず、中国や韓国の小中学生などの方に来ていただいているという実績はあります。  以上でございます。 ◆中村 委員 ありがとうございます。特にそういう企業、大学とかには誘致してこなかったという現状があると思うのですけれども、会場の都合とか、練習場所とか、できないさまざまな要因にはどういったものが挙げられるか、参考までにお聞きしたいと思います。 もっと読む
2018-09-12 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号 あと、夜間につきましても、職員が夜9時、11時、午前4時と、1日、夜3回巡回いたしまして、入居者の状況を管理しているところでございます。  健康管理につきましても、毎日9時の集会時に入所者全員の体温をはかっておりまして、入浴前には血圧を必ずはかるとか、そういう健康管理には細心の注意を払っているところでございます。  以上でございます。 ◆中村 委員 詳細にありがとうございました。   もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 また、避難情報の発令につきましては、夜間の避難は移動の際に危険を伴うことなどから、夜間に避難勧告等が見込まれる場合には、できる限り日没前の避難しやすいタイミングとなるよう努めているところでございます。  さらに、市では、市民が受け取った避難情報を避難行動に結びつけられるよう、日ごろより地域の防災訓練や市民防災研修会等を通じて、防災意識の高揚と避 難情報の伝達手段の周知に取り組んでおります。   もっと読む
2018-09-06 六ヶ所村議会 平成30年 第4回定例会(第3号) 本文 2018年09月06日 次に、99ページの慰謝激励金品についてでございますが、慰謝激励金品は、両親または父、母が死亡や行方不明となっている六ヶ所村に住所があり、小・中学校に在籍している児童に中学卒業まで1年間に一度1,500円の図書券を激励品として支給しているものであります。  以上でございます。 もっと読む
2018-06-21 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第4号 6月21日) そのため、今後の対応といたしましては、学校運営協議会の委員、地域コーディネーター等に対する各種研修会の実施や地域と学校による連携・協働活動の事例の紹介に努めるとともに、各中学校区ごとの意見交換や地域説明会などを通じ、学校及び地域の声を聞きながら成果と課題を共有し、教育自立圏の構築に努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(下山文雄議員) 三浦市民文化スポーツ部長。 もっと読む
2018-03-15 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号 またあわせて、SNSのいいところはわかるのですけれども、現在八戸市教育委員会といたしましては、原則、小学生、中学生には、スマートフォン、携帯電話等を持たせないという指導を連合PTAとか小学校長会、中学校長会と連携の上進めております。そういった意味もありまして、事業の成果とか課題等も少し見ながら研究してまいりたいと、今の時点では考えております。  以上でございます。 ◆夏坂 委員 わかりました。 もっと読む
2018-03-14 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月14日-03号 したがいまして、館内には死角ができないような形で監視カメラを設置することを予定してございますし、また、敷地内の屋外につきまして、みろく横丁側につきましては、3メートルほどの夜間でも自由に行き来できる通路ができます。裏側につきましては花小路ということで、こちらも24時間通行できる通路になりますので、屋外の通路についても防犯カメラで監視できるような体制にしてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-03-13 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会-03月13日-02号 次の82ページに参りまして、9目休日夜間急病診療所費は、13節の同診療所の指定管理料が主なものでございます。  10目斎場費は、11節の火葬炉等の修繕料、13節のリニューアルのための設計等委託料及び指定管理料が主なものでございます。  11目環境衛生費は、1節の保健所嘱託職員報酬、次の83ページに参りまして、12節は衛生関係検査に係る手数料、13節の犬猫譲渡業務等委託料が主なものでございます。   もっと読む
2018-03-07 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月07日-04号 また、特別養護老人ホームや訪問看護でのみとり、あるいは夜間、早朝の医師の体制拡充、ケアマネジャーによる退院支援、介護保険を利用しない状態をつくる自立支援を評価するなど、医療から介護へ、病院、施設から在宅へ、そういう流れを一層強めています。 もっと読む
2018-03-05 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月05日-02号 なお、休日夜間急病診療所につきましては、現在、指定管理者制度を導入していることから、運営管理の方法や範囲について関係団体と協議してまいりたいと考えております。  次に、関係団体の状況でありますが、基本構想におきまして、八戸市医師会が臨床検査センターを、八戸市総合健診センターが健診施設を、八戸薬剤師会が休日夜間薬局をそれぞれ整備することとしております。 もっと読む
2017-12-11 八戸市議会 平成29年12月 定例会-12月11日-02号 その教師は後に参議院議員となり、何はさておいても、中学3年までの教科書代を無償にすべきだと政府に訴えました。その結果、教科書無償配付は1963年から段階的に行われ、1969年には小学1年から中学3年までの全児童生徒を対象に完全実施されました。公明党の小さな声を聞く力が結実したあかしでもあります。   もっと読む
2017-12-08 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第5号12月 8日) まず、ごみ集積所における不法投棄や不適正排出の状況につきましては、市内一部のごみ集積所におきまして、分別が不十分なごみ出しや他地区からごみが持ち込まれる事例があり、このようなごみは、集積所の管理者や廃棄物減量等推進員などが気づきにくい収集日以外や夜間に投棄されるケースが多く、集積所の管理者が対応に苦慮しているものと認識しております。   もっと読む
2017-12-07 十和田市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月07日−一般質問−02号 他県の当時中学2年生の男子生徒が自殺した問題は、担任と副担任の厳しい叱責が原因とするとの報告書が公表されたとの記事です。発達障害の疑いがあると助言されていたにもかかわらず、担任と副担任は放置し、宿題などの提出がされていないと厳しく叱責し、自殺に追い込んでしまったというのです。 もっと読む
2017-12-06 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月 6日) その内訳を見ると、小学校においては前年比約1.5倍増となる23万7000件余り、中学校においては7万1000件余り、高校においては1万2000件余りとなっており、小学生、特に低学年と中学年の増加が顕著となっております。   もっと読む
2017-12-05 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第2号12月 5日) 現在進めている次期弘前市経営計画の策定過程においては、町会連合会単位での意見交換会や各分野の団体との意見交換会を行い、延べ48回、164の参加団体、1,091人の参加者で、約90時間の長時間にわたる、他に例を見ないほど徹底した議論を、休日・夜間を問わず積極的に行ってまいりました。 もっと読む