78件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2021-03-04 令和 3年第1回定例会(第3号 3月 4日)

プール施設に関しましても、まさにオリンピックイヤーでもあり、さらには、2026年には青森県において完全国体開催されるとお聞きしております。当市においても大きな大会開催、誘致できるプール施設等が必要と考えます。未来に残せるレガシーとして取り組んではいかがでしょうか。  健康とスポーツは密接なものと思いますが、観光とも深く関わっていると考えます。

青森市議会 2020-12-23 令和2年第4回定例会(第9号) 本文 2020-12-23

藤原議員一般質問で、国体が1年延期になったのだから、2024年に供用開始しなくてもいいのではないかと質問しましたが、それに対する答弁はありませんでした。コロナ禍での税収減市民暮らしの困窮が予想される中で計画を推し進めることは、市民の切実な要望に背くことにつながるのではないでしょうか。感染対策事業支援暮らし応援こそ優先されるべきです。  

青森市議会 2020-12-04 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 2020-12-04

今年開催予定かごしま国体新型コロナ影響延期になり、鹿児島大会を2023年とし、内定していた2023年の佐賀県と2024年の滋賀県をそれぞれ1年延期することになったことにより、青森県で行われる同大会本番が1年延期され、リハーサル大会も1年延期となりました。  青森国民スポーツ大会リハーサル大会、2024年にアリーナ建設を間に合わせる必要がなくなりました。

十和田市議会 2020-09-08 09月08日-一般質問-02号

△発言の訂正について ○議長畑山親弘) 市長市長小山田久) 先ほどの答弁の中で、国体を「2006年」と申し上げましたが、「2026年」に訂正をしてくださるようお願いします。 ○議長畑山親弘) 議長において許可をいたします。 ○議長畑山親弘) 病院事務局長病院事務局長中谷慎志) 今後の医療従事者支援についての質問にお答えします。  

青森市議会 2020-09-02 令和2年第3回定例会(第2号) 本文 2020-09-02

今年開催予定かごしま国体新型コロナ影響延期になり、鹿児島大会を2023年開催とし、内定していた2023年の佐賀県と2024年の滋賀県をそれぞれ1年延期するというものです。自動的に青森大会も1年延期ということです。日本スポーツ協会スポーツ庁は、関係知事の了解を得て決定するようですが、ほぼ決定となりそうであります。  

青森市議会 2020-06-10 令和2年第2回定例会(第2号) 本文 2020-06-10

最初から決まっていたものだと思いますので、こういう施設というものが本当に2024年のリハーサル大会に必要なのかということになると、私は違うと思いますし、国体開催に当たって国体簡素化という流れがずっと続いていて、国体に間に合わせて新しい施設をつくるということではなくて、既存施設を使うということが前提となっているのが、国体──国民スポーツ大会の基本的な考え方だと思っています。

青森市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-04

2025年に本県で開催が予定されております第80回国民スポーツ大会につきましては、1977年のあすなろ国体以来、48年ぶり2回目の開催となります。本市におきましては、県内最多となる14競技が行われるほか、開会式閉会式実施が予定されており、現在、青森県及び各競技団体と連携し、開催に向けた準備を進めているところであります。  

青森市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会(第7号) 本文 2019-09-27

アリーナ計画国体に間に合わせずとも支障はありませんので、子どもの遊び場と防災施設のみにするとか、規模を見直すとか、市民体育館継続利用などもあわせ、柔軟にお考えいただくことを主張いたします。  決算については、青森自由通路アリーナ計画に使うより、暮らし、福祉、子育て応援障害者支援等に使うべきであったことを述べて、反対討論といたします。

青森市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 2019-09-06

やはりスポーツに力を入れるということで、アリーナ国体に間に合わせてというふうにおっしゃっているわけですけれども、既存の設備を、最低ジョギングコースが塞がれていない状態に早急に改善していただかないと、スポーツスポーツという言葉が残念なことに市民から不満が寄せられないとも限りませんので、ぜひそのところは御努力をお願いしたいと思います。  

青森市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-04

いずれにしても、国体に間に合わせるという無理は通さないで考えていただきたいということを指摘しておきたいと思います。  産廃について、環境部長から、非常に抽象的な内容の答弁をいただきました。市内の食品加工事業者が排出した野菜くず自社所有地に運搬、保管しているという情報を得て、立ち入りあるいは聞き取りを行ったということ、当該事業者からその物を撤去するという申し出があって、撤去作業実施されたと。

青森市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-13

国体準備等、いろいろ聞いてまいりました。そのときに、佐野市でもスポーツツーリズムをやっているわけで、市長は、このスポーツツーリズムを通じて稼げる力を市民に与えると言っております。びっくりしたんですけれども、スポーツで稼ぐというふうなことを言っております。そのようなチャンスが来るのではないかと。やはり寝なきゃいけない、ホテルが必要、宿泊所が必要です。

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 2019-03-22

当初、共産党弾圧のためにつくられた治安維持法が、結局は共産党とは関係ない普通の人々を弾圧するために猛威を振るい、国民全体を国体の名のもとで圧迫し、戦争への道に導きました。治安維持法犠牲者には、社会民主主義者もいれば、宗教者もいれば、学者、文化人演劇人教育者、工場で働いていた労働者も農民もいました。10万人を超える人々が特高警察に引っ張られ、拷問され、暴力を受けました。  

青森市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-02-27

このアリーナ役割の一つとして、国体でのサブアリーナ的な役割もあろうかと思います。1年ほど前に一般質問でも取り上げましたけれども、今、国体から国民スポーツ大会という名称に変更になっておりますが、私が確認したところでは、一昨年の愛媛国体で、メーン会場である松山市の負担額は8.8億円でございました。大体平均すると10億円弱ぐらいがメーン会場県庁所在地が負担する金額であります。

青森市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 2018-12-05

国体までに完成させるとしていますが、国民スポーツ大会実施会場決定済みで、市のアリーナでの実施には競技団体の同意、協力などが必要であります。国民スポーツ大会競技会場になるかどうかもわからず、練習場に使うことなどで同大会に貢献できるとしていますが、国体までと期限を切る根拠としては極めて消極的な理由です。

青森市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06

操車場跡地についてはそういうふうに考えられるんですが、1つ、アリーナに関連してなんですけれども、当初から、恐らく2025年の国体念頭にという表現だったと思います。どういう使い方をするかということは明言されていなかったんですけれども、そういうことも念頭に置いて考えているということだったんです。

青森市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04

また、2025年の青森国体に間に合わせるといって期限を定めることは、全体計画づくり影響を及ぼすものになります。ましてや、青森国体実施競技会場決定済みであり、アリーナを建てなくても国体実施することができます。  そこで質問します。操車場跡地アリーナについて。アリーナ建設前提としないで操車場跡地全体の利用計画をつくるべきと思うがどうか、答弁を求めます。  

青森市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 2018-06-13

この有識者会議の中でもちょっと出たようですけれども、これだけ練習時間を縮小してしまえば、国体選手だの、オリンピック選手だなんて出るわけないじゃないかと、何かそんな話も出たということなんですが、部活というものの意味を完全に誤解してしまっているわけです。ですから、私は部活動はどういう意味なのかということを、ぜひ先生にも父兄の皆さん方にもしっかりと御理解をさせていただきたいと思っております。