29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2017-09-06 弘前市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月 6日) ごめんなさい、ちょっときのうも話をして、ふと思ったのですけれども、きのうの質問の中で弘前市内に309でしたか、街公園があると……あ、きょうは来ていないのだ、公園緑地課。ではいいです。いや、どこかにキャッチボールできる公園はないかなということを言いたかったのですけれども、それまた次回にします。失礼しました。   もっと読む
2016-03-07 八戸市議会 平成28年 3月 予算特別委員会−03月07日-01号 2目土地改良総代選挙費は、平成28年度中に任期満了となる下長土地改良、奥入瀬川南岸土地改良の総代選挙執行に要する経費でございます。  3目財産議会議員選挙費は、次の59ページにわたりますが、平成28年度中に任期満了になる島守財産議会議員選挙の執行に要する経費でございます。  4目参議院議員選挙費は、平成28年7月25日の任期満了に伴い執行される参議院議員選挙のための経費でございます。   もっと読む
2014-12-08 八戸市議会 平成26年12月 定例会−12月08日-02号 3項目めは南郷の地域協議会についてですが、南郷のこれまでの地域協議会は今年度で終了します。  そこで、これに関連して、1つ目として、南郷地域協議会のこれまでの活動内容及び成果について伺います。  2つ目として、地域協議会の設置終了後の対応について伺います。  3つ目には、地域協議会設置終了後の新たな南郷振興組織の設置についての状況について伺います。   もっと読む
2014-06-20 弘前市議会 平成26年第2回定例会(第5号 6月20日) その中では、自転車の走行で危険だという意見が実は出てございまして、土手町の県道弘前岳鰺ヶ沢線、またあと本町から弘南鉄道の大鰐線中央駅へ向かう市道森町品川町線というところは、道路の段差とかあとは幅員の狭さなど道路構造に関するもの、それから交通量が多いと、そのような道路環境に関するようなそういう意見が出てございます。   もっと読む
2014-03-03 八戸市議会 平成26年 3月 定例会−03月03日-02号 また、震災復興とまちの活力創出を図るため、中心市街地、南郷、臨海部の工場群などにおけるアートのまちづくりや仮称・多賀地区多目的運動場整備事業の推進など、市民に活力を与える文化、スポーツの振興にも積極的に取り組んでまいります。   もっと読む
2013-03-14 八戸市議会 平成25年 3月 予算特別委員会−03月14日-04号 その中で、事業者側の要介護度が減ることによって介護報酬が減るという部分も、東京都品川でたしか4月から、そういう介護度が下がって報酬が減る分をで、要は成功報酬として支払うという取り組みを始めるようなことになっております。 もっと読む
2012-09-10 青森市議会 平成24年第3回定例会(第6号) 本文 2012-09-10 いじめに関しては、アメリカではもう犯罪と呼ばれておりまして、また、各自治体いろんな、さまざまな取り組みをする中で、品川は伝家の宝刀を抜いてしまうんだという、そういう強い態度に出ている自治体もあります。   もっと読む
2012-04-20 八戸市議会 平成24年 4月 経済協議会-04月20日-01号 平成24年4月2日付で、東京都品川に本社があります日本石油輸送株式会社に八戸北インター工業用地を分譲いたしました。同社でございますが、JXホールディングス株式会社の関連会社でございまして、石油類ですとか、あるいはLNGなどの鉄道、自動車による輸送を行っております。   もっと読む
2012-03-09 弘前市議会 平成24年第1回定例会(第5号 3月 9日) 土地改良所有なので直接的には県の管轄ですが、間接的には弘前市ともかかわりがあることです。市としては、何らかの動きをつかんでいるのか質問いたします。  次に、市内施設の直近で小水力発電が極めて可能なところがあります。岩木山総合公園です。   もっと読む
2012-01-20 八戸市議会 平成24年 1月 経済協議会−01月20日-01号 ヤフーカスタマーリレーションズ株式会社の概要でございますが、本社所在地が東京都港赤坂。代表者は井上雅博氏。  設立は、平成20年7月。資本金1000万円。総従業員632名。  事業内容は、コンタクトセンター業務、情報処理及び提供サービス品質維持のための支援業務等となっております。  続きまして、裏面、2ページをごらんいただきたいと思います。   もっと読む
2011-08-19 八戸市議会 平成23年 8月 民生協議会-08月19日-01号 これは霧島市とかたしか千代田とか、その辺もやっていたと思うんですけれども、そのあたりでは商品券支給ではなく介護保険料から引いてあげますというようなシステムだったと思うんですけれども、今回なぜポイントを商品券という形にしたのかというのをお伺いしたいと思います。 もっと読む
2009-12-18 青森市議会 平成21年第4回定例会[ 資料 ] 2009-12-18 特に、冬期間における雪対策としては、当市が30万都市でも有数の豪雪都市であることから、青森市雪対策基本計画を策定し、1つには、冬期の円滑な道路交通の確保、2つには、雪に強いまちづくりの推進のため、冬期歩行者空間確保施設の整備や地域における自主的な除排雪のための施設の整備、雪に強い街の形成などが進められてきた。   もっと読む
2009-12-08 十和田市議会 平成21年 12月定例会(第4回)-12月08日−一般質問−03号 次に、事業計画するに当たっては、今年度から十和田湖畔の地域住民で組織する十和田湖畔地まちづくり協議会と協議を行いながら、地元住民の要望を取り入れた次年度事業の選定を行うとともに、新規事業に重点的に配分するよう配慮した事業展開に努めているところでございます。   次に、新市まちづくり計画に対する考え方についてお答えをいたします。 もっと読む
2009-09-08 弘前市議会 平成21年第3回定例会(第2号 9月 8日) 東京都品川では、小学校の新1年生の保護者会で入学前までに和式の使い方になれることを求めるほか、入学後はトイレの使い方を指導、低学年の男子トイレには足型を描いたり、イラストを張って工夫しています。生活に不可欠なトイレ、それだけに重要な問題であります。  そこで、質問をいたします。  小学校のトイレ問題に対する御認識と今後の方向についてお伺いいたします。   もっと読む
2009-09-08 八戸市議会 平成21年 9月 定例会−09月08日-03号 これは市民の防災意識の啓発のツールとしても有効であり、実際に東京都品川や豊田市では、その目的で防災センターや火災学習センターに設置されております。自分たちの住む地域の災害等の危険箇所の確認、防災の関心を高め、自主防災組織の設置を促すことに活用できると考えます。 もっと読む
2009-06-11 八戸市議会 平成21年 6月 民生常任委員会−06月11日-01号 肺炎球菌ワクチン予防接種費用に関する助成を実施している市区町村・特別は平成21年4月現在、全国で97となっており、平成19年度と比較し51増加しておりますが、接種費用およそ7000円の半額程度を助成しているところが多いようであります。  県内においては現在2カ所で実施しており、外ヶ浜町では70歳以上を対象に1500円、東通村では65歳以上を対象に4000円を助成していると伺っております。   もっと読む
2009-03-06 青森市議会 平成21年第1回定例会(第3号) 本文 2009-03-06 全国的には、予防接種法に位置づけられていなくても、品川や鹿児島市などで1回接種当たり3000円、4回までの公費負担を実施しています。早急に公費負担の実現をお願いしたいと思うんですが、去年から任意接種もできるようになったので、ぜひそうした環境を整えていく必要があるのではないかと思っています。  青森市の場合、任意でも接種できる病院がありません。 もっと読む
2008-09-08 青森市議会 平成20年第3回定例会(第4号) 本文 2008-09-08 中小企業に対する緊急融資制度も、京都府、東京都港品川などで実施しています。原油の高騰によるこうした事態に対して、市として市民生活を守るという立場から有効な対策が必要ではないでしょうか。  そこで質問のその1は、低所得の高齢者、障害者、母子世帯、生活保護世帯に対して、今冬、灯油購入費の助成を実施すべきと思うがどうか。  その2は、農業、漁業への燃油の補てんを行うべきと思うがどうか。   もっと読む
2008-09-05 青森市議会 平成20年第3回定例会(第3号) 本文 2008-09-05 このたびの統合は通学再編計画に基づく第1号だと私は理解しているのですが、今まで協議されてきた経緯や合意内容等についてお知らせください。  次に、来年4月より通学区域の再編に伴い統合された場合、当該学校跡地と施設の活用はどのように考えているのかお尋ねいたします。  先日の地元紙で、黒石市の旧大川原小学校の旧校舎が、この9月より民間の経営で生まれ変わることになったことが紹介されておりました。 もっと読む
2006-12-13 八戸市議会 平成18年12月 定例会−12月13日-04号 東京都品川では、全国に先駆けて2000年度から40の小中学校で学校選択制を導入、7年目になります。4ブロックに分け、ブロック内では小中学校を自由に選抜できます。通学区域外から入学する人たちが年々ふえ、2000年13%だったのが、2006年には30.2%と2倍になっております。一方入学者ゼロの学校も出てきております。人気校、不人気校がはっきり固定化しているという状況になってきております。 もっと読む
  • 1
  • 2