321件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2021-03-03 令和 3年第1回定例会(第2号 3月 3日)

そういった背景において、弘前市における家庭児童相談虐待相談件数、また相談内容の特徴、これらに変化が見られたのか。まず、この点を壇上でお伺いいたします。また、そういった環境を踏まえ、弘前市として、地域における子供居場所づくり子供の見守りについてどのような施策を展開しているのかお伺いをいたします。  3点目、令和3年度当初予算案についてであります。  

十和田市議会 2020-09-18 09月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

歳出における第2款総務費では、広報とわ発行等事業について、生活交通路線維持対策事業について、市街地循環バス等実証運行事業について、新たなコミュニティづくり事業について、青森県議会議員選挙費について、第3款民生費では、民生委員が受ける相談件数及び内容について、地域生活支援給付事業について、子ども子育て支援事業計画策定事業について、児童虐待防止対策支援事業について、病児・病後児保育事業について、第

青森市議会 2020-09-08 令和2年第3回定例会(第6号) 本文 2020-09-08

学校教育は、教師から児童生徒への対面指導児童生徒同士の関わり合い等を通じて行われる」と言っています。  そこで少人数学級を進める上で、幾つかお聞きしていきたいと思うんですけれども、県では、33人学級を全学年に広げるためには県内で教員を何人増やせばできるのかと聞いたら、19人だと答弁しています。

青森市議会 2020-06-26 令和2年第2回定例会[ 資料 ] 2020-06-26

以上が説明の概要であるが、審査の過程において一部委員から「居宅訪問型保育事業における保育提供理由明確化について、改正後において保護者疲労等についての規定があり、国の改正の意図を見ると、安易に保育を依頼することにならないかとの懸念の声があるが見解を示せ」との質疑に対し、「保護者疲労等虐待につながる可能性もあるため、国でこのような仕組みにしたものと伺っている」との答弁があり、本案については、全員異議

青森市議会 2020-06-11 令和2年第2回定例会(第3号) 本文 2020-06-11

児童虐待についての社会の目は厳しくなっており、この4月は改正児童虐待防止法が施行、親の体罰禁止が定められて、いわゆるしつけと称する体罰はもう許されなくなっています。  質問の1は、学校休業期間児童相談所や市に対する児童虐待相談件数と主な相談内容及び昨年の同時期と比較した状況をお知らせください。  

青森市議会 2020-04-30 令和2年第1回臨時会(第1号) 本文 2020-04-30

子育て世帯への臨時特別給付金支給対象者は、令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金支給要領によりますと、「令和2年4月分の児童手当法による児童手当受給者」のほか、「令和2年3月分の児童手当受給者であって、当該者に係る支給要件児童又は中学校修了前の施設入所等児童が15歳に達する日以後の最初の3月31日を経過したこと又は死亡したことにより、児童手当を受給すべき事由が消滅した者」とされています。  

青森市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 2020-03-02

さて、本日2日から全国の小・中・高校の学校が一斉に臨時休業に入りますが、突然の政府の要請に、全国関係者は大変困惑しておりますが、我が青森市はいち早く、放課後児童会や児童館の朝8時から夕方6時までの開放を決定し、子ども居場所を確保したことは非常に適切な判断だと感服いたします。スピードを持って市政に取り組む小野寺市長の決断の早さだと思っております。

十和田市議会 2020-02-26 02月26日-議長選挙・議案説明・質疑-01号

           制定について 第14  議案第4号 十和田非常勤職員報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条           例の制定について 第15  議案第5号 十和田特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例制定に           ついて 第16  議案第6号 十和田職員特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例           の制定について 第17  議案第7号 十和田放課後児童健全育成事業

青森市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-12-09

ところが、現代は核家族化地域人間関係希薄化なども加わり、孤立しているお母さんもふえており、虐待につながってしまうケースも少なくありません。多胎育児家庭虐待死発生頻度は、1人で生まれた単胎児の家庭の2.5倍から4倍にも上るとの調査結果もあります。  2018年、愛知県豊田市で起きた事件も三つ子を育児中の母親が次男を床にたたきつけて死亡させたというものでした。