622件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-09-10 令和 1年 9月 定例会−09月10日-03号

次に、仮称・八戸都市圏わくわく交流プラザについてお答え申し上げます。  わくわく交流プラザは、八戸圏域の食の魅力をPRし、地場産品の販路を拡大することに加え、地域地域の人々と継続的に多様なかかわりを持つ、いわゆる関係人口をふやすことを目的とし、各種イベントの開催やファンクラブ形成、情報発信等を行う交流機能を持たせることとしております。  

八戸市議会 2019-09-09 令和 1年 9月 定例会-09月09日-02号

2点目として、仮称・八戸都市圏わくわく交流プラザについてでありますが、継続的に地域を応援してくれる関係人口の形成、拡大を主な目的に、移住、UIJターンの促進機能等を計画しているのは承知しているところでございますが、物産販売機能や飲食機能に関して、産業振興における目的と運営体制についてお伺いします。  続きまして、発言事項3として、消費税増税対応についてお尋ねします。  

青森市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-05

エアコンが設置されている施設は、いずれも小学校余裕教室以外で開設している放課後児童会であり、放課後児童会開設場所として借り上げした施設に当初から取りつけられていたものや、隣接する建物との関係で窓を開放することが難しい施設に設置したものに加え、昨年度、新たに整備した小柳小学校地域連携プラザ内の放課後児童会において、施設整備にあわせて設置しているものであります。  

八戸市議会 2019-06-20 令和 1年 6月 定例会−06月20日-03号

2点目として、来年6月に東京都内に開業予定の仮称・八戸都市圏わくわく交流プラザの役割についてお伺いいたします。  交流プラザは、地場産品の販路拡大や、地域を継続的に応援してくれる関係人口の形成のほか、国が推進する地方創生が目指す地域の活性化や地域への移住定住といった観点からも、首都圏における重要な拠点になるものと考えます。

八戸市議会 2019-06-19 令和 1年 6月 定例会-06月19日-02号

にぎわいの場を創出する交流スペースや、また、防災機能等、いろいろな機能を兼ね備えた施設があれば、駅からも近く、気軽に市民観光客の方々も訪れ、利用できるのではないかと思います。公園内にあるとなれば、小さいお子さん連れの若い夫婦から高齢者の方々まで気軽に集える親しみのある施設になると思います。

青森市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-18

DV相談支援センターの周知方法といたしましては、市ホームページや「広報あおもり」に掲載しているほか、DV相談支援センターの相談専用ダイヤルを記載したチラシやカードを作成し、市の関係各課や、男女共同参画プラザ「カダール」、働く女性の家「アコール」、県等の関係機関に配付、設置して周知を図っているところでございます。

青森市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-13

地域の安心を支える緑豊かな拠点」、「多様な交通でアクセスできる拠点」、「にぎわいを生み出す健康交流拠点」という3つの基本方針を定め、災害時の一時避難場所としての青い森セントラルパーク県所有部分を中心としたスペース、鉄道駅や南北自由通路駐車場駐輪場等の整備による交通機能の強化、キッズルームを備えたアリーナ整備による新たな交流の場など、これからの本市まちづくりの中核的エリアになるものと期待します

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

現在は、金沢小学校の肢体不自由学級(わかくさ)で、双子の兄やほかの健常児と交流しながら勉強している。日常生活では車椅子への乗りおりやトイレの移乗など、介助が必要である。3年生に進級すれば教室が2階になるため、交流学習時は先生におんぶしてもらい移動することになる。まだ体が小さいうちは可能であるが、中学生にもなれば先生方にも大きな負担になると心配している。  

八戸市議会 2019-03-19 平成31年 3月 観光振興特別委員会−03月19日-01号

プラザについて    (3) 蕪島地区物産販売施設について  ────────────────────────────────────── 出席委員(8名)  委員長  三 浦 博 司 君  副委員長 松 橋   知 君  委 員  田 端 文 明 君   〃   工 藤 悠 平 君   〃   伊 藤 圓 子 君   〃   藤 川 優 里 君   〃   田名部 和 義 君   〃   大 館 

八戸市議会 2019-03-11 平成31年 3月 予算特別委員会−03月11日-01号

12目青葉湖展望交流施設費は、13節の同施設の指定管理料が主なものでございます。  13目防犯対策費は、19節の八戸地区連合防犯協会など各関係団体への負担金、補助金が主なものでございます。  14目自治振興費は、次の55ページにわたりますが、19節の町内会等振興交付金が主なものでございます。  15目市制施行周年記念事業費は、式典運営など90周年記念事業に要する経費でございます。  

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

第2点目は、仮称・八戸都市圏わくわく交流プラザについてであります。  交流プラザにつきましては、地場産品の認知度を高め販路を拡大することや、継続的に地域を応援してくれる関係人口を形成することを主な目的として、従来型のアンテナショップとは一線を画した首都圏交流拠点を目指すとされております。  

八戸市議会 2018-12-17 平成30年12月 建設協議会-12月17日-01号

5の網形成計画の基本理念案でございますが、自家用車に過度に依存しなくても、安心して生活を営むことができる公共交通を軸とした活発な交流により、多様な個性、特性が輝き、圏域全体が一体的に発展するとともに、圏域における定住促進に資する公共交通指向型の圏域作りを目指すとしております。  裏面に参りまして、6の網形成計画の基本方針案でございます。  方針1でございます。