437件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 2019-03-05

そしてもう1つは、登校やいじめ問題、学校が抱える問題がふえてきたと同時に、国や自治体は全国学力テストや自治体独自のテストをふやし、行政研修、教員免許更新制、人事評価や学校評価など多くの施策を学校に押しつけて、これが積み重なって教員の多忙化に拍車をかけています。

八戸市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号

そして、県は諮問の最後の付言のところ、つけ加えるという付言の中で、処分庁の福祉事務所の事務処理の一部に看過できない適切な点が認められた。処分庁においては関連法令の趣旨を正しく理解し、今後、適切に事務処理を行うよう努められたいという指摘もされております。  

青森市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-04

また、せんだって渡部議員も話をされておりましたけれども、ひきこもりの当事者の皆様の話を私も一緒に聞かせていただきましたけれども、やっぱり基本にあるのは、そういう人と違うという部分でいじめに遭ってきたことによって、それがきっかけとなって登校になって、ひきこもりになっていくという一連の流れがあるんだなと思うので、その最初の段階をしっかりキャッチして、そういうふうにならない、周りがその子たちのよさをどう

青森市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-02-28

青森市内全ての児童・生徒が小学校に入学する前から、地域の皆様方を初め、この場にいらっしゃる多くの諸先輩議員、中でも、赤木議員は、16年間ほぼ毎日早朝から横断歩道に立ち、安全登校見守り隊活動を行っておりますので、その諸先輩議員の御尽力に心から感服しているところでございます。

八戸市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日-02号

3点目は、登校の実態と対応についてです。  小中学校における長期欠席者数は、全体で21万7040人です。このうち登校児童生徒数は14万4031人で過去最多となっています。文部科学省の調査では、30日以上欠席した登校の児童生徒は4年連続で増加しており、学年が高くなるほど登校生がふえています。

青森市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 2018-12-07

同時に、社会正義に基づく改革への取り組みであり、社会の不公平、公正、不条理に怒りを持ち、それをただす運動でありました。最終的には、誰もが生きがい、働きがい、精神的ゆとりを持てる社会の実現に向けた行動であり、社会的弱者や生活弱者に対するセーフティーネット構築への行動でありました。

青森市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 2018-12-06

また、このタブレットを活用した授業が楽しみで、意欲的に登校できた児童もいると校長先生からお聞きしました。あくまでも、タブレットなどICTは道具です。しっかりノートにも書き込んでいるところがよかったなと感じた次第です。ただ、わかりやすい授業を進めるにはタブレットの活用は効果的であり、欠かせないものになっていると実感いたしました。  そこでお伺いいたします。  

弘前市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日)

これまで数々の米政策により、減反配分は昭和50年代の10%前後から平成15年以降は40%を超える配分となり、作付地は拡大してまいりました。ここ弘前市でも、条件不利地から目に見えて作付地は増加してまいりました。現状、農家の高齢化問題も重なり、何年も休んでしまった作付地に米や米以外の作物を作付することは、現状はなかなか難しいものがございます。  

八戸市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号

さらには、生活リズムの乱れによりまして登校に陥るケースも報告されております。学校では、道徳や総合的な学習の時間を初めとする授業や専門的な知見のある講師を招いての情報モラル教室、児童生徒自身が決めるルールづくりなどを通して、適切なインターネット利用についての指導に努めております。保護者に対しましても、学校だよりや保護者集会等で家庭でのルールづくりを推奨するなどして意識啓発を図っております。  

八戸市議会 2018-09-10 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号

この制度は、健常者による適正な駐車場利用を抑え、見た目ではわかりにくい内部障がいを患っている方や、妊産婦なども気兼ねなく駐車できるよう取り計られた制度であり、利用者はその利用証をルームミラーなどにかけて、外部から見えるように掲示することで、該当する区画に優先的に駐車することができる制度です。  

青森市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04

まず最初に、登校の子どもの居場所についてであります。  小・中学校では、夏休みが終わっていつもどおりの学校生活が始まりました。ですが、その学校に足の向かない子どもたちがいます。登校児童・生徒でありますが、少なくない数の子どもたちが現実に学校に行けずにいます。以前、登校登校拒否などと表現され、一種の病気、心の弱さなどとして問題のある子として見られてきました。

青森市議会 2018-08-29 平成30年第3回定例会 目次 2018-08-29

18  事務局出席職員氏名……………………………………………………………………………………………18  開議………………………………………………………………………………………………………………19  一般質問(日程第1)…………………………………………………………………………………………19   12番(工藤健君・市民クラブ)……………………………………………………………………………19    1 登校対応

弘前市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第3号 6月20日)

また、事業の仕分けも当然、実施可決なことであり、したがって一定の日数をもって誤りのない、よりよい総合計画の策定を望むところでありますが、この総合計画は10年、20年先を見据えたものでなければなりません。今後この総合計画策定をどのようなスケジュールで、どのようなプロセスを経て策定するつもりなのか、櫻田市長の所見をお聞かせください。  (2)として、事業仕分けについてであります。  

青森市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 2018-06-12

出会いの婚活、子どもがなかなかできないことへの支援、妊娠から出産への寄り添い、孤立を防ぐ子育て支援、子どもの居場所づくり、登校、体と心の性の不一致などの教育相談、進学相談、就職のあっせん、経済的な支援など、人生の全てのサイクルに沿った行政の支援が積み重なり結びついて、人口減少という大きな問題へ立ち向かうその必要性を提起いたしまして、一般質問へと移ります。

青森市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会[ 資料 ] 2018-03-23

特殊勤務手当については、著しく危険、不快、健康又は困難な勤務に従事する職員に支給しているところである。  国では、時代の変化等を踏まえ、特殊勤務手当本来の趣旨に合致しないものについて適正化を図るよう地方公共団体に助言しており、このことから本市でも随時見直しを行ってきたところである。