260件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2019-06-21 令和元年第1回定例会(第5号 6月21日)

昨日の東奥日報に、文部科学省は今年1月、公立教員の残業の上限を原則月45時間、年360時間とする指針を策定。しかし、経済協力開発機構の19日の発表によると、中学校週56時間、小学校週54時間と、参加国の中で日本が最長の結果となっております。  (1)残業時間と対策について。  現状の残業時間の実態について伺います。

八戸市議会 2019-06-20 令和 1年 6月 定例会−06月20日-03号

さて、八戸圏域定住自立圏路線バス上限運賃制度、また、市営バス、南部バスの共同運行による等間隔運行の取り組みは、公共交通の講演や国の資料にも取り上げられ、当市の公共交通の取り組みは全国的にも高い評価を受けてきました。  そのような中、平成23年から継続されてきた、この路線バス上限運賃制度について運賃の改定が決定されました。そこで、以下3点について伺います。  

八戸市議会 2019-06-19 令和 1年 6月 定例会-06月19日-02号

まず、現在の利用者に継続して利用していただくための取り組みといたしまして、市内幹線軸における等間隔運行の実施、わかりやすい上限運賃政策の実施、中心街周辺エリア1日乗車券まちパス300の販売、バス事業者3社共通のバスマップの発行、バス事業者3社で相互利用可能な共通回数券の販売などを行っております。  

八戸市議会 2019-05-22 令和 1年 5月 経済協議会-05月22日-01号

──────────────────────────────────────  5 八戸市自動車乗車運賃条例の一部改正(案)の概要について ○森園 委員長 次に、八戸市自動車乗車運賃条例の一部改正案の概要について報告を願います。 ◎小橋 交通部次長兼運輸管理課長 それでは、八戸市自動車乗車運賃条例の一部を改正する条例案の概要について御説明いたします。  

八戸市議会 2019-05-22 令和 1年 5月 建設協議会-05月22日-01号

──────────────────────────────────────  8 市内路線バス上限運賃路線の運賃について ○寺地 委員長 次に、市内路線バス上限運賃路線の運賃について報告願います。 ◎畠山 都市整備部次長都市政策課長 それでは、市内路線バス上限運賃路線の運賃について御説明申し上げます。  まず、1、市内路線バス上限運賃政策についてでございます。  

八戸市議会 2019-03-15 平成31年 3月 予算特別委員会-03月15日-04号

その主なものは、第1項建設改良費の1目施設費は、先ほど企業債及び他会計出資金で説明いたしましたが、乗り合いバス計13台の更新に要する費用と液晶運賃表示器27台の購入にかかる費用等に2億8989万4000円、前年度比5.3%の増加、第2項企業債償還金の1目企業債償還金は、平成26年度から平成30年度までの建設改良債に係る元金償還金で、8621万6000円、前年度比23.8%の減少でございます。  

八戸市議会 2019-03-11 平成31年 3月 予算特別委員会−03月11日-01号

また、契約額は1320万円を上限とする額で、契約者は公認会計士の荒谷祐介氏でございます。  以上で説明を終わります。 ○藤川 委員長 これより質疑を行います。  御質疑ありませんか。 ◆夏坂 委員 おはようございます。私からは2款1項、高齢者の運転免許証返納支援についてと、2款4項の期日前投票所についての2点お伺いしたいと思います。  まず、高齢者の運転免許返納支援でございます。

青森市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-02-27

本市では、新規就農者に対しまして、就農後3年度以内を対象に、青年等就農計画の達成に必要な農地の賃借料や機械・施設の導入経費の10分の3以内、上限15万円を交付する青森市新規就農者定着化支援事業を実施するとともに、農業振興センターにおきまして、健全な土づくりを促進するため、就農後3カ年は1経営体当たり3点まで無料で土壌診断を実施しております。

八戸市議会 2018-12-17 平成30年12月 定例会-12月17日-04号

議案第145号平成30年度八戸市自動車運送事業会計補正予算の主なる内容は、収益的収入及び支出のうち、収入では、現行の市内300円上限運賃制度は、平成26年の消費税率8%引き上げになった際に増税分の3%を運賃に転嫁していないため、増税による減収相当額分を一般会計から負担金として受け入れることにより運送収益を増額するものであります。

八戸市議会 2018-12-17 平成30年12月 建設協議会-12月17日-01号

2の関連計画との関係を整理いたしますと、模式図のとおりでございますが、青森県の網形成計画や、これまで路線バス上限運賃政策を位置づけていた、圏域の前身計画でございます第2次八戸圏域公共交通計画、それから八戸市、階上町の網形成計画との整合を図るとともに、連携中枢都市圏ビジョンや各市町村総合計画都市計画マスタープランなどとも連携を図るよう圏域の網形成計画を策定いたしまして、それをもとに圏域の再編実施計画

八戸市議会 2018-12-12 平成30年12月 経済常任委員会-12月12日-01号

1款事業収益1項営業収益の1目運送収益ですが、現行の市内300円上限運賃制度は、平成26年の消費税率が8%に引き上げになった際に増税分の3%を運賃に転嫁しないため、増税による減収相当額分について、一般会計から負担として補填を受けることから、1854万5000円を増額するものでございます。  

八戸市議会 2018-12-12 平成30年12月 建設常任委員会−12月12日-01号

19節負担金補助及び交付金2818万1000円の増額は、バス事業者への路線バス上限運賃負担金として計上するものでございます。  以上で説明を終わります。 ○三浦 委員長 これより質疑を行います。御質疑ありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○三浦 委員長 御質疑なしと認めます。  第4款衛生費の関係部分について理事者から説明を求めます。

八戸市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日-03号

次に、2つ目といたしまして、自主防災組織の活動促進及び各地区の防災力の向上を図ることを目的に、防災に関する活動に係る経費を助成する、八戸市自主防災組織活動支援助成事業を実施しており、防災訓練防災研修会の開催に係る経費のほか、防災マップ、パンフレット、チラシ等の作成に係る経費、補助金の支援を受けて購入した防災資機材の修繕に係る費用等を対象として、1団体5万円を上限に助成しております。  

青森市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 2018-06-13

このため、現在国において、新たな担い手対策として、農業を始めて間もない青年新規就農者の就農意欲の喚起と定着化に向け、年間最大150万円を給付する農業世代人材投資事業を実施しているほか、本市独自の支援として、農地賃貸料や農業経営に必要な資材の導入経費などに対し、上限額15万円で経費の10分の3以内の額を交付する新規就農者定着化支援事業を実施しております。