89件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

1 第97回全国高校サッカー選手権において青森山田高校サッカー部が優勝しており、今、ちょうど旬であるため、平成31年5月発行のVol.9の取材先はスポーツとするのがよい 1 ことしワールドカップラグビーが9月に開催されるので、平成31年8月発行のVol.10の特集記事をスポーツとすることも考えられる 1 スポーツについては、サッカー関係のことを取材するのであれば、やはり平成31年5月発行の際が旬であるため

青森市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-04

ことしのラグビーワールドカップ日本大会、来年の東京オリンピック・パラリンピック、2025年の第80回国民スポーツ大会青森大会など、スポーツへの関心の高まりが期待されます。青森市では、年間を通じて市民誰もがスポーツに親しめる環境づくりを進め、スポーツ人口を増加させ、スポーツを通じた交流人口の拡大により、地域の活性化を図ることとしています。  そこで質問します。

青森市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 2018-12-05

先般、明治大学のOBの方が私の知り合いでもいらっしゃいまして、その方からもお話を聞いておりましたけれども、今までは長野県の菅平、ラグビーとかでも有名なところですけれども、こちらのほうが合宿で長年使われていたようなんですけれども、青森市の環境、それから陸上競技場が古いほう、新しいのを含めて今2つあるという環境、こういったものが選定の大きな要素であったということを伺っております。

八戸市議会 2018-12-04 平成30年12月 定例会-12月04日-01号

このような中、来年秋の開館を目指している長根屋内スケート場・YSアリーナ八戸や八戸駅西地区に立地予定である多目的アリーナ・フラット八戸など、氷都八戸の地域特性を生かしたスケート関連施設の整備が進められており、さらには、来年開催されるラグビーワールドカップや2年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックなど、我が国において世界的なスポーツイベントが予定されているなど、さまざまなスポーツへの市民の関心が

八戸市議会 2018-06-12 平成30年 6月 定例会−06月12日-03号

来年、2019年のラグビーワールドカップ大会、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2021年のワールドマスターズゲームズ関西の開催を控え、スポーツのゴールデンイヤーが始まります。そのため、観光とともに今注目されている分野、産業が地域スポーツやスポーツ産業であります。  

八戸市議会 2018-06-11 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号

議員御提案のとおり、カッコーの森エコーランド周辺地域は、体育館、陸上競技場、野球場、プール、屋内運動場などの体育施設が集中し、さらには、本年から陸上競技場の改修によりラグビー競技が実施可能になるなど、さまざまな競技に対応した施設が整備されており、市民のみならず、周辺町村や岩手県北地域の方々からも利用されております。

青森市議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会(第5号) 本文 2017-12-08

本市におきましては、野球、サッカー、ラグビー、卓球、バドミントン、カーリングなど、全国でもトップレベルの強豪校や団体に加え、青森ワッツやラインメール青森FCなど、地域の宝が数多くあります。こうした地域の宝を生かし、地域とともに歩むスポーツの理念に沿って、その振興に力を注いでいるところでございます。

八戸市議会 2017-06-12 平成29年 6月 定例会-06月12日-02号

昨年12月定例会、屋内スケート場・スポーツ文化施設建設特別委員会の質疑の中で理事者から、ラグビー協会より国体での競技開催の打診があり、可能な限り八戸近郊でスポーツの振興を図っていきたいとお話をされております。  そこで、国体開催に向けての対応について伺います。  

青森市議会 2017-06-09 平成29年第2回定例会(第2号) 本文 2017-06-09

あと、ラグビーフットボールの成年男子が青森市スポーツ広場ラグビー場及び多目的グラウンド、新青森県総合運動公園球技場、アーチェリーが(仮称)新青森県総合運動公園陸上競技場補助競技場及び投てき練習場、また、ゴルフの女子及び成年男子が青森カントリー倶楽部及び東奥カントリークラブ、そして、トライアスロンがベイエリアを活用した青森市特設トライアスロン会場という形になっております。  

八戸市議会 2017-02-27 平成29年 3月 定例会−02月27日-02号

がっちりとスクラムを組んで、スクラムエイトとも申せばいいのか、ラグビーでスクラムを組むわけですが、首が強くないとスクラムが崩れます。ですから、八戸の小林市長がしっかりと中心を担って、首の強い首長、各町村も首の強い首長としてがっちりとスクラムを組んで進めていただきたい、このことを要望申し上げたいと思います。  

青森市議会 2016-12-26 平成28年第4回定例会(第5号) 本文 2016-12-26

本市青森市には、野球、サッカー、ラグビー、卓球、バドミントン、カーリングなど全国でも強豪の学校及び団体に加えまして、青森ワッツやラインメール青森FCなど地域のプロスポーツクラブを初め、地域の宝が数多くございます。こうした地域の宝を生かして、地域とともに歩むスポーツ、この理念に沿ってその振興に力を注いでまいります。

八戸市議会 2016-12-15 平成28年12月 屋内スケート場・スポーツ文化施設建設特別委員会−12月15日-01号

青森国体に向けてですが、実は、昨日もラグビー協会がいらっしゃいまして、八戸でぜひラグビーの試合、ラグビーも青年と少年と、あと女子がございまして、そのうちの全部は無理なんですが、津軽のほうと、こっちの南部のほうと分けて開催したいので、整備についてもお願いしたいという話でありました。

十和田市議会 2016-09-08 平成28年  9月定例会(第3回)-09月08日−一般質問−03号

私自身も高校、大学とラグビーをしており、7人制ラグビーの世界最強と言われるニュージーランドを破っての4位入賞では大変感動いたしました。   また、前述の三本木農業高校の部活動の好成績は、地域的に元気を与えてくれるものでありますし、子供たちも4年後の東京オリンピック、9年後の青森での国体開催に夢を持ったことと思います。   

十和田市議会 2016-06-20 平成28年  6月定例会(第2回)-06月20日−一般質問−02号

もやったということでそうなのですけれども、県等にも施設を適合基準に合うように要望とかも出している可能性もあると思うのですが、例えば今十和田市、サッカーにおいては県のフットボールの施設として認定されていたり、相撲においても大学相撲、高校相撲の全国大会等で使われるような立派な施設がありますので、そこもあるということで、あとプラスして可能性の話として、今のサッカー、相撲に加えまして、私もスポーツやってきたというのがありまして、ラグビーフットボール

八戸市議会 2016-06-14 平成28年 6月 定例会-06月14日-03号

その一つが女子ラグビーでございます。昨年からラグビー協会と大学が一緒になって八戸市にラグビーの試合ができる環境整備と女子ラグビーの国体誘致を要望していると伺っておりますけれども、これらを含めまして開催競技をふやしていくべきだと思いますけれども、今後の取り組み活動について再質問させていただきたいと思います。  

青森市議会 2015-12-22 平成27年第4回定例会(第8号) 本文 2015-12-22

斉藤選手の志が、本市のスポーツ関係者に受け継がれておりますことは、このたび、水球日本男子チームが来年のリオデジャネイロオリンピックに出場できることになり、そのチームの中に、本市出身の飯田選手と葛原コーチも名を連ね、また、ラグビーの世界最高峰リーグのスーパーラグビーの選手にも、ことしのサッカーワールドカップの代表選手として活躍した三上選手が選ばれ、さらには、サッカー五輪最終予選のアンダー23、この代表選手

八戸市議会 2015-12-08 平成27年12月 定例会-12月08日-03号

イングランドで開催されたラグビーワールドカップ日本代表の試合は、多くの日本人を熱狂させ、スポーツが持つ、人を熱狂させ、日常を刺激的にする大切な性質であることが証明されました。どのスポーツでも国際大会は盛り上がりを見せている中、国内でも多くのスポーツが徐々に地域に根差し始め、当市のプロスポーツチームについては3種目もあり、非常に充実している環境です。