運営者 Bitlet 姉妹サービス
79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 八戸市議会 平成30年12月 定例会-12月10日-02号 災害弱者、高齢者や障がい者、妊婦、乳幼児、あるいはペットを連れた方など、多様な方々が避難をしてきますので、スムーズな誘導、避難所運営には苦労があると思います。  さまざまな災害を想定し、地域の実情に応じた訓練が行われていますが、その中で特に避難所運営訓練についてはどのように行われているのか、行政としてはどのようなかかわり方をしているのか、1点目としてこの点を問います。   もっと読む
2018-09-12 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号 ただ、ペットを飼われている方がたくさんいらっしゃるので、そちらのほうで獣医師資格を持っている方が開業したりというふうに回っていって、公の行政のところに来てくださる方が少ないと聞いています。  今回、報酬、給与の引き上げという対応をしたのがよかったかと思います。各方面に向けてここを頑張っていただきたいというか、ゼロというわけにはいかないと思うので、ぜひよろしくお願いしたいと思います。   もっと読む
2018-03-07 十和田市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月07日−一般質問−02号 事例として、ペットの遺骨、位牌と一緒に入れてくれという希望や、大好きな大相撲の土俵の土と一緒に埋葬してほしい、誰それと一緒の墓に入りたくないなどなどの希望があるそうです。そうした終活から浮かび上がってくるのは、従来の葬儀や墓に満足していない、違和感を持っている人が多くなっているということです。そんな中、樹木葬という選択肢も一定の割合で登場してきています。    もっと読む
2017-09-15 八戸市議会 平成29年 9月 決算特別委員会-09月15日-03号 ◎田中 物流施設課長 アニマルセラピーでございますけれども、ここはどのような活用かといいますと、家にいた際に犬とか猫とかを飼っていて、どうしても会いたいというときがあれば、そこに犬とか猫、ペットを連れてきて、そこで会うと。ほかのところで、病室で会うといろいろと毛とかそういうのが散らかりますので、ここで会っていただくという場所でございます。  以上でございます。 もっと読む
2016-12-12 八戸市議会 平成28年12月 定例会−12月12日-02号 構成員は、獣医師会、愛護団体2団体、ペットショップオーナー、盲導犬を使用している方々となっております。推進員の方々は、一般市民のボランティアとなっております。ともに殺処分ゼロを目指すという共通目標のもとに活動を展開しております。行政側だけの活動では限界があるのだそうです。市民の力をかりながら、共同で進めていくことがより大切であると思います。   もっと読む
2016-12-06 弘前市議会 平成28年第4回定例会(第2号12月 6日) それから次、もう一つあれですけれども、ペットの飼育ということについてです、学校で。ウサギとかヤギとか、そういうものの実態はどうなっていますか。 ○副議長(小山内 司議員) 櫛引学校教育推進監。 ○学校教育推進監(櫛引 健) 平成28年度、今年度4月現在の調査ですけれども、小動物を学校全体で飼っている小学校というのは13校ございました。中学校のほうは2校となっております。 もっと読む
2016-10-21 八戸市議会 平成28年10月 経済協議会−10月21日-01号 リサイクルの方法があるわけですけれども、その中で八戸高専の杉山教授が開発した電気分解の方法であれば、割と簡単にリサイクルが可能だというので開発して、それが八戸高専のそういう特許財産を管理するところで今管理しているわけですけれども、その方法を用いて、利用して、今、八戸市内に1社、この間新聞に載っていたアイカーボンという会社と三沢のほうの会社、中屋敷建設がやっているものでそちらもそういうリサイクルしたものにペット もっと読む
2016-09-12 八戸市議会 平成28年 9月 定例会−09月12日-02号 ペットボトルでは、キャップ、ラベルがプラスチック、ボトルはリサイクル可能なペット樹脂とされております。このように、分別するのに手間がかかるものが多く、分別されないまま捨てられていることが見受けられます。その結果、適切ではない方法で処理されることになり、ダイオキシンの発生や土壌汚染といった環境問題を引き起こす原因につながっていくことになります。 もっと読む
2016-09-08 弘前市議会 平成28年第3回定例会(第4号 9月 8日) また、愛するペット等、またそれが流れていく農家の方々が使う水にも影響があるわけでありますから、しっかり取り組んでいただければと思います。  それと、取水施設でありますが、法定耐用年数を超えている施設はあるのかないのか、確認をさせていただきたいと思います。 ○議長(下山文雄議員) 佐藤上下水道部長。 ○上下水道部長(佐藤嘉哉) 当市の取水施設でありますが、岩木川のラバーダムがございます。 もっと読む
2016-06-21 十和田市議会 平成28年  6月定例会(第2回)-06月21日−一般質問−03号 日本では、治療としては行われておりませんが、ペットなど動物との触れ合いや調教された馬に触れたり、乗ったりすることで、心の癒やしにつながるなどの効果があると言われております。   次に、健康乗馬として活用できないかのご質問にお答えいたします。 もっと読む
2016-06-15 弘前市議会 平成28年第2回定例会(第3号 6月15日) (3)避難所におけるペット対応について。  次の項目は、スポーツ・ツーリズムの戦略と経済効果についてです。   もっと読む
2016-03-02 八戸市議会 平成28年 3月 定例会−03月02日-04号 動物愛護等に関する条例につきましては、青森県が動物の愛護及び管理に関する条例を制定しており、ペットを飼う上での遵守事項のほか、飼い犬の係留義務を規定しております。当市では、中核市移行後、この条例に基づき、係留されていない犬の捕獲、返還等の業務を行うこととなっております。 もっと読む
2016-03-01 八戸市議会 平成28年 3月 定例会-03月01日-03号 日本は現在、空前のペットブームと言われ、犬や猫は単なるペットの域を超え、パートナー、あるいはコンパニオンアニマルとも呼ばれることが多くなりました。今や多くの人々の生活にとって家族と同じ、かけがえのない存在となっています。  そのような中、全国では、犬や猫15万頭が動物愛護センターや保健所に引き取られ、その7割は殺処分され、とうとい命が奪われている現実があります。 もっと読む
2015-12-14 八戸市議会 平成27年12月 定例会−12月14日-04号 審査の過程において、市営住宅でペットを飼うことができるようにする考えはないか質疑があり、理事者から、人によっては動物が嫌いな方もおり、野良犬等に餌づけをして迷惑だという苦情が寄せられたこともあることから、現状ではペットについて認める考えは持っていないとの答弁があったのであります。 もっと読む
2015-12-09 八戸市議会 平成27年12月 建設常任委員会−12月09日-01号 ◆伊藤 委員 直接的ではないんですが、今、市営住宅ではペットを飼うこと、あるいはお部屋の中で飼うこと、そういったことができないかと思うんですけれども、市民の方々、飼っている方々もおられるし、また公営住宅においでの方々も飼いたいと、しかしそれがかなわないということで、こういう時代なので、公営住宅にもそういうふうな公営住宅ができればいいと、あるいはそういう許可がおりる住宅があればいいというふうな御意見があるんですけれども もっと読む
2015-12-08 弘前市議会 平成27年第4回定例会(第2号12月 8日) その中で、「住民がペットの中型犬を避難所に連れてきた。どうする?」との課題が出たり、自主防災会会長は、「台本に沿った訓練では気づかないことが多くあった」との記事でした。  やはり、殺到する被害情報に鍛えられる判断力が必要の思いを大にした記事でした。 もっと読む
2015-09-10 弘前市議会 平成27年第3回定例会(第4号 9月10日) 地下道の入り口には、通行に当たっての注意喚起を促す案内板が設置されておりますが、その中には介助犬の同伴を除いてペットの散歩は禁止と掲示されております。  ペットの散歩を禁止している理由としては、開放された空間の道路と違い、地下道が閉鎖空間となっていること、ペットのふん尿を原因とする衛生問題や突然ほえるなどの行動により動物が苦手な方々への配慮があったことなどが挙げられます。   もっと読む
2015-03-11 八戸市議会 平成27年 3月 予算特別委員会−03月11日-03号 写真のまち八戸と関連があるのかという御質問でございますが、これはたまたまで、2年ほど前からこの企画を持ち込むことで相談してまいりまして、写真のまち八戸構想と直接に結びつく企画ではございませんでしたが、写真を撮るという行為、自分がペットである猫の写真を撮る、それを美術館に持っていくと張ってもらえるという参加型、あるいは、では、プロがその同じ猫を撮ったときに、どういうすぐれた写真になってできてきているのかという もっと読む
2015-03-10 八戸市議会 平成27年 3月 予算特別委員会-03月10日-02号 そこには多くのペットを亡くされた方々、動物愛護の方々が訪れて、市民の癒やしの場ともなっているところであります。いわば動物愛護の聖地ともなっている場所でもあります。そこに訪れる方々は、風化した鉄骨むき出しの廃墟となっている状況に、皆さんが違和感や、あるいは恐怖感を感じている人たちが多いのです。 もっと読む
2014-12-24 青森市議会 平成26年第4回定例会[ 資料 ] 2014-12-24 また、青森市斎場及び浪岡斎園のほか、民間のペット火葬業者などでも受け入れできる環境にある」との答弁があった。  以上が審査の過程における主なる質疑応答であるが、本案については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決したものである。  次に、議案第201号「青森市病院料金及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について」であるが、審査に当たって理事者側から次のとおり説明を受けた。   もっと読む