10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2019-02-25 六ヶ所村議会 平成31年 第1回定例会(第1号) 本文 2019年02月25日 さらには、小学校の英語教科化、プログラミング教育の必修化など、教育現場に携わる教員や児童への負担がますますふえる中、村といたしましては引き続き外国語指導助手を全小学校に1名ずつ配置し、指導体制等のさらなる充実を図ってまいります。   もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 次に、プログラミング教育についてお答え申し上げます。  新学習指導要領において平成32年度から小学校においてもプログラミング教育を導入することとなりました。プログラミング教育とは、プログラム言語を覚えることが目的ではなく、学習ソフトを使ってコンピュータに意図した処理を行うよう指示する体験をさせながら、論理的、創造的に考えさせ、解決の方向性をみずから見出す力を育成することを目的としております。   もっと読む
2018-09-05 青森市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05 やっぱり定期的にコンピュータなりプログラミングをしなければ、子どもたちは覚えていかない。興味ある人はもとがあれだけれども。 もっと読む
2017-12-11 八戸市議会 平成29年12月 定例会-12月11日-02号 AI、IT時代に求められるというのは、暗記力ではなく思考力であるという話もありまして、そういう意味では今、学校でプログラミング教育が必修化されるというのは、そういう時代に求められるIT人材を輩出する、そこが目的だと思っております。 もっと読む
2017-09-14 八戸市議会 平成29年 9月 決算特別委員会-09月14日-02号 今後、2020年の次期学習指導要領の改訂でプログラミング教育が必須になるという意味では、まさにタブレットを使った授業というのは間違いなく必要になってくると思っております。 もっと読む
2017-07-21 八戸市議会 平成29年 7月 建設協議会-07月21日-01号 るといったこともありまして、この4日間、土日月火というのは、本当はもっと長い期間でやれば、もっと精度は高くなるんですが、やはり市民生活への影響をこの実証実験においては最小限にしたいということでありまして、土日月火という、土日の代表、平日の代表ということで4日間のシミュレーションの解析、それとあわせまして、信号の現地調整、今もこの信号機は一々時間で変わるのではなくて、センサーがついておりまして、機械のプログラミング もっと読む
2017-06-13 八戸市議会 平成29年 6月 定例会-06月13日-03号 小学校では英語や道徳が教科化され、またプログラミング教育も導入される予定であります。新しいものを現場は受け入れていかなくてはなりません。先生方に心と体のゆとりがなければ、子どもたちと向き合い、また同時に心の微妙な変化も感じ取ることができないと思います。先生方におかれましてはどうぞお体に御自愛され、未来を担う子どもたちのためにこれからも御努力いただくことをお願いし、この項目の質問を終わります。 もっと読む
2017-02-28 八戸市議会 平成29年 3月 定例会−02月28日-03号 また、児童生徒の語彙力や読解力アップに向けた新聞、本の活用に加え、論理的な思考力を身につけるプログラミング教育も小学校で必修化することになります。いずれも基礎的な学力を形成するための学習量を維持しつつ、授業の質を高めて思考力や判断力を養うことに力点が置かれており、改訂の方向性としては画期的な内容となっております。   もっと読む
2015-08-21 八戸市議会 平成27年 8月 経済協議会−08月21日-01号 業務の内容ですが、設計データを工作機械に入力するためのプログラミング業務である航空機部品加工NCプログラムの作成、航空機部品加工治具の開発、設計及びこれらに附帯する業務をするものと伺っております。  従業員数は、操業開始時3名で、将来的に10名を目指すこととしており、平成28年4月の新卒社員として八戸工業高等専門学校から2名を採用する予定としております。  以上で説明を終わります。 もっと読む
2012-03-21 八戸市議会 平成24年 3月 議員全員協議会−03月21日-01号 この日程、それからいろいろなことを加味してということなんでしょうけれども、こういった全国議長会のほうのプログラミングと旅費のあり方というものも、やはりこの条項を残すとすれば、やはり申し入れをしていくとか、こういったことをということでの要望を言った中で、本当に生かせる内容にしていくようにするのが一つの方法かなというふうに思います。 もっと読む
  • 1