運営者 Bitlet 姉妹サービス
650件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月13日) 岩木山総合公園のテニスコートは、1面に5コートが4面とセンターコート、合わせて21コートございます。平成4年に整備されて以来、コート数の多さから合宿や大会等に活用されておりまして、これまでは部分補修という形で施設を維持してまいりました。   もっと読む
2018-12-11 弘前市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月11日) このため、今年度中に障がい者を対象にした正職員の採用試験を実施するための準備を進めているところであります。  試験の実施時期につきましては、1次試験を来年2月、2次試験を3月に実施し、合格発表後、説明会などを行い、来年6月1日までに雇用してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 ▼最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1 (参  考)             総務企画常任委員長報告書(審査経過及び結果)  初めに、議案第137号「契約の締結について(八重田浄化センター合流最終沈殿池設備改築電気工事 もっと読む
2018-09-21 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月21日-04号 まず、一般会計歳出中、第2款総務費では、自転車保険、業務継続計画――地震編――の運用体制、採用試験における障がい者、精神保健福祉士、獣医師等の採用、全国山村過疎地域振興連盟負担金、学生まちづくり助成金、周年事業の考え方、第3款民生費では、長生園施設整備、未婚のひとり親家庭の寡婦控除のみなし適用、生活保護世帯のクーラー設置、ケアワークパスポート、介護離職、第4款衛生費では、高齢者肺炎球菌ワクチンの接種状況 もっと読む
2018-09-19 八戸市議会 平成30年 9月 観光振興特別委員会-09月19日-01号 また、表の下の4段になりますけれども、種差海岸インフォメーションセンターでは、各種体験プログラムを実施するほか、冬季間における種差海岸への誘客を図るため、同センター及び民間団体が主催となって、昨年度に引き続き食体験をメーンとした冬のグルメプログラムを実施することとしております。  夜の灯台開放のチラシ、それから種差トレッキングのチラシのほうを添付しておりますので、後ほどごらんください。   もっと読む
2018-09-14 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月14日-03号 大型二種免許の取得費用として40万円程度の金額がかかるということで、そのうち30万円を助成しますということですが、取得して採用試験に受かりましてから、年間5万円を上限として、最高6年間30万円までを支給する形になります。年間5万円は2万5000円ずつ、6月と12月の給与支給時に支給するという形になってございます。  以上でございます。 ◆苫米地 委員 わかりました。 もっと読む
2018-09-13 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月13日) 以来、青森県農事試験場が上北郡藤坂村に藤坂試験地として開設され、昭和10年、田中稔が勤務すること18年、昭和28年、耐冷性品種「藤坂5号」の育種が成功するまで、津軽の歴史は飢饉の歴史でもありました。  今日、私たちが誇りとする弘前城も、支配階級だった武士の存在も全ては米が基で成り立っておりました。  私たちは、冷害凶作のことをけがじと言っております。 もっと読む
2018-09-12 八戸市議会 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号 次の120ページに参りまして、5目市民サービスセンター費は、市内10カ所の市民サービスセンターの職員の人件費のほか、次の121ページにわたりますが、市民サービスセンターの管理運営に要した経費でございます。  6目交通対策費は、黄色い安全帽支給に係る11節の消耗品費、19節の交通安全協会ほか各団体への補助金が主なものでございます。   もっと読む
2018-09-12 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月12日) 成年後見につきましては、ヒロロ内にある市民生活センターとのかかわりが多いことと思っていますが、市民生活センターの場合も専門性を要する業務なので、他自治体との広域化で運営されています。相談者は弘前市以外からもあるようなので、弘前市成年後見支援センターも広域化し、交通アクセスもよいヒロロ内に設置というお考えはないか。 もっと読む
2018-09-11 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日) 弘前市から排出されるごみは、弘前地区環境整備事務組合が維持管理する弘前地区環境整備センターと南部清掃工場の2施設で処理しております。  2施設の可燃ごみの処理能力につきましては、弘前地区環境整備センターは1日最大246トン、南部清掃工場は1日最大140トンの処理が可能となっております。 もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 これまでに、広報はちのへへの掲載等による周知のほか、高齢者支援センターやその前身となるサブセンターが徘回のおそれがある認知症高齢者やその家族に対し、当事業への登録を勧めてきたことによりまして、登録者数は年々増加し、現在、当市の登録者数は280人となっております。   もっと読む
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 私が理想としているのは、市長も我々議員連盟が大分に視察に行った際に、大分の駅の南側にホルトホール大分、一緒にごらんになったので記憶があると思うのですが、そこは、市民ホールとか、障がい者の福祉センターとか、図書館とか、子育てセンター並びにお年寄りの方々の運動施設なんかがある。 もっと読む
2018-09-07 青森市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07 まず、障害のある方を対象にした正職員の採用試験の実施に当たりましては、身体障害者に限定することなく、知的障害者及び精神障害者の方々の受験も可能としております。また、受験案内の文字にルビを付すことや音声コードの印字、点字や音声パソコンによる受験希望など、障害のある方が受験する際に必要な配慮についてあらかじめ確認するなどの取り組みを行っております。   もっと読む
2018-09-06 青森市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06 現在、本市の小・中学校給食は、小学校給食センター及び小学校給食センター、浪岡学校給食センターの3給食センターのほか、単独給食実施校7校において学校給食を調理し、各小・中学校に提供しております。  本市の給食施設の運営方針については、老朽化が顕著であった2つの共同調理場にかわって新たな給食施設を整備するために、青森市小学校給食センター等整備運営事業実施方針を定め、平成22年11月に公表しております。 もっと読む
2018-09-05 青森市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05 ですから、そういう人方を対象にして、資格試験といいますか、そういうものを求めていくというのはどうなんでしょうか。かえって減らしてしまう、散らしてしまうというような危険性はないですか。 97 ◯議長(里村誠悦君) 答弁を求めます。 もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 1階には事業を起こす、創造する、起業・創業の拠点として、あおもりスタートアップセンターが開設され、起業・創業の専門家でありますインキュベーションマネジャーが常駐するあおもり地域ビジネス交流センターとともに、青森市の新たな「しごと創り」の拠点としてフレキシブルで開放的な心地よい空間となっております。 もっと読む
2018-06-22 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日) 平成23年度に、西部学校給食センターが管轄する中学校14校の生徒を対象に、主にふだんの朝食のとり方や内容、学校給食に関することについてアンケートを実施しております。  以上でございます。 ○議長(下山文雄議員) 千葉議員。 もっと読む
2018-06-21 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第4号 6月21日) 現在、産業技術センターりんご研究所では、国内の原体の2剤の治療剤の実験農薬があります。治療剤です。ことしで2年間試験されております。黒星病に対する治療効果が既に確認されております。治療剤であることから、これ一刻も早く登録に踏み切らなければならないというところですが、しかし、登録条件に人畜毒性、慢性毒性、それから残留毒性の試験データが必要となります。 もっと読む
2018-06-20 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第3号 6月20日) 内訳といたしましては、小学校で9カ所、交流センターや老人福祉センターなど公共施設の利用が7カ所となっております。登録児童数は、平成30年6月1日現在では942名となっております。また、平成26年10月からは開設時間を延長するとともに、平成27年には対象児童を小学校3年生までから小学校6年生までに拡大し、利用料を無料として実施しております。   もっと読む
2018-06-19 十和田市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月19日−一般質問−03号 しかしながら、平成21年に青森県の試験研究機関の再編により、独立行政法人青森県産業技術センターとなり、農業試験研究機関もこのセンターに統合され、青森県産業技術センター農林総合研究所として再スタートをすることになったものであります。    もっと読む