110件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-22 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月22日-06号 する議案に対する質疑の主なる内容は、第2款総務費及び関連議案では、高齢者の運転免許証返納支援、町内会費納入の推進対策、公共施設全体の維持管理費、新公会計、出先の10連休対策、第3款民生費及び関連議案では、人工鼻の日常生活用具給付、高齢者等バス特別乗車証負担金、身体障害者福祉センターの相談件数、保育園の10連休対策、民生委員等、第4款衛生費及び関連議案では、インフルエンザ及び風疹の予防接種、中心街のカラス もっと読む
2019-03-11 八戸市議会 平成31年 3月 予算特別委員会−03月11日-01号 最初に、中心街のカラスのふん害についてお尋ねいたします。  ちょうど1カ月くらい前にそういった相談を受けまして、私も中心街をちょっと歩いてみたんですけれども、カラスのふんで大変滑りやすいというんですか、かなりひどい状態でございました。環境部にもその都度連携をとって対応していただいているんですけれども、まず、現状の認識と、これまでやってきた対応策について伺いたいと思います。 もっと読む
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 1 「平成29年度及び今年度のカラスの処分数と今後の対策について示せ」との質疑に対し、「本市のカラスの駆除対策としては、月1回、銃による駆除及び箱わなでの捕獲を実施しており、平成29年度は72羽、今年度は8月末時点で106羽を処分している。 もっと読む
2018-03-13 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会-03月13日-02号 をふやしていくというところで取り組んでいくということかと思うのですが、これは今後の見通しとしては、やはり市の鳥獣被害防止計画に沿って行われていくのかとは思うのですが、今後としては、やはり報償金なり、1人当たり1万円というものも増額をしたりというような財源確保という必要性という部分では、どのようなことがあるのかと考えたときに、やはり、前に伺ったときは、大体鳥獣被害が県全体で8000万円ぐらい、市が1300万円ぐらいで、カラス もっと読む
2018-03-08 八戸市議会 平成30年 3月 建設常任委員会−03月08日-01号 1項保健衛生費12目公害対策費は、1084万6000円の減額でございますが、1節報酬から7節賃金までは人件費の調整及び不用見込み額を減額するもの、9節旅費から14節使用料及び賃借料までは執行残及び不用見込み額を減額するもの、18節備品購入費は、環境美化のため、青森県市町村職員福祉互助会助成金を充当し、カラス対策として使用する機器の購入費12万円を計上するものでございます。 もっと読む
2018-03-06 八戸市議会 平成30年 3月 定例会-03月06日-03号 山形県山形市では、ふん害対策としてカラスの鳴き声を使ってカラスを追い払う実証実験、岩手県では、放牧された牛をドローンで管理する、埼玉県では、県施設の壁や屋根の劣化調査に赤外線カメラ搭載ドローンを導入、同じく埼玉県春日部市では、ごみ対策や災害時の協力などの協定を締結、東京都八王子市では、デジタルハリウッド株式会社とドローン飛行に向けて人材育成協定を締結、ほかにも、災害時の被災状況把握などのために導入している もっと読む
2017-12-11 八戸市議会 平成29年12月 定例会-12月11日-02号 当市における平成28年度の野生鳥獣による農作物被害は、主にカラスなど鳥類による果樹の食害であります。被害面積が約3ヘクタール、被害額が約1300万円となっており、県全体の農作物被害額約8000万円と比較しても決して少なくない状況となっております。   もっと読む
2017-12-06 弘前市議会 平成29年第4回定例会(第3号12月 6日) しかしながら、カラスによる農作物の食害、ふん害等の被害は改善したという実感はありませんし、またカラスの集合地がこれまでより散らばって、ふえているのではないかという市民からの声もあります。   もっと読む
2017-09-22 八戸市議会 平成29年 9月 定例会-09月22日-04号 まず、一般会計歳出中、第2款総務費では、陳情、要望、市長への手紙、男女共同参画社会推進及び女性活躍推進、シティプロモーション事業、町内会、出生届、婚姻届、性別表記、第3款民生費では、はちのへ縁結びプロジェクト事業、保育士のメンタルヘルスケア、あんま券、生活困窮者自立支援事業委託料、第4款衛生費では、産業廃棄物適正処理関連地下水調査委託料、水銀を含む製品の回収、産業廃棄物及び一般廃棄物の不法投棄、カラス もっと読む
2017-09-13 八戸市議会 平成29年 9月 決算特別委員会−09月13日-01号 ◆寺地 委員 通告してあります4款2項、カラス被害対策のごみ箱の補助金について、一応現状をお知らせ願いたいと思います。 ◎滝沢 清掃事務所副所長 お答えいたします。  カラス対策事業ごみ箱設置購入費用補助金について説明いたします。ごみ箱、集積所に対するカラス被害を軽減させるために、各町内会にごみ箱を購入設置する際に補助金を交付しております。 もっと読む
2017-09-06 弘前市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月 6日) 有害鳥獣の代表格とも言える猿、アライグマ、カラスなどによる農作物に及ぼす被害は、日常茶飯事となっております。熊においては、目撃や人身被害は後を絶たず、もはや鳥獣被害を見過ごすことのできない限界にまで来ており、狩猟者による有害鳥獣の数を調整する狩猟圧をかける必要があると感じております。   もっと読む
2017-06-14 青森市議会 平成29年第2回定例会(第4号) 本文 2017-06-14 カラスから孤高のワシに生まれ変わることを期待すると御指摘をいただきました。私も議員の一人として、この言葉を心に刻み、市民生活の向上と市勢の発展に尽くすよう、努力する決意を申し上げ、一般質問といたします。御清聴ありがとうございました。 もっと読む
2017-04-21 八戸市議会 平成29年 4月 経済協議会-04月21日-01号 5、今後の活動予定でございますが、被害報告があり、従来から民間が実施しておりましたカラス及びカワウの捕獲、住宅等に熊や猿が出没し、緊急に捕獲する必要性が生じた場合の対応、射撃訓練または鳥獣捕獲に関する講習会の開催となります。   もっと読む
2017-03-07 八戸市議会 平成29年 3月 予算特別委員会−03月07日-02号 2項1目清掃総務費は、清掃事務所の職員の人件費、物件費のほか、86ページに参りまして、11節の指定ごみ袋製造のための消耗品費、13節の一般廃棄物収集運搬等委託料、19節のし尿処理及びごみ処理に係る八戸地域広域市町村圏事務組合負担金、カラス被害対策事業ごみ箱設置補助金、23節の広域市町村圏事務組合に対する普通交付税の返還金が主なものでございます。   もっと読む
2017-02-28 八戸市議会 平成29年 3月 定例会−02月28日-03号 すると、そのごみ袋の形状の中には、ごみ袋の取っ手つきのこととか平袋のことについて、あるいは単価の値段のこと、そしてかなり多かったのは、カラス対策というか、カラスの問題、あるいはごみの出し方、マナー違反、それから高齢者になると、ごみの集積所まで持っていくのが大変だとか、そういういろいろな高齢者の排出負担の軽減、そういう問題に大きく大別されます。   もっと読む
2016-09-12 八戸市議会 平成28年 9月 定例会−09月12日-02号 市街地のカラスのふん対策について、分別状況について、ごみ袋についてこれまで検討されてきたことがあれば答弁を願います。  最後に、荷さばき所A棟について質問をいたします。   もっと読む
2016-09-06 弘前市議会 平成28年第3回定例会(第2号 9月 6日) 内訳は、ニホンザルが53頭、カラス1,796羽、ツキノワグマ6頭、アライグマ68頭、その他が152となってございます。  以上です。 ○副議長(小山内 司議員) 石岡議員。 ○13番(石岡千鶴子議員) 1頭とると、1匹とると幾らという単価を教えてください。 ○副議長(小山内 司議員) 熊谷農林部長。 もっと読む
2016-06-20 十和田市議会 平成28年  6月定例会(第2回)-06月20日−一般質問−02号 十和田市鳥獣被害防止計画には、対象鳥獣の種類としてツキノワグマ、カラス、カワウ、カルガモの4種類があります。捕獲手段として、ツキノワグマは15台の箱わなを用いるとありますが、鳥獣被害防止計画には箱わなが不足することがあると課題が記載されています。今年度予定している防止計画の改定で、箱わなをふやすことを考えているのかどうか、お聞きします。    もっと読む
2016-03-08 八戸市議会 平成28年 3月 予算特別委員会−03月08日-02号 2項1目清掃総務費は、清掃事務所等の職員の人件費、物件費のほか、11節の指定ごみ袋製造のための消耗品費、次の85ページに参りまして、13節の一般廃棄物収集運搬等委託料、19節のし尿処理及びごみ処理に係る八戸地域広域市町村圏事務組合負担金、カラス被害対策事業ごみ箱設置補助金、23節の広域事務組合に対する普通交付税の返還金が主なものでございます。   もっと読む
2015-12-11 弘前市議会 平成27年第4回定例会(第5号12月11日) 我が弘前市及びその周辺地域では近年、アライグマ、猿、アナグマ、またカラス等々の有害鳥獣による被害が拡大しております。しっかりとした駆除を行っていかなければ、今後何十年にもわたって我が市の農業及び生活環境に重大な悪影響を及ぼし続ける問題でございます。  この件に関しましては、私はこれまでも一般質問または予算決算委員会においても数度にわたり質疑を行ってまいりました。 もっと読む