運営者 Bitlet 姉妹サービス
292件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 青森市議会 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27 1 「本市における設置期間が1年を超えるような仮設興行場等について、具体的に想定しているものはあるのか」との質疑に対し、「国土交通省の説明では、一例として東京オリンピック・パラリンピックが想定されているが、青森市内において具体的な想定はしていない」との答弁があった。  以上が審査の過程における主なる質疑応答であるが、本案については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決したものである。   もっと読む
2018-09-18 八戸市議会 平成30年 9月 建設常任委員会-09月18日-01号 また、表の下段は、従来仮設興行場等仮設建築物に対する許可は存続期間が1年以内とされておりましたが、オリンピック等の国際的な規模の競技大会等に対応するため、1年を超えて存続することが可能となる規定が示されたことから、その事務手数料を定めるものでございます。   もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 東京オリンピック目前の2020年4月全面施行となっておりますが、今から、さらなる改正に向けて声を大にしたい。  そこで2点について伺います。  第1点は、当市における改正法による受動喫煙防止の効果等についてです。  今般の改正により、当市の受動喫煙防止の効果が具体的にどのように上がるのか、取り組み方とあわせて伺います。  第2点は、八戸市受動喫煙防止条例の制定についてです。   もっと読む
2018-09-05 青森市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05 2020年の東京オリンピックを見据えて、スポーツを地域活性化に生かそうという動きが各地で広がっております。本市においても、今年度からスポーツ部門が観光・交流部門と連携しながら、地域活性化へつながる取り組みを一体的に行うため、経済部の所管となりました。地域のスポーツ振興及びスポーツを通じた地域活性化のため、スポーツコミッションは必要であり、重要であります。   もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 東京2020オリンピック・パラリンピックにおける食材の準備、運営段階の調達プロセスにおいても、経済合理性のみならず、持続可能性にも配慮した調達を行うことが定められ、農産物において個別基準が策定されました。 もっと読む
2018-08-21 八戸市議会 平成30年 8月 建設協議会-08月21日-01号 なお、接道規制に関する規定は手続の簡素化を図るため、認定できる規定を追加したもので、仮設建築物に関する規定は、オリンピックなどの存続期間が1年を超える案件に対応するための規定で追加するものでございます。  次に、(2)でございますが、八戸市手数料条例別表第6に項目を追加することで生じる同表の項ずれを解消するとともに、同条例において引用している建築基準法の規定内容の整理を行うものでございます。   もっと読む
2018-08-21 八戸市議会 平成30年 8月 経済協議会−08月21日-01号 オープン時期は2020年、平成32年度夏の東京オリンピック開催前を目指しております。  八戸都市圏の食ブランドを活かした広域連携による稼ぐ力強化事業の説明は以上でございます。 ○壬生 委員長 ただいまの報告について御質問ありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○壬生 委員長 ないようですので、ただいまの報告については終わります。   もっと読む
2018-06-14 八戸市議会 平成30年 6月 屋内スケート場・スポーツ文化施設建設特別委員会−06月14日-01号 その大会では、平昌オリンピックメダリストの高木美帆選手が総合優勝を果たしております。  今後の予定ですが、開催準備に向けて日本スケート連盟及び青森県スケート連盟、関係機関、帯広市などから御指導を得ながら、開催地の体制や、組織づくりについて調整してまいりたいと考えております。  以上で説明を終わります。 ○高橋 委員長 ただいまの説明について御質問ありませんか。 もっと読む
2018-06-12 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月12日-03号 東京オリンピックが迫っており、建設は近づくほど困難になるということと、また県立の陸上競技場の整備を優先するというような事情があったことと思っておりますが、その後、平成26年6月23日の県議会で、松田県会議員が新たな負担はさせないよう、軽減するよう求める質問をしております。   もっと読む
2018-06-11 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号 当市では、屋内スケートリンクが完成すれば、国際大会などが行われる予定ですし、また、2020年のオリンピックなどもあります。日本にははしかの菌はないんですけれども、外国から持ち込まれるのが流行の発端になるわけです。ここを未然に防ぐという意味ではワクチン接種しかないのですから、その助成について自治体の責任として考えていただきたいと要望をしておきます。   もっと読む
2018-05-21 八戸市議会 平成30年 5月 総務協議会−05月21日-01号 なぜそのようなやり方をするのかと、最初から公募しないのかということでございますけれども、88周年のロゴマークの際も同じようなことでございましたが、最近東京オリンピックのエンブレムなどでも問題になりましたように、商標登録されているもの、類似のものを除外すると、そういったことが必要なことがございますので、一般の方々から公募いたしますと、さまざまなデザインの仕方、手書きであったり、さまざまなやり方が出てまいりますので もっと読む
2018-04-20 八戸市議会 平成30年 4月 総務協議会-04月20日-01号 初めに、事業概要ですが、トップアスリートのトレーニング等に対応するNTC関連設備を導入し、冬季競技のスピードスケート競技における強化拠点施設として国の指定を目指すもので、国の指定のもと、国内外のオリンピック強化選手や団体の強化合宿を誘致し、稼げる施設としての運営を行うものでございます。   もっと読む
2018-03-15 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号 今はパラリンピックをやっておりますけれども、実際に平昌オリンピックでもスピードスケート、そしてまた、アイスホッケーが日本選手の活躍で大きな注目を浴びたわけでございます。   もっと読む
2018-03-14 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月14日-03号 ですので、愛称という部分に関しましては、また再検討したり、今回、東京オリンピックのマスコットを決めるときには小学生を交えたり、次世代の子どもたちに意見を募って決定するというやり方もありましたので、また引き続き継続していただき、今後長きにわたり拠点の名称、愛称と、はっちと並ぶ非常に大きな施設になると思いますので、そういったことも提言させていただきまして、質問を終わります。 もっと読む
2018-03-13 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会-03月13日-02号 まず、禁煙、分煙、あと受動喫煙、禁煙外来、電子たばことか、葉たばこ撲滅に向けたさまざまなたばこ用語が行き交って久しいわけですが、国際的な動きからの、オリンピックなども含めまして、禁煙の動きがあるものの、その程度は地域によってまたさまざまで、東京オリンピック目前となった現在でも、国会の議員会館の地下にある議員食堂などでは、たばこを吸いながら食事ができるテーブルもまだございますし、九州には議員全員協議会 もっと読む
2018-03-09 十和田市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月09日−一般質問−03号 今、文化庁、観光庁は、西暦2020年の東京オリンピック開催に向けて、日本遺産として100件程度の認定を目指して、日本遺産魅力発信推進事業を展開しています。    もっと読む
2018-03-07 十和田市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月07日−一般質問−02号 平昌オリンピックでは、日本の選手が頑張り、メダルラッシュになりました。私たちも大いに選手の活躍に励まされました。特に地元旧十和田湖町から立崎幹人選手がバイアスロンに出場し、最初の種目の男子10キロメートルスプリントでは84位と厳しい成績でしたが、4日後の男子20キロメートル個人では64位と頑張りを見せてくれました。 もっと読む
2018-03-07 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月07日-04号 次に、東京オリンピックに向けた食材の売り込みについて伺います。  韓国で開催された冬季オリンピックでは、日本チームは過去最多のメダルを獲得するなど、大きな成果を上げることができました。今度はいよいよ2020年夏に東京で行われるオリンピックに向けて、東京を初めとして各競技が行われる自治体でも施設の整備や受け入れ体制などが進んでおります。 もっと読む
2018-03-06 八戸市議会 平成30年 3月 定例会-03月06日-03号 2月9日から25日まで17日間、韓国の平昌で開催された冬季オリンピックが終了し、当市第二中学校スケート部の後輩であった田村岳斗さんが女子フィギュアの日本最高順位の成績をおさめた宮原知子選手のコーチとして活躍している姿や、小さなころから新井田リンクなどで上級生に必死に食らいついていた中村亜実選手が、スマイルジャパン、女子アイスホッケー日本代表として活躍している姿は、遠い存在になったような気もする一方、 もっと読む
2018-03-05 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月05日-02号 まずは、市長が提案理由の説明の冒頭でも述べられましたが、平昌オリンピックでの日本選手団の活躍により、メダルの数が過去最も多い13個を獲得し、我々に熱い感動と勇気を与えてくれました。今後、氷都八戸での施設の活用により、すばらしいアスリートが誕生することを期待するものであります。   もっと読む