271件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-12-23 令和2年第4回定例会[ 資料 ] 2020-12-23

令和3年1月30日土曜日には、本市が東京2020オリンピックパラリンピック競技大会ホストタウンになっているタジキスタン共和国方々ねぶた師をインターネットでつなぎ、灯籠を作成するオンラインワークショップ実施する予定としており、現在、タジキスタン共和国大使館等と調整をしているところである。  

弘前市議会 2020-12-08 令和 2年第4回定例会(第2号12月 8日)

国内では、56年ぶりに開催予定であった東京オリンピック延期されたほか、多くの集客を伴うイベントや、夏の風物詩でもある甲子園大会など各種スポーツ競技中止延期を余儀なくされました。当市においても、今年で100回目を迎えるはずであった弘前さくらまつりねぷたまつりといった、市民ばかりでなく、県内外はもとより、インバウンド観光が見込める多くのイベントが相次いで中止となりました。  

弘前市議会 2020-09-10 令和 2年第3回定例会(第4号 9月10日)

私の周りでも、3月、4月はコロナ禍での野菜価格が振るわず、6月以降、オリンピック需要に合わせて作付した野菜が、供給過剰から価格が低迷してきたと聞き及んでおります。  一変、夏野菜では、品薄状態から高価格で推移しているとのことです。また、近年急激に増えてきた津軽の桃にあっては、この夏の暑さも手伝って、食味のよさから高価格で販売されております。

十和田市議会 2020-09-09 09月09日-一般質問-03号

来年に延期になったオリンピックパラリンピック開催が心配ですし、私は残念なことですが、中止になるかもしれないと思っています。  このようなコロナ禍の中で学校教育が行われています。教育に携わる方々の努力などに敬意を表したいと思います。子供の安心、安全のため、また教職員をはじめ教育に携わる方々安心、安全のため、次の質問をしたいと思います。  1つは、小中学校内の消毒の現状について。

十和田市議会 2020-09-08 09月08日-一般質問-02号

オリンピックパラリンピック開催の期待を胸に始まった2020年は、コロナ禍による大きな社会変動の年にさま変わりしております。世界を見渡しますと、新型コロナウイルス感染者が2,000万人を超えております。国内においても今まさに第2波だと言われており、経済的に痛みを伴う規制はいつ緩めれば正しかったのかなどの議論もされております。

弘前市議会 2020-06-16 令和 2年第2回定例会(第2号 6月16日)

また、青森県民体育大会において幾度も総合優勝を飾り、数々のオリンピック選手プロ選手を輩出するなど、スポーツ活動も非常に盛んであります。この文化芸術活動スポーツ活動は、市民の生活に潤いをもたらすとともに、人を育て、まちの個性や魅力を生み出す重要な役割を担っているものと思っております。  

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会[ 資料 ] 2020-03-23

また、東京2020オリンピックパラリンピックに向けて、青森市がホストタウンとしてタジキスタン共和国と組み、令和元年度は強化合宿令和2年度は事前合宿に来てもらう形で考えている。そのほか東京2020オリンピックパラリンピックに向けた機運醸成については、地域スポーツ課オリンピックパラリンピック推進室中心となって図っていきたいと考えている」との答弁があった。

十和田市議会 2020-03-11 03月11日-一般質問-04号

今のままの状態が続き、もしオリンピック中止にでもなったら、日本経済はもとより日本という国が世界から厳しい批判、バッシングを受けることになり、これまで築き上げてきた評価を失う可能性があることを自覚すべきであります。  我が十和田市においても、小山田市長中心に行政と議会が一つになり、「一人の感染者も出さない」を合い言葉に対処していきたいものであります。  

弘前市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第5号 3月 9日)

今年は東京オリンピックパラリンピック開催年であり、今年こそは少しでも地方都市がその恩恵にあずかれるのではと思いきや、今度は新型コロナウイルスで消費までが冷え込み、全てが大変な状況であります。  いよいよますます、人も物もお金も大都市圏へさらなる一極集中かと、言葉で語ればお先真っ暗でありますが、このような困難にも負けるわけにはいきません。

弘前市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 5日)

令和2年、2020東京オリンピックパラリンピックイヤーの年に、また庚子年ということで、東洋思想においては新たな芽吹きと繁栄の始まりということで、大きな節目の年、大きな変わり目の年、大きなチャンスの年になるとのことです。  先月21日、議会開会初日櫻田市長の所信の一端をお聞きいたしました。

弘前市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 4日)

まず、(1)さくらまつり100回目、東京オリンピックパラリンピック東北DC等における誘客戦略についてお聞きいたします。  本年から向こう3年間の間に、当市観光振興にとって多くの誘客が見込める話題性の豊富な行事や節目の年など絶好の機会が続きます。本年は、さくらまつり100回目、オリンピックパラリンピック

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

最初に、東京オリンピックパラリンピックに関して質問いたします。本年夏に開催される東京オリンピックパラリンピックに向けて、本市としても、オリンピック組織委員会県実行委員会と連携し、関連事業開催することになっておりますが、その取り組み内容をお示しください。  次に、あおもり桜マラソンについて質問します。  

十和田市議会 2020-02-26 02月26日-議長選挙・議案説明・質疑-01号

市の諸施策についての説明は以上となりますが、本年は東京2020オリンピックパラリンピック開催され、本市におきましても、6月12日に、市民交流プラザ「トワーレ」から現代美術館アート広場までの市街地におけるコースと、十和田湖観光交流センター「ぷらっと」から乙女の像までの十和田湖畔におけるコースの、県内では唯一2ルートでオリンピック聖火リレーが行われます。

青森市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 2020-02-21

すなわち、感染症予防や少雪対策病院事業経営基盤安定化などの喫緊の課題に的確に対応しつつ、地域企業成長加速化支援や、スマート農業、「あおもり親子はぐくみプラザ」の開設や、GIGAスクール事業東京オリンピックパラリンピック関連事業など、未来の青森を担う「ひと創り」にチャレンジする、「あおもり、挑戦!」予算と位置づけ、編成したところであります。  

弘前市議会 2020-02-21 令和 2年第1回定例会(第1号 2月21日)

弘前れんが倉庫美術館の開館、100回目となる弘前さくらまつり開催、そして弘前城本丸からスタートするオリンピック聖火リレー大森勝山遺跡でのパラリンピック聖火の採火など、自然と調和した豊かな地域資源を存分に活用したイベントでにぎわいを創出し、弘前魅力国内外に強力に発信してまいります。  

六ヶ所村議会 2019-12-13 令和元年 第6回定例会(第4号) 本文 2019年12月13日

結果として、今言った鉄骨造、これには、鉄骨鉄骨をつなぐためには溶接とこの高力ボルト、これの2つしかないわけでありますけれども、当然、今オリンピックとか、都市部建設ラッシュとか、それに係る部分でなかなかこの生産のほうが追いつかないと。しかしながら、補助の制度として標準工期で発注する方法しか今回ないということで、標準工期工期を設定しております。

弘前市議会 2019-12-13 令和元年第3回定例会(第5号12月13日)

オリンピックがあるものだから、要らないのですよ、これ。京都、奈良、名古屋、ここら辺も。どこがターゲットかというと、俗に言う地方創生だ。中央目線だ、わに言わせれば。  これに乗っかってはならないということを前提にしながら、国・県の財政支援はどうなりますか。国・県の財政支援。県議会会議録を見ても、必要だ、必要だ、必要だと。

青森市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 2019-12-10

また、来年には東京オリンピックそして再来年には関西ワールドマスターズゲームズ開催されます。そうした大規模な国際的スポーツイベントが同じ国で連続で行われるのは世界的にも珍しく、その開催される期間である2019年から2021年の期間をゴールデン・スポーツイヤーズと早稲田大学の間野教授は名づけました。同氏によると、これによって地方活性化、特に交流人口の増加が見込めるということです。