549件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-06号

全国に誇れるドクターヘリ、ドクターカー運行による劇的救命救急医療を初め、周産期医療、がん診療連携拠点病院機能を有する県南エリア等の中核病院として任を果たされていることに敬意を表す。待たれた緩和ケア病棟だが、トップレベルの質の高い緩和ケアの提供に向け万全を尽くすよう願う。  平成21年から経常黒字化を継続し、累積欠損金の着実な減額に努めているが、新改革プランにのっとり、一層の健全経営に期待したい。

八戸市議会 2019-03-11 平成31年 3月 予算特別委員会−03月11日-01号

まず、1点目の人工鼻の日常生活用具給付についてでございますが、昨年9月の一般質問で、喉頭がんに罹患した喉頭を摘出した方が、日常生活を送るために必要な人工鼻と、その関連製品について、非常に月々の負担が高いということで、何とか日常生活用具給付の対象に加えていただけないかと。もちろんこれはそういう団体からの要望もあって、議会でも私も要望させていただきました。  

青森市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 2019-03-05

それから、キャリア教育等を初めとした○○教育のことがありましたけれども、確かにがん教育、薬物乱用防止教室、あるいは食育、金融教育、消費者教育、国際理解、環境、税教育とさまざまあるわけですけれども、これらは授業の各教科を横断するような形で入ってございますので、内容的には教員の負担となるべき内容も、当然新しい内容ですのであるかと思いますけれども、教科等の中に入っているということで、教育委員会としては、学校訪問

八戸市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号

前回の市議会定例会でも述べましたが、小児白血病や小児がん等に罹患し、骨髄移植手術や抗がん剤治療を受けると、それまでに定期予防接種で獲得した免疫がなくなり、予防効果が期待できなくなる場合があります。現在、そうした免疫がなくなり、予防効果が期待できなくなった場合の予防接種の再接種は、国の制度上、任意接種扱いとなり、費用は自己負担となっています。

八戸市議会 2019-02-26 平成31年 3月 定例会-02月26日-01号

次に、緩和ケア病棟の整備についてですが、八戸市立市民病院では平成20年7月から緩和医療科を開設し、がん患者さんに対して緩和ケアを提供しておりますが、一般病棟の中で十分なケアを行うには限界があり、専門病棟の設置が強く望まれておりました。

八戸市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日-02号

がん免疫療法を開発した本庶佑京都大学高等研究院特別教授が生理学・医学賞を授与されます。ノーベル賞については、名誉なことだが、研究者にとって目標ではない、結果だと語っておられました。まことに清廉な研究者としての姿勢に感動を覚えました。  それでは、平成30年12月定例会に当たり、一般質問をいたします。  第1は、障がい者雇用についてであります。  

青森市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 2018-12-05

平成30年4月に策定されました青森県保健医療計画におきましては、医療連携体制の構築を図る観点から、青森地域保健医療圏における市民病院の役割として、がん医療の充実を図るためのがん診療連携拠点病院に準じる診療機能を有するがん診療連携推進病院、救急医療体制のうち入院救急医療を担うための救急告示病院・病院群輪番制参加病院、災害時に24時間対応可能な体制を確保し、初期救急医療体制の充実強化を図るための地域災害拠点病院

青森市議会 2018-11-29 平成30年第4回定例会 目次 2018-11-29

………………………………………………………………………………………………………… 156  一般質問(続)……………………………………………………………………………………………… 156   22番(小豆畑緑君・自由民主党)……………………………………………………………………… 156    1 保健行政について………………………………………………………………………………… 156     (1)がん

八戸市議会 2018-09-21 平成30年 9月 定例会-09月21日-04号

あわせて、平成31年度完成を目指す緩和ケア病棟の整備も、がん患者やその家族の方々が待ち望んでおります。どうか着実に進めていただくことを要望いたします。  最後に、小林市長におかれましては、中核市となり2年目となる八戸市が連携中枢都市圏の中心となり、そのリーダーとして力を発揮され、より一層の市政、圏域の発展を御期待申し上げ、自由民主・市民クラブを代表しての意見とさせていただきます。

八戸市議会 2018-09-10 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号

さらには、20歳以上の女性を対象に子宮頸がん検診を実施しており、20歳のときには無料クーポン券を配布し、検診を受けやすい体制を整えております。  なお、受診者のうち希望する方は、婦人科疾患の早期発見を目的に婦人科超音波検査を追加で受けることも可能となっております。  

青森市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07

あわせて、職員の中には、国指定の難病、あるいはがんなどの特定疾患の治療を受けながら働いている方もいます。また、さまざまな治療を受けながらも、就職、就労を希望する市民もいます。これらの方たちの中には、障害者手帳の交付を受けていない方もいると思います。手帳の交付を受けている方たちと同じように、働きやすい職場づくりやさらなる雇用の促進に努めていただきたいと思います。

青森市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06

これに基づき、平成30年度、市民病院では、10月1日から病床数を459床に見直し、がん対策の充実強化を図るためのがん診療支援室の設置、医療従事者の活躍をサポートするため、気軽にコミュニケーションできるラウンジの設置、医療安全管理室の執務環境の改善、特別室のリフォームなどの取り組みを進めているところであり、さらに、収入確保や経費節減に向けた取り組みとして、診療単価増に向けた新規加算の取得、紹介患者獲得

青森市議会 2018-09-05 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 2018-09-05

2つに、「すべての人に健康と福祉を」という目標に対しまして、がん検診受診率向上や糖尿病重症化予防など、市民の健康寿命の延伸に向けた健康寿命延伸戦略事業。3つに、「働きがいも経済成長も」という目標に対しまして、「しごと創り」に向け、起業マインドの醸成から起業後のフォローまで一気通貫の支援を行う、地域企業新ビジネス挑戦支援プロジェクト。