23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

青森市議会 2020-06-26 令和2年第2回定例会(第5号) 本文 2020-06-26

リンゴ生産現場における具体例といたしましては、1つに、IoT活用した農作業省力化効率化、すなわちスマート農業分野としては、ドローン活用した病害虫発生状況の監視や、IoTカメラセンサー活用した土壌の温度や水分量管理アシストスーツ活用した運搬作業軽減など、2つに、リンゴ園地での各種作業軽減に大きくつながるものとして、生産者から声が多いスピードスプレーヤーに装着し利用する花粉噴射器

弘前市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第5号 3月 9日)

令和2年度におきましては、「市民生活を第一に」の理念に基づき、市民との協働の下、持続可能なまちづくりを着実に進め、市民の幸せな暮らしの実現を目指し、総合計画を着実に推進していくため、「市民生活向上」「人口減少が進んでいく中での地域課題」「次時代を託す人材育成」「AIIoTRPA等先進技術活用」に特に力を入れて取り組んでいくとともに、地域共生社会実現に向けた取組も進めてまいります。  

十和田市議会 2020-03-09 03月09日-一般質問-02号

スマートシティとは、IoT先端技術を用いて、基礎インフラ生活インフラサービスを効率的に管理、運営し、環境に配慮しながら人々の生活の質を高め、継続的な経済発展目的とした新しい都市のことです。人口減少過疎化を踏まえ、行政効率化市民サービスデジタル化等を図り、行政交通、防災、医療福祉、教育、金融、エネルギー、観光と全ての分野データ連携していくことです。  

弘前市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 4日)

ICTIoT、AI時代は今後、想像もできないほど、さらに加速した時代を今の子供たちは生きていきます。新時代を開く技術者の輩出、及び新時代社会人としての基礎を身につけ、未来の可能性を開くためにも大事な授業であると思います。そのためにも、子供たちが希望を持てる確かな取組は不可欠であると思います。  しかし、多忙な教員への配慮もしっかり対応する必要があります。

弘前市議会 2020-02-21 令和 2年第1回定例会(第1号 2月21日)

また、人口減少が進んでいく中での地域課題、次の時代を託す人材育成AIIoTRPA等先進技術活用にも力を入れて取り組んでいくほか、地域共生社会実現に向けた施策も進めてまいります。  あわせて、国の補正予算に対応して、有利な財源措置活用するため、令和元年度の補正予算を編成する予定であり、この補正予算による事業の前倒しも含め、切れ目なく一体的に取り組んでまいります。  

青森市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 2020-02-21

また、IoTセンサーカメラアシストスーツ、ドローン先端技術活用し、農業生産性向上を図るスマート農業実証実験に取り組むほか、陸奥湾一周を踏破するチャレンジトレイル開催や、サイクリングコースの設定など、広域連携による観光振興を推進してまいります。  第2は、「ひと創り」であります。  

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 2019-12-24

1 「浪岡地区実施予定ヘルステックを核とした健康まちづくり事業に係る実証プログラムについて、その内容を示せ」との質疑に対し、「当該プログラムは、当該事業取り組みとして計画している、機器を搭載し保健師等との面談スペースとなる車両を用いた『モビリティを活用した予防サービス事業』、見守りロボット設置等による『IoT活用したみまもりサービス事業』の円滑な実施に向け行うものであり、得られたデータを収集

弘前市議会 2019-12-12 令和元年第3回定例会(第4号12月12日)

現在、令和2年度の予算編成を進めているところでありますが、10月に公表しました予算編成方針におきましては、特に重点的に取り組む事項として、人口減少が進んでいく中での地域課題、次の時代を託す人材育成AIIoTRPA等先進技術活用の3項目にしっかりと取り組んでいくこととしているほか、総合計画を着実に推進していくための取り組み予算に反映することとしております。  

青森市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-12-06

世界では、ものづくり分野中心に、ネットワークIoT活用していく取り組みが打ち出されています。我が国ではその活用を、ものづくりだけではなくさまざまな分野に広げ、経済成長健康長寿社会の形成、さらには社会変革につなげています。また、科学技術成果はあらゆる分野や領域への浸透を促し、ビジネス力の強化、サービスの質の向上につなげています。

青森市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 2019-11-28

浪岡地区は、浪岡病院の改築を好機として、IoT活用したヘルステックによる健康まちづくり中心地域として取り組んでまいります。  ラグビー日本代表史上初のベスト8に進出、世界中を熱狂の渦に巻き込んだラグビーワールドカップ、その日本代表主将を務めたリーチ・マイケル選手は、そのキャプテンシーを問われて、こう答えました。

弘前市議会 2019-06-21 令和元年第1回定例会(第5号 6月21日)

現在、全国的に取り組まれている働き方改革では、外国人による労働力確保AIIoT化が話題となっておりますが、障がいがあっても、その人に合った得意作業であったり、集中力や体力の面でフルタイム勤務は難しくても短時間であれば障がいのない人と同様、またはそれ以上に働ける人もおります。  

青森市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-18

現在、IoT化によってビッグデータ利活用が低コストで可能となり、第4次革命が進行していると言われています。狩猟社会農耕社会工業社会情報社会に続く人類史上新しい社会であり、新しい価値サービスが次々と創出され、私たちに豊かさをもたらすソサエティー5.0、超スマート社会が到来すると言われています。  テクノロジーは常に社会を変え、私たちはその成果を享受してまいりました。

青森市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 2018-12-07

広域的な交通結節点として高い拠点性を有していることや、6つの大学の立地等によりすぐれた人材育成、輩出していること、それから豊かな農業資源を有していることなど本市の強みとなる特性や地域資源を生かした企業や、IoTなどの技術革新により今後成長が見込まれる企業など、地域への経済的波及効果をもたらす企業をイメージしてございます。  

青森市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 2018-12-06

また、第4回目になりますけれども、黒石市で家業であった農家を継ぎ、農業をもっと楽しむために法人を設立し、AIIoT活用したスマート農業に取り組む株式会社アグリーンハート代表取締役佐藤拓郎氏による「農家から起業家~付加価値でめざす第二創業~」テーマに御講演いただきました。そのほかの回におきましても、マーケティング戦略テーマとした講演など、先輩起業家によるセミナー開催してございます。  

  • 1
  • 2