888件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-06-11 令和2年第2回定例会(第3号) 本文 2020-06-11

令和2年度の国の補正予算に含まれた特別支援学校等臨時休業に伴う放課後等デイサービスへの支援等事業では、5つメニューがあり、そのうちの4つメニュー県費負担補正予算が可決されています。1つは、学校臨時休業により追加的に生じた利用者負担補助に係る経費2つは、代替サービス提供に係る利用者負担補助に係る経費3つに、居宅レスパイト提供に係る経費

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会[ 資料 ] 2020-03-23

5つには、文化シンポジウムを実施することとしている。  このうち版画公募展について、周知令和2年2月下旬からチラシやホームページ、美術雑誌への掲載等により順次行っていくこととしており、応募期間令和2年4月13日から5月10日までとしている。賞については、大賞は1名とし、副賞は100万円及び国際芸術センター青森創作棟使用権としている。また、優秀賞は6名とし、副賞は10万円としている。

八戸市議会 2020-03-16 令和 2年 3月 予算特別委員会−03月16日-04号

また、ほかに開催自治体としまして、PRないしは盛り上げをするステージの時間もありますので、全てを合わせまして5つステージによって構成されるということになっております。内容につきましては、また県の実行委員会からの発表になります。  また、動員告知ということでございますが、まず動員と、あとは当日の交通規制間議員からも御質問がありましたけれども、交通規制告知周知が大事だと考えております。

八戸市議会 2020-03-12 令和 2年 3月 予算特別委員会-03月12日-02号

◆森園 委員 今、この5つ団体が一緒になって、せっかく立ち上がったのですけれども、新型コロナウイルスインバウンドとか、大変大きな影響があって、目算もちょっと狂ってしまったのかと。本当に私もこれは全面的に応援はしたいのですけれども。  昨年、たしか日本版のDMOに登録されたと伺っていますけれども、それもいろいろな補助もあると思います。これについてはもうお伺いしませんでした。

青森市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-04

また、5つ目といたしましては、各家庭のほうに献立のお知らせ、給食だより等を配布させていただいておりますけれども、そちらのほうで実際に給食に使用されている地場産物等を毎月紹介することで、青森県の食材に興味を持っていただき、また家庭において調理を行う保護者の方に対しても、その食材を使ったレシピを提供するなどの取り組みを行ってきているところでございます。  

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

私が考える再検証問題点5つまとめました。1つは、地域調整会議で一旦合意したものを国が強引に覆す。それで、期限を切って、統廃合や病床削減の結論へ導くことで、このことは地方自治地域の主権を軽視していることにつながる。2つ目、限られた分野の診療実績を取り出し、全国の一律の基準により、機械的に再検証が必要だと決めつけて、一方的に病院名を公表したことです。

青森市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

いよいよ小学校入学式が始まり、4月から西田沢小学校奥内小学校後潟小学校が統合し、北小学校として新たな一歩を踏み出しますが、西田沢小学校奥内小学校後潟小学校の3校は創立から140年を超え、明治、大正、昭和、平成そして令和5つの時代を駆け抜いた大変歴史のある学校でありますが、大きな社会環境の変化の中で、子どもたちの将来を考えての決断であったとしても、開学以来、長い学校歴史に幕をおろすことから

八戸市議会 2020-02-18 令和 2年 2月 議員全員協議会-02月18日-01号

ただいまごらんをいただいているタブレットに5つ資料があるかと思います。01という番号を付した説明資料、第7次八戸行財政改革大綱及び同大綱アクションプログラムについてから、05という番号を付した資料4、第7次八戸行財政改革大綱アクションプログラムまでの5種類となってございます。  

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会(第8号) 本文 2019-12-24

2012年4月、2市2町にあった5つ公立病院広域連合経営統合。その後、五所川原市の市立病院を廃止し、新たな総合病院を建設する一方、周辺2病院入院ベッドを削減し、残る2病院診療所に再編されました。合わせると約320床が削減されました。  病院診療所化された鶴田町では、総合病院まで通わざるを得なくなり、とても不便だと嘆く高齢者が生まれています。