16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

青森市議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第4号) 本文 2017-09-08

稲は今の時期だと通常は黄金にならなくてはならないんですけれども、見た水田は全体ではないけれども、ぼつぼつまだらで黒くなっているんです。黒い米が多く、この病気は褐変穂という病気だそうです。私が見た地域田んぼ農家の人も訴えていましたけれども、とても安心できるようなレベルではないなと思いました。やっぱり地域差はあると思いますけれども、私はそういう認識をいたしました。  

十和田市議会 2012-12-09 12月09日-一般質問-02号

新渡戸傳、十次郎、七郎、親子3代で、この不毛の地十和田市に稲生川用水をつくり、三本木原台地黄金稲穂を咲かせたことが十和田市が発展を遂げる原点となったと考えるべきと思います。また、都市計画においても、将来10万人の都市を予測し、碁盤の目の道路を整備したのであります。これも皆様周知のとおりだと思います。さらに、これをモデルにまちづくりしたのが北海道の札幌市と言われております。

八戸市議会 2010-09-15 平成22年 9月 定例会−09月15日-04号

猛暑の中でも黄金に実った稲刈りが間もなく始まろうとしています。豊作の予想もありますが、農家の顔は一向に晴れません。ことしの生産者米価が昨年よりも1000円から2000円、あるいはそれ以上に暴落となっているからであります。  千葉県の早場米地帯では、農協が発表した2010年度概算金は60キログラム当たり1等米で9000円、コシヒカリでも1万円となっております。

十和田市議会 2010-09-14 09月14日-一般質問-03号

ことしは、春先の不順天候により、稲の生育がおくれ、年間の予報でも冷夏と発表されるなど、非常に不安を感じましたが、その後、予報とは裏腹に、いまだかつて経験したことのない猛暑が続き、稲穂黄金に垂れ下がり、実り多い収穫の秋を迎えることができましたことに喜びと感謝でいっぱいであります。しかしながら、観光商工関係者皆様方には、不況続きで非常に深刻な状態にあることに不安を感じております。

十和田市議会 2008-03-06 03月06日-一般質問-02号

一方、いまだに雪深い奥入瀬では、昔から農作物の作柄を占うと言われ、春一番に咲くマンサクの花がことしの豊作を予測をするかのごとく、雪原を背景に黄金に輝く糸のような花びらを青空に向かってそよがせ、まさに春間近という情景にあります。  

弘前市議会 2006-09-14 平成18年第2回定例会(第4号 9月14日)

実りの秋を迎え、稲は黄金に輝き、りんごがたわわに実り収穫真っ最中の嶽きみは道沿いの店で買い求める市民観光客でにぎわっています。  すべての農家の苦労が報われ、基幹産業としての農業が着実に発展することを願い、次の3点について質問いたします。  (1)品目横断的経営安定対策について。  

十和田市議会 2006-09-12 09月12日-一般質問-03号

八甲田のすそ野に広がる田園も好天気が幸いし、黄金に色づき始め、1週間前には秋篠宮妃紀子様が41年ぶり、皇室にきょう命名される男子ご出産で、世界じゅうに幸せな喜びを巻き起こしてくださいました。そんな中、姓は張摩で、十和田市には1軒しかありませんが、この郷土に生まれ育ち、この地を愛し、このまちをよくしたい一人として、通告しておりました順に質問に入らせていただきます。  

十和田市議会 2006-09-11 09月11日-一般質問-02号

私の目に入る洞内及び七郷から深持へ向かう田んぼに見える白い小さな可憐な花が黄金稲穂の中にあちらこちらに見えます。これは、減反によるソバの花です。聞くところによれば、1反歩1万円で栽培を受託されている方もおります。収入がもっと伴えばいいなと思いながら見ております。

八戸市議会 2005-09-13 平成17年 9月 定例会−09月13日-03号

ここ数年、水揚げ数量減少傾向にある中、さらに厳しい状況となっておりますが、これからの漁において、黄金に輝くイカや銀鱗のサバ、イワシ等の大漁を関係者ともども期待するところであります。  そこでお伺いいたします。  ことしにおける現在までの八戸港の水揚げ状況と、それに対する認識についてお教え願います。  次に、漁業用燃油価格高騰についてお伺いいたします。  

青森市議会 2005-09-02 平成17年第2回定例会(第2号) 本文 2005-09-02

黄金田んぼ稲穂が垂れ、ようやく豊年満作のときを迎えるのであるが、ことしのねぶた祭に対して、市民の意見はたくさん出ていますので、質問したいと思います。  その1、一斉スタート、一斉解散方式の現行では、ねぶたが一周できず、すべてを見られない日もあるが、一周できるような工夫はないものかどうか。  その2、参加団体への助成内容について明らかにしていただきたいと思います。  

青森市議会 2003-12-12 旧浪岡町 平成15年第4回定例会(第2号) 本文 2003-12-12

稲作農家は、毎年日に日に頭を垂れる稲穂重量感を、そして黄金の輝きが日ごとに増す光景を楽しみにしながら、出来秋を待ち望んで一生懸命に頑張ってきましたが、その期待もかなわず、平成5年以来の不稔障害に見舞われました。9月の調査では、9月議会一般質問にも報告されましたが、その経過がより一層悪くなりました。県全体で作況指数が90から71でした。その後の収穫後の被害率はさらに進んでいると思われます。

八戸市議会 1992-09-17 平成 4年 9月 定例会−09月17日-04号

昨年の秋からはライトアップ事業も行われ、黄金に浮き上がったその眺めは、夜の新名所として脚光を浴びておるのであります。  私は、これまでの定例会でたびたび取り上げてまいりましたが、スパイクタイヤ粉塵防止法が昨年四月から施行され、間もなく二度目の冬を迎えようとしております。八戸大橋は、全長千三百二十三メートル、直線勾配が四・八%で、冬期間通過する際は注意を要するところであります。  

八戸市議会 1992-06-15 平成 4年 6月 定例会-06月15日-02号

日が落ちて行ってみると、黄金に輝き、浮き上がった八戸大橋と沖に見えるいさり火、宝石を散りばめたような町並みと一大パノラマが眺められる港の見える丘なのであります。また、緑も多く、自然が残されております。  ただ一点、難点を申し上げれば、もう少し高ければ、さらに眺望がダイナミックになるのではないかと思われる点であります。

  • 1