9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

弘前市議会 2019-12-10 令和元年第3回定例会(第2号12月10日)

生活をしていく上で、当市においてはということですが、自家用車が欠かせない環境にある方も多いものと認識している一方で、平成30年の県内における交通事故死者数の半数以上が65歳以上の高齢者であることから、高齢者高齢運転に対する交通事故防止の取り組みがやはり必要であるというふうに考えております。  

青森市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会[ 資料 ] 2019-09-27

令和元年9月27日    ────────────────────────────────────────  議員提出議案第21号         高齢者安全運転支援移動手段確保を求める意見書(可決)  東京・池袋で87歳の高齢者運転する車が暴走し、母子2人が亡くなった事故以降も高齢運転による事故が続いている。  

十和田市議会 2019-09-03 09月03日-一般質問-02号

東京都では、緊急対策として都内在住の70歳以上の高齢運転がペダル踏み間違い等による急加速抑制装置としての機能を有する安全運転支援装置を1割の負担で購入、設置できるよう、取り扱い事業者に対し、都が費用の9割を補助、限度額は1台当たり10万円とすることを本年7月に早々と実施いたしました。とても迅速な対応で、絶賛されています。

十和田市議会 2019-06-18 06月18日-一般質問-03号

当該事業は、高齢運転が第一当事者となった事故割合が高いことから、自動車等運転に不安を持つ65歳以上の高齢者商品券バス券タクシー券のうち希望する種類の券1万円相当を1種類、または5,000円相当を2種類交付することにより、運転免許自主返納を促し、交通事故抑制を図ることを目的に、平成29年5月より実施しております。

青森市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 2018-02-28

近年、高齢者が第1当事者となる交通死亡事故がふえ、特に70歳以上の高齢運転が関係する死亡事故割合は年々増加しています。国や県、そして市もまた、高齢者運転免許自主返納を支援しているところですが、運転免許を返納することによって、当然、移動手段が制限されることになります。高齢者免許返納を促す以上、高齢者の足となる移動手段確保することが必要です。  

  • 1