11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

青森市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

古川小学校高田小学校では、ねぶた祭獅子踊りなどの郷土芸能の由来を調べる活動や、はやし・演舞の練習が行われており、子どもたちは、祭りや踊り地域の発展など、人々のさまざまな願いが込められていることを学習しております。  また、教育委員会が作成し、小学校3、4年生に配付している副読本「わたしたち青森」や、6年生に配付している「わのまち青森学」、そして、中学校1年生に配付している副読本魅力発見

青森市議会 2016-09-28 平成28年第3回定例会[ 資料 ] 2016-09-28

1 「冬に暖房をつけても気温が約10度までしか上がらないため、児童生徒防寒具を着て授業を行っている小・中学校があると聞いたが、その学校はどこなのか」との質疑に対し、「同様の市民意見を受け、全小・中学校に調査を行ったところ、高田小学校、筒井小学校古川中学校横内中学校浪岡中学校の5校で、朝方にボイラーを運転してから、教室が暖まる間や一部の棟や教室廊下側等で、児童生徒防寒具を着用し、授業

青森市議会 2015-12-02 平成27年第4回定例会(第2号) 本文 2015-12-02

また、ほかに例えば地域伝統芸能を継承する意識を育む活動ということで、高田小学校高田獅子踊ですとか、浪岡野沢小学校吉野田獅子踊など、総合学習の時間に地域の方を招いて、その指導をいただいて学んでいるという例もございます。  また、三味線のお話が出ましたけれども、そういう伝統芸能津軽三味線等鑑賞機会の充実を図るという目的で、津軽三味線日本一決定戦の開催に係る支援というのも行っております。  

青森市議会 2011-12-08 平成23年第4回定例会(第5号) 本文 2011-12-08

栄山、野沢久栗坂浅虫本郷大栄小学校と、6校で複式学級が行われ、栄山小学校泉川小学校統合が決定し、今度は野沢小学校ということですが、近くの高田小学校ではなく、遠い荒川小学校統合予定とお聞きします。この経緯をお知らせください。  以上をもって私の壇上からの質問といたします。御清聴ありがとうございました。

青森市議会 2010-12-08 平成22年第4回定例会(第3号) 本文 2010-12-08

また、今年度におきましても、体育館耐震改修に伴い体育館暖房を設置することとしており、造道小学校泉川小学校、三内小学校金沢小学校筒井小学校戸山西小学校橋本小学校長島小学校高田小学校、久栗坂小学校浅虫小学校の計11校に設置することとしております。なお、中学校につきましても、これまで設置した4校に加え、耐震改修に伴い5校に設置することとしております。

青森市議会 2002-06-07 旧青森市 平成14年第2回定例会(第2号) 本文 2002-06-07

また、高田小学校では、社会科で学んだリンゴ農家の工夫の学習もとにして、自分たちリンゴの歴史や育て方を調べたり、リンゴ園に出かけて農家の人に疑問になったことを質問したり、実際、農家の方の指導もとリンゴの受粉、袋かけ、袋はぎ、シール張り、収穫までの生産活動を行っております。  

青森市議会 2000-12-04 旧青森市 平成12年第4回定例会(第3号) 本文 2000-12-04

具体的な実践例としましては、高田地区にあっては地域伝統芸能人材活用として伝統芸能保存会指導をいただき、獅子舞を教育活動に位置づけている高田小学校高田中学校の例もございます。また、ねぶた祭に関しては、小学校にあっては観光協会と連携し、平成7年度から毎年ねぶた制作や、はやしの練習学校を指定し取り組んでおります。

青森市議会 1998-09-03 旧青森市 平成10年第3回定例会(第2号) 本文 1998-09-03

それでこの前、高田小学校学校の行事がありましたので9時ごろ行きましたら、10時からでなきゃ利用させてくれない。決まりですからとしゃべりましたけれども、何とかそこを動かしてくださいと言ったら、臨機応変に9時から動かしていただきました。あれに対しては大変感謝をしたいと、そう思っています。  創造プランの中で15年、平成22年までということで、市街化区域ができないと。

青森市議会 1998-06-26 旧青森市 平成10年第2回定例会(第6号) 本文 1998-06-26

1.学校案内板の保守や維持管理については、小規模校では財政的に困難なところもあり、例えば、高田小学校などでは今にも倒れそうになっているのが現状であるが、市の対応の窓口はどこになっているのかとの質疑に対し、既設の学校案内板については、おおむね大通りから校門までの道のりがわかりづらい箇所に取りつけられており、その設置者は、これまで教育委員会、あるいは学校PTAなどであったが、今後は、学校の所在地を広く

  • 1