32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

六ヶ所村議会 2019-12-09 令和元年 第6回定例会(第2号) 本文 2019年12月09日

そして、北海道沖の千島海溝沿いで起きると想定されている超巨大地震マグニチュード8.8程度以上は、今後30年で7から40%の確率とされていること等も考慮すれば、村の津波高潮ハザードマップには、最大クラスの津波が悪条件下において発生した場合に想定される津波浸水予測図には浸水深さが示されていることからも、老部川にある尾駮小学校と第一中学校教員住宅10棟のうち、今年度5棟が改修され、答弁ではさらに5棟も改修

六ヶ所村議会 2018-09-07 平成30年 第4回定例会(第4号) 本文 2018年09月07日

整備場所の選定については、津波高潮の要避難区域外、土砂災害警戒区域外等であることを考慮し、泊小学校近隣とするなどの報告があり、委員からは地元の住民の意見を取り入れながら、事業を進めるべきではないかとの意見が出されました。  なお、当委員会では、電子黒板とタブレット端末に対応した授業を確認するため、千歳中学校で開催する公開授業を参観することにしました。  

六ヶ所村議会 2016-03-09 平成28年 第1回定例会(第3号) 本文 2016年03月09日

公共施設、今ハザードマップにあります津浪高潮、そういうものを鑑みますと、昔から津波の被害は、我々当時から、35年のチリ津波のときから我々経験しているわけですけれども、大きなこういう津波ではなかった、影響がなかった。でも我々子供のころから高潮の被害が大きく、民家などが壊されたのが北地区の現状であります。

青森市議会 2015-09-01 平成27年第3回定例会(第2号) 本文 2015-09-01

県のほうで言っているのは、青森の中で津波よりも高潮のほうが怖い、確率が高いと言われています。そういった中では、青柳地区は非常に危険なのに、いつまであそこに置くのかというのが私は疑問です。  そういった中で、市庁舎の整備の問題もいろいろありました。また県の用地もあのど真ん中にあって、物をつくるにしても何をやるにしても非常に難しい部分があります。

青森市議会 2014-12-05 平成26年第4回定例会(第2号) 本文 2014-12-05

このお話をお伺いしたときに、青森市は実は津波よりも高潮のほうが脅威であるということをお話しされていました。今後、青森港は高潮対策を進めていく、その方向性でやっていくというお話でした。つまり高潮対策をすれば、入内断層地震が起きて、それに伴う津波が発生したとしても、中心市街地が津波に襲われるという危険はないということでありました。総務部長は大変安心したんじゃないでしょうか。

六ヶ所村議会 2013-12-09 平成25年 第5回定例会(第2号) 本文 2013年12月09日

六ヶ所村津波高潮ハザードマップを見れば、現在の役場庁舎はもちろん旧尾駮小学校跡地についても要避難区域に該当している状況にあります。いつ発生するか想像のつかない自然災害に対応しなければならない重要拠点となる庁舎の位置としては、いざというときに果たして役場機能を発揮できるのかという不安があります。  そういう観点から、予定地は不適地と思われますが、どうでしょうか。

六ヶ所村議会 2013-06-10 平成25年 第2回定例会(第2号) 本文 2013年06月10日

2点目の海抜標示板の設置目的についてでありますが、東日本大震災を教訓に津波高潮災害対策として、平成24年度に太平洋沿岸地域を中心に、村内全域の121カ所に海抜標示板を設置したところであります。  また、設置箇所等については、広報誌及び設置箇所を標記した村全図を各自治会に配布し、地域住民への周知を図ったところであります。  

六ヶ所村議会 2013-03-13 平成25年 第1回定例会(第4号) 本文 2013年03月13日

昭和8年に、高潮等の増水があって、大変苦慮と伝えられております。どの程度なのか具体的にはよくわかりません。  (2)昭和32年の台風22号により、平沼、倉内地区には高潮台風により洪水が起こり、人家が流失したと聞いております。恐らく32年というと、私は七戸の学校にいたときだと思います。そのときには七戸もほとんど水浸しになりました。

六ヶ所村議会 2011-12-05 平成23年 第8回定例会(第2号) 本文 2011年12月05日

災害時、津波高潮に対応できる緊急時の道路通行の対策について。  階段等を避難路として利用する際の夜間の停電時に備えた防犯灯のあり方、冬期の雪対策、車いすを必要とする方やお年寄り、子供など災害時要援護者の避難対策について。  泊地区に県が建設した避難所を県と相談して増設する考えはないか。  

青森市議会 2011-06-09 平成23年第2回定例会(第4号) 本文 2011-06-09

そして最後に、津波災害対策ということで、海岸保全施設整備にあわせて浸食、高潮対策として昭和37年度から着手して、平成15年に完了したということになっておりますけれども、これは定期的に点検を行って、管理に万全を期すということになっておりますけれども、点検はどのように行っているのかお示しいただきたいと思います。  

青森市議会 2011-06-08 平成23年第2回定例会(第3号) 本文 2011-06-08

市では、避難勧告避難指示を発令した場合などは、津波洪水高潮土砂災害等の危険に配慮し、小・中学校市民センターなどの中から、災害の状況に応じ施設を選び、避難所を開設します。開設する避難所は、テレビラジオ、市のホームページ、広報車などでお知らせしますので、避難の際は御確認をお願いしますとなっています。そこでお尋ねします。

六ヶ所村議会 2009-09-08 平成21年 第4回定例会(第2号) 本文 2009年09月08日

振り返ってみますと、平成18年秋の高潮の際にはコンブの作業小屋等、多数の損壊被害が発生したわけでありますが、何ら手当の考慮がされなかったのであります。今回そのようなことがあってはならないと考えております。的確なお答えを期待するとともに求めつつ、まずは所見をお聞かせいただきたいのであります。  以上です。よろしくお願いします。

六ヶ所村議会 2009-03-12 平成21年 第1回定例会(第3号) 本文 2009年03月12日

10番(橋本喜代二君) 177ページ、13節地域防災計画修正業務委託料、その次のページの津波高潮ハザードマップ作成委託料、それで全協のときの資料を見ますと、最初に述べた地域防災に関しては350万円、それから津波高潮マップ作成委託料について、4,500枚というのは全戸の配布ということだと思うんですが、この内容についてちょっとお知らせ願えますか。

六ヶ所村議会 2008-03-14 平成20年 第2回定例会(第3号) 本文 2008年03月14日

副村長(戸田 衛君) 今回の補正でお願いしておりますのは、昨年の9月の台風9号あるいは11月の低気圧によります高潮等々の被害によりまして、漁網被害等々について各漁協の方から要望書がございました、それに対しましての助成方という考え方でこちらの方で受けまして、いろいろと経済状況等々についても精査したところ、村としてもこれまでの助成の考え方からの観点に立ちまして2分の1、これまでは3分の1助成、3分の2助成等々

六ヶ所村議会 2007-03-06 平成19年 第1回定例会(第2号) 本文 2007年03月06日

あれだと津波とか高潮が来たときには国道338号が削られてしまう。前にも1回、あの辺のところから砂を取っていて川が氾濫して道路が通れなくなった。あのときは石川の裏の方に道路があったんでいいんですけれども、私が指摘しているのは、泊のやまいちホテルの手前の海岸のところなんですけれども、あれがもしいかれたらあとはどこを通りますかね。

  • 1
  • 2