15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

十和田市議会 2020-09-10 09月10日-一般質問-04号

それは、「私の息子は、飲酒運転者に殺されました。殺された後の数か月間、私はどうやって生きてけばいいのか分からず、本当に無我夢中で、日本には何か私を精神的に助けてくれるところがないのかと必死になって探しましたけれども、何もありませんでした。日本では、そういう被害者を精神的に救う道がない。まず、それをつくってほしい」と訴えたそうであります。  

青森市議会 2017-12-26 平成29年第4回定例会[ 資料 ] 2017-12-26

なお、これは細かく分けると大変になるので、大きくくくればよい 1 質問質疑記事テーマを追加することで、写真を掲載する人もしない人も統一感が出るのでよい 1 質問質疑記事の字は太さを変え、めり張りをつけていることはわかるが、答弁の字を太くしたほうがくっきり見えるので、太く合わせたほうがよい 1 特集記事の2ページの、「ショベルにひかれたり、飲酒運転のダンプにひかれる事故もあり」という部分がすごく

弘前市議会 2010-09-09 平成22年第3回定例会(第4号 9月 9日)

市ではこれまで、春の行楽シーズン、夏の行楽祭りシーズン、年末年始の忘・新年会シーズン飲酒や車による遠出が予想される時期に合わせ、職務に関連がある業者との飲酒等はかたく辞退すること、贈答品の授受は厳に慎むこと、飲酒運転は絶対にしないこと、スピードの出し過ぎはしないことなど、法令等を遵守し、公務員としての倫理の確立に努めるよう職員に対して綱紀保持の文書を出すほか、時々の事案に応じ、適宜、綱紀保持に向

青森市議会 2010-09-02 平成22年第3回定例会(第3号) 本文 2010-09-02

その主なものといたしましては、平成19年9月に道路交通法の改正により飲酒運転に対する罰則が大幅に引き上げ強化された結果、違反者が激減している例を挙げ、実効性及び抑止効果を高める観点から、罰則の引き上げ、強化が必要であるとの御意見をいただいております。なお、罰則以外の内容につきましてはおおむね賛成との御意見となっております。

六ヶ所村議会 2010-06-01 平成22年 第2回定例会(第1号) 本文 2010年06月01日

今後の再発防止に向けては、去る3月17日の「理事等連絡会議」を通じて全職員に対して綱紀保持徹底を図ったところでありますが、全体の奉仕者として、公務員は一段と高い倫理性が求められていることから、現在の飲酒運転等に係る道路交通違反処分基準見直しを行い、職員意識改革自覚徹底に努めて参ります。  

十和田市議会 2008-12-09 12月09日-一般質問-03号

部長の飲酒運転による6カ月の停職処分消防署員窃盗事件による懲戒免職処分、さらには先般発生した火災現場での消火作業中の団員の死亡事故等、なぜこのような問題が次々と発生するのか。原因をしっかりと把握し、その対策に万全を期してほしいものであります。  特に今回発生した消防団員死亡事故については、その後の当局の対応や配慮に対し、私としては不本意であり、異議を唱えるものであります。

十和田市議会 2008-09-17 09月17日-一般質問-03号

次に、市職員飲酒運転及び事故規程について。私がなぜこの件を今回取り上げたかというと、今議会にも報告がありましたが、市職員交通事故報告が余りにも多い。その原因は一体何なのか、十分議論、検討し、公僕である市職員としての自覚を持っていただきたいという思いから、あえて質問させていただきます。  

十和田市議会 2008-09-16 09月16日-一般質問-02号

職員による飲酒運転事故は忘れたころにひょいと出る。全体的な気の緩みからくるものなのか。我々の若いころには、偉いと思われる人たちの中にも飲酒運転たびたびの人もおりましたが、今は時代が違います。飲んだら乗るな、乗るなら飲むなを徹底すべきと思うし、議会たびごと交通事故議案となっておりますので、いま一度これからは気を引き締めていきましょう。

十和田市議会 2006-11-13 11月13日-一般質問-02号

また、福岡市で8月、飲酒運転市職員が幼児3人を死亡させる事故を起こして以降、飲酒運転が社会問題化しております。警視庁は9月19日、全国で9月14日から15日の夜間に実施した飲酒運転一斉取り締まりの結果、酒酔い運転と酒気帯び運転で計1,126件を摘発、昨年9月の1日平均の摘発393件に比べ3倍近い数字で飲酒運転が潜在的に多く、ドライバーの意識が甘い実態が浮き彫りになった形となりました。

弘前市議会 2006-09-29 平成18年第2回定例会(第6号 9月29日)

号 字の名称の変更について    議案第135号 指定管理者指定について    議案第136号 指定管理者指定について    議案第137号 弘前重度心身障害者医療費支給条例の一部を改正する条例案    議案第138号 弘前国民健康保険条例の一部を改正する条例案 第3 議案第139号 弘前監査委員の選任について    議案第140号 人権擁護委員候補者の推薦について 第4 発議第 2号 飲酒運転撲滅

十和田市議会 2006-09-21 09月21日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

最後、ここ連日公務員飲酒運転もう毎日続くね。どこだかの教育長までつかまったと。今公務員にいろんな意味でバッシングされているときにマスコミにいいテーマを与えたと言うと言い過ぎかもわかりませんが、いいことでないですから当然これはたたかれます。これどこでも綱紀の粛正ということでそれぞれ指導していると思うんですが、大変厳しくなってきました、基準も。飲酒運転見つかれば即首です。

弘前市議会 2006-09-12 平成18年第2回定例会(第2号 9月12日)

全国的に飲酒運転による事故が相次いで、今、社会問題となっているときでございます。  議員一人一人、さらに自覚を持って行動するように強く求めます。  そこをお願いします。  ――――――――――――――――― ○議長(町田藤一郎議員) 日程第1、これより一般質問を行います。  一般質問通告者は26名であります。  順次、質問を許します。  まず、12番石田久議員の登壇を求めます。   

  • 1