627件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-09-20 令和 1年 9月 定例会-09月20日-04号

私ども公明党は、増税に当たり、食品などを据え置く軽減税率の導入、幼児教育など教育費の負担軽減の政策を推進してまいりました。これらの政策は生活者の声を反映させたものであり、人口減少が続く中で、子育てについて教育費などの負担が大きいとの意見が全国的な声であることから、政策の実現に取り組んでまいりました。

弘前市議会 2019-06-21 令和元年第1回定例会(第5号 6月21日)

また、本市の産業の状況を見ますと、特に第1次産業の割合が他の類似団体と比較して群を抜いて一番高い割合を示しており、また、第2次産業においても、誘致企業が大きく牽引しているものの、本市は日本一のりんごの産地であることから、りんご関連産業やりんご菓子、りんごジュース、ジャム等の加工品を初めとした食品製造業が3番目に高い出荷額となっております。

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

○8番(木村隆洋議員) 今、開かれている国会において、食品ロス削減推進法が可決されました。国全体としても、この食品の廃棄、食品のロス、我が国、余り資源がない国においても、大量の食品輸入して大量の食品を廃棄している、これが我が国の現状である。そこに危機感を持って、国全体としてこの食品ロスをどうしていくのかという中で、この法案が可決されたのだというふうに認識しております。  

八戸市議会 2019-06-19 令和 1年 6月 定例会-06月19日-02号

当市はこれまで、家庭ごみの分け方や出し方をまとめたチラシの全戸配布や、町内会へのごみ減量推進員の配置のほか、平成13年度に導入した指定ごみ袋の有料化や、食品ロス削減に向けて平成29年度からスタートした3010運動の実施などにより、ごみの排出に対するコスト意識の醸成を図りながら、ごみの減量と分別の徹底を進めてまいりました。

青森市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-18

第2の質問は、食品ロス削減についてお伺いいたします。  公明党は、これまで食品ロス削減推進プロジェクトチームを立ち上げ、超党派の議員連盟においても与野党合意形成に中心的な役割を果たしてまいりましたが、ついに5月24日の参議院本会議で、食べられる食品の廃棄の抑制に国民運動で取り組むための食品ロス削減推進法が全会一致で可決、成立しました。

青森市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 2019-06-14

3つに、市民一人一人のごみの減量化・資源化に対する意識の向上を図ること、例えば走る広告塔としてのごみ収集車への食品ロス削減PRのラッピングや、週に一度、冷蔵庫の中身をチェックして、できるだけ食べ残し、食材の使い忘れを減らす冷蔵庫一掃デーの啓発などに取り組んでまいります。  

八戸市議会 2019-05-22 令和 1年 5月 建設協議会-05月22日-01号

それに加えて、3010運動とは、宴会などで乾杯から最初の30分と、終了前の10分間は席を立たないで食事を食べ、食品のロスを減らす運動、使用済み小型家電を活用するメダルプロジェクトは、改修した小型家電から金、銀、銅を取り出し、東京オリンピックのメダルの材料にする事業など、全国規模での取り組みについても独自の施策を取り入れながら推進いたしました。

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第7号) 議事日程・名簿 2019-03-22

」の趣旨に基づいて、地方自                  治の根幹を脅かす日米地位協定の見直しを求める意見書  第114  議員提出議案第4号 治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)の制定を求める意見書  第115  議員提出議案第5号 若い人も高齢者も安心できる年金を求める意見書  第116  議員提出議案第6号 統計不正問題の真相究明と信頼回復を求める意見書  第117  議員提出議案第7号 食品

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

平成31年3月22日    ────────────────────────────────────────  議員提出議案第7号         食品ロス削減に向けてのさらなる取り組みを求める意見書(可決)  まだ食べることができる食品が、生産、製造、販売、消費の各段階で廃棄されている、いわゆる食品ロスの削減は、今や我が国において喫緊の課題と言える。

八戸市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-06号

質疑の主なる内容は、第2款総務費及び関連議案では、高齢者の運転免許証返納支援、町内会費納入の推進対策公共施設全体の維持管理費、新公会計、出先の10連休対策、第3款民生費及び関連議案では、人工鼻の日常生活用具給付、高齢者バス特別乗車証負担金、身体障害者福祉センターの相談件数、保育園の10連休対策民生委員等、第4款衛生費及び関連議案では、インフルエンザ及び風疹予防接種、中心街のカラスのふん害、食品衛生監視員

八戸市議会 2019-03-19 平成31年 3月 観光振興特別委員会−03月19日-01号

入場者は主に首都圏の商社や食品会社などのバイヤーでありまして、入場者数は約8万8000人でございました。  出展の主体となっているのは青森県ブース実行委員会で、構成は、青森県及び青森市、八戸圏域市町、十和田市などとなっておりまして、県の地域産業課というところが事務局となっております。  青森県ブースの出展は26社で、八戸圏域5市町からは8社が出展いたしました。  

八戸市議会 2019-03-12 平成31年 3月 予算特別委員会−03月12日-02号

次に、A棟のサバの需要を高める取り組みといたしまして、全国の水産、あと食品関係者が集まる展示会、商談会等へ市内の加工業者の協力をいただきながら出展をして、A棟のサバをPRしてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ◆三浦 委員 御答弁ありがとうございました。  まず、中身はわかりましたけれども、一般質問本会議場での答弁でもありました。

八戸市議会 2019-03-11 平成31年 3月 予算特別委員会−03月11日-01号

◆苫米地 委員 私から、79ページに関連して、食品衛生監視員についてと、その次の在宅当番医の運営についてお聞きしたいと思います。  まず、食品衛生監視員なんですけれども、保健所に配置されている食品衛生監視員の方はどういう資格を持った方ができるのか、あと、今現在何人いらっしゃるのかということをお聞きしたいと思います。 ◎長嶺 衛生課長 苫米地委員の御質問にお答えします。  

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

依然としてA棟は厳しい状況にありますが、国の政策に目を向けますと、昨年6月に食品衛生法が改正され、食品等の事業者のハサップに沿った衛生管理が制度化されたほか、12月には水産資源の適切な管理と水産業の成長産業化を両立させることを目的とした漁業法が改正されるなど、A棟の整備目的と合致する施策が打ち出されたことから、今後、稼働の後押しになるものと期待しております。  

青森市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会 目次 2019-02-21

なお子君)……………………………………………………………………… 317  議員提出議案第5号 若い人も高齢者も安心できる年金を求める意見書(日程第115) ………… 318   賛成討論 18番(天内慎也君)………………………………………………………………………… 318  議員提出議案第6号 統計不正問題の真相究明と信頼回復を求める意見書(日程第116) ……… 319  議員提出議案第7号 食品