45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-06-20 令和 1年 6月 定例会−06月20日-03号

それができなければ、先月、領土を奪い返すために戦争をなどと発言した国会議員がいましたが、そのこと自体、国際紛争平和的解決を求める国連憲章をないがしろにし、国会議員憲法尊重擁護義務99条にも違反するもので、許されないことだと思いますけれども、それ以上に、この議員を支持するような動き、世代も出てくるのではないか、そういうふうに大変心配しています。  

青森市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-19

最近、ある国会議員が、酒に酔い、北方領土戦争で取り返すのに賛成か反対かと発言しました。一国平和主義は、平和ぼけと言われて久しいと思われる方も多いでしょうが、不戦の理念を憲法9条1項に明記しているにもかかわらず、自衛と攻撃の戦争の違いもきちんと理解していないことは、別な意味で平和ぼけと言われても仕方のないことです。

八戸市議会 2017-06-12 平成29年 6月 定例会-06月12日-02号

核兵器禁止条約は、締約国の領土核兵器を持ち込むことを禁止することなどによって、核保有大国の核戦略軍事的に拘束し、破綻させる可能性を持っています。こうして核兵器禁止条約核兵器全面廃絶につながる意義を持つものです。北朝鮮核兵器廃絶を迫る上でも大きな威力を持つことになります。  

八戸市議会 2015-09-08 平成27年 9月 定例会−09月08日-03号

さて、蘭州市との交流につきましては、平成10年4月、蘭州市において友好交流協議書締結し、両市の相互訪問、青少年交流などお互いの発展を続けることを確認され、各事業も進められてまいりましたが、領土問題に端を発した日中関係悪化などにより青少年の交流が一時途切れ、また、平成25年8月には、当市において開催した交流開始30周年記念事業に蘭州市からの訪問が中止となったこともありました。

十和田市議会 2014-11-19 11月19日-一般質問-03号

また、国内においては、領土問題や円安ドル高、消費税率のアップ等、さまざまな問題があります。しかしながら、人間はいかなる困難も克服できる知恵を持っています。為政者の愛と正義に満ちた政策により、明るい未来が築かれることを切に願っております。  それでは、通告に従って質問させていただきます。さて、今回は私の地元、四和地区の歴史をひもとく大発見の可能性のある十和田市の文化財について質問させていただきます。

八戸市議会 2014-03-04 平成26年 3月 定例会-03月04日-03号

しかしながら、領土問題に端を発した日中関係の悪化を背景に、青少年交流については平成23年度を最後に蘭州市からの来八は途切れており、昨年8月、当市において開催いたしました交流開始30周年記念事業への蘭州市の来八も中止となりました。  そのような中、昨年10月に蘭州市から平成26年度来八し、交流を再開したいとの連絡があり、また11月には、ことし1月に教育代表団が来八したいとの連絡がありました。  

青森市議会 2013-09-06 平成25年第3回定例会(第4号) 本文 2013-09-06

これからさらに加速する少子・高齢化社会においては、確かにコンパクトな国、町が効率よく、歴史を見ても、領土拡大の後はまた縮小に向かうという繰り返しが歴史の必然であり、財政の重荷も重なり、同様のことが起こると思います。  その中で、ことし4月、鹿内市政2期目がスタートしています。

八戸市議会 2012-12-13 平成24年12月 港湾振興・震災対策特別委員会−12月13日-01号

最後に領土問題に端を発した外交上の問題が与える影響についてでございますが、見聞きした範囲では、八戸港の貿易において、固有の悪影響が生じる可能性はほぼないと考えております。韓国、台湾、いずれの国におきましても、懸念したような反日的な対応は全く見られず、ソウルで開催しました八戸港レセプションもミッションメンバーを含め、91名の参加となり、大変盛況かつ好意的な反応でございました。  

八戸市議会 2012-12-11 平成24年12月 定例会−12月11日-03号

我が国は、リーマンショック以降、深刻なデフレから脱却できず、長く厳しい景気低迷が続き、加えて東日本大震災、原発事故領土問題に端を発した周辺諸国との関係悪化などの問題を抱えており、旅客機に例えれば、激しい乱気流に揺さぶられ、墜落してもおかしくない状況にあると言っても過言ではありません。  

青森市議会 2012-09-07 平成24年第3回定例会(第5号) 本文 2012-09-07

ことしの終戦の日が近づくにつれて、我が国固有の領土である竹島尖閣諸島をめぐって、お隣の国から外交圧力が加えられました。ただ、今回は従来とは違って相手国の行動が一層エスカレートしているのが特徴であるとの感想を持っています。韓国大統領竹島上陸と野田総理の親書受け取り拒否という従来にない対応がありました。残念としか言いようがありません。  

青森市議会 2012-03-23 平成24年第1回定例会[ 資料 ] 2012-03-23

昨年来、中国漁船尖閣事件ロシア閣僚級のたび重なる北方領土の訪問、北朝鮮核ミサイルの脅威など、自然災害以外にも国民生命財産安全を脅かす事態が発生している。  よって、国においては、今後想定されるあらゆる事態に備え、国民生命財産を守るため、緊急事態に対応する必要な法を早急に整備するよう強く要望する。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   

弘前市議会 2011-09-06 平成23年第3回定例会(第2号 9月 6日)

領土問題については、東京書籍のほうは本文以外の欄外で、北方領土竹島が不法占拠され、尖閣諸島日本領土であることを極めて簡単に記述しているだけでございます。拉致問題については、北朝鮮による拉致問題があると一言だけ記載しているにすぎません。これでは、日本国家主権が侵害されていることも、日本人に対する重大な人権侵害問題が存在することも、中学生には全く理解できないと言わなければなりません。