72件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会[ 資料 ] 2020-03-23

第7条は、運営規程を定めることを規定しており、第1項では、運営に関する目的や方針、職員体制入居者へのサービス内容及び利用料非常災害対策などを定め、職員及び入居者へ周知することを定めている。  第8条は、非常災害対策について規定しており、消火設備等設置や、非常災害に対する計画策定避難訓練実施等を定めている。  

弘前市議会 2020-03-19 令和 2年第1回定例会(第6号 3月19日)

審査の過程で、委員より「家庭的保育事業等認可基準について伺いたい。」との質疑に対し「保育所等児童福祉施設と同様、児童への人権配慮非常災害対策衛生管理といった一般原則に加え、事業ごと保育士配置基準設備規模保育時間等、詳細に規定しているが、これまで当市において当該事業は行われていない。」との理事者の答弁でありました。  

十和田市議会 2020-03-09 03月09日-一般質問-02号

施設には、情報の受信後、園庭や各保育室などにいる保育士、園児に早急に伝達し、避難につなげるとともに、その体制施設非常災害対策計画等に盛り込むようお願いしていきたいと考えております。  以上でございます。 ○副議長(野月一博) 教育部長教育部長(江渡準悦) 全小学生へ通学用ヘルメットを無償で配布する考えはないかについてお答えいたします。  

八戸市議会 2020-03-05 令和 2年 3月 定例会-03月05日-03号

平時に起こる自然災害に対しては、これまでの経験を踏まえて備えていると思いますが、今の状況下自然災害が発生した場合、避難所をどのように運営していくのか、感染防止についてどのように対応していくかなど、不安をあおるわけではありませんが、状況に合った想定を常にしておくことが非常災害対策には重要であると思います。  また、全国的にマスクの需要が増加し品薄状態が続いております。

青森市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 2020-02-21

議案第79号「青森市廃棄物処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例制定について」は、廃棄物処理及び清掃に関する法律改正に伴い、非常災害時に一般廃棄物処理施設設置する場合の生活環境影響調査結果の縦覧対象施設種類等について定めるため改正しようとするものであります。  

弘前市議会 2019-12-11 令和元年第3回定例会(第3号12月11日)

特に、10月に襲来した台風19号は、死者98名、行方不明者3名、重傷40名、家屋の全壊2,902棟、床上浸水1万7581棟、停電52万1540棟、水道の断水16万6152棟などの被害を1都12県にもたらし、激甚災害及び非常災害に指定されたことは記憶に新しいところでございます。被災された皆様には心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興を願うばかりでございます。  

八戸市議会 2019-05-22 令和 1年 5月 建設協議会-05月22日-01号

このような大震災における教訓を踏まえ、国では、廃棄物処理及び清掃に関する法律、略して廃棄物処理法改正し、災害時の廃棄物処理施設の新設または活用に係る手続簡素化特例措置を設けるとともに、都道府県及び市町村において、互いに整合を図りつつ、非常災害に備えるための災害廃棄物処理計画策定することといたしました。  

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

第27条は、その他の要件について規定しており、第1項では、本条例第3条から前条までに定める要件以外は、国の基準を包括的に適用すること、第2項は、地方裁量型認定こども園認定を受ける場合にあっては、認定こども園の質の均衡を図る観点から、非常災害への対応や衛生管理健康診断実施などの基準に適合することとしている。  次に、附則についてであるが、第1条は、施行期日平成31年4月1日としている。  

八戸市議会 2019-03-11 平成31年 3月 予算特別委員会−03月11日-01号

第10条では非常災害に関する基準として、非常災害に係る対策実施について市独自の規定を追加しておりますが、その理由につきましては次のページをごらん願います。  4、制定に当たっての取り扱いと市独自の規定のうち、(1)制定に当たっての取扱いでございますが、現行認定要件は県の条例によって規定されており、県の条例は国の基準と同様の内容となっております。

八戸市議会 2019-02-21 平成31年 2月 民生協議会-02月21日-01号

4、制定に当たっての取り扱いと市独自の規定のうち、(1)制定に当たっての取り扱いでございますが、現行認定要件県条例によって規定されており、県条例国基準と同様の内容となっておりますが、現状において各施設運営状況に支障がないと認められることから、基本的に県の認定要件を維持した内容といたしますが、子どもの生命、安全を確保する観点から、幼保連携型認定こども園の当市の基準と同様に、非常災害対策に係る市独自

八戸市議会 2018-12-10 平成30年12月 定例会-12月10日-02号

また、各教育保育施設においては、八戸幼保連携型認定こども園設備及び運営に関する基準を定める条例等に基づき、非常災害対策に係る具体的計画策定や月1回以上の避難訓練実施するほか、各施設策定しているマニュアルに基づき、保護者への連絡方法を事前に説明して理解を得ておくなど、適切に対応していただいております。  

青森市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 2018-12-05

教育委員会では、学校施設学習生活の場であるとともに、非常災害時には避難所としての役割を果たすことから、市の地域防災計画において避難所に指定されている屋内運動場改築の際には、玄関にスロープを設置するほか、多目的トイレの整備や防災倉庫設置など、防災機能に配慮してきたところであります。  

青森市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会[ 資料 ] 2018-03-23

第33条では、介護医療院開設者は、非常災害に関する具体的計画策定することなど非常災害対策について、第34条では、入所者の使用する施設の衛生的な管理に努めることなどについて、第35条では、あらかじめ協力病院等を定めておかなければならないことなどについて、第36条では、当該介護医療院の見やすい場所に、運営規程概要等重要事項を掲示しなければならないことなどを規定している。  

八戸市議会 2017-06-13 平成29年 6月 定例会-06月13日-03号

また、当市のほとんどの学校非常災害時の避難場所に指定されております。避難した方々が体調不良等を訴えた場合、症状を緩和する場所として想定される保健室空調設備設置されていることは、避難所機能を十分に果たす上でも重要であると考えます。  熱中症を発症する環境要因には、気温はもとより、湿度、直射日光、風の有無等が関連していることが医学的に証明されております。